2020.09.10 Thursday 15:45 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

【プチ動静】大阪、名古屋ライブ発表。観客あり、配信もあり。どちらのチケットもやります。

●9月2日(水)晴れ

 

モーリーさんのツイートが話題。

来週モーリーさんと無料配信やるので詳しく聞いてみよう。

 

●9月3日(木)暑。

 

午後からある場所へ。10月から新たな仕事が始まるのだけど意気込みを撮影したり写真やインタビュー。

またあらためてお知らせいたします。

 

夕方からユーロスペースで「はりぼて」。以前にラジオで推薦図書として紹介した「富山市議はなぜ14人も辞めたのか」のドキュメンタリー。そのあとの展開も衝撃でした。

 

 

●9月4日(金)暑暑

 

日傘発動。ダースレイダー宅へ。昼から『ヒルカラナンデス』

 

夕方から『サンデーステーション』打ち合わせ。

 

 

●9月5日(土)曇り

 

毎日新聞出版『ニュースがわかる』『メルマガ』原稿を書く。

夕方、家族でお出かけ。

 

 

●9月6日(日)晴れ


台風接近。『サンデーステーション』出演。

明日は朝から楽しみな取材が入った。

 

 

●9月7日(月)曇り

 

『週刊プレイボーイ』の企画で政治学者・中島岳志さんと対談。午前中にリモートで。

中島さんと話すと面白くてタメになってたまりません。来週月曜発売。

 

中島先生の『自民党 価値とリスクのマトリクス』は今こそおススメです。名著の帯文を書かせてもらい光栄です。

 

午後から『新潟日報』『文春オンライン』原稿を書き、夕方からTBSラジオ『東京ポッド許可局』収録&会議。22時まで。

 

大阪、名古屋ライブ発表になりました。観客あり、配信もあり!どちらのチケットもやります。

 

9月19日(土)14:00開場 15:00開演
会場:大阪・メルパルクホール
※アーカイブは9月26日(土)23:59まで視聴可能。

 

10月17日(土)13:00開場 14:00開演
会場:愛知・デザインホール
※アーカイブは10月24日(土)23:59まで視聴可能。

 

詳細はこちら!

 

 

●9月8日(火)暑

 

『キックス』(YBSラジオ)午後1時から4時30分

 

夜8時からモーリーさんと配信。

 

スカパーさんご協力のもと3ヵ月限定でオンラインサロン開設しました。3回分のライブのチケット代、特典代だと思っていただければ。

 

 

『文春オンライン』公開されました。

 

「菅義偉=釣りキチ三平」説から見える“パンケーキ戦略”の裏側 勝者が語る「たたき上げ」という幻想「冷や飯」の向こう側にある恐怖


2020.09.02 Wednesday 15:13 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

【プチ動静】ヨルカラナンデス騒動まとめとその後。

●8月28日(金)暑暑暑

 

昼から『ヒルカラナンデス』。『菅政権への流れで注視しなくてはいけない点』を話して14時過ぎに終了。

 

 

するとダースレイダー宅を出て首相辞任の報。今回の放送は今後もエピソードになりそう。

 

帰宅して『サンデーステーション』打ち合わせ。

 

そのあと『荻上チキ・Session-22』の準備。大きなニュースが飛び込んできたので今夜の自分の出演は無くなったかと思いきやそのままという。ありがとうございます。

 

22時にTBSラジオへ。番組は安倍政権を語るという大特集で豪華メンバーでした。

放送外でもチキさんと久しぶりにいろいろ話せて面白かった。

 

 

【音声配信】特集「記者会見で辞意を正式表明。歴代最長の安倍政権とはなんだったのか?」荻上チキ×プチ鹿島×富永京子×上西充子×木村草太×三木由紀子×辻田真佐憲×永田夏来×青木理▼2020年8月28日(金)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」平日22時〜)

 

 

●8月29日(土)暑暑暑。

 

最近会う人ごとに「ヨルカラナンデス大変でしたねー」と言われる。昨日TBSラジオでも。

でもご安心ください、もう夏の思い出になってます。

 

先日インタビューされたものが公開されました。『文春オンライン』です。

 

【ポスト安倍を辛口採点 プチ鹿島】トップは野田聖子3.3、河野太郎3.1、石破2.9、菅、岸田、進次郎は…


昔から日本には「床屋政談」という言葉がある。政治家の言動や振舞いをみて人物を品評する。内容はバカ話でも大人たちがそれぞれの人生経験や仕事場で得た眼って決して馬鹿にできない。子どもの頃からそう思ってた。

 

あと大事なのは「場所」。信頼できる場でいろんな意見を言い合う。その延長線上に政策論議があるのだと思う。下世話からスタートすればいいのだ。

 

 

本日はヨルカラナンデス騒動についてメルマガでまとめる。

 

じっくり書けるメルマガがいちばん適していると考えました。

 

『文春オンライン』臨時版の原稿も書く。

夜に緊急で公開されました。

 

安倍首相辞任「このタイミングしかない」は本当か? 最も記憶に残る「言葉の言い換え」は?
安倍後継は「#募ってはいるが募集はしていない」

 

 

●8月30日(日)晴れ

 

『サンデーステーション』出演。

 

帰宅して『Number Web』『月刊スポーツ新聞時評』を書く。

スポーツ紙の楽しさと面白さを紹介する内容にしているのですが、どうしても納得いかない記事があったので取り上げた。

でも安易な叩き記事にはしたくなかった。何度も書き直す。最終的に自分の問題という論点にした。

 

こちらで読めます。

 

月刊スポーツ新聞時評 大坂なおみ棄権の記事を読んで。
おじさんアップデートの分岐点。

 

22時から『東京ポッド許可局』のオンライン飲み会「きょかのみ」

 

ゴキゲンに終わり「北の国から95秘密」を録画で観る。ありがとう、宮沢りえ!

 

●8月31日(月)晴れ

 

きのう北の国からを観たまま寝てしまい寝冷えした。

 

いつもは寝冷え対策で夏こそ腹巻をしてたのに失態だ。


お腹を気にしながら『文春オンライン』原稿にとりかかる。

体を暖かくして正露丸飲んで夜ようやく沈静化。

 

 

発売中の『anan』にインタビュー載ってます。

 

こちらでも読めます→プチ鹿島「ネタ元を複数持とう」
ananニュース – マガジンハウス

 

 

●9月1日(火)晴れ

 

《毎年、口を酸っぱくして言ってますが、9月になったらすぐ大晦日。》

 

 

恒例ツイートをして甲府へ。

 

本日からYBS山梨放送のスタジオに復帰!『キックス』3時間半。

 

久しぶりの社員食堂でカレーうどん。

ディレクターからシャインマスカットを頂く。娘が喜びます!

 

『文春オンライン』公開されました。

 

菅官房長官が出馬へ 「安倍首相」から「菅首相」が出てくるマトリョーシカの“危険性”
二階幹事長「やるなら応援するよ」

 

●メールマガジン配信しています。

 

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!

毎週月曜に届きます。


最新号は「ヨルカラナンデス騒動まとめとその後」。

 

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 


2020.07.10 Friday 17:15 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

【プチ動静】「北の国から」をあらためて見始める。

●6月30日(火)雲り

 

先週から「キックス」は甲府のスタジオに復帰。しかし日常をまだ取り戻せないのか、朝から新聞をチェックしていたら特急が出発する30分前。普段ならとっくに家を出てる時間だ。慌てて部屋を飛び出してタクシーをつかまえ、飛ばしてもらう。

 

特急発車1分前に間に合った!

 

無事にYBSの社員食堂で肉丼をいただきました。

 

 

●7月1日(水)雨

 

午前11時から文化放送「くにまるジャパン極」出演。

そのあと事務所のチーフマネらと文化放送前のデニーズで打ち合わせ。

 

いったん帰宅。昨夜に書いた「Number」のWEB原稿を仕上げて送る。

 

プチ鹿島の月刊スポーツ新聞時評
バースの再来? 阪神ボーアに夢中。
“おつかい”より感動した初安打。

 

19時から平河町へ。

グリーンチャンネルの「走れミュージックリクエスト」のゲストに招かれる。パーソナリティは井門宗之さん。

TV番組だがラジオ風にトークをガンガンやる設定。前回ゲストは純烈の酒井さん。

 

テーマは競馬の「3冠馬、2冠馬」。とっておきのネタをいくつか披露したら最後スタッフさんに握手された。喜んでもらえてよかった!放送は8月とのこと。

 

 

●7月2日(木)晴れ

 

石戸諭さんの「ルポ 百田尚樹現象」を読む。

夜中からは明日の準備。3時に寝る。

 

 

●7月3日(金)雲り

 

昼からYouTube配信「ヒルカラナンデス」。都知事選のことなどを話す。

 

たっぷり喋ったのでお腹すいて生姜焼きをぺろっと。

 

夕方から「サンデーステーション」打ち合わせ。夜は東中野BARバレンタインで雑誌FLASH 打ち上げ。

 

 

●7月4日(土)雲り

 

石戸諭さんの「ルポ 百田尚樹現象」の読みどころの一つにポピュリズムの本来の意味についてがある。そこから都知事選の各候補者たちを見まわすと・・。そんな話をメルマガ原稿に書く。月曜ライブのガイドにもなるはず。

 

夜は家族で外食。

 

 

●7月5日(日)雲り

 

午前中に家族で都知事選の投票へ。そのあとパン屋さんでモーニング。


「今日は投票帰りの人で朝から忙しくて皆さん偉いねぇ」と店のおばちゃんが言ってました。選挙権が無い頃から選挙特番が大好きだった私としては意識が高いつもりはなく、投票はまつりをさらに楽しめる権利だと思ってる。行使しないほうがもったいない〜

 

午後からは仕事。「サンデーステーション」出演。

 

明日は楽しみなイベントだ。

 

 

●7月6日(月)雨

 

「文春オンライン」原稿を書き、夜は石戸諭さんとのトークライブ。

ポピュリズムを大衆迎合、大衆に媚びることだとイメージしてる方は観たら考えが変わったと思います。

石戸さんありがとうございました。

 

 

●7月7日(火)雲り

 

「文春オンライン」公開されました。

 

小池百合子「4年間の任期を全うする?」再選直後、珍しく言葉がたどたどしかった瞬間
来年もまた都知事選があるかもしれない

 

 

YBSへ。社員食堂では魚の定食を。午後1時からラジオ「キックス」。今日も全国からメールがたくさん!

 

 

●7月8日(水)曇り

 

「新潟日報」「毎日新聞・ニュースがわかる」の原稿を書く。どちらも10代向けコラム。

 

午後から新しい帽子を受け取りに。メイクさんに紹介してもらったデザイナーさん。コロナで材料がなかなか手に入らないときにつくってくださり感激です。

 

夕方から整体の先生が来宅。

夜は日本映画チャンネルで録画しといた「北の国から」をあらためて見始める。

 

 

●7月9日(木)雨

 

昼から歯医者へ。定期検診。そのままミッドタウン日比谷へ行き映画「MOTHER マザー」を観る。

 

夕方から「スポーツ報知」のコラムにとりかかる。

 

 

●7月10日(金)曇り

 

昼から「ヒルカラナンデス」。安倍さん菅さん枝野さん山本太郎さん小池さん、ネタにさせていただきました!

 

 

●メールマガジン配信しています。

 

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!

毎週月曜に届きます。

 

最新号は「ポピュリストの祭典!都知事選を振り返る」

 

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima


2020.05.17 Sunday 20:28 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

【プチ動静】ヒルカラナンデス(仮)、盛り上がってまいりました!

【お知らせ】

時事ネタをこれでもかと語っております。『ヒルカラナンデス(仮)』。

 

第5回、リアルタイムでは過去最高視聴者数。盛り上がってまいりました!

 

こちらで視聴できます。

 

 

●5月9日(土)曇り

 

「KAMINOGE」「メルマガ」「タブロ 」の原稿を書く。

 

そのあと夜3時過ぎまで本を読む。秋田魁新報取材班の「イージス・アショアを追う」。いやー面白くて一気に読んだ。

 

●5月10日(日)晴れ

 

午後1時テレビ朝日入り。4時30分より「サンデーステーション」出演。

 

帰宅して家族で散歩。

 

 

 

●5月11日(月)晴れ

 

午後からずっと検察庁法改正案について「文書オンライン」原稿を書く。

 

17時過ぎに新宿ロフトプラスワンへ出発。約1時間かけて徒歩!

 

19時から「時事ネタプラスワン」

畠山さんの首相会見にフリーが出るのはいかにハードルが高いかトーク、久田さんの刑務所コロナ対応情報に須田さんの小池さんマル秘情報、めちゃくちゃ面白かった!

 

 

●5月12日(火)晴れ 

 

文春オンラインのコラム、かなり読まれているよう。ありがたい。

 

安倍政権「姑息の集大成」 検察庁法改正案になぜ多くの人が異議を唱えたのか
「これぞゴリ押し」黒川検事長“定年延長”問題

 

 

13時から「キックス」YBSラジオ。

本日も全国から初メールたくさんいただきました!

 

 

●5月13日(水)晴れ

 

ベランダから娘の嬉しそうな声が。「イチゴ狩りだー」。なにかと思ったら洗濯バサミにイチゴがたくさん。

外出自粛のなか、ちょっと前に子どもエンタメとしてSNSで妻が見かけたのでやってみたという。楽しそうだった。


本日はネタ出しをして本を読んでいました。

 

 

●5月14日(木)晴れ

 

本日は「サザエさん」をひたすら読む。

こないだ文春オンラインで「わたしの神回」というのを書いたのですが、今度は漫画版サザエさんについてとりかかる。


 

 

●5月15日(金)晴れ

 

正午からヒルカラナンデス(仮)。ダースレイダーとのYouTube。

 

帰宅して「サンデーステーション」打ち合わせ。そのあと「サザエさん」原稿を仕上げる。

 

いい感じで各仕事が終わって気分が良いのでそのまま部屋掃除。こういう「ついで感」でやる掃除ははかどる。そしたら本棚から未使用のマスク2セット出てきた。これはラッキーだ!

 

しかしマスクで喜ぶなんて、たしかに妙な日々を過ごしている。

 

夜は読書。

 

 

●5月16日(土)雨

 

きのう10年くらい前の本を読んでいたら、最近読んだものと照らし合わせることで凄い事実に気づいてしまった。ひとつの「論」ができた。これも一種の読み比べだ。

 

さっそくメルマガ原稿に成果を書く。月曜配信。

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

あとレナウンさんのことで思ったことも書いた。

 

レナウンさんがつくってくれたシール、AirPodsに貼っています。

今度は我々が応援する番です。


2020.04.13 Monday 21:20 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

【プチ動静】自然に外出自粛生活をしていた。

●4月7日(火)晴れ

 

毎週火曜は甲府なのですが、今週からYBSラジオ「キックス」は東京在住パーソナリティは東京支社から。

まさにリモートワークに適したスタジオなんです。

 

西城秀樹さんのヤングマンがいかに元気が出る曲が話したら、スタッフが15時台のオープニング曲を差し替えてかけてくれた。反響多いので毎週かけよう。全国からメールたくさんいただいてるし、radikoエリアフリーの機能には本当に感謝。

 

帰りは新橋から自宅まで徒歩&シェアサイクル。いい運動。気持ちいい。コロナ対策にもなる。


帰宅して緊急事態宣言の会見を見る。

 

 

●4月8日(水)晴れ

 

毎日新聞が出している10代向け雑誌「ニュースがわかる」の原稿。今回は志村けんさんについて書いて欲しいとリクエスト。

 

担当から中学1年生の感想がおくられてきた。嬉しい!

 

「ニュースがわかる」は家庭で過ごす子供たちのために一部を無料公開中です。ぜひご利用ください。

『学びのコンテンツを無料公開しています 毎日新聞社』

 

 

●4月9日(木)晴れ

 

本日は雑誌「KAMINOGE」の取材。斎藤文彦さん堀江ガンツと。

 

この3人でかつてニコ生をやっていたのだが、フミさんのアカデミックなプロレス歴史話がとても素晴らしく、いずれ書籍化したいなぁと話していた。

 

そしたら「KAMINOGE」が連載という形でしばらく場所を提供してくれることに。

 

今日はさっそく3時間、2話分を収録。コロナにエンタメはどう対処していくのか。どう変わっていくのか?現在、過去、未来の話を。いやー刺激的で楽しかった。

 

徒歩&シェアサイクルで帰宅。

 

 

●4月10日(金)晴れ

 

「スポーツ報知」のコラム原稿を書く。

今こそ西城秀樹さんのヤングマンを広めよう!と。日曜の紙面に掲載されます。

 

夕方から「サンデーステーション」の打ち合わせ。リモートで。そのあと1時間ほど決まったテーマの記事を読みなおす。

夜になって散歩がてらホッピーを買いにゆく。

 

 

●4月11日(土)晴れ

 

「KAMINOGE」「メルマガ」原稿を昼から書く。あと「タブロ」

気がつくと夜。自然に外出自粛生活をしていた。

 

雑誌「東京人」で長谷川町子特集。

そうそうたるメンバーに混じって「サザエさん」の面白さや思い出を書いています。

 

 

 

●4月12日(日)晴れ

 

テレビ朝日へ。「サンデーステーション」出演。

 

ニュースで知った「報道ステーション」の富川悠太アナウンサーのコロナ感染。

 

何回か書いてきましたが、サンステの打ち合わせは1ヶ月以上前からリモート。番組終わりの反省会もずっとやめている。報ステとはスタッフが違いますが「テレ朝報道」の対策としては同じだったはず。

 

先週、番組を卒業した久冨慶子アナウンサーからクッキーをいただいたことを書きましたが、あれもスタッフを通してでした。接触についてはかなり前から厳戒態勢だったわけです。

 

つまり、これだけ対策しても、もう誰もが感染する可能性が高いということ。リアルにわかりました。

 

本日の私の出演は別室からでした。

 

「経済対策108兆円」の中身を検証しました。

巨額な数字ですが、

 

全体からすると「30万円支給」は少なく感じます。

 

基準は発表当初より少しわかりやすくなりました。

 

しかし・・・

共働き世帯の場合、世帯主以外の収入がいくら激減しても世帯主の収入が基準まで減らない限り30万円はもらえないのです。

 

さらに、「早く」「十分に」がいかに実現できるかということがわかりました。

 

 

スポーツ報知の連載コラム、WEBでも公開されました。

【プチ鹿島のプチ時評】「ヤングマン運動」で憂鬱など吹き飛ばして

 

 

●4月13日(月)雨

 

「文春オンライン」の原稿を書く。テーマは安倍首相のあの動画について。


今夜公開です。ぜひ読んでください。

 

原稿作業が夕方に終わりコンビニに東スポを買いにいったら雨でびしょ濡れ。

帰宅してすぐ風呂に入る。夕方から入る風呂は最高です。

 

今夜は「東京ポッド許可局」もあります。恒例の「推薦図書」論です!

 

 

「文春オンライン」公開されました→

「星野源の政治利用」で大失敗 安倍首相ツイッターが理解していなかった「大切なこと」

 

 

●メールマガジン配信しました。


毎週月曜に届きます。

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 


2020.03.13 Friday 17:33 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】世の中の反射鏡とは。

●2月24日(月)晴れ

 

朝からNHKへ。

NHKラジオ第1『すっぴん!』出演。月曜担当のサンキュータツオが呼んでくれた。

タツオ撮影。

 

新聞読み比べの醍醐味を話す。

この番組の効果だろうか、Amazonで『芸人式新聞の読み方』(文庫版)が10日間ほど売り切れとなる。

 

本当の品薄はトイレットペーパーよりこっちでしたよ。

 

帰宅して『文春オンライン』原稿を書き、

夕方からはTBSラジオ『東京ポッド許可局』収録。


 

着てるのはコアチョコの新作です。

 

 

●2月25日(火)曇り


火曜『キックス』(YBSラジオ)。午後1時から4時30分からまでパーソナリティーを務める。

 

 

●2月26日(水)曇り

 

『新潟日報』の原稿を書く。

 

映画『ミッドサマー』を観る。とても明るい映画でした。

 

 

●2月27日(木)晴れ


『メルマガ』原稿を書く。

 

 

●2月28日(金)晴れ

 

文春オンライン公開されました。

新型肺炎と政府の「情報発信」 「桜を見る会」問題と“3つの共通点”
「小さなこと」の桜すら説明しないなら

 

今週は『サンデーステーション』の打ち合わせもリモートに。

在宅で画面を見ながら会議。


夜は後楽園ホールへ。「プロレスリングマスターズ」。

 

『KAMINOGE』の井上編集長&伊賀大介さんと。

 

春日太一さんとバッタリ。真ん中は熊本で猪木ブロンズ像をつくられている村田先生。

 

 

●2月29日(土)晴れ

 

『メルマガ』原稿を仕上げる。

 

午後はオーダーメイドの枕をつくり、マットレスも新調する。寝るのが楽しみだ。

 

 

●3月1日(日)曇り

 

『サンデーステーション』出演。

 

 


 

 

 

 

●3月2日(月)晴れ

 

『文春オンライン』原稿を書く。

 

 

●3月3日(火)晴れ

 

火曜『キックス』(YBSラジオ)。午後1時から4時30分からまでパーソナリティーを務める。

 

 

●3月4日(水)曇り

 

毎日新聞の10代向け雑誌『ニュースがわかる」原稿。

 

 

●3月5日(木)晴れ

 

文化放送『くにまるジャパン極』(午前11時〜)出演。

20分も時間をいただく。

 

「プチ鹿島 安倍政権の新型コロナウィルス対策・新聞記事読み比べ」

こちらが番組の書き起こしです。

 

 

午後→有楽町。映画『パラサイト』2回目、あらためて気づくこと多し。例・インディアン。

夕方→新橋。昔よくお世話になった中華屋。

 

 

●3月6日(金)晴れ

 

『スポーツ報知』原稿。

『サンデーステーション』打ち合わせ

 

 

●3月7日(土)曇り

 

『メルマガ』原稿。

 

家族で散歩。

 

 

●3月8日(日)雨

 

『スポーツ報知』本日の紙面にコラムが掲載されました。

 

 

午後1時テレビ朝日入り

午後4時30分『サンデーステーション』出演。

 

もう一つのウイルスが蔓延していませんか?

