<< 【プチ動静】ヨルカラナンデスでした。『なぜ君は総理大臣になれないのか』 | main | 【プチ動静】今週もいろいろありました。 >>
2020.11.04 Wednesday 10:34 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

【プチ動静】新聞ウオッチャーとして見過ごせない話題が。

●10月29日(木)晴れ

 

『Number』WEB原稿を仕上げ、映画館へ。『スパイの妻』。お見事でした。

 

 

●10月30日(金)晴れ

 

12時『ヒルカラナンデス』

15時『プレイボーイ』取材

16時『共同通信』取材

 

すべてリモートで。便利だが4時間喋り続けてさすがに疲れた。でも心地よい疲れ。

 

それにしても『プレイボーイ』の中島岳志教授との時事対談が、大大好評(編集者談)ということで早くも第三弾。

このまま連載、書籍化(記録に残す)したら面白いね。

 

『ヒルカラナンデス(蔵)』はこちらです。

 

 

●10月31日(土)晴れ

 

『メルマガ』原稿を書く。

冒頭はこんな感じです。

こんにちはプチ鹿島です。

 

新聞ウオッチャーとして見過ごせない話題がありました。

 

こちらです。毎日新聞の報道について。

 

●『大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後』(毎日新聞10月29日)

https://mainichi.jp/articles/20201029/k00/00m/040/305000c


毎日新聞は「捏造」を報道したのでしょうか。だとしたら新聞として致命的です。

 

ではなるべくわかりやすく、記事をもとに何が起きたのか箇条書きにしてみます。


・「大阪市財政局」の東山潔局長が先週金曜に緊急記者会見をして「撤回」をした。何を?

 

・「市を四つの自治体に分割すると行政コストが現状より年間218億円増加するとした局の試算」である。これを撤回した。

 

・この試算を毎日新聞が報道した。局長は撤回会見のわずか2日前に毎日新聞の記事について「きちっと書いてある」と述べていた。

 

・しかしこの日、局長は「試算そのものがあり得ない」と見解を一変させた。言い淀みながらも自らの試算を「捏造(ねつぞう)」と表現した。

 

はい、ザワザワどころではない不穏を感じます。

 

この「試算」の撤回会見の直前には何があったのか。こちらです。

 

《東山局長は29日午後、大阪都構想を推進する大阪維新の会代表の松井一郎市長と市役所本庁舎で20分ほど面談。事情を説明し、「公務員として捏造と評価されても仕方ない」と厳しく注意され、夕方の会見に臨んだ。》

 

松井一郎市長に今回の「試算」の公表について厳しく言われたことがうかがえます。お前らは「捏造」をしたのだと。

 

「存在しない架空の数字を提供することは捏造」と言われたとあります(朝日新聞10月30日)。

 

この言葉は重い。一体どういうことでしょうか。

 

ではここできっかけとなった10月26日の毎日新聞の記事をみてみましょう。今回の騒動を受けて毎日新聞は全文を公開しています。

 

『大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算』
毎日新聞2020年10月26日

https://mainichi.jp/articles/20201026/k00/00m/040/061000c

 

ゆっくり読んでみてください。

 

これは「捏造」なのか「スクープ」なのか、

以下、6千字ほど書いてます。こちらで是非お読みください。

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/detail.php?mid=6&cid=2615

 

 

 

●11月1日(日)晴れ

 

朝イチで映画館。『星の子』。もっと早く観ればよかった。

 

娘が『鬼滅の刃』のガイドブックが欲しいというのであえて新宿紀伊國屋へ連れてゆく。たくさん本があるワクワクを味わってほしかった。

 

 

●11月2日(月)曇り

 

『文春オンライン』原稿を書いてTBSラジオへ。『東京ポッド許可局』2本。

 

 

10月から始まった『信濃毎日新聞』の連載が紙面で読者に褒められていた。嬉しい!


俺のバカ
「プチ鹿島」のブログです。 出演のご依頼等はワタナベエンターテインメントへお願いします。

プロフィール

→プチ鹿島プロフィール

レギュラー番組

東京ポッド許可局

TBSラジオ【番組HP】
月曜24時〜


「本の雑誌」メルマガ

「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!」

「時事芸人」「文系芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクでお届けする毎週更新のメルマガです。 話題の本を読み、独自の解釈で紹介する「この本はこう味わえ」。 時事、芸能、お笑いの見立てと裏と行間を書く「プチコラム」などなど、盛りだくさんの内容を毎週お届け! 開始以来、早くもメルマガのプロの反響も続々。
毎週月曜配信
680円/月 (税込)
→詳細・購読申込みはこちら

プチ鹿島のつぶやき
Facebookページ
プチ鹿島

Facebookページも宣伝
芸人式新聞の読み方
その他書籍
最新の記事
過去の記事


recommend
リンク
search this site.
その他
【My Yahoo!に追加】
others
携帯からの閲覧
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM
WEB管理協力
スカラヴィジョン