<< 「東京新聞」社内でトークライブしてきました。「東京都議選の見方」など。動画配信中です。 | main | 【プチ日記】「東京新聞」の最終面(裏一面)にインタビュー掲載。/三峯ツアーは崎山記者が参戦! >>
2017.06.13 Tuesday 01:58 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】先日出演した『新週刊フジテレビ批評』(フジテレビ)の動画が配信中です。

●6月3日(土)札幌・曇りだけど、いい天気。

 

TBSラジオ『東京ポッド許可局』ジャパンツアー、札幌公演でした。

 

私は前夜(というか日付け変わって当日)に『ユアタイム』(フジテレビ)に出演したあと、朝5時に起きて羽田空港へ。

 

8時半に札幌に着きました。いやー、北海道は近い。

 

 

 

DBZMnFQUAAE9Dcf.jpg

お客さま、いや、北海道局員が集結してくれました。

 

エンディング。私がふいに披露したモノマネ新作にマキタ局員が泣き笑い。

 

 

 

ありがとう札幌。また帰ってきたいです。

 

 

●6月4日(日)晴れ

 

『文春オンライン』原稿と、『KAMINOGE』原稿、新刊のゲラチェック。

 

私の「文春オンライン」コラムはこちらで読めます。

http://bunshun.jp/articles/-/2819

 

 

●6月5日(月)晴れ

 

13時 TBSラジオ入り『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

18時TBSラジオ『東京ポッド許可局』

 

 

●6月6日(火)晴れ

 

甲府へ。

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

新刊ゲラチェック。

 

 

●6月7日(水)曇り

 

13時 TBSラジオ入り『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

本番終了後、打ち合わせ。

 

本日が新刊ゲラチェックの最後の最後の締め切り。朝から1日中、空いた時間にチェック。

マネージャーもほんとに頑張ってくれました。

 

あとは売れるだけ。自信あり。

 

6月26日発売『プロレスを見れば世の中がわかる』(宝島新書)

 

ご予約が多いのか、発売前なのに増刷が決定したという。おお!告知してないのに!

 

 

●6月8日(木)曇り

 

午後からAbemaTV『NEWS RAP JAPAN』(土曜20時〜)の収録。

 

22時よりニコ生『ニコノゲ』

斎藤文彦さん、堀江ガンツさんと。

 

 

●6月9日(金)晴れ

 

朝から『メルマガ』原稿。かなり興味深い読み比べをやりました。

 

23時58分『ユアタイム』(フジテレビ)出演。

 

私のコーナー『プチタイム』の動画はこちらでどなたでも視聴できます。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00360845.html

 

 

●6月10日(土)晴れ

 

『映画野郎』の連載コラムの取材で映画『昼顔』の初日舞台挨拶へ。六本木ヒルズ。

 

映画終わりに家族と合流。六本木・ミッドタウンで食事・ショッピング。

 

帰宅後は『東京ブレイキングニュース』のコラム執筆。

 

 

●6月11日(日)晴れ

 

『文春オンライン』原稿。

 

先日出演した『新週刊フジテレビ批評』(フジテレビ)の動画が配信中です。

こちらでどなたでも視聴できます。

http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/information/ser3202/3202110087/

 

 

●6月12日(月)晴れ

 

13時 TBSラジオ入り『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

18時 文藝春秋。7月発売のあの特集号での座談会収録。

 

 

●絶賛配信中のメルマガです。冒頭を公開します。

 

こんにちはプチ鹿島です。

 

気になるニュースがありました。

 

『退位特例法が成立 天皇陛下一代限り 改元や儀式準備 加速へ』(日本経済新聞・6月9日)
 

《特例法の第1条には法案の「趣旨」として、陛下が退位に至る事情を詳細に書き込んだ。陛下が83歳と高齢になられ、公務などの継続が困難となることを「深く案じておられる」と指摘。「国民は陛下のお気持ちを理解し、共感している」と明記した。一般化を避け、退位が陛下の個別の事情であることを強調した。》

 

【プチコメント】

 

天皇陛下の退位を実現する「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案」が9日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。

 

先月から「加計学園」記事の読み比べに夢中になっていた最近ですが、実はもうひとつ先月にザワザワする記事があったのです。

 