 

 

 

仲間や同僚との無駄話って必要だよね。

 

 

帰宅後は『KAMINOGE』原稿。

 

 

●3月9日(月)曇り

 

『文春オンライン』原稿を書き、

 

夕方から『東京ポッド許可局』(TBSラジオ)

 

レナウンさんから大福の差し入れを頂戴する。

 

 

●3月10日(火)雨

 

きのうの文春オンラインの記事、さっそく公開されました。

安倍首相と新型コロナ特措法 なぜ「モーニングショー」に矛先が向かったのか?

 

 

火曜『キックス』(YBSラジオ)。午後1時から4時30分からまでパーソナリティーを務める。

 

 

●3月11日(水)晴れ

 

『TABLO』原稿を書く。

『新型コロナウイルス報道一色の最中 「今こそムダな話をしよう!」』

 

 

 

●お知らせ

メールマガジン好評です。毎週月曜配信してます。

 

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!

 

 


2020.02.13 Thursday 19:39 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】「N検Session」出演。

今週の一枚

このネクタイは・・・・

 

 

プチ動静

●2月3日(月)晴れ

 

『文春オンライン』原稿。 東出昌大について書く。

 

なぜ私は「東出君を見よ」と言ってきたのか

 

夜は飲み会。

 

 

●2月4日(火)曇り

 

火曜『キックス』(YBSラジオ)。

午後1時から4時30分からまでパーソナリティーを務める。

 

 

●2月5日(水)晴れ

 

文化放送『くにまるジャパン 極』出演。

書き起こし→プチ鹿島 スポーツ新聞の社会面の魅力を語る

 

 

『水曜日のニュース・ロバートソン 』(BSスカパー)

 

球春到来ということでネクタイも!

 

 

 

●2月6日(木)晴れ

 

毎日新聞『ニュースがわかる』原稿を書く。

 

中学入試に役立つ!

 

 

 

夕方はTBSラジオへ。

『荻上チキ・Session 』収録

 

《「毎日新聞・N検Session」は特別編。最難関の『ニュース時事能力検定1級』に見事合格した時事芸人 #プチ鹿島 さんが登場!時事力を身に付けるための勉強法について伺います。》

 

放送は2/10(月)と2/17(月)の23:40頃〜

 

 

●2月7日(金)曇り

 

『スポーツ報知』『メルマガ』原稿を書いて、

『サンデーステーション』打ち合わせ

 

 

●2月8日(土)晴れ

 

ふらっと熱海へ。散歩の延長で日帰り。

 

 

ドクターイエローを初めて見ました。

 

 

●2月9日(日)晴れ

 

『スポーツ報知』に掲載されました。

WEBでも読めます

 

午後1時テレビ朝日入り

午後4時30分『サンデーステーション』

 

今週は「まさかの感染、そのとき休業補償は?」

新型コロナウイルスとおカネの問題について調べました。

 

 

新聞記事を調べたら、読みたい記事が・・・

ない、という新しい展開に。

 

なので調べました。

 

 

メールマガジンもよろしくお願いいたします。毎週月曜配信してます。

 

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!

 


2019.11.12 Tuesday 23:24 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】山梨日日新聞5万号記念で私のイベントが。

【プチ動静10月28日〜11月10日】

 

●10月28日(月)晴れ

 

『文春オンライン』原稿。

 

夕方、東京駅「KITTE|キッテ」でレナウンさんがやってる『D'URBAN』(ダーバン)へ。

レナウンさんにはいつもイベントスポンサーでお世話になっております。

東京ポッド許可局の3人でスーツを作っていただく。

 

こんなシャレた建物にあるんです。→http://jptower-kitte.jp/shop/210.html

 

※追記

『D'URBAN』(ダーバン)スーツできました!

 

 

●10月29日(火)雨

 

午後1時〜4時30分 YBSラジオ『キックス』。

 

 

●10月30日(水)晴れ

 

『水曜日のニュース・ロバートソン』(BSスカパー!)

 

本日のゲストは前田裕二さん(SHOWROOM株式会社代表取締役社長)。

 

 

●10月31日(木)晴れ

 

『NumberWeb』で連載している『プチ鹿島の月刊スポーツ新聞時評』の原稿を書く。

 

→こちらで読めます。https://number.bunshun.jp/articles/-/841297

 

 

 

『新潟日報』のコラム原稿を書く。10代向けに書かせてもらっています。今回のテーマは「東京五輪」。

 

 

●11月1日(金)晴れ

 

文化放送『くにまるジャパン』出演。

 

帰宅後は『メルマガ』原稿を書く。

 

 

●11月2日(土)晴れ

 

『メルマガ』原稿を仕上げる。


 

●11月3日(日)晴れ

 

本日はゴルフ中継のため『サンデーステーション』は30分の短縮版。私のコーナーはおやすみ。 自宅で過ごす。

 

そういえば公開された『文春オンライン』のコラムがたくさん反響あります。

 

賛否両論の映画『ジョーカー』が、「M-1グランプリ」を真面目に見てしまう構図と似ている理由

 

こちらは丸の内ピカデリー・ドルビーオープンの日にもらったジョーカー・限定クリアファイルです。

 

 

●11月4日(月)晴れ

 

『文春オンライン』原稿を書き、

 

夕方から『東京ポッド許可局』収録。2本。

 

 

●11月5日(火)晴れ

 

午後1時〜4時30分、YBSラジオ『キックス』

 

 

●11月6日(水)晴れ

 

メルマガ原稿を書く。

 

 

●11月7日(木)晴れ

 

山梨放送さん、山日YBSホールにて「新聞に未来はあるのか!?」

男爵と対談。

 

なんと山梨日日新聞5万号記念イベント。のちほど紙面にもなり、ラジオの特別番組にもなるという。

定員はあっという間に埋まったようで、大盛況でした。

ご来場の皆さま、ありがとうございました。

 

 

●11月8日(金)晴れ

 

『サンデーステーション』打ち合わせ。

 

 

●11月9日(土)晴れ

 

『メルマガ』原稿を書く

 

 

●11月10日(日)晴れ

 

『サンデーステーション』はパレードの中継のため私のコーナーはお休みになる。


というわけで、、、、

 

夕方の早い時間から家族で『串カツ田中』へ。

子どもにやさしい『串カツ田中』。

家族向けのサービスがいっぱいなんです→https://kushi-tanaka.com/campaign/kids_campaign/


 

 

 

●メールマガジンのお知らせ

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

最新号配信しました(毎週月曜)。

 

※最近多くの方に反響あり、盛り上がっております。よろしければお読みください。

 

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima


 


2019.10.31 Thursday 00:35 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】沖縄と大阪へ。そして台風。

琉球新報です。

 

 

【プチ動静10月7日〜10月27日】

●10月7日(月)曇り

 

『文春オンライン』原稿を書き、

『東京ポッド許可局』(TBSラジオ)収録。

「尖った笑い」論、「10連休50万円」論。2本。

 

 

●10月8日(火)曇り

 

午後1時〜4時30分 YBSラジオ『キックス』。

帰宅後は、毎日新聞が10代向けに発行している『ニュースがわかる』の原稿を書く。

 

 

●10月9日(水)晴れ

 

『水曜日のニュース・ロバートソン』(BSスカパー!)

 

エンディングはハロウィン仕様ということで。

 

 

●10月10日(木)晴れ

 

『メルマガ』原稿を書き、夜は東京ドームへ。 クライマックスシリーズ

 

 

●10月11日(金)曇り

 

『メルマガ』原稿を仕上げる。

 

 

●10月12日(土)雨・台風

 

台風19号。

本日予定されていた 『水曜日のニュース・ロバートソン』(BSスカパー!)のイベント、娘の運動会は中止。 自宅で過ごす。

 

 

●10月13日(日)晴れ

 

台風情報のため、『サンデーステーション』の私のコーナーはおやすみ。 自宅で過ごす。

これは何をしてるのかというと、、、、

 

『水曜日のニュース・ロバートソン』オンラインサロン用に動画を仕事部屋で撮影。

詳しくはこちらです。→https://lounge.dmm.com/detail/2042/

 

 

●10月14日(月・祝)雨

 

『文春オンライン』原稿を書き、夕方から映画『ジョーカー』2回目。

 

台風は全国各地で甚大な被害。故郷・千曲市も・・・。実家とは週末から連絡をとりあっていました(家族も家も無事でした)。

 

たくさんの方からご心配をいただく。お気遣いありがとうございました。

 

『台風19号により千曲市で被災された皆さまへ 戸倉上山田温泉 無料開放!!』

 

こちらは被災された方への情報ですが、私が今も通う温泉がたくさん紹介されています。

皆さん、いつか戸倉上山田温泉へお越しください。

 

 

●10月15日(火)曇り

 

午後1時〜4時30分、YBSラジオ『キックス』。

 

台風被害で中央線の特急かストップしているため、銀座にある山梨放送東京支社のスタジオから。

山梨の音声や画面を見ながら、こんな感じで東京のスタジオで一人で喋ります。

 

ごちそうさまです。

 

放送終わりに家族で銀座でお茶。

 

 

そのあと赤坂で文春オンラインの食事会。

あるジャーナリストの方も参加。盛り上がった。

 

 

●10月16日(水)曇り

 

『水曜日のニュース・ロバートソン』(BSスカパー!)

 

 

●10月17日(木)曇り

 

『読売中高生新聞』の原稿を書く。

 

 

●10月18日(金)曇り

 

「プロ野球死亡遊戯」こと中溝康隆氏のイベントゲストに招かれる。

 

 

大変盛り上がる。またやりたい。

 

 

●10月19日(土)曇り

 

『メルマガ』原稿を書く

 

 

●10月20日(日)雲り

 

『サンデーステーション』は30分の短縮版のため、コーナーはお休み。

 

今週は大阪と沖縄へ行くのでその準備を1日かけておこなう。

 

 

●10月21日(月)曇り

 

NHK大阪『かんさい熱視線』出演のため、大阪へ。

 

昼前にNHK入り。

 

テーマは「情報公開」でした。

 

大阪に2時間ほど滞在し帰京。なんかもったいない。

 

午後4時30分東京駅。

午後5時からTBSラジオ『東京ポッド許可局』収録。

 

 

●10月22日(火・祝)雨

 

午後1時〜4時30分、YBSラジオ『キックス』。 

本日も銀座にある山梨放送東京支社のスタジオから。

鹿島さん、全部食べてくださいと歓待を受ける。あ、ありがとう、、

 

 

●10月23日(水)晴れ

 

『水曜日のニュース・ロバートソン』(BSスカパー!)

 

 

帰宅後はファッション雑誌『眼鏡Begin』(メガネビギン)からコラム依頼があったので書く。

お題は「政治家と眼鏡」について。

 

 

 

●10月24日(木)沖縄はいい天気。

 

沖縄へ。

 

 

 

 

 

 

新聞がテーマの講演会。

初めて開催した沖縄で254名のお客さまに来ていただきました。

サイン会もびっしり。

 

ありがとう。今度は家族とゆっくり来ます!


 

●10月25日(金)雨

 

沖縄から帰京。

 

昨日のライブ、新聞に載ってました。→“芸人式”新聞解説 プチ鹿島さんが新報ホールでトークライブ(琉球新報2019年10月25日)

 

 

羽田からテレビ朝日へ。 『サンデーステーション』打ち合わせ。

 

『文春オンライン』公開。バックナンバーもすべてこちらで読めます→https://bunshun.jp/search/author/%E3%83%97%E3%83%81%E9%B9%BF%E5%B3%B6

 

 

●10月26日(土)曇り

 

『メルマガ』原稿を書く。

 

 

●10月27日(日)晴れ

 

『サンデーステーション』(午後3時30分〜)出演。

 

東京五輪マラソン・競歩の開催地について。どうなる?

 

 

 

 

 

●メールマガジンのお知らせ

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

最新号配信しました(毎週月曜)。

 

※最近多くの方に反響あり、盛り上がっております。よろしければお読みください。

 

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 


2019.10.08 Tuesday 01:41 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】カラッと激しい天龍イズムとは。

今回の1枚

さぁ、どこへ行くのかな〜 ワクワク。

 

 

【プチ動静】

●9月23日(月・祝)曇り

 

『文春オンライン』原稿を書き、

夕方からTBSラジオ。『東京ポッド許可局』収録2本。

 

 

●9月24日(火)曇り

 

午後1時より4時30分まで『キックス』(YBSラジオ)。火曜パーソナリティ。

 

 

●9月25日(水)晴れ

 

今週と来週は『水曜日のニュース・ロバートソン』(BSスカパー)はお休み。

 

なので本日は家族でディズニーシー。

おじさん、初のディズニーシー。

 

 

 

 

●9月26日(木)晴れ

 

『メルマガ』原稿を書く。

 

 

●9月27日(金)晴れ

 

各ネタ出し、資料読みをして、

夕方から『サンデーステーション』打ち合わせ。

 

 

●9月28日(土)晴れ

 

『文春オンライン』原稿を書く。

 

 

●9月29日(日)曇り

 

午後1時テレビ朝日入り

午後4時30分『サンデーステーション』

 

本日は消費税の還元ポイントについて読み比べ

 

 

本日で森川夕貴アナが『報道ステーション』へ。本番後に送別会。

 

 

●9月30日(月)曇り

 

NumberWeb『プチ鹿島の月刊スポーツ新聞時評』を書く。

 

こちらで読めます。

 

ラグビーW杯で沸き立つスポーツ紙。
奇跡報じるデイリーの一面には……。

 

 

●10月1日(火)晴れ

 

本日より消費税10%&

午後1時より4時30分まで『キックス』(YBSラジオ)。火曜パーソナリティ。

 

『文春オンライン』「新聞と軽減税率」について書きました。新税制スタートの本日に公開してもらいました。

 

各紙は「新聞の軽減税率」をどう論じてきたか? 自信とプライドの「読売」、歯切れの悪い「朝日」、電子版はまさかの10%「新聞て生活必需品なの?」

 

 

 

●10月2日(水)晴れ

 

文化放送『くにまるジャパン』出演。

20分も喋らせていただく。

 

ありがとうございました。→番組HPはこちらです

 

帰宅後は『新潟日報』の原稿を書く。

 

 

●10月3日(木)曇り

 

『メルマガ』原稿を書く。

 

 

●10月4日(金)曇り

 

夕方から『サンデーステーション』打ち合わせ。

 

夜は丸の内ピカデリーへ。ドルビーシステムのオープニングは『ジョーカー』

 

初日・来場者特典の特製クリアファイルもらった!

 

 

●10月5日(土)晴れ

 

木更津のイオンへ。

 

来週から開催される「からあげフェスティバル」を盛り上げるため、東京ポッド許可局に白羽の矢。

 

イベントをおこないました。

 

 

本番前にイオンを堪能するおじさんたち。

 

ぎっしり。嬉しい〜

見に来てよかったと思ってもらうために、どんな場所でも「カラッと激しい」天龍イズムを実践しています!

 

ご来場の皆さまありがとう。

 

 

●10月6日(日)晴れ

 

午後1時テレビ朝日入り

午後4時30分『サンデーステーション』

 

本日は「ラグビーW杯から見えてきた東京五輪・パラリンピックの課題」をやりました。

 

ラグビーW杯で台風など災害の場合。

 

そして東京五輪の場合は、、、

果たして来年は無事に五輪・パラリンピックを終えることができるのでしょうか。

 

番組反省会にて。

10月から新メンバーの下村彩里アナウンサー、久冨慶子アナウンサーと。

そして長野智子キャスター、私。
 

 

●メールマガジンのお知らせ

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

最新号配信しました(毎週月曜)。

 

※最近多くの方に反響あり、盛り上がっております。よろしければお読みください。

 

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 


2019.06.26 Wednesday 14:40 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】小学5年生の読者からお手紙をいただきました。

 

●6月10日(月)雨

 

『文春オンライン』原稿を書く。テーマは『政権と闇営業』

ふわっとした民意、というのをテーマにしました。

 

こちらで読めます。→https://bunshun.jp/articles/-/12320

 

 

●6月11日(火)晴れ

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』

 

帰京後、渋谷ハオミンへ。

5nB0blEj5tnc0X41560691086_1560691094.jpg

 

 

●6月12日(水)曇り

 

『メルマガ』原稿を書く。


夜10時『水曜日のニュース・ロバートソン』(BSスカパー!)

B9VnSxs5vLgHd8F1561526084_1561526086.jpg

今夜のゲストは「家族留学」という、学生が子育て家庭に同行するユニークな体験プログラムで話題を集めている株式会社manma 代表、新居日南恵(におり ひなえ)さん。

 

トークテーマは、

「家族留学」で若者が安心して家族を築ける社会に。

 

新居さんは高校時代、「どんなキャリアを築くのか」という情報はあったけど「結婚や子育てに関する情報はなかった」といいます。女性の社会進出や働き続けることへの不安があったという。

 

そんなご自身の経験でたどり着いたのが「家族留学」。就職前の女性に今後の「モデル」を紹介し体験してもらうシステム。

 

体験を提供する30〜40代の女性がいかに「誰も経験してなかった世代」であり、奮闘してきたか。あらためて痛感しました。

 

 

●6月13日(木)晴れ

 

文藝春秋へ。

『Number』次号

《松井珠理奈×プチ鹿島×堀江ガンツ「プロレス総選挙を振り返る」》

L6difm00bXHXzMO1561391345_1561391352.jpg

6月27日の発売をお楽しみに。

 

 

●6月14日(金)曇り

 

『メルマガ』原稿仕上げる

 

毎日新聞出版が10代向けに発行している『ニュースがわかる』発売。

lfBQ43bGjegh6Va1561391991_1561391995.jpg

nsR0ZqzK2PEnpdj1561391413_1561391416.jpg

 

なんと嬉しいことに小学5年生の読者からお手紙をいただきました。

Q6pdKp_E2D2Z8iy1561392458_1561392465.jpg

 

オジさん嬉しい!

 

『読売中高生新聞』でも連載が始まりました。

 

z4ouhwjkQ1KsKn01561391381_1561391384.jpg

 

BMQmlOueXNFp_Kj1561391396_1561391400.jpg

月イチです。よろしくお願いします

 

夕方は『サンデーステーション』打ち合わせ。

そのあとテレビ朝日の1階で家族と合流。娘は『徹子の部屋』にハマってました。

6XCl3aGm15Buq6s1561392920_1561392925.jpg

 

 

●6月15日(土)雨

 

『スポーツ報知』のコラム『プチ時評』原稿を書く。

 

 

●6月16日(日)晴れ

 

午後1時テレビ朝日入り

午後4時30分『サンデーステーション』

bjOh7KZYavF8KTQ1561525829_1561525837.jpg

 

IvgUatpfd9eTKk31561091488_1561091491.jpg
 

wF58a3g4VLvJpw31561091395_1561091400.jpg

 

7xa58WjSOB0YHvh1561526008_1561526011.jpg

 

 

●6月17日(月) 晴れ

 

本日のスポーツ報知に『プチ時評』掲載されてます。

 

BktaUmflLZeLOr41561091414_1561091418.jpg

 

『文春オンライン』原稿を書く。 こちらで読めます。

 

「私はめったに激怒しない」首相答弁と毎日「『安倍外交』ここがすごい?」がすごかった

「安倍応援団と目される」人に話を聞くと

 

 

夕方からTBSラジオで『東京ポッド許可局』収録2本。

 

 

●6月18日(火)晴れ

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』

 

朝からヤクザとタピオカという週刊誌の広告に目が釘付け。

 

VY6tkxmD1RA6UAZ1561392021_1561392024.jpg

 

なのでお土産。ムスメとタピオカ。

Lf_KfQ9Of0i6y081561392006_1561392009.jpg

 

●6月19日(水)晴れ

 

『新潟日報』原稿を書く。

 

夜10時〜 『水曜日のニュース・ロバートソン』(BSスカパー!)

 

今夜のゲストは アイドル「仮面女子」のメンバーとして活躍し、今年4月におこなわれた渋谷区議会選挙に立候補、見事に当選された橋本ゆきさん。トークテーマは「知ってほしい新人区議のお仕事」

 

6月のアナウンサーを務めてくれた高木由梨奈さん、ありがとうございました。

uvpoTq3gs6lxQLz1561525413_1561525417.jpg

 

 

●6月20日(木) 曇り

 

『メルマガ』原稿を書く。

 

 

●6月21日(金)曇り

 

『サンデーステーション』打ち合わせ。 そのあと食事会。

 

 

●6月22日(土)雨

 

来週の対談へ向けて資料読みなど。

夜は初めて行くお好み焼き屋さん。

F51LgnDoWbw6rOX1561525396_1561525399.jpg

 

 

●6月23日(日)曇り

 

午後1時テレビ朝日入り

午後4時30分『サンデーステーション』

20190430_1636758.jpg

今回は、東京五輪チケット抽選結果発表の記事読み比べ。

 

12歳以下の子どもがいれば申し込みできる『2020円』のチケットに申し込みがどうやら殺到したらしい。 私も家族づれで狙ったのですが全部ハズレ。 子どもに見せたい人は最初から高い席を狙えばよかった!?

