<< 【プチ動静】3月23日〜3月27日 | main | 【プチ動静】「私的・志村けんさん論」 >>
2020.04.02 Thursday 20:58 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

【プチ動静】東スポのために原付バイクを購入した。

●3月28日(土)晴れ

 

この週末は都民に外出自粛が要請された。

 

まず朝風呂に入る。ビールでも飲みたいところだが我慢して机に向かう。

「Number」WEBメルマガ原稿を書く。

 

結局違ったのは朝風呂だけで他はいつもと同じ過ごし方だった。

 

 

●3月29日(日)雪

 

本日はテレビ朝日へ。車中から雪と桜と人がいない街を見ながら。

珍しさに見とれてしまって写真撮るの忘れた。

 

「サンデーステーション」の私のコーナー、本日のテーマは「対応ズレてない?」。

 

 

 

●3月30日(月)曇り  

 

コロナ云々ではなく「志村けんがもういない」という事実に朝から動揺が続く。

午後から少しずつ「文春オンライン」の原稿を書く。夜まで。

 

 

●3月31日(火)曇り

 

日曜の「サンデーステーション」の視聴率が18・5%だったという。

笑点を超えたどころかテレ朝ゴールデンと比べても凄いと。

視聴率も大事ですが、内容がとにかくいい番組なので是非これからも見てください。

 

「文春オンライン」公開された。ランキングで1位の時間もあってよかった。

こちらで読めます→https://bunshun.jp/articles/-/36953

 

 

甲府へ。都内は通勤時間帯も電車が空いていた。特急に至っては私の号車はほぼ貸し切り状態。

YBSの社員食堂でホッケ定食。

Wi-Fiがスタジオのある8階でも使えるようになった。ひとしきりネタにする。

今日も「キックス」で3時間半喋る。

帰京して整体に寄って帰宅。明日は文化放送に出演。楽しみ。

 

 

●4月1日(水)雨

 

朝から「Number」webの原稿を仕上げ、文化放送へ。

 

「くにまるジャパン極」11時の冒頭から出演。20分ほど喋らせてもらう。

書き起こし

プチ鹿島 首都封鎖・ロックダウン新聞記事読み比べ 

https://miyearnzzlabo.com/archives/64038

 

 

帰宅して「新潟日報」の10代向けコラムを書く。

 

夕方から、エネルギーがあり余る娘を連れて雨のなか散歩。本屋さんに寄る。娘はしばらく未知の生物の本に見入っていた。素質を感じた。

 

「Number」WEBのコラム「プチ鹿島の月刊スポーツ新聞時評」公開されました。https://number.bunshun.jp/articles/-/843049

 

 

●4月2日(木)晴れ

 

今日は休むことにした。家族と近所で焼肉ランチ。昼からビール。

これぐらいいいよね。

そのあと花を見ながらブラブラ帰宅。読書やNetflix。

 

「東スポ」が創刊60周年。2日にわたって私のインタビュー記事が載る。

前編→https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1799991/

後編→https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1801476/

 

田舎に住んでた大学時代、往復40分かけて毎日買いに行っていた。東スポのために原付バイクを購入した。それぐらい日課として楽しみだった。将来インタビューされるとあの頃の自分に教えてやりたい。

 


俺のバカ
「プチ鹿島」のブログです。 出演のご依頼等はワタナベエンターテインメントへお願いします。

プロフィール

→プチ鹿島プロフィール

レギュラー番組

東京ポッド許可局

TBSラジオ【番組HP】
月曜24時〜


「本の雑誌」メルマガ

「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!」

「時事芸人」「文系芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクでお届けする毎週更新のメルマガです。 話題の本を読み、独自の解釈で紹介する「この本はこう味わえ」。 時事、芸能、お笑いの見立てと裏と行間を書く「プチコラム」などなど、盛りだくさんの内容を毎週お届け! 開始以来、早くもメルマガのプロの反響も続々。
毎週月曜配信
680円/月 (税込)
→詳細・購読申込みはこちら

プチ鹿島のつぶやき
Facebookページ
プチ鹿島

Facebookページも宣伝
芸人式新聞の読み方
その他書籍
最新の記事
過去の記事


recommend
リンク
search this site.
その他
【My Yahoo!に追加】
others
携帯からの閲覧
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM
WEB管理協力
スカラヴィジョン