それが「毎日新聞」の5月21日の記事でした。

 

・皇室 有識者会議での「祈るだけでよい」 陛下、公務否定に衝撃 「一代限り」に不満

(毎日新聞2017年5月21日 東京朝刊)

《天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満を漏らされていたことが明らかになった。陛下の考えは宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられた。)

 

一読すると「え?」「ほんとに?」と驚いてしまいます。

 

だって天皇陛下が「強い不満」を漏らされていたことが「明らかになった」というのですよ。

 

保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」と言われてショックだというのですが、専門家は安倍首相が集めた人たちです。

 

これはザワザワする。毎日新聞の大スクープじゃないですか。

 

すると、すぐにこういう反応が出ました。

 

・宮内庁、毎日「陛下 公務否定に衝撃」報道を否定 有識者会議意見に不満のご発言「事実ない」 毎日は「十分な取材に基づいている」(産経新聞2017.5.22)

 

以下、抜粋すると、

 

《毎日新聞が21日付朝刊で天皇陛下の譲位に関する政府の有識者会議内での一部意見について、陛下が強い不満を漏らされていたとの記事を掲載したことを受け、宮内庁の西村泰彦次長は22日の定例会見で「天皇陛下のご発言の報道があったが、そうした事実はない」と全面的に否定した。》

 

《記事は、陛下のお考えが宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられたとしているが、西村次長は「陛下が(お考えを)話された事実はなく、従って、宮内庁として内閣に報告していない」と重ねて否定。「極めて遺憾だ」と述べた。

毎日新聞社長室広報担当は「十分な取材に基づいて報道しております」とのコメントを出した。

 

さぁ、一体どっちなんでしょう。

 

「毎日新聞」の報道が正しいのか、どうか。私はこのあと、他のマスコミで検証やら論争が起きるのを期待していた。しかしなかなか目にしなかった。

 

私が聞いた話では、毎日新聞の報道を直ちに否定した「西村次長」という方は安倍首相と近い方なのでそりゃぁあの報道は否定するよ、というものでした。なるほど、ここでもいろんな対立があるのかも?

 

すると先週、ある週刊誌がやってくれました。

 

『必読レポート 天皇派VS安倍派 宮内庁も「忖度」バトル 毎日新聞の大問題報道「天皇は祈ってるだけでよい」の内幕』

 

あー、早く読みたい。

 

それにしても、この特集を組んだ雑誌はどこだと思いますか?「週刊文春」?「週刊新潮」?

 

いいえ、実はこれ、あの週刊誌でした。

 

続きはこちらで宜しくお願い致します→ 【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 


俺のバカ
ここは「プチ鹿島」の公式サイト(ブログ)です。

プロフィール
「俺のバカ」とは?
→プチ鹿島プロフィール

出演依頼
お問合せ・ご感想など

プチ鹿島へのご連絡は:
orenobaka@mail.goo.ne.jp

レギュラー番組

東京ポッド許可局

TBSラジオ【番組HP】
金曜28時〜


荒川強啓デイ・キャッチ!

TBSラジオ【番組HP】
ニュースプレゼンターとして出演。
(月)(水)16時台。


はみだし しゃべくりラジオ キックス

YBSラジオ【番組HP】
火曜パーソナリティ
13:00〜16:30
※山梨以外の方もこちらで生放送を視聴できます。
【クリックして視聴する】



「本の雑誌」メルマガ

「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!」

「時事芸人」「文系芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクでお届けする毎週更新のメルマガです。 話題の本を読み、独自の解釈で紹介する「この本はこう味わえ」。 時事、芸能、お笑いの見立てと裏と行間を書く「プチコラム」などなど、盛りだくさんの内容を毎週お届け! 開始以来、早くもメルマガのプロの反響も続々。
毎週月曜配信
680円/月 (税込)
→詳細・購読申込みはこちら

プチ鹿島のつぶやき
Facebookページ
プチ鹿島

Facebookページも宣伝
芸人式新聞の読み方
その他書籍
最新の記事
過去の記事


recommend
リンク
search this site.
その他

「B!」をクリックすると「プチ鹿島公式『俺のバカ』」をアンテナに加えることが出来ます。

My Yahoo!に追加
others
携帯からの閲覧
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM





▼WEB管理協力
スカラヴィジョン