高いチケット料金の問題はどこかへ、、、

 

 

※メルマガが最近『繋がってきて』盛り上がっております。よろしければお読みください。

●メールマガジンのお知らせ

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

最新号配信しました(毎週月曜)。

 

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 


2019.03.25 Monday 23:20 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】フジテレビ『ジャンクSPORTS』に出演しました。

今回の1枚。(フジテレビ提供)

55769894_2143200485765642_5410060433765695488_n.jpg

夢空間でした。

放送は3月24日(日曜)でした。ありがとうございました。

 

 

●3月5日(火)

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ

 

 

●3月6日(水)

 

『NEWS RAP JAPAN』Abema TV収録
『荒川強啓デイキャッチ!』TBSラジオ
『水曜日のニュース・ロバートソン』BSスカパー!

 

wtOSnjQXm3Xieuq1553531643_1553531646.jpg

あ、モーリーさん!

駅で発見。東京新聞の広告なんてすごいなー。

 

KfHfLzqHqlerrV01553522539_1553522544.jpg

モーリーさんと今週も90分!

https://www.bs-sptv.com/robertson/

 

 

●3月7日(木)

 

『メルマガ』原稿

 

 

●3月8日(金)

 

『ニュースがわかる』原稿を書く。毎日新聞が10代向けに発行している雑誌です。連載をすることに。

今月発売号はすでに先月書いたもので、本日は第二回目の原稿。

 

『サンデーステーション』打ち合わせ

 

 

●3月9日(土)

 

有楽町よみうりホールで『オレたちと平成と東京ポッド許可局』 でした。

cFP4LBO36VVppXn1552319608_1552319611.jpg

 

K2U0PacIvC285AE1552319783_1552319786.jpg

QMNP6I2SUQcItL01552319801_1552319804.jpg

チケット即完売のこのイベント。1200人超満員ありがとうございました。

 

8月には初の大阪公演をやります。

2CU9SpdSA9VgfY01552319587_1552319593.jpg

bZWKP8xSbgHsu231552319527_1552319534.jpg

_iTyRzeHRGpUhq41552319551_1552319555.jpg

「加藤の乱」について語っているところ。

 

 

●3月10日(日)

 

『サンデーステーション』出演。

5HOYJaNMOxW1FPo1523795305_1523795336.jpg

 

帰宅後は『文春オンライン』原稿

 

 

●3月11日(月)

 

『荒川強啓デイキャッチ!』TBSラジオ
『東京ポッド許可局』解散ドッキリ論

 

 

●3月12日(火)

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ

 

フジテレビへ。『ジャンクsports』収録

guZpgci7uihpuqx1553522558_1553522562.jpg

 

 

●3月13日(水)


『荒川強啓デイキャッチ!』TBSラジオ
『水曜日のニュース・ロバートソン』BSスカパー!

https://www.bs-sptv.com/robertson/

 

 

●3月14日(木)

 

『EX大衆』取材へ。コラムの連載で川口浩探検隊のスタッフを訪ねる。かなりいい話を聞けた。

 

 

●3月15日(金)

 

毎日新聞『ニュースがわかる』発売。

1M8MEPOCLqbuDF21553437818_1553437822.jpg

 

uS4He8e_8uqZNUD1553438160_1553438164.jpg

10代向けコラム。「オジさんの話を聞いて!」

オヤジジャーナルのオジさんという意味もあるんです。

 

毎日新聞の案内ページはこちら。

https://mainichi.jp/wakaru/

 

夕方は『サンデーステーション』打ち合わせ

 

 

●3月16日(土)

 

『新潟日報』 主催の講演会。

XEepiBgRZvN50hh1553438099_1553438102.jpg

54433416_2134525673299790_8686721422317322240_n.jpg

定員オーバーの申し込みがあったという。ありがとうございました。

 

 

●3月17日(日)

 

UN9W3ZmNCYD8Ko_1553437336_1553437339.jpg

きのうの新潟土産、笹団子でナイスコーヒー。


『サンデーステーション』出演。

 

帰宅後は『文春オンライン』原稿

 

 

●3月18日(月)

 

『荒川強啓デイキャッチ!』TBSラジオ

 

『新聞広告報』のインタビュー取材を受ける。

 

 

●3月19日(火)

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ

 

午後5時『プチ鹿島と桜井和明のどこまでもプロ野球』YBSラジオ特番収録。

 

 

●3月20日(水)

 

『NEWS RAP JAPAN』Abema TV収録
『荒川強啓デイキャッチ!』TBSラジオ
『水曜日のニュース・ロバートソン』BSスカパー!

 

pJs4rD5RUzU8BAk1553522577_1553522581.jpg

https://www.bs-sptv.com/robertson/

 

ゲストは安田純平氏。

 

参考コラム『文春オンライン』

 

14年前、誰が「自己責任論」を言い始めたのか?――2018下半期BEST5

「イラク3邦人人質」記事を読み直す

 

 

●3月21日(木)

 

『メルマガ』原稿を。

 

 

●3月22日(金)

 

『サンデーステーション』打ち合わせ。

 

『文春オンライン』公開されました。

『ピエール瀧逮捕でにわかに浮上 映画『麻雀放浪記2020』“お蔵入り危機”騒動に火を点けたのは誰か?

嘘か? 真か!?』

https://bunshun.jp/articles/-/11113

 

夜は映画観て、東中野『BARバレンタイン』へ。

 

ノアの稲村愛輝選手と。
ARLJQW6pTZp0rLj1553437190_1553437194.jpg
このBARでバイトしてた頃から応援してたので、おじさん感激です。

皆さん応援してください。

 

 

●3月23日(土)

 

『EX大衆』

『メルマガ』

『NumberWeb』
各原稿を書く。


 

●3月24日(日)

 

『サンデーステーション』出演。

 

帰宅後、フジテレビ『ジャンクSPORTS』を家族で見る。

55769894_2143200485765642_5410060433765695488_n.jpg

 

 

 

●メルマガ最新号配信しました。

 

『批評は必要か』

『だとよ』について

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 


2018.12.24 Monday 23:16 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】なんと新聞労連(日本新聞労働組合連合)に招いていただき講演会。

ご報告のご報告。

48059259_1994029890682703_6818544995134341120_n.jpg

「漫談ライブ2018ご報告」無事に終了しました。東京・大阪満員ありがとうございました。

 

 

ではプチ動静。

 

●12月3日(月)晴れ

 

クリスマスの飾り付けがマンションロビーに。これはマズイ。もう年末ムードだ。もう大晦日だ。

本日はTBSラジオ『荒川強啓デイキャッチ』と『東京ポッド許可局』2本。「ボヘミアン・ラプソディ」についてワイワイ語る。

 

きのうテレビ朝日からいただいたプリキュアとドラえもんとクレヨンしんちゃんのカレンダーを娘に渡したら株が上がった。

0apaPFFKo1lKd_m1545649264_1545649273.jpg

 

●12月4日(火)晴れ

 

12月なのに暖かい。でももう実質、大晦日なのである。

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

 

夜は漫談ライブ打ち合わせ。てんこ盛りになりそう。東京も大阪も楽しみ。

帰宅後、『文春オンライン』原稿

 

 

●12月5日(水)晴れ


『みんなで漫才を真剣に見る』。それがM 1グランプリである。その矛盾こそがヒリヒリする魅力を発生するし、めんどくささも生む。

そのめんどくささとは視聴者側のものであったが今年はいよいよ当事者側にも起きた模様。

 いずれにしても、相変わらず語れる案件である。次のメルマガのテーマはこれ一本にするつもりだ。

 

本日は、

『NEWS RAP JAPAN』Abema TV収録

8L4D7qlFT_S5hEM1545649286_1545649289.jpg
 

『荒川強啓デイキャッチ!』TBSラジオ

 

ブラック企業大賞のノミネート発表を取材に厚労省へ。

 

『水曜日のニュース・ロバートソン』BSスカパー!

 

 

●12月6日(木)曇り

 

午前は『サンステ』ネタ出し。午後から雑誌『Nnumber』から依頼された原稿をやる。ハンカチ王子について。

 

夕方近所のメガネスーパーへ。

星崎社長が水ロバの番組ゲストに来てくださったときに『他店が視力検査を簡素化する流れなら、ウチは逆にじっくり時間をかけようと思った』と聞いてなるほどと興味を持った。目は大切だからその発想は説得力がある。

 

メガネの新しいレンズを購入。

来店きっかけのアンケート項目に『水曜日のニュース・ロバートソン』が燦然と輝いていた。思いっきりマルをつけてきた。

 

●12月7日(金)晴れ

 

午前中に各原稿を仕上げ、午後はライブ準備。

午後4時から『サンデーステーション』打ち合わせ。

午後6時ライブ会場入り。

 

7時30分からプチ鹿島漫談ライブ。

48059259_1994029890682703_6818544995134341120_n.jpg

ID0eJUGoIw2lUjY1545649383_1545649387.jpg

ありがたいお客様。

明日は大阪へ。

 

●12月8日(土)晴れ

 

大阪へ。漫談ライブ。

約2時間喋る。

47687472_1996400727112286_1337744298224910336_n.jpg

なかなかいい芸人になったのではないか。またやろう。

 

●12月9日(日)晴れ


朝8半の新幹線で一旦帰宅。娘が大好きな赤福と551を届け、12時30分にテレビ朝日『サンデーステーション』へ。本日は防衛大綱について。

6rgIvJKB_ChwLo91545657941_1545657945.jpg

 

●12月10日(月)晴れ


朝日新聞の月刊Journalism(ジャーナリズム)が発売された。

『変わらない政治、報道は届いているのか』というお題で約1万字。

jUYginoXV68pob41545649400_1545649403.jpg

巻頭に載ってて驚く。

 

新聞広告はこちら。

IMG_4135.jpg

朝日新聞出版https://publications.asahi.com/ecs/66.shtml

 

 

午後1時TBS。

官民ファンドについて『荒川強啓デイキャッチ!』で調べる。青木理さんと記事の出方、スクープの意味についてトーク。面白かった。

帰宅後『KAMINOGE』『タブロ』の原稿にとりかかる。

 

 

●12月11日(火)晴れ

 

いつもは朝9時の電車で甲府に向かうのだが、10時半の電車にズラしてもらいそれまで家仕事。
 昼過ぎにYBSに着いて午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

 

帰宅後は『文春オンライン』『東スポ』原稿

 

 

●12月12日(水)曇り

 

『NEWS RAP JAPAN』Abema TV収録
 『荒川強啓デイキャッチ!』TBSラジオ
『水曜日のニュース・ロバートソン』BSスカパー!

 

そういえば配信中のメルマガで今回のM1騒動の件で気づいたことを書いた。この見立ては我ながらお気に入り。昔から許可局聴いてる方には自信を持ってオススメです。

48355750_2002212493197776_2531344052272496640_n.jpg

 

水ロバには明和電機の土佐さん。ナンセンスとは『超常識』!

48059770_2002212483197777_4566674512057204736_n.jpg

 

●12月13日(木)曇り

午前中は税理士さんのところへ。

午後は家で仕事。夕方メガネスーパーへ。新調したレンズに交換。快適。

 

 

12月14日(金)晴れ

メルマガ原稿
妻が風邪気味。

 

『文春オンライン』公開しました。

 

「質問を4回無視」に産経師匠も一喝! なぜ河野外相は“変節”したのか?

異端児と呼ばれたプリンスが、こうなるまで

 

 

12月15日(土)晴れ

なんと新聞労連(日本新聞労働組合連合)に招いていただき講演会。

全国から集まった記者の方がずらり。懇親会も楽しかった。


 

12月16日(日)晴れ

テレビ朝日『サンデーステーション』。今週は『景気回復、実感は?』というネタ。数字も好調ということで嬉しい。

vn_7o9Uuh5kUdU11545649436_1545649439.jpg

応援してもらう。



12月17日(月)晴れ

南青山の児童相談所問題。『荒川強啓デイキャッチ!』TBSラジオで現地へ。TBSへ戻って記事を読み込む。

午後5時から『東京ポッド許可局』2本収録。

帰宅後は『文春オンライン』原稿



12月18日(火)晴れ

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

 

南青山問題をオープニングで語る。

書き起こしです。ぜひ読んでください。

https://miyearnzzlabo.com/archives/54164

夜7時  紀尾井町・文藝春秋へ。

昨年好評だった、今年の印象深いおじさんを語り合う『おじさん座談会』(文春オンライン)の収録。盛り上がる。公開は年末予定。

 

 

●12月19日(水)晴れ

『NEWS RAP JAPAN』Abema TV収録
 『荒川強啓デイキャッチ!』TBSラジオ
『水曜日のニュース・ロバートソン』BSスカパー!

 

水ロバゲストは元NHK大阪の相澤冬樹さん。現在話題沸騰の「安倍官邸VSNHK」の著者でもある。

 

番組でも注目してきたのだが、中盤、相澤さんが激怒する展開に。私も応戦。だって聞きたいことは聞かなきゃ。

 

「これぞテレビの生放送の醍醐味だよ。」と終了後に局の偉い方に言われる。

 

この日のことは、どこかであらためて書こう。

 

 

●12月20日(木)晴れ

 

『Number』最新号 「<スポーツブーム平成史> 熱狂を超えろ」。

 

『ハンカチ王子』フレーズの功罪について書きました。本日発売。

 

efX13OtZxJD6s5q1545660704_1545660708.jpg

 

D4uG0hnz9ygyXWR1545660726_1545660729.jpg

 

今日はメルマガ原稿など書いて夕方から読売新聞の取材を受ける。

 

夜は『水曜日のニュース・ロバートソン』忘年会。

94Cn0R0Xu4DS2b71545649821_1545649824.jpg

 

ビンゴ大会で叙々苑の食事券当たる!

 

モーリーさん、番組スタッフさん、そしてBSスカパー!さん、来年も宜しくお願い致します。

 

 

 

●12月21日(金)晴れ

 

明日は朝から晩まで外の仕事なので今日中に各原稿を。『新潟日報』『メルマガ』など。

 

 

●12月22日(土)晴れ

 

朝6時の新幹線で長野へ。9時半から長野朝日放送の『駅前テレビ』年末スペシャル出演。今年のニュースを振り返る。

0rRqfZ2_uayqakz1545649316_1545649319.jpg

5TfTSLtjVlQ_rXD1545649799_1545649802.jpg

 

終わってすぐ移動。特急を乗り継いで長野→松本→甲府。

 

山梨放送の正月特番収録。

49049218_2015698601849165_7901720323957981184_n.jpg

 

AZwkkOJUN0M8knr1545649780_1545649783.jpg

来年1月3日放送予定です。

 

本日は関東甲信越小さな旅気分でした。

 

 

●12月23日(日)曇り

年内ラストの『サンデーステーション』。本番後は納会。

 

来年も宜しくお願い致します!

 

 

●12月24日(月)曇り

 

『荒川強啓デイキャッチ!』TBSラジオ

 

本日は、「首都圏のニュータウンの高齢化が加速!」について。

再生のヒントはあの映画にあり!?

 

昨年書いたコラムからも紹介。

 

 

 

●メルマガ最新号配信してます。

 

M1騒動、私のあの見立てがまさかの展開へ。

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 


2018.11.27 Tuesday 01:20 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】私のコーナーもおかげさまでいい感じです。

 

●11月13日(火)晴れ


午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

 

帰京後、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観る。

46239299_1961619147257111_6743277939539836928_n.jpg
こないだ東京ポッド許可局で『もう批評はいらない時代なのか?』みたいなことをちょっと話した。

そのあと正式に『論』として収録した(TBSラジオでは来週放送)。

 

この『ボヘミアン・ラプソディ』を観たら、これは良い意味で批評がいらない物件だと思った。現場(映画館)にいればそれでいいんです。

そういう意味でも面白かったなぁ。

 

 

●11月14日(水)晴れ

 

『水ロバ』でSNSコンサルタントの生駒幸恵さんの話を聞く。

46148742_1963066267112399_140605181887774720_n.jpg
わが故郷、長野県観光インスタグラムのコンサルもやって数字を伸ばしていると。

 

アップする写真は役所に任すより、長野の美しい写真をあげてる人に交渉して転載するという。これぞ民営化、これぞ集合知だと思った。

 

あと、清水寺のインスタが人気らしく、お寺の風景とか観光では入れない場所をアップすることで価値があるのだとか。

つまり自分が昔から持ってる『資産』『武器』が新たな媒体と出会うことで化けたわけだ。これはほかのジャンルでも参考になると思う。

 

・午後3時30分『荒川強啓デイキャッチ!』TBSラジオ
・夜10時 『水曜日のニュース・ロバートソン』BSスカパー!

 

 

●11月15日(木)晴れ


『おじさんは歯から健康が崩れる』的な、おじさんを非常にビビらせる週刊誌記事を読んでしまったので歯医者へ行く。検診と歯周病チェック。

私をチェックする先生が『え!?』『わー』『すごい、、、』とつぶやいてるので、めちゃくちゃ不安に。

 

その結果は・・・・

 

『百点!こんなキレイなのはお手本になるくらい』。

 

やった!安心した。感動した。

おじさん浮かれる。なぜかコンビニでジュースを買う。

 

原稿を書き、夜は紀伊國屋ホールへ。ワタナベエンターテインメントがプロデュースする芝居を観に。

 

 

●11月16日(金)晴れ

 

テレビ朝日『サンデーステーション』の打ち合わせ。前回、高視聴率。私のコーナーもおかげさまでいい感じです。

本日もスタッフとネタづくりをびっしり。ありがたい環境だ。

46485733_1965174686901557_366901880523063296_n.jpg

 

文春オンライン公開中。

 

“失言大臣”桜田五輪相を“恐怖新聞”読売が怖がる理由?

「全員野球」は始まったばかりである

 

 

 

●11月17日(土)晴れ


午前中は娘の幼稚園の音楽会。ウチの娘がいちばんよく歌えていた。
親バカではなく客観的に見てそう感じたのだ。間違いない。

 

気分が良いので、健康診断の検便容器を一駅歩いて取りに行く。

 

本日の仕事
 『スポーツ報知』原稿(月曜掲載)
 『メルマガ』原稿(月曜配信)
 『川口浩探検隊』資料整理

 

 

●11月18日(日)晴れ

 

テレビ朝日『サンデーステーション』出演。

本番前、コメンテーターの後藤謙次さんが『下町ロケット見たよ、いい役だったねぇ』とおっしゃってくださった。『普段は見てないけどプチさんが出ると言うからね』とも。長野智子さんは金曜の打ち合わせ時点で『見たー』と。ありがたいなー。

 

本日は北方領土問題を。難しい問題だがわかりやすくできた手応えあり。

46383075_1968391946579831_8176616488807956480_n.jpg

 

 

●11月19日(月)曇り


午後1時TBSラジオ入り 午後3時30分から『荒川強啓デイ・キャッチ!』
午後5時『東京ポッド許可局』収録2本。
そのあと雑誌an・anの取材。

 

タツオに車で送ってもらい、帰宅後は原稿と明日の取材準備。

 

 

●11月20日(火)晴れ

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。本日も全国からメールがたくさん。

帰京して『週刊SPA!』の取材を受ける。

 

 

●11月21日(水)曇り

 

メガネスーパーの社長が『水ロバ』のゲストに。90年代にプロレス団体を旗揚げした田中八郎氏の時代を知ってる私としては感慨深い。

しかし現社長の星崎さんは創業者一族とはまったく関係なく、5年前に社長に就任。

 

各社を再建させた腕を買われてメガネスーパーに招かれたプロ経営者。さっそく黒字にしたという。

『自分の頭で考えさせる』のが秘訣らしい。よく聞くポイントだが、人ってホントに現状を良しとしてしまうらしい。例え赤字でもルーティーンを優先してしまうのだから。

 

星崎さんはとてもエネルギッシュな方だった。

帰りに社長の名刺がついた割引券を頂く。やり手だ。

46496273_1973402072745485_3603364904351825920_n.jpg

 

本日の仕事
 『NEWS RAP JAPAN』(Abema TV)

46648862_1973402079412151_4613269035998511104_n.jpg
 『荒川強啓デイキャッチ!』
 『水曜日のニュース・ロバートソン』

 

 

●11月22日(木)曇り


映画「search/サーチ」を観る。

 

高校生の娘が失踪。オヤジがSNSを調べていくとそこには娘の知らない姿が・・・。4歳の娘を持つ自分からするとザワザワして仕方なかった。

 

というかこの映画、高校生の娘がいるマキタ局員にみせてはダメだ。絶対みせてはダメ。

 

・・・みせたい。

 

・本日の仕事
メルマガ原稿

 

 

●11月23日(金 祝)晴れ


今日から3連休。妻と娘は実家&温泉へ。私は通常モード。
 『サンデーステーション』打ち合わせや原稿など。
ゴーン逮捕の記事をもう一度読みなおしてみる。野球選手でいうなら素振りのようなものか。

OXGhs_fccpXDlu11543248275_1543248278.jpg

lt9_gxUpc3nCJqX1543248233_1543248237.jpg

 

夜は映画を観に行く。

 

文春オンライン公開されました。

「全国紙」でなくなる? 産経の“感情の起伏”が激しかった「11月16日のこと」

保守おじさんが「揺れている」

 

 

●11月24日(土)晴れ


朝イチから映画、大森へ。『クレイジー・リッチ!』。

 

 

ずっと観たかったのだが今日からキネカ大森でやってるのを知る。

46665480_1977226762363016_9198834291692273664_n.jpg

朝イチだけに客席は5人ぐらいしかいなく貸切状態でクレイジーリッチ気分。

 

実は昨夜ある邦画をみて腹が立って仕方なかったのでよい口直しになった。

腹が立った邦画についてはせっかくなので来月の漫談ライブでネタにするつもりだ。(東京は完売ですが、大阪はご予約制です)

 

午後はずっと原稿。

夜、温泉から帰ってきた娘が『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』を集中して見て笑っていた。最後に落ちるのが面白いようだ。ただ、チャンス大城のときだけは冷静に見ていた。安心した。

 

 

●11月25日(日)晴れ

 

3連休最終日。午後1時テレビ朝日入り。午後4時30分から『サンデーステーション』。

5YnYMDP7Www2TxW1543247303_1543247306.jpg

 

 

●メルマガ最新号配信してます。

 

こんにちはプチ鹿島です。

 

ゴーン逮捕で「やったぜ日産」とツイートして批判された大阪のホンダ販売店がありました。日産のライバル関係の皆さんもピリピリしてることでしょう。各社には「余計なこと言うなよ」という注意が出ていることが予想されます。

 

というわけで今回はゴーン報道について。

 

といってもすでに数多くの記事やニュースを目に耳にしていると思うので、細かい点をピックアップしてみました。

 

〜続きはこちらで〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 


2018.11.11 Sunday 20:21 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】『下町ロケット』でした。

今回の一枚

o2rZbVi1EVUcksW1541931663_1541931666.jpg

TBSドラマ『下町ロケット』に出演しました。憧れの帝国重工。

 

でも私が着ると派手な『東京ポッド許可局』みたい。

 

 

●10月23日(火)晴れ

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

 

帰宅後は明日の3番組の準備。

 

 

●10月24日(水)晴れ

 

午前9時30分 『NEWS RAP JAPAN』(Abema TV)収録

 

午後3時30分 『荒川強啓デイキャッチ!』(TBSラジオ)。

本日から始まる卓球のTリーグについて調べる。今まで親任せだった選手の育成もリーグがやるようになると。福原愛引退は象徴的なことだったんだと思った。本日は時事川柳の審査員もやる。

 

一旦帰宅。

 

夜8時30分 BSスカパー!入り
夜10時 『水曜日のニュース・ロバートソン』。90分トーク。本日のゲストはエンジニア/タレントの池澤あやかさん。

KnFI6_XGDIUZ3re1541931728_1541931731.jpg

 

深夜0時帰宅。

 

 

●10月25日(木)晴れ

 

朝日新聞社の月刊Journalism(ジャーナリズム)の原稿。

 

夕方はドラフト会議を見る。毎年この時間は仕事を入れないで生中継を見る。

 

 

●10月26日(金)晴れ

 

一日中、原稿をやったあと夜はテアトル新宿に『止められるか、俺たちを』。

 

そのあと東中野BARバレンタインへ。11月9日(金)のイベントの打ち合わせを兼ねて飲む。朝4時まで。

 

 

●10月27日(土)晴れ

 

『スポーツ報知』のコラムと『メルマガ』原稿を仕上げる。

 

堀江ガンツさんのツイートでアンドレザジャイアントパンダが御徒町のハロウィンイベントにまだ出没することを知り、タクシーで駆けつける。娘に見せたかったが自分いちばん興奮したかも。

o0hXMsQH159bXoW1541932368_1541932372.jpg

 

戻ってきて自転車屋さんへ。電動アシスト自転車の予約。

 

只今WEBでも読めます→【プチ鹿島のプチ時評】政治家として麻生氏は不摂生

 

 

●10月28日(日)晴れ

 

一日原稿作業。

44932274_1937994712952888_5508579351379050496_n.jpg

新聞読んでる。

 

 

●10月29日(月)晴れ

 

午後3時30分 『荒川強啓デイキャッチ!』。渋谷ハロウィンについて。

 

午後5時 TBS資料室に籠る。

自己責任論が根強いがそもそも2004年のあのイラク人質事件からこの論調ははじまった。なら、もう一度あの時の紙面を調べてみようと。
国会図書館に行くつもりだったが行ける時間がない。そしたらデイキャッチスタッフがウチの資料室どうですか?と案内してくれたのだ。ありがたい!

 

帰宅後はその資料を整理しつつ『Number web』の原稿も。月末は大変だ。

 

『Number web』こちらで読めます。→

プチ鹿島の月刊スポーツ新聞時評 根尾昂にトーチュウが狂喜乱舞し、金本監督辞任にデイリーは激怒した。

 

 

 

●10月30日(火)晴れ

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

ハロウィンカレーが社食に。

44988817_1941740449244981_6910359254050275328_n.jpg

 

帰宅後は『文春オンライン』の仕上げ(文字数が普段の倍になった自称・大作)。

 

そのあと『新潟日報』『東スポWEB』原稿。

 

 

●10月31日(水)晴れ

 

朝6時30分起床。出かけるまで新聞、原稿チェック。
朝9時30分  神宮前 『NEWS RAP JAPAN』(Abema TV)収録。ゲストは吉田豪さん。

45135954_1951184124964070_2235378779323105280_n.jpg

 

午後1時 TBSラジオ入り
本日の『荒川強啓デイキャッチ!』は渋谷ハロウィンを現地で取材することに。

45191611_1943112082441151_4771160761173016576_n.jpg

生中継終了後、いったん帰宅。

 

原稿をおくって資料読み。迎えの車が来るまで。

 

夜8時30分 BSスカパー!入り
夜10時 『水曜日のニュース・ロバートソン』。

AE3_xPFSzaw3Ouz1541931677_1541931681.jpg

 

90分トーク。本日のゲストは日本人初BBCレポーター/キャスターの大井真理子さん。

45130813_1951184101630739_769489776725196800_n.jpg

「国際ニュース報道の舞台裏」について。

 

今回分はこちらで無料視聴できます。→https://vimeo.com/298540368/1bc7978b0b

 

深夜0時すぎ帰宅。今日も一日よく働いた。

 

 

●11月1日(木)晴れ


朝日新聞社の『月刊Journalism(ジャーナリズム)』の原稿を仕上げて送る。約1万字。

 

夕方、近所で気になっていた立ち飲み屋に寄る。料亭と併設されてる趣きのあるところ。ビール小瓶400円、黒板に書いてあるつまみはどれでも300円。700円で15分くらい滞在。いいな、帰り道にまた寄ろう。

 

 

●11月2日(金)晴れ

 

メルマガ原稿を午後3時30分まで。


午後4時『サンデーステーション』打ち合わせ。

 

帰宅後、整体。近所の魚の美味い店へ。こじんまりした店内は満席。同じマンションの家族も。

 

 

●11月3日(土・祝)晴れ

 

新聞ネタ出し(サンステ)やメルマガ原稿のあと、午後4時TBSへ。ドラマの打ち合わせ。

 

 

●11月4日(日)曇り

 

午前中はドラマ撮影。『下町ロケット』(TBS)

 

おもしろかった。刺激的。またこういう役やりたい。

obqs6ClBk4aFrLD1541935125_1541935128.jpg

Sy9UZ4haxikP7VT1541931649_1541931652.jpg

尾上菊之助さん、ありがとうございました。


午後1時 テレビ朝日入り。
4時30分から『サンデーステーション』。

FAX7Fb286mmkgfh1523795425_1523795430.jpg

 

『文春オンライン』に書いた『14年前、誰が「自己責任論」を言い始めたのか? 』が金曜公開後から爆発している。多くの方に読んでいただいている。

 

時事ネタだけど何年経っても読めるネタは本にしたい。

 

 

●11月5日(月)晴れ

 

午後1時 TBSラジオ入り
午後3時30分 『荒川強啓デイキャッチ!』。

午後5時 『東京ポッド許可局』収録。2本。

10時前に帰宅。『文春オンライン』原稿

 

 

●11月6日(火)曇り

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

 

帰京後、映画『ヴェノム』。『華氏119』を観たかったけど時間が合わずこちらに。

 

 

 

●11月7日(水)晴れ


朝9時30分  神宮前 『NEWS RAP JAPAN』(Abema TV)収録。ゲストは宮台真司さん。

0yREUmtVyG0HXou1541931632_1541931638.jpg

 

移動。

 

午後1時TBS。

午後3時30分 『荒川強啓デイキャッチ!』

午後5時出番終了

 

一旦帰宅。さすがに疲れたので1時間寝る。

 

夜8時30分 BSスカパー!入り
夜10時 『水曜日のニュース・ロバートソン』。米中間選挙SP。ゲストは政治学者の鈴木一人さん 。

有意義な90分

深夜0時すぎ帰宅。

 

 

 

●11月8日(木)曇り

 

原稿仕事を終えて夜から東京ディズニーランド。

楽しんだ。

s31TP90xvWElh701541931617_1541931620.jpg

 

 

 

●11月9日(金)曇り

 

夕方までひたすらメルマガ原稿を。

 

夜は新宿ロフトプラスワンでイベント。

LS46kwJ9CUaEBFr1541932386_1541932389.jpg

 

 

『文芸春秋 2019年の論点100』に寄稿しています。

 

h_PsywXqb8MDV411541932854_1541932857.jpg

 

 

●11月10日(土)晴れ

 

横浜へ。娘に新しいおともだちができた。新しい家にお招きいただきお昼をごちそうになる。美味しくて会話も弾む。

 

そのあと日清カップラーメンミュージアムへ。

4kFP8wOFjeuI9lH1541931601_1541931606.jpg

 

帰宅後『タブロ』原稿を書いておくる。

 

 

大反響をいただいた先週の『文春オンライン』続編です。

各紙は「自己責任」をどう報じたか? “2004年の安田さん”と“2018年の安田さん”

14年前の「安田さん解放」と読み比べてみると

 

 

 

●11月11日(日)晴れ

 

『KAMINOGE』原稿を書く。

 

映画『華氏119』を観る。

そのあとママ友に教えてもらったという寿司屋へ。美味い。

 

 

●メルマガも宜しくお願い致します。毎週月曜配信。

 

明日配信号は「イッテQ」の話題を聞いて考えたこと。

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 

今年も漫談ライブやります。

 

東京分はおかげさまで1日で完売しました。

 

大阪もやります。大阪はご予約制ですのでこちらからどうぞ。

 

2018.12.8 (Sat)

『プチ鹿島漫談ライブ 2018ご報告IN大阪』

 

 

 


2018.10.23 Tuesday 00:35 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】会いたい人には早く会っておけ。

今週の一枚

44571541_1935608676521615_6639174430570315776_n.jpg

娘の幼稚園の”うんどうかい”でした。初体験。

 

 

●10月15日(月)晴れ

 

午後1時 TBSラジオ入り
午後3時30分 『荒川強啓デイキャッチ!』。スペシャルウィークでした。オープニングに出演。

 

帰宅後は『文春オンライン』原稿。

 

 

●10月16日(火)晴れ

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

 

帰宅後は『東スポWEB』原稿。

 

 

●10月17日(水)晴れ

 

午前9時30分 『NEWS RAP JAPAN』(Abema TV)収録。

44243154_1931030933646056_6678519264464338944_n.jpg

こちらで視聴できます。

https://abema.tv/video/episode/90-491_s0_p80

 

昼前に収録がおわり、赤坂へ移動。

 

午後1時 TBSラジオ入り。
午後3時30分 『荒川強啓デイキャッチ!』。スペシャルウィーク。オープニングを務める。

 

籠池夫人の著書が本日発売ということで、読んでみる。この本の仕掛人は面識のある編集者の方だったので電話で読みどころを聞いてみた。

 

一旦帰宅。

 

夜8時30分 BSスカパー!入り

 

夜10時 『水曜日のニュース・ロバートソン』。90分トーク。

fWaMNW5hn12yhi71540223372_1540223375.jpg
ゲストはハヤカワ五味さん。ファッションデザイナー、実業家。

 

深夜0時帰宅

 

 

●10月18日(木)晴れ


午前中は税理士さんのところへ。天気がいいので帰りは2駅分歩いて帰る。

 

午後は朝日新聞社月刊Journalism(ジャーナリズム)の原稿。

7千字〜9千字ということで何回か分けて書こうと考えていたが、今日だけで5千字近く書けた。このあとの展開も目処がついた。ちょっとホッとする。

 

日刊ゲンダイ『注目の人』インタビューが本日載っていた。

n7kFZRofdl9ybfe1540222240_1540222250.jpg

※現在はネットでも読めます。

 

『注目の人 直撃インタビュー 時事芸人プチ鹿島』

 

 

●10月19日(金)晴れ

 

夕方までメルマガ原稿。

それから『サンデーステーション』打ち合わせ。

 

帰宅後、整体へ。

 

文春オンライン公開されました。

巨人・阪神「監督解任事件」報知vs.デイリーの“遠慮なき戦い”を読み比べる

スポーツ紙「内幕ズケズケ」対決!

 

 

●10月20日(土)いい天気

 

朝から娘の幼稚園運動会。

こういうの初めてだ。張り切って、綱引き、パン食い競争に参加する。

DP7Kg0qFZdJvAr91540223391_1540223395.jpg

昼に終わって焼肉に直行。

 

水曜スペシャル 『川口浩探検隊』のナレーターでもお馴染みの田中信夫さんの訃報が・・・。

 

私は川口浩探検隊の元スタッフに話を聞くという連載を『EX大衆』でやっているのだけど、この夏に出演者の田中信夫さんにも取材申請をしていたところだった。

 

体調がすぐれないのでメールなら、というお返事を先日いただき、担当編集者と質問事項を確認していた矢先だった。

 

お話を聞きたかったなぁ。会いたい人には早く会っておけということだろう。

 

 

●10月21日(日)晴れ

 

本日はサンステ2時間スペシャルのため12時に迎えが来たのだけど道が空いていて15分でテレ朝に着いた。いい天気。

 

午後4時より『サンデーステーション』。

rLjqYs3V1KPjP9n1540222358_1540222361.jpg

かぶりつきで応援してくれた模様。私の姿がちょうど隠れています。

 

帰宅後は『文春オンライン』原稿を。

 

 

 

●メールマガジン最新号の冒頭を公開します。

 

こんにちはプチ鹿島です。

 

今週はこちらのニュースから。

 

.妊凜I弯諭急きょ公演中止の沢田研二に苦言…「私だったら出ます」(サンスポ2018.10.19)
《17日にさいたまスーパーアリーナ公演を急きょ中止した歌手、沢田研二については「どうしたんでしょうね。私だったら、ファンが来ていたら、お金の問題は関係なく、出ますけれどね」と苦言を呈した。》

 

【プチコメント】

 

この話題盛り上がってますね。感想が言いやすいからだと思います。

 

沢田研二さんは会見で《9000人入ると聞いていた観客が実際には7000人だったことや、客席の一部がつぶされていたことなどから、自ら中止を決断したと明かした。》(日刊スポーツ)

 

人によって、世代によってこのニュースは印象が異なるかもしれない。「ドタキャン?信じられない。プロじゃない!」という感想もあれば「ジュリーならやりそうだなぁ」という感想。それぞれだろう。

 

ジュリーの全盛時を知らない世代はさいたまスーパーアリーナを埋められなかったと聞いて「当然だろ」と思うかもしれないし、「そんなにスカスカだったのか」と思うのはジュリーの全盛時を知ってるおじさん・おばさん世代だろう。←私もこちらに該当します。

 

先ほどの「客席の一部がつぶされていた」という部分。細かく説明していたのはこちら。

 

《同会場は、座席配置の形式によって5000〜3万6500人が収容できる。「当初(観客数が)9000人と聞いていたが7000人だったのと、座席(の一部エリア)が死角でもないのにつぶしてあった。リハーサル前にモニターを見て『なんだこれは』となって。最終的に中止は自分で決めた」と明言した。》(日刊スポーツ)

 

この中の「リハーサル前にモニターを見て」という部分にしみじみしました。

 

〜続きはこちらでお願い致します。〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 


2018.10.16 Tuesday 01:25 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】ほんとにボクでいいんですか?と言ったら『やっと会えましたね』と中山美穂的なことを

今週の一枚。

B7baRXT_543hlgu1539616784_1539616789.jpg

ダースレイダーと。あ、後ろにはとろサーモン久保田くんが。

 

『NEWS RAP JAPAN』(Abema TV)、10月からは水曜夜24時からです。新スタジオ、新セット。心機一転頑張りますので応援してください。

 

無料の再放送はこちら。今すぐ見れます。

https://abema.tv/video/episode/90-491_s0_p79?utm_campaign=episode_share_cy&utm_medium=referral&utm_source=referral

 

 

プチ動静。

●10月2日(火)晴れ

 

『プチ鹿島の火曜キックス』(YBSラジオ)で3時間半喋ったあと帰京し、『毎日新聞』の取材に答える。

 

そのあと『日刊ゲンダイ』取材。『注目の人直撃インタビュー』だった。

一面を大々的に使ったあの記事だ。最近では玉城デニー、前川喜平氏らが登場している。

M8Vco5JAYKfiqG71538643358_1538643363.jpg

ほんとにボクでいいんですか?と言ったら『やっと会えましたね』と中山美穂的なことを言われて嬉しかったです。

掲載は10月18日予定。

 

 

●10月3日(水)晴れ


内閣改造について『毎日新聞』にコメントしたら思いのほかデッカく掲載された。

 

1aYfGMN7cJiNGnr1538645170_1538645174.jpg

 

今日行った仕事の各現場や娘の幼稚園でいろいろ感想や反響が。ありがたい。

 

→こちらで読めます。

改造内閣 「選挙まで」「結局おじさん」有識者ら不満も

 

 

個人的にはあの富田林の男と隣同士の記事で共演できたのがよかった。

 

Hu60oJnXvIhONtr1538643375_1538643379.jpg

 

 午後1時TBS入り。3時30分『荒川強啓デイキャッチ!』。沖縄知事選そのあとについて調べる。

一旦帰宅。

 

夜10時より『水曜日のニュース・ロバートソン』BSスカパー!

 

ゲストは遺伝子解析家でジーンクエスト代表の高橋祥子さん。

wK3pe1D78C078g91538643588_1538643593.jpg
 

遺伝子検査を研究しつつ、起業。

検査キットに唾液を入れて送るだけで病気のリスク(どんな病気にかかりやすいか)、95歳まで生きる可能性、祖先どこから来たのか、などなどたくさんの項目がわかるという。

これは遺伝子解析でありつつ、新しい健康エンタメになるなぁと思った。自分の情報を知りたいもの。結果を見ながらワイワイ言いながらネタにもなる。

検査キットは3万円だが、この番組を見た人は半額と紹介したら、スタイリストさんやメイクさんなどやはり女子スタッフが即注文してた。ちょっとしたテレショップ状態。

TQ5yuDO63D_Dbsc1538643337_1538643340.jpg

私とモーリーさんはプレゼントしていただいたのでさっそく検査キットを送ろう。結果が楽しみだ。

 

 

●10月4日(木)曇り

 

来週から『NEWS RAP JAPAN』(Abema TV)の収録が水曜になるため今週は収録無し。午後は原稿でも書くかと思ってPCひらくと『Number Web』から高橋由伸辞任について原稿の急遽発注が。

引き受ける。結局夜まで。

 

※10月6日に公開されました。

こちらで読めます。

 

由伸巨人は革命的に面白かった。
ありがとう、またいつか必ず。

 

 

●10月5日(金)雨


 『Number Web』とメルマガ原稿を送り、テレビ朝日へ。『サンデーステーション』打ち合わせ。あ〜このネタ、この切り口があったか!という構成案が出た。日曜が楽しみだ。

 

帰宅後に整体へ。朝起きたら肩や首が痛い。寝違え手前だったらしい。寝返りしないとこうなるんですよねと言われ、そう言えば昨夜は寒くて毛布で固まって起きたことを思い出す。さっそく今夜から布団を出そう。

 

 

●10月6日(土)暑

 

 きのう新聞の映画評で知った大杉漣、最初のプロデューサー作にして最後の主演作『教誨師』が観たくなった。死刑囚6人と向き合う牧師を大杉漣が演じる。

 

調べたら初日舞台挨拶もあり、しかも自由席。なので朝起きてすぐ有楽町スバル座へ。

JEpuVvCbtRvPbhL1539616226_1539616230.jpg

これは観てよかった。密室での1対1のシーンがほとんどなので役者のたたずまいも重要だった。

 

映画館を出て代々木公園へ。家族と合流。自転車をレンタルして娘も乗る。

UBrO9SriLA_7K9Y1539616242_1539616246.jpg

いい天気、いい運動。

 

NHK裏のカフェでのんびり。

bYDGHNBMSOAllyp1539616260_1539616265.jpg

夜はちゃんこ屋へ。今日はもう仕事はしないで読書して寝よう。

 

 

●10月7日(日)暑。

 

午前中は『文春オンライン』原稿。

 

午後1時 テレビ朝日入り。4時30分から『サンデーステーション』。
このあと番組スタッフの歓送迎会に出席。スピーチもさせてもらう。飲みながら後藤謙次さんに政界情報をいろいろ聞く。役得だ。

xfBX0scFffa5N5T1539616279_1539616284.jpg

 

 

●10月8日(月 祝)晴れ


本日は午後から夜までTBSラジオ。
 『荒川強啓デイキャッチ』『東京ポッド許可局』収録。

 

 

●10月9日(火)晴れ


午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。
 帰宅後は『現代ビジネス』原稿。

 

『タイキョの瞬間!』で炎上のフジテレビが迎えている「ある局面」
「入管のプロパガンダ番組」と揶揄され

 

 

●10月10日(水)晴れ


今日から水曜日は番組3本。まず午前9時半 神宮前。

『NEWS RAP JAPAN』(Abema TV)。昼までに収録して今夜放送。

皆のスケジュールを合わすとこのタイミングしかない。スタジオが広くなりセットもリニューアル。新番組みたいな気分。

_fpZmTk6hxDj5nq1539616576_1539616581.jpg

無料の再放送はこちら。今すぐ見れます。

https://abema.tv/video/episode/90-491_s0_p79?utm_campaign=episode_share_cy&utm_medium=referral&utm_source=referral

 

赤坂へ。

午後1時 TBSラジオ。3時30分『荒川強啓デイキャッチ!』。

ハゲタカジャーナルについて調べる。

 

午後5時 新聞社の方2名と打ち合わせ。

 

一旦帰宅。

夜8時 スカパーへ。10時から『水曜日のニュース・ロバートソン』。90分トーク。

nEkDs5OCLLX06DQ1539619706_1539619709.jpg

おつかれさまでした。

 

●10月11日(木)晴れ

 

文春オンライン、こちらです。

 

各紙「新閣僚の顔ぶれ」から見えてくる“やらかしそうな大臣”は誰だ?

寸評を読み比べてみたら分かったこと

 

 

 

●10月12日(金)〜14日(日)いい天気!


2カ月前から楽しみにしていた休み。実家旅行。


地元の古本カフェが洒落ていたり、

H_JrwdCnuFH1DaV1539616042_1539616046.jpg

 

動物園が面白かったり、

2D0zKw5LveGzXWQ1539616760_1539616766.jpg

 

露天風呂がシンガポールのホテルみたいだったり、

BPte727Msmn7xEi1539616059_1539616064.jpg

 

漬物が美味かったり、

P1WdEANPWPYlXKq1539615990_1539615994.jpg

 

やっぱりビールが美味かったり、

OcnE8A8yMTI_MCw1539615974_1539615978.jpg

 

温泉街のラーメンに感動したり、

CK_RnO3_RJAeoK_1539616024_1539616028.jpg

 

温泉饅頭とコーヒーの相性にニンマリしたり、

17VKB8RNqDgbiS71539616008_1539616012.jpg

 

馬肉うどんもいつの通りの美味さでホッとしたり、

e3zoXzCYsib14MC1539619724_1539619728.jpg

 

娘が実家でのんびりしてるのを見て感慨深かったり、

h3FvfW_rCe_1EkP1539616318_1539616323.jpg

 

かなり堪能しました。

 


 

●メールマガジン最新号です。

冒頭だけでも読んでください。

 

 

こんにちはプチ鹿島です。

 

 

今回のザワザワはこちらの話題から。

 

仝驚て岨瓠巨人初の3度目監督が決定的か 最有力も、懸念はコンプライアンス (夕刊フジ10.5)

 

《過去2度巨人を率いて7度のリーグ優勝と3度の日本一を誇る原氏の実績が突出している。ただ懸案は巨人が近年重視しているコンプライアンス面だ。前回在任中の2012年には、過去に女性問題に絡んで反社会的勢力に1億円を支払っていたことが報じられ、さらに最近は近親者の素行に目を光らせるメディアも。3度目の就任は“身体検査”次第か。》
 

 

【プチコメント】

 

原辰徳さんについての記事ですが、このメルマガで書いたネタを思い出した方もいるのではないだろうか?3か月ほど前に書いたやつ。

 

原さんとコンプライアンスと聞けば「女性問題に絡んで反社会的勢力に1億円を支払っていたこと」が有名ですが、夕刊フジは上記の記事でさりげなく書いています。

 

《さらに最近は近親者の素行に目を光らせるメディアも。》

 

しれっと書いてますねぇ。なんとなく読んでる人は見落としてしまう部分かも。逆にちゃんと読んでる人は「え?近親者?素行?なにそれ」と気になって仕方ないだろう。

 

 

〜続きはこちらでお願い致します。〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 


2018.10.02 Tuesday 01:05 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】10月から水曜日は番組3本出演となります。

今週の一枚

Rksl5awDXAlgQHE1538407807_1538407813.jpg

とん活。

私的ランキング1位のお店へ。

 

●9月25日(火)雨


 午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

XS0F8p_aYJzOGoH1538408257_1538408261.jpg
浅知恵太郎が芸人を廃業してマキタスポーツの秘書になる。番組卒業するがこれからも近い。

 

帰宅後は『文春オンライン』原稿。

 

もう今夜は仕事はストップして『松本清張”にハマる 秋の夜長の110時間』を見て寝よう。

 

 

●9月26日(水)雨

 

午後1時TBS入り。3時30分『荒川強啓デイキャッチ!』。沖縄知事選について調べる。

今夜は『水曜日のニュース・ロバートソン』はお休み。ゆっくりできるかと思いきや、うまくできたもので本日締切のスペシャルな原稿がある。時間かかりそう。

 

 

●9月27日(木)雨

 

文藝春秋『2019年の論点』の原稿を書き上げて送る。
担当者から褒めてもらえたのでホッとする。

 

慌てて家を出発、

 

午後1時より『NEWS RAP JAPAN』(Abema TV)の収録。

zV0ialtrLc4sf481538133434_1538133438.jpg

※10月から『水曜日24時』になります!

 

つまり10月から水曜日は、

 

『荒川強啓デイキャッチ!』(TBSラジオ 午後3時30分〜6時)

『水曜日のニュース・ロバートソン』(BSスカパー 夜10時〜11時30分)

『NEWS RAP JAPAN』(Abema TV 深夜0時〜1時)

 

の3本出演となります。宜しくお願い致します。

 

夜はイベント『時事ネタプラスワン』。入り時間まで歌舞伎町のドーナツ店で『Number web』の原稿。

0KaKzMvyanYk88E1538133451_1538133455.jpg

ライブは盛況。

新潮45、貴乃花、沖縄知事選、総裁選、あとは言えない話など。自分がいちばん楽しむライブ。ありがたかった。

深夜帰宅。

 

 

●9月28日(金)晴れ

 

 昨日は朝から晩まで外の仕事だったので『Number web』の締切を本日14時に延ばしてもらう。ギリギリ14時に間に合った!

そのあとメルマガ原稿を書いて寿司屋へ。

 

kEVEvQIMGP7tAll1538133470_1538133475.jpg

 

『文春オンライン』公開されました。

 

紙面で追う 総裁選「カツカレー食い逃げ事件」が大事件になるまで

笑うに笑えなくなってきた、その「4皿」のゆくえ

 

 

 

●9月29日(土)雨

 

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』鑑賞。面白かった。
 

帰宅後はメルマガ原稿を。そのあと整体、近所のデキる中華屋へ。

 

jNTOgTBXvTVJqlP1538407827_1538407833.jpg

 

 

●9月30日(日)台風接近

 

新聞社系の月刊誌から政治とマスコミについて原稿オファーがあったのだが、文字量は1万字近く。

しかも読者層はかなり専門的でハードル高い。今の仕事量や時間を考えると書けるか不安で、受けるべきかどうかこの数日ホントに悩んだ。

 

今日、お受けすると返事した。この雑誌に載ったら世間の反応が楽しみというスケベな理由もあるが、何より編集者の方のオファー文がアツかったからだ。

私の仕事を追ってくれて細かい感想付きだった。人の気持ちはこういうことで動くと実感。

 

本日は台風報道のため『サンデーステーション』の私のコーナーはおやすみ。その分原稿書きに。

夜はお気に入りのとんかつ屋へ。

 

 

『Number web』

〜プチ鹿島の『月刊スポーツ新聞時評』〜

 

宮沢りえ以来の貴乃花劇場が再び。
スポーツ紙の論調が割れる時は……。

 

 

●10月1日(月)台風一過

 

午前は『文春オンライン』原稿、午後はTBSラジオ。『荒川強啓デイ・キャッチ!』では明日の内閣改造について調べる。

 

赤坂から日比谷へ移動して『クワイエット・プレイス』を鑑賞。いろいろ『考える』を与えてくれる作品だった。

帰宅してすぐ『東スポWEB』原稿にそのことを書く。なんて効率がよいのだ。ありがたい。

 

このあとは『東京ポッド許可局』を聴きながら明日の準備をして寝よう。

 

 

●本日配信のメルマガです。

 

こんにちはプチ鹿島です。

 

急展開がありました。新潮45が休刊というニュース。

 

 愎慶45休刊、過激化の果て 部数減「無理重ねた」/編集権の尊重、裏目に』(朝日新聞9月27日)
   

《LGBTをめぐる寄稿や企画で批判を浴びていた月刊誌「新潮45」が、最新号発売から約1週間で休刊に追い込まれた。雑誌ジャーナリズムの老舗の一翼を担ってきた新潮社。社長が「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」と説明する企画がなぜ掲載されたのか。社会的背景とは。》

 

【プチコメント】

私は先週のメルマガで.

 

《「新潮45」は差別で糊口をしのぐという道を選んだ。自然死を選ぶよりドーピングをして生きながらえるほうを選んだ。私は「尊厳死」を選んだほうがよかったのでは?と思うのですが。》

 

と書きました。あんな差別記事を売りにして延命するのなら尊厳死すればよかったのに、?という意味ですが、差別記事を出したあとに「批判がきたから死にま〜す(休刊します)」というのはふざけた話だ。

 

さらに「えっ?」と思ったのは新潮社社長が出した声明です。

 

《今回の「新潮45」の特別企画「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」のある部分に関しては、それらに鑑みても、あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられました。》

 

《差別やマイノリティの問題は文学でも大きなテーマです。文芸出版社である新潮社122年の歴史はそれらとともに育まれてきたといっても過言ではありません。弊社は今後とも、差別的な表現には十分に配慮する所存です。》

 

この声明については皆さんも各所でさまざまなツッコミを見たと思いますが、まずどの部分が「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」なのかわからないし、そもそも謝罪してないのが驚きです。

 

さらにここ。

 

〜続きはこちらでお願い致します。〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 


2018.09.26 Wednesday 19:54 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】『東京ポッド許可局』ジャパンツアー2018最終公演でした。

●今週の一枚

SG5e7xQH_2S27YL1537957284_1537957287.jpg

名古屋超満員。ご来場いただいた方ありがとうございました。

 

 

●9月17日(月・祝)曇り

 

午前中は『文春オンライン』原稿。

午後は銀座へ。TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』の取材で石破茂氏の街頭演説を見にゆく。

KMIPNYX8ZS_DPR41537958147_1537958149.jpg

 

xmrYnbNfdwMTOXV1537958162_1537958165.jpg

練り歩きも含め2時間ほど見学し、スタジオに戻って報告。

 

午後5時からタウン誌の取材。たっぷり喋る。

 

 

●9月18日(火)雨


 午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

 

 

●9月19日(水)晴れ

 

『東スポ』原稿をおくって、午後1時 TBSラジオ入り。
『新潮45』《そんなにおかしいか「杉田水脈論文」》について『荒川強啓デイ・キャッチ!』でやる。
 旬なネタを優秀なスタッフと一緒に調べ、話し合えるので本当にありがたい。

 

出演後はいったん帰宅。

 

午後8時30分BSスカパー!入り。

10時『水曜日のニュース・ロバートソン』


 今夜のゲストは宇宙ビジネスコンサルタント・大貫美鈴さん。

phvVtlZNtYhF4u11537508164_1537508168.jpg

まさにZOZO的な、剛力的なタイミングぴったりの時事ネタでした。

 

aAAu2R3NvUVg7mT1537508143_1537508149.jpg

今夜は大坂なおみ記念・テニスの蝶ネクタイでした。

スタイリストさんありがとう。

 

● 9月20日(木)曇、雨

 

午後1時より『NEWS RAP JAPAN』(Abema TV)の収録。

m3wVRLgwCheJ1Cl1537508285_1537508289.jpg

収録中に自民党総裁選。

 

・放送後はこちらで無料視聴できます。過去分も。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

帰宅してメルマガ原稿の半分を。

 

『文春オンライン』コラム公開されました。

「安倍3選」の泣きどころ 産経も揺れたプーチン“アドリブ攻撃”で露呈した「総理の弱点」

モリカケを始末できていない政権は、何ができるのか

 

 

●9月21日(金)晴れ

 

名古屋公演に出発する前に原稿3本。よく頑張った!心地よい疲れ。

ホームチャンネルでやってる『松本清張”にハマる 秋の夜長の110時間』を見て寝る。

 

 

●9月22日(土)晴れ

 

出発前まで諸々原稿確認して、16時20分東京駅発、18時名古屋着。

jEKmJ_0HJ7k0gXe1537958081_1537958084.jpg

夕飯をいただきながらキングオブコント鑑賞。

 

 

 

●9月23日(日)いい天気。


名古屋超満員。『東京ポッド許可局』ジャパンツアー最終公演。

KJXjDGo14nRiKxI1537958104_1537958107.jpg

 

IIJO8I2gtTIzUwM1537957303_1537957308.jpg

 

1OT7WxDxAWnKuVJ1537957324_1537957328.jpg

 

SG5e7xQH_2S27YL1537957284_1537957287.jpg

エンディングは局員と記念撮影。

LPFgydjhhfN43LR1537957406_1537957411.jpg

うしろから見るとこうなります。

 

 

鰻で打ち上げ。

7mc9rVNslr6BdLi1537956927_1537956933.jpg

 

5T1S8qjsJmgkQj61537956958_1537956962.jpg

この写真は、

 

lHAbEBehQEfi7Zg1537957064_1537957067.jpg
こうやって撮ってます。

 

3人とも忙しくてこういう機会でしか飲み語らえないので楽しかったなぁ。

 

 

●9月24日(月・祝)曇り

 

午後1時TBSラジオ入り。3時30分から『荒川強啓デイ・キャッチ!』

本番直前のCM中に青木理さんが、『そういえば鹿島くんが最近してる腕時計って高級だよね。ワタナベ移籍して儲かってるんだろうなー』

と言うので、

『違いますよ青木さん、これはJ-WAVEの市川紗椰さんの番組に春に出たときスポンサーさんから頂いたんです。ゲストに毎回プレゼントしてるんです。しかもまだワタナベじゃない頃でしたから!』

と説明する。青木さん、なんでもワタナベエンターテインメント効果にするので面白い。

 

そのあと東日本入国管理センターの収容者長期化というニュースをやる。

 

午後5時から『東京ポッド許可局』2本収録。

来月から仙台放送はじめ、福井、長崎のネット局が増える。
やった。

esNL2WDFtuhyU8O1537956979_1537956983.jpg

娘がお尻を撮れというので。

 

 

 

●こんにちはプチ鹿島です。

 

先週は総裁選も話題でしたが、これどーなの?という意味では「新潮45」の話題が大きかったですね。

 

ということで、まずこちらです。

 

 愎慶45  静かな反抗に支持 「売れ線、動かぬ」の声も』(毎日新聞9月20日)

《性的少数者(LGBTなど)を攻撃する杉田水脈衆院議員の論文を月刊誌「新潮45」が掲載し、擁護する特集まで組んだ騒動。版元のツイッター公式アカウントの一つ「新潮社出版部文芸」が特集への批判をリツイート(拡散)したことが、出版界にさまざまな動きを生んでいる。》

 

 【プチコメント】
天下の新潮社の月刊誌「新潮45」が差別でメシを食っている問題。

※私はそうとしか思えません。

 

批判されるのは当然ですが、その動きに同じ新潮社のツイッターアカウント「新潮社出版部文芸」なども呼応しているのがリンクを貼った記事です。

 

共感を呼んでるらしいですが、本質はそこでしょうか。

 

各出版アカウントが呼応しているのを見ると、私なんか「悲劇のヒロインぶってうっとりしてんじゃねーよ」と思ってしまいますが、これは意地悪すぎるでしょうか?

 

話を戻します。出版社内からこういう動きがあるだろうというのは十分予想できました。というのも私、実際に体験しているんです。新潮社もそりゃぁいろんな立場があるんだということを。

 

どの話題で?

 

〜続きはこちらでお願い致します。〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 


2018.09.18 Tuesday 01:01 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】総裁選はイジられてナンボ!

●9月10日(月)雲、雨

 

午後1時TBS入り 3時30分『荒川強啓デイ・キャッチ!』。
午後5時 『東京ポッド許可局』収録2本。

vVDZq5pzR1cR73c1536921672_1536921676.jpg

1本目の「負の感情論」はこないだメルマガでじっくり書いたことを2人に聞いてみました。

 

2週間後の名古屋公演はおかげさまで完売。

 

 

●9月11日(火)曇


午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

 

夜は新宿ロフトプラスワン『TABLOナイト2弾』に出演。
能町みね子さん、青木理さん、久田将義編集長と。前売り完売。

9Jn64P8Kib3Qf3l1536891406.jpg

盛り上がった。深夜0時過ぎに帰宅。

 

TABLO・9月11日公開

「安倍首相発」の被災報道の謎|プチ鹿島

http://tablo.jp/serialization/pkashima/news003772.html

 

 

●9月12日(水)曇

 

午後1時TBS入り。3時30分『荒川強啓デイキャッチ!』。

 

午後8時30分BSスカパー!入り。
10時『水曜日のニュース・ロバートソン』

yH43zL2lGUzovn11536891387_1536891392.jpg

 

vdTSA8iNfWqhMBY1536808289_1536808296.jpg

 

wx_nZGUjr2syPWb1536808313_1536808318.jpg

本日のゲストは本日のゲストは経済学者の安田洋祐さん。ゲーム理論からの働き方改革の話、面白かった。

 

 

●9月13日(木)晴れ

 

午後1時より『NEWS RAP JAPAN』(Abema TV)の収録。

vDtLBM_Vet_xrDI1536921163_1536921170.jpg

・放送後はこちらで無料視聴できます。過去分も。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

そのあとスタッフ、出演者で10月以降の企画会議など。このメンバーで知恵を出し合うのは豪華だ。

 

 

●9月14日(金)曇

 

朝からネタ出しにメルマガ原稿。午後4時まで。

 

そのあとテレビ朝日『サンデーステーション』打ち合わせ。

 

帰宅後は原稿一本書く。

 

文春オンライン・9月14日公開

『総裁選戦線異状あり? 読売・産経が名指しした「ふぞろいな3人の“首相周辺” なぜこの3人は「不評」なのか?』http://bunshun.jp/articles/-/8961

 

 

●9月15日(土)曇

 

この時期、近所の神社のお祭りが毎週。


 本日は『スポーツ報知』『文春オンライン』『メルマガ』原稿3本。

整体の帰り、こないだ見つけた近所のいい感じの居酒屋に家族で。

ワタナベエンターテインメントから2回目の明細書が届く。よく働いた。また頑張ろう。

 

●9月16日(日)曇

 

午前中は文藝春秋『2019年の論点』寄稿の準備。締め切りにはまだ10日あるが、高校生や大学生も読むというので責任ある。

 

午後1時 テレビ朝日入り。4時30分『サンデーステーション』本番。

p3wzluHG7LqXg1d1535993498_1535993501.jpg

出番直前に樹木希林さんの訃報が。速報を入れる様子をスタジオ内で初めて見た。

楽屋からは明日のMステ準備が見えた。

 

 

●9月17日(月・祝)

 

午前中は『文春オンライン』原稿。

 

午後は銀座へ。TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』の取材で石破茂氏の街頭演説を見にゆく。練り歩きも含め2時間ほど見学し、スタジオに戻って報告。

 

午後5時からタウン紙の取材。たっぷり喋る。

 

以下は本日掲載された『スポーツ報知』コラムです。

 

【プチ鹿島のプチ時評】総裁選はイジられてナンボ!

 

 

●では本日配信のメルマガです。

 

祝日ですがスタッフの皆さまのおかで通常配信!ゆったり味わってください。

 さっそくですがこちらの話題からいきます。

 ^村柴猗恵『あさイチ』にVTR出演「ステージに戻ることはない」(9月13日サンケイスポーツ)

《16日に引退する歌手、安室奈美恵(40)が12日放送のNHK「あさイチ」(月〜金曜前8・15)にVTR出演し、「私の中で歌手の安室奈美恵は完結している。私がステージに戻ることはない」と言い切った。》

 【プチコメント】

このメルマガが届くころには安室奈美恵さんの引退報道で一色かもしれません。

 さて、野次馬目線で追う「安室引退」はどうだったでしょうか?

 ゴシップ誌やタブロイド紙でアッと驚く切り口というのは?

 たとえば「安室復帰」というような。

 さすがにそれは無いだろうなぁと思っていたら、ありました!

 じっくり読んでみましょう、何が見えてくるのか?

私はこの手の記事はありがたくご馳走になります。すぐには全否定しません。だって、記事の中には「一片の真実」があるかもしれないからです。
 

〜続きはこちらでお願い致します。〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 


 

 


2018.09.04 Tuesday 01:50 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】娘に『ボーっと生きてんじゃねえよ!」と叱られる。

今週の一枚。

kUVTO0YjGmD6XMr1535676122_1535676126.jpg

『水曜日のニュース・ロバートソン』のゲストに石破茂氏。根掘り葉掘り聞きました。

 

再放送もあるのでぜひご覧ください。→https://www.bs-sptv.com/robertson/

 

 

●8月28日(火)晴れ

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

 

午後8時 『朝日新聞』の読書面の取材を受ける。

GSTsPiUDccpyjFb1535990491_1535990495.jpg

私が好きな文庫・新書というお題。ワタナベエンターテインメントの水槽がある洒落た会議室で、昭和の永田町の濃厚な話をしてきた。

 

 

●8月29日(水)曇り

 

午前 各所ネタ出し、原稿チェックなど。

 

午後1時TBSラジオ入り『荒川強啓デイキャッチ!』

 

『メルカリが宿題の出品を禁止に』のニュースを調べる。

 

夜8時30分 スカパー入り。

夜10時『水曜日のニュース・ロバートソン』石破茂氏がゲスト。


これから数週間、石破氏はいろんな番組に出演すると思うけどこの番組が1番面白い内容かも。

lZY1D6uYzDqBxiR1535676206_1535676211.jpg

モーリー&プチいい仕事した!

 

 

●8月30日(木)暑い。

 

午前はネタ出し。

 

午後1時から『NEWS RAP JAPAN』(Abema TV)収録。ゲスト解説は神保哲生さん。

jkogcGtc9nv8gm01535676348_1535676352.jpg

・放送後はこちらで無料視聴できます。過去分も。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

 

帰宅後は「Number Web」の連載『プチ鹿島の月刊スポーツ新聞時評』原稿にとりかかる。

 

※9月3日公開されました。https://number.bunshun.jp/articles/-/831775

 

 

●8月31日(金)晴れ

 

午後3時まで原稿を書いてテレビ朝日『サンデーステーション』打ち合わせ。

 

帰宅して『メルマガ』原稿。

 

あー今日も頑張った!と思ったら4歳の娘に『ボーっと生きてんじゃねえよ!」と叱られる。ギョッとしたがテレビの影響らしい。そのあといきなり『紅』を全力で歌い出したのでまたしてもギョッとする。CMの影響らしい。

vAhXP0ngXDHKdm61535990171_1535990174.jpg

 

あと今日はジェーン・スーさんが絶賛してたサバ缶の冷や汁を作ってもらったら美味かった。

 

 

●9月1日(土)晴れ

 

午前中は原稿。

 

午後は家族でお出かけ。久しぶりだ。

日本橋高島屋のポケモンセンターへ。

nMCoNit2SmcfQhI1535990218_1535990222.jpg

 

イーブイのぬいぐるみが欲しいらしい。

TuRRGiMWLfSdpEP1535990186_1535990189.jpg

 

本日の『朝日新聞』読書面で『私の好きな新書』を紹介。

WG_S9i8KZNjv7gU1535989873_1535989877.jpg
 『自民党秘史 過ぎ去りし政治家の面影』岡崎守恭〈著〉

やはり読書面の影響は大きい。紹介した本はAmazonですぐ品切れになってた。ついでに私の本も買ってほしいくらいだ。

 

この記事はWEBでも公開されています。

こちらで読めます→https://digital.asahi.com/articles/DA3S13659613.html?iref=pc_ss_date

 

 

●9月2日(日)雨、曇

 

午前中は『文春オンライン』の原稿。

 

いまアップされている回がかなり読まれているようでありがたい。

 

→“石破封じ興行”自民党総裁選が「異常すぎる」紙面で見つけたこれだけの理由
 

 

午後1時テレビ朝日入り。『サンデーステーション』。

p3wzluHG7LqXg1d1535993498_1535993501.jpg

 本日は体操パワハラ問題について。こういう話って、『誰が悪いのか』で盛り上がるけど『何が悪いのか』という見方のほうが大事。そんな読み比べを。

 

ZzQvQ0Xg93efrGy1535938566_1535938569.jpg

 

_yE6iEvAutbOK4C1535938639_1535938642.jpg

 

hRyFlBjsPKKxnZE1535938498_1535938501.jpg

 

本番前に後藤謙次さんが、昨日の朝日新聞の私の記事を受けて、いろいろ『秘話』を教えてくださいました。たまりません!

 

 

●メルマガ最新号配信されました。冒頭を公開します。


こんにちはプチ鹿島です。

 

石破茂氏に会ってきた話から、数年前のある謎が解けた話など、今週もたくさん書きます。

 まずはこちら。

 『2018自民党総裁選 首相、党員票固め加速 地方議員「7割超」と面会へ』(毎日新聞8月31日

 【プチコメント】

自民党総裁選についての記事ですが、この毎日の記事を読みすすめると「石破氏“隠密”作戦」の文字が。

 実は「隠密作戦」というおどろおどろしい見出しは読売新聞が8月24日に書いていたんです。

 隠密作戦だなんて大げさだなぁと思って読んでみると、石破氏が地方の党員集会で人集めに苦労しているという内容だった。注目すべきは石破陣営のことば。

 《陣営幹部は「首相陣営は県連の枠組みで支持を一本化するよう圧力をかけており、集会のキャンセルが出ている」とこぼす。

このため、石破陣営は今後、党員集会の日程をなるべく伏せる「隠密作戦」をとる方針だ。》(読売新聞)

 これ、読売はふつうに書いているけど異常事態ではないか?

 なので最初はツイッターで、その次は『文春オンライン』や『サンデーステーション』でネタにしました。

そしたら一週間たって毎日新聞も「隠密作戦」を報じてきた。ちょっと読んでみましょう。


《ところが、会合を非公開にするケースが増えてきた。主要派閥の支持を受ける首相に小派閥の石破氏が挑む構図で、首相支持の党関係者から圧力がかかるという。石破派幹部は「日程や訪問先が漏れると会合がつぶされる」と警戒している。》(毎日新聞8月31日)


毎日新聞にも「日程や訪問先が漏れると会合がつぶされる」と書いてあります。読売の「圧力をかけており」という表現よりさらに踏み込んでいます。


隠密作戦という戦時下のような作戦をやらなくちゃいけない今回の総裁選、やっぱりヘンです。残暑に怖い話はまだ続いているのだ。


そんなわけでここからは石破茂氏とテレビで共演した話を書きます。私がMCを務める『水曜日のニュース・ロバートソン』(BSスカパー)の先週のゲストでした。

いきなり裏話からいきます。

 

〜続きはこちらでお願い致します。〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 


2018.08.21 Tuesday 01:13 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】ジャパンツアー、残すは名古屋9.23(日曜)です。

【御礼】

0zKMwwCPk6dIHQc1534734127_1534734130.jpg

 

dZveg3UolLlfHn21534734057_1534734061.jpg

『東京ポッド許可局』ジャパンツアー札幌公演でした。

ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

 

 

ジャパンツアー、残すは名古屋9.23(日曜)です。

https://www.tbsradio.jp/event/244065

 

 

さて、プチ動静は約一か月前の「福岡公演」から。

 

●7月21日(土)暑

 

福岡へ。『東京ポッド許可局』ジャパンツアー福岡公演前乗り。

夕方から地元ラジオ局出演。夜は毎年恒例の割烹へ。呼子のイカ。

37849088_1823996407682843_5807078556248834048_n.jpg

 

 

●7月22日(日)暑

 

福岡・大濠能楽堂でのライブ。盛況。しかも女性客が増えていた。ありがたいことだ。


 スポンサーのレナウンさんが等身大パネルを制作してくださいました。

 

打ち上げはとりかわ。美味い。

福岡空港に落雷があり、大幅に飛行機が遅れる。深夜1時30分無事に帰宅。

 

 

●7月23日(月)暑 各地で40度を越す。

 

午後1時TBSラジオ入り。3時30分から『荒川強啓デイキャッチ!』

 

 

●7月24日(火)暑

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

 

帰宅後は『東スポWEB』『EX大衆』原稿

 

●7月25日(水)暑

 

午後1時TBSラジオ入り『荒川強啓デイキャッチ!』
夜8時30分 スカパー入り『水曜日のニュース・ロバートソン』

lCTxJv15bLJSQrA1534782115_1534782118.jpg
ゲストは作家で探検家の角幡唯介さん。作品が大好きなので嬉しかった。

 

g3Fz0iAM2MxwGI_1534782143_1534782146.jpg

本日もお疲れさまでした。

 

 

●7月26日(木)暑

 

午後から『NEWS RAP JAPAN』Abema TV収録。

 

・放送後はこちらで無料視聴できます。過去分も。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

夜はお祭りへ。

 

●7月27日(金)暑

 

『サンデーステーション』打ち合わせ。六本木から新宿へ移動。紀伊國屋書店で燃え殻さんとの新潮社プレゼンツ、トークショー&サイン会。

37860109_1813628618722832_3344511657828155392_n.jpg

 

 

●7月28日(土)台風

 

1日中メルマガ、文春オンライン原稿を。

 

 

●7月29日(日)暑

 

台風報道で『サンデーステーション』のコーナーが急遽おやすみに。

というわけで家族へサンリオピューロランドへ。

 

 

 

●7月30日(月)暑。

 

ラジオの聴取率週間。『荒川強啓デイキャッチ!』ではオープニングを担当する。
そのあと『東京ポッド許可局』の収録を2本。

 

帰宅後は『NumberWEB プチ鹿島の月刊スポーツ新聞時評』原稿

 

 

●7月31日(火)暑。

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

 

『新潟日報』原稿

 

 

●8月1日(水)暑。

 

午後1時TBSラジオ入り『荒川強啓デイキャッチ!』
夜8時30分 スカパー入り『水曜日のニュース・ロバートソン』

biQGWauVFNTOzcO1534782129_1534782132.jpg

 

●8月2日(木)暑。

 

午後から『NEWS RAP JAPAN』Abema TV収録。

e44Vm0quFrE8ywg1532136261_1532136266.jpg

・放送後はこちらで無料視聴できます。過去分も。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

帰宅後は原稿。

 

 

●8月3日(金)暑。

 

『サンデーステーション』打ち合わせを終えて大阪へ。

 

ロフトプラスワンウエストで初イベント。コアチョコ大阪が仕掛けてくれた。

お陰様で楽しかった。本も売れた。

 

お気に入りのラーメン食べる。

 

こちらの『文春オンライン』の私のコラム、大反響でした。

 

『高校野球「熱中症で力尽きたエース」記事が朝日新聞に見当たらない、という問題

新聞読み比べでわかった、美談の「外側」』

 

 

 

●8月4日(土)暑。

 

大阪からの帰りにナゴヤドームで野球観戦。

 

そういえば、文春オンラインに書いた『朝日新聞と高校野球と熱中症』が拡散され続けてすごいと編集部から連絡が。

 

 

 

●8月5日(日)暑い。

 

テレビ朝日『サンデーステーション』出演。

FAX7Fb286mmkgfh1523795425_1523795430.jpg

 

妻からおくられてきた東京脱出した娘の写真が涼しそう。

 

 

 

●8月6日(月)暑

 

午後1時TBSラジオ入り

『荒川強啓デイキャッチ!』

 

夜は田中康夫さんと食事。招いてくださいました。

長野県人としても嬉しかったです。

 

 

 

●8月7日(火)暑
 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

 

『東スポWEB』原稿

 

 

●8月8日(水)台風
 

午後1時TBSラジオ入り『荒川強啓デイキャッチ!』
 夜8時30分 スカパー入り『水曜日のニュース・ロバートソン』

gjw2dW7AJrJFjuv1534781019_1534781024.jpg

 

長野の私の実家に帰っていた妻と娘が帰宅。来週からは妻の姉の家へまた2人で山口へ。

 

 

●8月9日(木)暑

 

午後1時から『NEWS RAP JAPAN』Abema TV収録

 

・放送後はこちらで無料視聴できます。過去分も。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

そのあと東京ドームへ。こないだのナゴヤドームがよかったんです。夏休みが無いぶん野球とかプロレスとか映画にいこう。今日は糸井の特大ホームランとマルティネスを見れてよかった。

 

 

 

●8月10日(金)暑

 

朝から原稿をたくさん。『KAMINOGE』『文春オンライン』『タブロ』

 

夕方はテレビ朝日で『サンデーステーション』コーナーの打ち合わせ。MC打ち合わせを終えた長野智子さんも参戦!

 

 

●8月11日(土)暑。

 

日比谷TOHOシネマズへ。私は娘と『インクレディブル・ファミリー』を、妻は『カメラを止めるな!』を。娘はちゃんと集中して観てた。

 

 

 

●8月12日(日)曇

 

テレビ朝日『サンデーステーション』出演

帰宅後はゆっくりできるので娘になに食べたい?と聞いたら『やきにく!』とのこと。

 

 

●8月13日(月)晴れ

 

午後1時にTBSラジオ入り。
『荒川強啓デイキャッチ』生放送、『東京ポッド許可局』収録2本。

 

 

 

●8月14日(火)晴れ

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

 

 

●8月15日(水)晴れ

 

午後1時TBSラジオ入り『荒川強啓デイキャッチ!』
 今夜はお盆のためスカパーの『水曜日のニュース・ロバートソン』は放送お休み。久しぶりに水曜夜をゆっくり過ごす。

fX0SPzX1zI4zLYq1534779843_1534779846.jpg

 

 

●8月16日(木)晴れ

 

午前は『スポーツ報知』原稿

 

午後1時から『NEWS RAP JAPAN』Abema TV収録。

IMG_1360.jpg

放送後はこちらで無料視聴できます。過去分も。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

 

 

●8月17日(金)晴れ


 東京は涼しい。夕方に『サンデーステーション』の打ち合わせを終え、札幌へ。

 

もっと涼しかった。いや寒かった。

昼に札幌入りしていた皆と合流。

 

宴のあとはものまねパブへ。

札幌の美空ひばり、安室奈美恵、松崎しげるを堪能。

 

●8月18日(土)晴れ


札幌公演。東京ポッド許可局ジャパンツアー。

 

楽しんでもらえたようでよかった。ほんとなら全国をお礼参りしたいところだ。

IMG_1452.jpg

 

 

朝は市場で寿司とメロンを堪能。

 

 

●8月19日(日)晴れ


 テレビ朝日『サンデーステーション』出演。

 

78歳のスーパーボランティア尾畠さんの過去活動を調べたら、ここ12年で20本以上の新聞記事が出てきた!

面白くできたと思う。

 

 

●8月20日(月)晴れ

 

午後1時にTBSラジオ入り。
『荒川強啓デイキャッチ』

 

日本農業新聞が金足農業の甲子園の記事を「熱報」しているというので、スタッフと一緒に国会図書館へ。全部読む。面白い報告ができた。

 

午後5時から写真週刊誌『FRASH』の取材を受ける。90分しゃべる。

 

本日掲載されました。『スポーツ報知』の月イチ連載コラムです。

 

【プチ鹿島のプチ時評】「無謀な作戦」サマータイム

 

終戦から73年。NHKスペシャル「ノモンハン 責任なき戦い」(15日)では「いったい、こういう馬鹿(ばか)なことをやる国は何なのだろう」という司馬遼太郎さんの言葉を紹介していた。

無謀な作戦への突入、無責任な幹部。見ていてゾッとしたが「これは昔だけの話なのか?」とも思った。最近ならサマータイム導入をめぐる動きに私は同じ匂いを感じてしまうのだ。

東京五輪の酷暑対策として五輪パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が安倍首相に導入を要請したサマータイム。

でもこの時期の東京はアスリートにとって最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候ではなかったっけ? IOCに提出した立候補ファイルにはそう書いてある。

ところが本番2年前になって暑さに焦ってる。うさんくさすぎる、ずさんすぎる。

 

続きはスポーツ報知WEBで。https://www.hochi.co.jp/topics/serial/CO021131/20180819-OHT1T50313.html

 

 

●本日配信のメルマガです。「紀州のドンファンは生きていた!」

 

『尾畠さん16年も女児発見 』(日刊スポーツ8月16日)
  
 《理稀ちゃんを発見した尾畠さんは、赤い作業着がトレードマークで、行方不明者の捜索や、全国の被災地で長年ボランティアを続けてきた経験を持つ。尾畠さんは「人の命より重いものはない。貴い命が助かってよかった」と笑った。(略) 16年12月、大分県佐伯市で2歳女児が行方不明になった際、消防などの捜索隊の活動エリアとは別エリアを捜索したボランティアたちが、約21時間後に女児を無事発見したことがある。尾畠さんも、この時のボランティア隊の一員だった。》


【プチコメント】

発見されましたね。また。

 

え、また?

 

そうです、理稀ちゃん発見されてよかったですが、それと同時にメディアはまたも面白いおじさんを見つけてしまいました。尾畠さんもまた「発見された」と考えてよい。

 

日大理事長からのボクシング連盟ときて「男・山根明」がさっさと失速するやいなや、まさに彗星のごとく現れた尾畠さん。ちなみに山根会長と同じ78歳。たしか麻生太郎ももうすぐ78歳です。黄金世代だ。

 

予想通りワイドショーでは大人気。

 

『2歳児救出の尾畠春夫さん、テレビ出演依頼殺到』(8月17日スポーツ報知)
 

《この日は自宅からの中継で、朝と午後に5番組に出演。朝はフジ系「とくダネ!」の間に、TBS系「ビビット」を挟む異例の態勢。午後はフジ系「グッディ!」の中継が長引き、午後2時35分から尾畠さんの出演を取り付けていた日テレ系「情報ライブ ミヤネ屋」が、放送中に待機する一幕も。「ミヤネ屋」の宮根誠司キャスター(55)が「前代未聞ですよ。安藤優子さん(グッディ!の司会)に、もう締めてって言って」と必死につなぎ、同41分にようやく尾畠さんが「ミヤネ屋」に出演した。》

 

さて、尾畠さんの情報は今後も出てくるでしょうが、大事なおじさんをひとり忘れていませんか?

 

こちらも77歳だった、紀州のドン・ファンです。

 

おもしろおじさんブームの中核です。それにしても時の流れは早い。ここでクイズですが、あなたは紀州のドン・ファンの本名を思い出せますか?

 

もう忘れてしまった方も多いと思う。正解は「野崎幸助」さんです。

 

すっかり情報が消えたドン・ファンですが、つい最近こんな記事がありました。

 

『ドン・ファン全財産を田辺市に寄付 5年前の遺言状に自筆で明記、22歳妻は?』(デイリースポーツ)

 

《“紀州のドン・ファン”こと和歌山県田辺市の資産家で酒類販売会社社長、野崎幸助さん(享年77)が急性覚醒剤中毒で死亡した事件を受け、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が14日、デイリースポーツの取材に対し、野崎さんが5年前に書いた遺言状で遺産の全額を田辺市に寄付すると明記していたことを明かした。》

 

財産の行方も急展開。しかし今回私が書きたいドン・ファンネタはここからです。

 

 

〜続きはこちらでお願い致します。〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 


2018.07.21 Saturday 10:35 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】大阪でライブやります。みち局長と!8月3日(金)夜。

KB_16ze8QthIYg81532132205_1532132217.jpg

今回の1枚。

 

新日本プロレスの棚橋弘至選手と。NHK『クローズアップ現代』でご一緒しました。

 

 

※お知らせ

大阪でライブやります。みち局長と!8月3日(金)夜。

 

『プチ鹿島、みちのセキララ2018反省会〜夏が終わればもう大晦日〜@ロフトプラスワンウエスト』

ryQ_DyBQX2hvGC51532135743.jpg

チケットのご予約は、こちらで。

 

 

プチ動静

●7月3日(火)晴れ

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

 

 

●7月4日(水)晴れ

 

午後1時TBSラジオ入り『荒川強啓デイキャッチ!』午後3時30分〜

夜8時30分 スカパー入り『水曜日のニュース・ロバートソン』夜10時〜

 

VubK8eNcx4nw8jA1532132261_1532132267.jpg

ゲストは鈴木涼美さん。そりゃ盛り上がる。

 

 

●7月5日(木)曇

 

『NEWS RAP JAPAN』 Abema TV収録

 

・放送後はこちらで無料視聴できます。過去分も。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

そのあと『週刊現代』の名物コーナー『わが人生最高の10冊』の取材を受ける。前からオファー頂いてやっと実現。

 

帰宅後は気分転換にレイトショー。こういうの大事だと思った。

 

新潮社『NEW WORLD vol.2』刊行。燃え殻さんと対談。

v1IXVTHZZA_XOMj1532132365_1532132393.jpg

27日(金)に紀伊國屋でトーク&サイン会もやることに。

 

 

●7月6日(金)曇り

 

『メルマガ』原稿と『サンデーステーション』打ち合わせ。

 

 

●7月7日(土)曇り

 

『KAMINOGE』『メルマガ』原稿。
そうめんうまい。

 

 

●7月8日(日)暑


 テレビ朝日『サンデーステーション』出演

 

東中野BARバレンタイン。ガンツ先生、MUNEさんと飲む。

N_5FLMmI8bwv6r61532132287_1532132293.jpg

 

 

●7月9日(月)暑


午後からTBSラジオ 『荒川強啓デイキャッチ!』

 

夜は家族でパスポート受け取りのあと牛鍋食べに行く。

DZjzM50fYERUYCQ1532132311_1532132316.jpg

 

帰宅後『文春オンライン』『タブロ』原稿。

 

 

●7月10日(火)暑

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

 

帰京後はNHKで『クローズアップ現代』
 KB_16ze8QthIYg81532132205_1532132217.jpg

私が持っている雑誌は棚橋選手が1位になった『Numberプロレス総選挙』号(2015年)です。

 

 

●7月11日(水)暑

 

午後1時TBSラジオ入り『荒川強啓デイキャッチ!』
夜8時30分 スカパー入り『水曜日のニュース・ロバートソン』

 

 

●7月12日(木)暑


午後は『NEWS RAP JAPAN』Abema TV収録。

放送後はこちらで無料視聴できます。過去分も。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

e44Vm0quFrE8ywg1532136261_1532136266.jpg

 

そのあとテアトル新宿で『菊とギロチン』を観る。女相撲が描かれているというので期待して観にいったが、革命、差別と自警団、正力松太郎まで出てきた。見入った。今観てよかった映画だ。悶々さとエネルギー。いい爆弾もらった。

 

 

●7時13日(金)暑

 

サンステ打ち合わせ。ひたすらメルマガ原稿。

 

 

●7月14日(土曜)暑


三連休、妻と娘は長野の実家へ。この暑さを考えると正解だったかも。ひとりしかいない家で原稿3本。『現代ビジネス』『スポーツ報知』『文春オンライン』

 

息抜きに映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』。『菊とギロチン』と同時期に観れたのよかった。自分の中では同じテーマ。自由になろう!

 

※『現代ビジネス』公開されました。

 

「オウム真理教」キーパーソンと直接対決した、ある芸人の証言

若者よ、オウムは過去のものではない

 

 

●7月15日(日)暑

 

午前は原稿。午後はテレビ朝日『サンデーステーション』出演

 

長野からの写真が届く。

LVAzcwX9u44Zko61532132416_1532132422.jpg

1sVeLfvRIxfUli91532132337_1532132343.jpg

 

 

●7月16日(月)暑

 

TBSラジオ『荒川強啓デイキャッチ』自民党総裁選の今の流れをまとめる。
そのあと『東京ポッド許可局』収録。

『TVブロス』のインタビュー。

帰宅後原稿2本。

 

 

●7月17日(火)暑

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。

 

東京に戻って『朝日新聞』のインタビューを受ける。本日もよく喋った。

 

 

●7月18日(水)暑

 

午後1時TBSラジオ入り『荒川強啓デイキャッチ!』午後3時30分〜

夜8時30分 スカパー入り『水曜日のニュース・ロバートソン』夜10時〜

hYAsjFQot6x6Mjw1532132234_1532132240.jpg

ゲストは高橋みなみさん!隣でトークできて勉強になりました。

 

 

●7月19日(木)暑

 

午後は『NEWS RAP JAPAN』Abema TV収録。

 

夜はNHK『クローズアップ現代』を。

 

 

●7月20日(金)暑

 

週末は福岡で東京ポッド許可局のライブがあるため、ひたすら今日のうちに原稿を書く。

 

夕方、プロレス仲間でもある、ハオミンへ。

gtAaOIgGjI_Razt1532134410_1532134415.jpg

4rTd4XTFCxfnNlY1532134378_1532134384.jpg

天龍源一郎アロハをゲット。

福岡に着ていこう。

 

文春オンライン公開されました。「赤坂自民亭」について。

 

 

 

●配信中のメルマガです。

 

こんにちはプチ鹿島です。

今回は皆さんとぜひ共有したい物件があるのです。

ひとつの例として、この話題から。

 .汽奪ーW杯で炎上の足立梨花 ムキになって応戦し火に油(日刊ゲンダイ7月6日

【プチコメント】

この手の炎上の話はたくさんありますが、最近ちょっと気になるキーワードがあるんです。これをぜひ皆さんにお知らせしたくて。

 それは「影響力のあるあなたがそんなことを言うのはいかがなものか」という言葉です。

 今回の足立梨花さんの場合で振り返ってみます。サッカーW杯ロシア大会に日本代表が「ボール回し」をして時間稼ぎをした試合がありました。ポーランド戦です。

 そのとき足立梨花が「攻めた結果負けてしまうのはいいんだけど」「嬉しいんだけど素直に喜べない」とツイッターでつぶやいた。

 
すると、《「嫌いになった」「今後一切サッカーの仕事して欲しくない」と容赦のないクレームが殺到した。》という。

 
これに対して、

《足立は、「ここ最近、サッカー関連でめんどくさい人多すぎ なんなの?」とすぐに応戦。「好きなこと呟かせてよ嫌なら私のツイート見るなよ返事するなよ」「いろんな人のいろんな見方があっていいじゃんか。めんどくさいな」と畳み掛けた。》

 
サッカーの大一番というのはいかに非日常で人々をたかぶらせるかという、大コンテンツの証明です。

かくいう私もあのボール回しにはイラっときた。足立梨花の気持ちがわかるし「ツイートは脳のおなら」と考えるなら足立梨花もデカい屁をこいたわけだ。

 「いろんな人のいろんな見方があっていいじゃんか」という足立梨花の「おなら」もまったくその通りだと思う。私はむしろ好感度が上がった。

 しかし炎上してるというので「もしかして・・・」と思い、そのツイートに対するリプライを見てみました。ある予感がしたからです。

あ、やっぱりあった・・・。

 

〜続きはこちらでお願い致します。〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 


2018.06.16 Saturday 00:17 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】6月12日〜6月18日 『芸人「幸福」論 格差社会でゴキゲンに生きる!』発売しました。

〜新刊のお知らせです〜

q0xq5fr4jdjPbnr1529334312_1529334321.jpg

芸人「幸福」論 格差社会でゴキゲンに生きる!』(ベストセララーズ)                    

 

《商品の説明

 

今やテレビのコメンテーターとしても活躍し、各新聞、雑誌での連載本数も爆増している芸人・プチ鹿島が、
 長年『CIRCUS MAX』で連載した「芸人人生劇場」を単行本化。
 今や大ブレイクを果たしているメイプル超合金やどぶろっく、ハリウッドザコシショウ、鳥居みゆきなどから、
 冷蔵庫マンやチャンス大城などのガチ地下芸人、ホロッコやBBゴローなどの知る人ぞ知る職人芸人、
さらには島田洋七などの超ビッグネームまで、様々な芸人の生き様を紹介していく。

 

プチ鹿島が31組の芸人人生を聞いて書いた!
そこには“気づき”や“プレゼン力”、“開き直り”や“発明”、“発想の転換”などがてんこ盛り。
 芸人の『幸福論』とは何なのか?

 売れても売れなくてもゴキゲンな理由とは?》

 

ご注文はこちらで。→Amazon

 

 

 

●6月12日(火)晴れ

 

米朝首脳会談を特急のなかでAbema TV見ながら甲府へ。YBS着いたら『暴れん坊将軍』再放送やってた。確かにトランプも金正恩も暴れん坊将軍。

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』。

こういう日に自分がパーソナリティの番組できるのは良い。

 

帰京後は文藝春秋へ。ファンキー加藤さん、堀江ガンツさんと『Number』プロレス総選挙の結果を見ながら座談会。話が弾んだ。

帰宅後は刷り上がったばかりの自著を読む。うん、面白い。今週末に世に出ます。

 

 

●6月13日(水)晴れ

 

『時事芸人・プチ鹿島 が読み比べ!「米朝首脳会談」の新聞各紙報道』をTBSラジオ 『荒川強啓デイ・キャッチ!』のオープニングでやらせてもらう。

 

夜はモーリーさんとの『水曜日のニュース・ロバートソン』BSスカパー!

1EDDyFvJ70tBjEn1529075977_1529075983.jpg

 

お互いに端から歩み寄る昨日の米朝会談の始まりがこの番組のオープニングそっくりだったので再現する。

0gFTHS0iAI3Z_261529075951_1529075960.jpg

すぐにネタにします。

 

 

●6月14日(木)晴れ

 

昼から講談社の担当と打ち合わせ。


午後1時『NEWS RAP JAPAN』Abema TV収録。ゲスト解説は宮台先生。

99xBpOIlNLl60Gp1529076077_1529076082.jpg

放送後はこちらで無料視聴できます。過去分も。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

 

本番後は目の前の六本木ヒルズで『レディ・バード』を観る。おじさんでも響きます。

JoeiDAE84LcfJmS1529076100_1529076104.jpg

 

 

●6月15日(金)雨

メルマガ原稿を書いて『サンデーステーション』打ち合わせ。

 

 

●6月16日(土)曇り

 

 午前中は税金の相談。

そのまま足をのばして新宿紀伊國屋。本日は新刊『芸人「幸福」論』の発売日。店頭で確認。

q0xq5fr4jdjPbnr1529334312_1529334321.jpg

この本、最初からバンバン売れたら勿論嬉しいけど、『自力で見つけた人が思いっきりハマる』そして世間にバレる、という売れ方もいいなぁ。だってまさにそういう芸人がたくさん出てる本だから。

 

個人的には偉大なアニキ、松本ハウスさんとの写真がウルだった。

4Nz2frkxGSCT_1r1529334342_1529334349.jpg

人生に無駄な時間などない。

 

本日は『スポーツ報知』など原稿3本。

 

 

●6月17日(日)曇り

 

テレビ朝日『サンデーステーション』出演。帰宅したら原稿。

 

 

●6月18日(月)曇り

 

午後1時TBSラジオ入り

3時30分より『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

5時より『東京ポッド許可局』収録。

 

 

『スポーツ報知』で月イチ連載している『プチ時評』。

 

下世話な視線にこそ大事な部分が見えてくるのでは?というテーマで書きました。例として金正恩の靴と髪型に注目。

ありがたいことに、プチ時評なのにかなりデカデカと載ってます。

 

k0PNQyGmPa9ukea1529336311_1529336323.jpg

 

ネットでも公開されました。こちらで読めます。

 

【プチ鹿島のプチ時評】上げ底靴も髪形も正恩氏の「努力」

 

 

 

●メルマガ最新号、発射しました。

 

こんにちはプチ鹿島です。

 

今週はこちらの話題から。

 

。劭腺庁廝稗唯丕咾凌袈福軍歌のよう?歌詞めぐり議論に(朝日新聞デジタル6月13日)
   

《映画「君の名は。」の主題歌で注目を集めた人気ロックバンド「RADWIMPS(ラッドウィンプス)」の新曲「HINOMARU」が話題だ。「軍歌を思わせる」と歌詞に賛否の声があがり、国会でも言及された。》

 

《「この身体に流れゆくは 気高きこの御国(おくに)の御霊(みたま)」「日出づる国の 御名の下に」「たとえこの身が滅ぶとて 幾々千代に さぁ咲き誇れ」と歌う。

ネットでは「美しい」「国歌にしてほしい」と好意的な声が上がる一方、「軍歌のようだ」「戦争を想起させる」などの臆測も広がった。》

 

【プチコメント】

この騒動を眺めて思ったこと。

 

「そりゃそうなるよ」

 

です。

 

まず私の思ったことを書く前に、例によって例のごとく思想合戦が行われていたのでまとめてみます。

 

なんとライブ会場での抗議運動を呼びかける動きもあった。

 

・「HINOMARU」シングルを回収し、廃盤にすること
 ・ライブなどで2度と歌わない事
・「HINOMARU」の内容と、これまでの釈明が間違っていたと早急に表明すること

 

を求めたという。

 

うーん、これってホント?なんか壮大な仕掛けのようにも思えます。炎上をさらに盛り上がらせる煽りといいますか。

 

さてこの流れで、

 

・「HINOMARU」の歌詞を謝罪。RADWIMPS・野田洋次郎さん「傷ついた人達、すみませんでした」

 

という事態に。

 

抜粋すると、


 曲の意図について「この曲は日本の歌です。この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です。みんなが一つになれるような歌が作りたかった」と言及した。

「結果的にその曲で不快な想いをさせてしまった人がいたというのが何より悲しいです」として、「色んな人の意見を聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした」と謝罪した。

 

という。

 

こうした展開に「謝るべきではない」「いや、誰に対して謝ってんだ?」「言論の自由」などなど意見がさらに飛び交った。

 

おまけに、ライブで演奏後には「自分の生まれた国を好きで何が悪い!」と叫んだという。

ああ、こうなるともう完全に思想ぶつけ合いの「火付け役」となりますよね。

 

ただ、私がこの件で気になったのは「軍歌かどうか」ではありません。※無思想の厄介さは後ほど述べます。

 

〜続きはこちらでお願い致します。〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 


2018.06.05 Tuesday 01:15 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ動静】5月29日〜6月4日

お知らせ

5月31日をもちまして正式にオフィス北野を退所しました。

良い思い出しかありません。

でもこうなったら、いい転機(天気)にします。

応援宜しくお願い致します。プチ鹿島

2t_94h_VMjFWYkC1528126320_1528126326.jpg

現在、移籍先として手を挙げてくださった事務所さんと話を詰めています。

今月中には発表できると思います。

 

それまでのお仕事の連絡は「tokyopod@gmail.com」までお願い致します。FA宣言のお問い合わせアドレスと同じです。

 

 

プチ動静

●5月29日(火)晴れ

 

午後1時〜4時30分『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ

MWGZXo4VOMjpg951528126425_1528126430.jpg

オープニングトーク、たくさんの人に聴いてもらえたよう。

『プチ鹿島 加計学園・安倍首相面会否定 新聞各紙読み比べ 』

 

 

●5月30日(水)晴れ

 

TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』午後3時30分〜6時。

BSスカパー!『水曜日のニュース・ロバートソン』夜10時から11時30分。

 

水ロバ、今夜のゲストは舛添要一氏。今年だけで3回目の共演でした。

 

 

●5月31日(木)晴れ

 

午後1時『NEWS RAP JAPAN』Abema TV収録。

gkvMyt9vBZT2mSs1528126451_1528126455.jpg

放送後はこちらで無料視聴できます。過去分も。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

 

帰宅後は『新潟日報』『Number Web』の原稿を。

 

 

●6月1日(金)晴れ

 

テレビ朝日打ち合わせのあと、新宿ロフトプラスワン『時事ネタプラスワン』へ。

VIWbdMWzCA4kTcI1528126400_1528126404.jpg

PPgrWiqwnbIeU5A1528126380_1528126386.jpg

久しぶりの開催だからか、または各自の活動が注目されているのか、お客さんの視線の熱さを体感した。良いことだ。

 

 

●6月2日(土)晴れ

 

すごい。文藝春秋のWEBで同時にランキング1位になりました。

ukHpVatbs7PsL4o1528126340_1528126346.jpg JYA5_EmhdbHnwM81528126360_1528126365.jpg

 

『文春オンライン』『加計問題に新展開!? 安倍首相が「首相動静」を熟読した日」

 

『Number Web』『月刊スポーツ新聞時評〜日大タックル問題は現場記者に注目。元選手、逆ギレ司会、そしてハンセン!〜』

 

 

昼は近所のイタリアン。ママ友情報。帰宅後は『メルマガ』原稿を。

夜は『万引き家族』先行上映へ。

MCusiPFMePzofqG1528128625_1528128629.jpg

万引きではなくちゃんと料金払って観ました。食べものに目がいく。いろいろ語りたくなる映画だった。

 

 

●6月3日(日)晴れ

 

テレビ朝日『サンデーステーション』出演。

LRK0reEUBsYhhoO1528127227_1528127233.jpg
 帰宅後は『文春オンライン』原稿を書く。

 

 

『KAMINOGE』78号発売しました。

e19fIyZhFe4WpYS1528126472_1528126476.jpg

gbLQX6wc6MJ3Erk1528126492_1528126496.jpg

Amazonでお買い求めいただけます。

 

 

●6月4日(月)晴れ

 

午後1時TBSラジオ入り

午後3時30分〜『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

本日は「紀州のドン・ファン」について。

よく読んでいました。

fwQSu9MqgZav8Ig1528126510_1528126515.jpg

 

午後5時〜『東京ポッド許可局』収録2本。

 

午後9時帰宅。

 

 

●メルマガ配信しました。

 

こんにちはプチ鹿島です。今週はこちらの話題から。

 

〇屬蕕「笑点」政権ネタへの批判に「度量が狭すぎ」(日刊スポーツ・6月1日)

 

【プチコメント】

「笑点」が話題になってるという。どうやらこのネタらしい。

 

《話題になっているのは「笑点」の5月27日放送。周囲の騒音や苦情に耳をふさぐシチュエーションというお題で、三遊亭円楽は「安倍晋三です。トランプ氏から国民の声は聞かなくていいと言われました」と回答。その後も林家たい平と林家木久扇が、麻生太郎氏や沖縄米軍基地をネタにして笑いを誘った。》(日刊スポーツ・6月1日)

 

これに対して《放送後、ネット上で賛否を呼び、炎上騒ぎとなった。》らしい。

 

ああ、またこういうのか。

 

〜続きはこちらでお願い致します。〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 

 


2018.04.15 Sunday 21:40 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】『東京ポッド許可局』10周年。ありがとうございました。

『東京ポッド許可局』10周年記念ライブ メルパルクホールありがとうございました。

tAs3KykpwOs19691523790700_1523790708.jpg

 

wZyY26X5zoHNfpW1523790838_1523790845.jpg

 

RjPQV7qirf_QGIJ1523790860_1523790866.jpg

暇な芸人3人がポッドキャストで仮想ラジオを始めたのが2008年、TBSラジオでホントにラジオ番組化されたのが2013年。おかげさまで10周年。

 

仕事は自分でつくるもの。ヒントはいくらでも転がっている。自分で気づけば事態は変わる。そんなことを最近あらためて痛感しています。

 

次の10年も宜しくお願い致します。

 

 

プチ日記

 

●3月31日(土)晴れ

メルマガ原稿をやり、夕方は家具を買いに行く。娘がもうすぐ4歳になるのでようやくダイニングテーブル使えそう。

 

 

●4月1日(日)晴れ

13時テレビ朝日入り。本日から『サンデーステーション』でコーナーを担当させてもらうことに。

長野智子さん、後藤謙次さんと共演できるなんて。

モーリーさんとの新番組もあるし、この春はいいですよ。

 

●4月2日(月)晴れ
午前は『文春オンライン』原稿、午後はTBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』。帰りに映画。

nMbCsNqPQXHNJDG1523792319_1523792326.jpg

いい知らせが。

 

●4月3日(火)晴れ
甲府へ。13時『プチ鹿島の火曜キックス』。帰京後は会議。

 

●4月4日(水)晴れ
『東スポWEB』原稿を書いてTBSへ。デイキャッチでは最近のyoutube事情を調べて報告。

 

●4月5日(木)晴れ
13時六本木『NEWS RAP JAPAN』Abema TV。収録後に食事会。長嶋茂雄さんがよく来るという中華レストラン。デザートのごま団子まで美味しい。

rtb1B_j0vSDEunu1523792340_1523792346.jpg

こちらで無料視聴できます。『NEWS RAP JAPAN』

https://abema.tv/video/title/90-491

 

 

●4月6日(金)曇り
13時テレビ朝日。『サンデーステーション』のネタ出しとコーナーVTRの撮影。17時過ぎまで。
18時 ザ・ キャピトルホテル東急ORIGAMIにて打ち合わせ。
21時 帰宅。

 

●4月7日(土)晴れ
 メルマガ原稿をひたすら書く

 

●4月8日(日)晴れ
 テレビ朝日『サンデーステーション』出演。

FAX7Fb286mmkgfh1523795425_1523795430.jpg

 

帰宅後は『文春オンライン』原稿。

 

●4月9日(月)晴れ
13時 TBS入り。『荒川強啓デイ・キャッチ!』。ハリル解任、サッカー協会の記者会見場から中継を担当する。

TBSにもどり17時過ぎから『東京ポッド許可局』収録。

 

『別冊TV Bros. TBSラジオ全力特集』にインタビュー2ページ載ってます。

BoPcs6eQRq6cg0c1523795349_1523795354.jpg

3y95G3vmJFRrkd81523795404_1523795410.jpg
 

 

●4月10日(火)晴れ
YBSへ。13時『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

帰京後は東京ポッド許可局のイベントスポンサーでお世話になっている『割烹 千代田』(浦和/料亭)さんへスタッフと行ってきました。

9Ga4JtjGqG9Yxs31523793010_1523793016.jpg

番組で話題になったオイルサーディンの一品も出していただきました!さすが局員!

 

仕上げの麦とろごはんも絶品。

GX3WewmiGycPjpi1523792359_1523792366.jpg

「麦とろ」ランチもやっているそうです。

 

●4月11日(水)晴れ
午後からTBSへ。『荒川強啓デイ・キャッチ!』今週金曜で放送6000回。こういう番組に出演できてほんとに光栄です。

夜は『ペンタゴンペーパーズ』。初日に観たかったのに今日になってしまった。

 

●4月12日(木)晴れ
13時六本木『NEWS RAP JAPAN』Abema TV。ゲストは猪瀬直樹氏。私の出番だ。いろいろ聞く。

i2ltorNtReo5VhR1523792401_1523792406.jpg
 こちらで無料視聴できます。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

夕方は後楽園ゆうえんちへ。帰宅後は原稿作業。

 

●4月13日(金)晴れ
13時テレビ朝日。『サンデーステーション』のネタ出し。

一旦帰宅して新連載『スポーツ報知』原稿を書く。『命の恩人・上原浩治投手』について。4月16日(月)掲載。

 

18時 新宿で『川口浩探検隊』連載(双葉社)の取材。
エンタメとヤラセについて元ディレクターに聞く。驚愕の内容ばかり。そのあとは担当者と食事しながら単行本化の話など。

 

『文春オンライン』公開されました。

デタラメ!ポンコツ! “底抜け政権”に怒りまくる「日刊ゲンダイ」用語の基礎知識

 

 

●4月14日(土)曇り

メルパルクホールで『東京ポッド許可局』10周年記念ライブ。

dlW2SMWrPUkVnF41523790721_1523790726.jpg

 

TpFrvR5MMZx9O501523790741_1523790748.jpg

 

zLocQSdLBMVVj101523790667_1523790679.jpg

楽屋でお絵かきする娘。

 

●4月15日(日)曇り

13時テレビ朝日入り『サンデーステーション』。

 

許可局10周年記念のうっとりは昨日で終わり。今日も仕事、明日も仕事。芸人冥利に尽きる。

 

 

●メルマガ最新号、配信中です。

 

・『オフィス北野ニセ社員TV出演、フジ「グッディ!」見た森社長指摘』(スポニチ)

 

先ほどもチラッと書きましたがこれ酷かったですねぇ。以下のインタビューが流れた。

 

  ――事務所が赤字という事実は間違っている?

  「オヤジがやっていて赤字のわけないじゃん。あれだけ稼いでいるのに、ねえ。お願いしますよ」

  ――スタッフの給料が凄く高くて芸人の給料が低いというのは?

  「みんな高くて当たり前じゃん。あんたたちだって給料もらった方がいいでしょ。でも、それ以上に稼いでいるんだからさ」

 

記事には《オフィス北野側に確認せずに、男性が名乗った「オフィス北野現役社員」という肩書そのままに街頭でのインタビューを放送した。男性の顔にはボカシが入っていたが、森社長を「オヤジ」と呼び、酔っているのか陽気な感じに映った。》とあります。

 

この「ニセ社員」報道が深刻だと思うのは、あれを放送するということはあの番組は「他の情報も裏付けをとっていないで流している」という恐ろしい推測ができるからです。

 

〜続きはこちらでお願いします〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 


2018.03.06 Tuesday 01:38 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】スタッフによると最近『10〜20代』と『女性』の視聴者が増えているという。

【今週の一枚】

KgSyMf6mOtWgjvG1520265993_1520266003.jpg

いい色。

 

プチ日記

●2月26日(月)晴れ

 

ラジオはスペシャルウィーク。

15時30分からの『荒川強啓デイ・キャッチ!』(TBSラジオ)ではオープニング中継を担当する。パラリンピック日本代表選手結団式の会場から。

 

17時『東京ポッド許可局』収録。

 

 

●2月27日(火)晴れ

 

13時〜16時30分『プチ鹿島の火曜キックス』(YBSラジオ)

 

帰宅後『NumberWEB』原稿を書く。2月は平昌五輪の話題がたくさんあった。こういう時は逆に書きにくい。総花的になるのを避けるためひとつのネタに絞る。

 

おじさんたちがいかにカーリング女子に夢中になったか。

 

プチ鹿島の月刊スポーツ新聞時評

「そだねー」「もぐもぐ」とオヤジ達。カーリング女子に染まった日本列島。

 

かなり多くの人に読んでいただいている模様。

 

 

●2月28日(水)晴れ

 

『荒川強啓デイ・キャッチ!』(TBSラジオ)オープニング中継。

 

本日は「2020東京オリンピックマスコット発表」の場へ。品川区の小学校。

 

「ア」「イ」「ウ」の3案のうち、市松模様の「ア」が選ばれたのは皆さんもご存知かと思います。

その前に、森喜朗会長の漫談がありました。

iGfsP99x212c54_1519919729_1519919736.jpg

よけいなことをしゃべる瞬間。

 

作者の会見も見学。

SZHBHKyIWVhjFT01519919679_1519919686.jpg

作者がいちばんマスコットっぽい。

 

 

●3月1日(木)晴れ

 

『NEWSRAPJAPAN (ニュースラップジャパン)』収録。日曜24時からAbemaTVで放送。

 

スタッフによると最近『10〜20代』と『女性』の視聴者が増えているという。上位だという。ラップ人気すごいな。

feawYEswWkQxcwE1520266253_1520266260.jpg

今日は出演者のMCサーモンが週刊誌に載った自分の記事について否定するという新しい展開。面白い。

ゲスト解説は宮台さん。

 

こちらで無料視聴できます。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

収録後は『シェイプ・オブ・ウォーター』を観る。スタジオ近くが六本木ヒルズなので便利。

 

帰宅後は『メルマガ』原稿。

 

 

●3月2日(金)晴れ

 

大吉先生が使って具合がいいというストレッチ用品を取り寄せる。

夜まで原稿作業。近所の蕎麦屋。

そのあと『ブラックパンサー』。1時前に帰宅。

 

『文春オンライン』

タブロイド紙の役割と納税者一揆について書きました。

http://bunshun.jp/articles/-/6357

 

 

●3月3日(土)〜4日(日)晴れ


実家で娘のひな祭り。久しく、しまわれていた妹のひな人形(手前)も親が出してきた。懐かしい。

2QaK4eRjE2oGMFS1520266063_1520266069.jpg

そのあと旅館で1泊。

 

そういえば、駅に着いたら車掌さんが追いかけてきた。切符でも落としたかと思ったら『東京ポッド許可局聴いてます。4月メルパルクホール行きます!』と。これは嬉しい。

 

夜食は温泉街の『おしぼりうどん』。辛い大根の汁に味噌をまぜて食べる。

7qheIp1txwu81Q21520266017_1520266024.jpg

 

 

●3月5日(月)雨

トークライブのチケット発売日。すぐに完売したという。めでたい。

 

13時TBS入り。『荒川強啓デイ・キャッチ!』では「名古屋市が全市立小学校の部活動を廃止へ」というニュースを調べる。

 

本番後ダッシュで『15時17分、パリ行き』を観に行く。今日逃したら今週は見れないのでよかった。

 

帰宅後は作業。

 

 

●本日配信のメルマガの冒頭を公開します。

 

こんにちはプチ鹿島です。今週はこちらの話題から。

 

‥豕五輪マスコットはなぜ小学生投票で選ばれたのか 審査会が語る「意思決定の難しい時代」の1つの在り方

 

審査会メンバーの1人である、ドワンゴ取締役・夏野剛氏が言った「意思決定の難しい時代」という言葉が印象的だったんです。

 

《新しい時代、これだけインターネットがあり、メディアの報道も速い時代において、こういうものの意思決定の仕方に、今回は1つの在り方を提示できたのであればいいなと思っています。というのも、専門家だけで選ぶ方がいい場合もあるし、あるいは民意を問う場合もある。やっぱり納得感を社会でどう醸成するかは、今の時代非常に難しい課題です》(夏野)

 

要は1億総ツッコミ時代のいま、誰もが納得するものを選ぶのは難しいし、粗探しも激しい。しかも「オリンピック」という大ネタ、いや大ボケ物件です。

 

先日の平昌オリンピックがなぜ盛り上がったか。

 

(中略)

 

さて、今回行ってよかったと思ったのは森喜朗氏の言葉を生で聞けたことです。

 

森喜朗を考えることは大切です。ポイントをあげてみます。

・総理まで務めた人なのに世の中では尊敬されていない。でも「半径10メートル以内」では、森喜朗は絶大な支持を受けてきた。総理になった「密室五人組」もそう。空前の人たらしが生んだ、永田町と国民の気分のギャップ。

・森喜朗は町長とかローカルな存在だったら誰も不幸にはならなかったはず。しかし座持ちが良すぎて、すいすい中央のトップに行ってしまった。


・我々は森喜朗を半笑いで見てればいいかというと、そんな悠長な存在でもない。なぜなら森喜朗はいまだに表舞台に出ているからだ。「東京五輪・パラリンピック組織委員会会長」の座にいつの間にか就いていた。

 

以上、ポイントをあげてみました。

 

森喜朗の「失言」は大体がパーティとか支持者が集まった場です。その場を盛り上げるサービストークと言えば聞こえはいいですが、目先の笑いをとりたいために余計なことを言ったり、ずさんなことを言ってしまう。※例「あの子(浅田真央)は大事なところで転ぶ。」

 

その場ではゆるされても世の中に発信されると「何を言ってんだ」となる。

 

〜続きはこちらで宜しくお願い致します〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 


2018.02.26 Monday 01:16 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】「なんで新聞はあるんですか」。小学生の質問にハッとする。

9LFTT5FO0zp1s6R1519561609_1519561621.jpg

今月、名古屋と岡崎市で開催

日本経済新聞主催『芸人式新聞の読み方』講演会

ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

 

質問コーナーで小学生の女の子の「なんで新聞はあるんですか」。関係者ともどもハッとしました。私もこの言葉を頭に入れて新聞を読みます!

 

プチ日記

●2月9日(金)晴れ

 

東京ポッド許可局のイベントスポンサーでお世話になっている「茨城買取ドットコム」さんに出張買取に来ていただく。

マグネットを頂いたので早速貼冷蔵庫に貼る!

WOT8iUaov2KOhUf1519561408_1519561416.jpg

部屋がすっきり片付いたあとは『メルマガ原稿』。

●2月10日(土)晴れ

 

近所の餅つき大会に参加する。

f4bjCg2Y3iHHKE41519561430_1519561436.jpg

 

『タブロ』の原稿を書く。

【正義とは何か】貴乃花親方劇場と映画「スリー・ビルボード」の共通点 |連載・プチ鹿島の「余計な下世話」

 

 

●2月11日(日)晴れ

 

夕方まで『文春オンライン』原稿を。

 

『散歩する侵略者』。名画座。そのあと家族で「とん活」。

ryb2i35eSTDFnjf1519561471_1519561478.jpg

 

 

●2月12日(月)晴れ

 

13時TBS入り

 

本日のTBSラジオ『荒川強啓デイキャッチ!』(15時30分〜)

『米FA市場、今年は異変のワケ』というニュース。ダルビッシュ投手が「やっと」契約が決まる。

 

スローペースの理由として「18年オフに大物FAが多く、ぜいたく税回避のために今オフは節約する球団が多い」という理由に注目。「ぜいたく税」とは何か?について調べました。

 

17時『東京ポッド許可局』収録。

 

 

●2月13日(火)晴れ

 

『プチ鹿島の火曜キックス』(YBSラジオ)。

 

帰京後は『パディントン2』鑑賞。これは観てよかった。

 

 

●2月14日(水)晴れ

 

13時TBS入り

15時30分『荒川強啓デイキャッチ!』

 

『バレンタインデー、チョコを配る風習はいつから始まったのか』

調べた結果「メリーチョコレートカンパニー」の企業努力だとわかる。

 

 

●2月15日(木)晴れ

 

『NEWSRAPJAPAN (ニュースラップジャパン)』収録。日曜24時からAbemaTVで放送。

WX8ZZ4TEE7HUWiI1519575980_1519575988.jpg

放送後はこちらで無料視聴できます。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

 

●2月16日(金)晴れ

 

銀行の待合で見る羽生結弦のSP。

jDdgVdpGaIXSLsZ1519561449_1519561456.jpg

確定申告を終え、そのまま銀行に足を運んで税金を払う。税金も羽生もどちらもスッキリの午後。

 

『メルマガ原稿』を書く。

 

 

●2月17日(土)晴れ

 

朝8時東京駅発。


本日は日本経済新聞主催の『芸人式新聞の読み方』講演会。日経新聞名古屋支社でおこなう。

YVyRB_76AkmXoeL1519561582_1519561592.jpg

 

 

●2月18日(日)晴れ

 

『文春オンライン』『メルマガ』原稿。

 

 

●2月19日(月)晴れ

 

本日のTBSラジオ『荒川強啓デイキャッチ!』(15時30分〜)

『コソボ独立から10年』というニュースを調べました。

 

『文春オンライン』緊急配信されました。

羽生結弦に“泣きながら感動”している「産経社説」の熱い着氷

各紙感動社説の「舞いっぷり」を読み比べ

 

 

●2月20日(火)晴れ

 

『プチ鹿島の火曜キックス』(YBSラジオ)。

 

オープニング書き起こしです。

プチ鹿島 映画『パディントン2』を語る

 

 

●2月21日(水)曇り

 

13時TBS入り

15時30分『荒川強啓デイキャッチ!』

本日は『ベネズエラが独自の仮想通貨「ペトロ」発行へ』を調べました。

リアルな経済が破綻寸前だからこそ仮想通貨!という現状が見えてきました。

 

 

●2月22日(木)曇り

『NEWSRAPJAPAN (ニュースラップジャパン)』収録。日曜24時からAbemaTVで放送。

637N5l6EMMab2bv1519575917_1519575925.jpg

放送後はこちらで無料視聴できます。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

 

●2月23日(金)晴れ

 

まず『メルマガ原稿』を仕上げ、明日に備え移動。前伯。

 

ホテル到着後は『文春オンライン』原稿を。

 

 

●2月24日(土)晴れ

 

岡崎市で日本経済新聞主催の『芸人式新聞の読み方』講演会。先週に引き続き。

HukQ9UwBwb6j9aW1519561532_1519561539.jpg

自分で話していて気づくことも多数。ありがたい機会です。

 

帰りに東京駅で「東京バナナ パンダ」。

 

 

●2月25日(日)晴れ

 

本日は『EX大衆』『現代ビジネス』『文春オンライン』原稿を一挙に。

 

夜は家族でピザを食べに行く。

 

さぁ明日からはラジオはスペシャルウィークです。

ぜひリアルタイムで聴いてください。

 

 

●2月26日月曜、本日配信のメルマガ冒頭を公開します。

 

こんにちはプチ鹿島です。
ここでいろいろ貴乃花について書いてきましたが、一冊の本になりましたよ。

いや、私が書いた本ではないのですがこれがなかなか面白くて。
さっそく紹介します。このメルマガを読めばこの本を読んだつもりになれますから。

『“貴の乱”が本に、協会内の対立構図や“黒幕”の存在なども詳細に記述』(2月20日・スポーツ報知)
 

《2015年12月、北の湖前理事長が急逝した後の理事会で繰り広げられた、貴乃花親方派と八角理事長派の激しい口論を収録。さらに当時の相撲協会を操っていたとされる、“黒幕”の存在なども詳細に記されている。》

 この本は先週木曜に発売されました。この日、私が出演している『NEWSRAPJAPAN (ニュースラップジャパン)』の収録がありました。

コーナーのひとつに話題の場所からの中継があるんですが(過去に「竹林」とか「貴乃花部屋」の前から中継あり笑)、この日は「宝島社」の前から中継という。なので、もともと読むつもりだったので入手。本番前に楽屋でずっと読んでました。

私が出版情報を最初に聞いて「これは・・・」と思ったのは宝島社が出すという点でした。

宝島社は現在「プロレス本」をたくさん出しています。ということは出すたびに売れているのでしょう。

私も昨年「2冊目のプロレス本を書きませんか?」とオファーをいただき『教養としてのプロレス』(双葉社)以降に書いたコラムに加筆して『プロレスを見れば世の中がわかる』という新書を出しました。

で、その初版部数が「1万5千部」というのです。おったまげました。

よほどビッグネームでないかぎり初版は1万もいかないのが現状だと聞きます。それが私で1万5千ですからね。しかも発売前に増刷も決定したと聞き「宝島すげー」と思った次第なのです。

その宝島で一番のドル箱が「別冊宝島 プロレス本」シリーズなのです。

ひとことで言うと内幕本です。業界ドロドロ事情を売りにしたシリーズ。

たとえばですね、

 

〜続きはこちらで宜しくお願い致します〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 


2018.01.23 Tuesday 00:29 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】人々が怒れば怒るほど「不倫」という言葉はますますパワーワードになってしまうのだ。大ネタになるのである。

今週の一枚。

OIZLWPp9VgLSRtI1516634085_1516634096.jpg

 

 

プチ日記。

 

●1月16日(火)晴れ

 

美味しいお土産をいただく。 『プチ鹿島の火曜キックス(YBSラジオ)』の中継コーナーに登場してくれた山梨のキムチ屋さん。店舗はなく口コミのみという。帰宅してさっそく。

KTgDG4vj3ROhyix1516320113_1516320119.jpg

7u_yKKvGT1pZkAZ1516320087_1516320096.jpg

うまい。

 

講談社『現代ビジネス』の原稿を書く。

 

 

●1月17日(水)曇〜雨

 

『大鵬の孫』17歳・納谷のデビューでスポーツ紙はもちきりだが、『貴闘力の息子』でもある。もう少しその点も報道されてよいのではないか?それが不満だったが、自分でやることに。『荒川強啓デイキャッチ!』のコーナーで『貴闘力伝説』。

 

考えてみると貴闘力さんを招いてトークライブやったのはもう7年前にもなるのか。

 

『貴闘力来た!前代未聞の緊迫ライブ報告。』(2011年2月24日)

 

あれは自分にとってのビッグマッチだった。

あのとき息子達の話になると本当に嬉しそうだった貴闘力さん。相撲界に入ってほしいと言っていた。いよいよ夢と究極のリベンジが始まるのだ。

 

 

●1月18日(木)曇り

 

午後から『NEWS RAP JAPAN』の収録。

Rwp0GSS6D959QCA1516634416_1516634422.jpg

先週の中継コーナーは貴乃花部屋の前から。最高だったなぁ、面白かった。

本日も仰天のあの場所からだった。
ノッてる番組っぽい。

 

見逃した方はこちらで無料視聴できます。バックナンバーも完備。

 

『キングスマン2』を観て帰宅。前作ってトランプ大統領登場前だけど、思い出してみるとスマホ(ツイッター)でたかぶらせ、支持者を獲得してくのと似たような状況だったような。

 

 

●1月19日(金)晴れ

 

メルマガ原稿。小室哲哉に誰が怒っているのか?
 以前SNSで倫理的なことに対してたかぶる人を『不謹慎ゾンビ』と名付けたけど、もはや今回はそこまでもいってない気がして。

 

 

●1月20日(土)晴れ

 

横浜へ。新聞展を見学。今年、ある新聞社イベントのプロデュース的なことを頼まれてるので勉強になればと思って行く。中華街も当然満喫する。

O3sLE4WSx4q4Fey1516549033_1516549043.jpg

ylsGMfECSJK3d0o1516549058_1516549065.jpg

 

夜はメルマガ仕上げ。

 

 

●1月21日(日)晴れ

 

『文春オンライン』原稿を書く。

 

西部邁氏の訃報。朝生の余裕しゃくしゃくの態度から『このおっさんはなんだ⁉︎』と逆に興味を持ち、大学時代に著作をよく読んだ。あのときの朝生は猛獣ばかりで面白かったなぁ。

 

講談社『現代オンライン』書きました。

 

《「新元号」報道から見えてくる「官邸vs宮内庁」の対立構造
安倍サンの「朝日嫌い」で二転三転?》

 

とにかく読んでみてください。情報戦に戦慄しますから。

 

 

●1月22日(月)雪、雪。

 

朝から雪模様。娘は興奮している。でも寒いので午前中はAmazonで『パディントン』を一緒に見る。

 

そのあと昼のテレビニュースでは八王子駅からの中継。

 

『なんで東京で雪中継といったら八王子なんだろね。大変だね』


と家でしゃべってTBSラジオへ。『荒川強啓デイ・キャッチ!』のニュースプレゼンター、今日は何のネタだろう。

 

・・・八王子から中継をすることに。

 

新宿か八王子かとなってどーせ行くなら『雪現場』がいいですと希望した。いろいろ調べたり聞いてみると八王子は比較的東京では積雪量が多い。しかも遠いようで近い。だからテレビは劇的な『絵』を撮りに行くんだという。お約束の地なのだ。そんな場所に野次馬的に我がラジオチームも参戦。女子高生がスノーでスノー(雪)撮ってたのよかった。

1IXIB8VpDXNrdJ81516634114_1516634123.jpg

OIZLWPp9VgLSRtI1516634085_1516634096.jpg

中継後、中央線は遅れながらもなんとかゆっくり帰宅できた。すぐ風呂に入る。

 

4年前の2月の大雪の日はいま思い出しても楽しかった。一日中『プロレス スターウォーズ』読みなおしてた。雪の日は自由だ。

 

あの年も冬季五輪だった。ラジオ企画で東京マラソン参加が決まっていたのでこのままずっと雪ふって中止になれ!とも思っていた。あれからオリンピック一周分し、少しは成長できたからもう笑い話だ。

 

風呂でそんなことを思い出しながら、ひと息ついて『EX大衆』川口浩探検隊の原稿に取り掛かる。

 

明日は山梨。いけんのか⁉︎

 

 

●メルマガ冒頭を公開します。

 

こんにちはプチ鹿島です。

竹林不倫のほうはどうなったのでしょう。気になりますが、まずはこちら。

 ‐室哲哉、釈明会見で引退発表 不倫疑惑報道受け「騒動のけじめとして決意」(スポニチWEB・1月19日

 

【プチコメント】
 
先週金曜日の午後にかけめぐった「小室哲哉引退」発表会見。

 ある意味注目していたんです、この会見。

というのも前日に東スポがこんな記事を出していたのだ。

【看護師とニンニク注射不倫疑惑】小室哲哉「19日会見」の大バクチ(東スポ1月18日

なぜバクチなのか?要点を抜粋します。
 
  ・「文春のインタビューでは不倫を否定したかと思えば、あやふやな説明も見受けられます。間違いなくそこを突っ込まれるでしょう。また完全否定すると、今度は文春が“第2砲”を発射する可能性もあり、小室にとって危険な賭けと言わざるを得ないですね」とワイドショー関係者。

・文春に対して、引退を示唆するコメントまで残した小室。果たしてイチかバチかの大勝負となる会見は吉と出るのか、それとも…。

抜粋おわり。

つまり、イメージアップを狙う(であろう)会見をやっても中身があやふやなら逆効果になってしまうから「大バクチ」と東スポは書いたのだ。そういえば、会見をやって逆効果になった例として斎藤由貴があった。

小室哲哉は会見を乗り切れるのか。成功するのか、失敗するのか。

(中略 詳しくはメルマガで宜しくお願い致します)

こうなるともう小室哲哉かわいそうという流れになる。

意味は違うでしょうが小室哲哉は東スポが危惧していた「大バクチ」に勝ったのだ。結果的に。

人は自分の想像を超えた、思ってもみなかったことに直面すると(当たり前だが)驚く。

驚くということは心が動いているということだから感情的になる。たかぶる。

予想通り、SNSでは小室ショックで文春に文句を言う人がたくさんいました。そんなゲスな報道はもうやめろと。

でも人々が怒れば怒るほど「不倫」という言葉はますますパワーワードになってしまうのだ。大ネタになるのである。皮肉にも。

だからなおさら無くならない。私は今回それを一番感じました。

「不倫報道→引退」という出来事があった以上、何度も言いますが「不倫」という言葉はより一層の破壊力を持ちます。冗談のようですが社会問題になってしまいます。

(中略 詳しくはメルマガで宜しくお願い致します)

 

では文春はもう不倫なんてくだらない報道はやめるべきなのか?

 

〜続きはこちらで宜しくお願い致します〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 


2018.01.09 Tuesday 03:14 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】『東京ポッド許可局』10周年イベントの開催決定です。4月14日(土)メルパルクホール。

2018年になりました。まずは元日のゴキゲンな写真を。

Yc2Nfnr9DkF8HSr1515432075_1515432081.jpg

 

昨年末からのプチ日記です。

 

●12月23日(土)晴れ

 

午前中はCBCラジオ『北野誠ズバリサタデー』に電話出演。

 

そのあと『文春オンライン』『メルマガ』原稿を。


ひと息ついて家族で椿山荘へ。ケーキがクリスマス仕様。

lN1kDJrURzp_zKE1514209315_1514209323.jpg

FHlrdc0rrQ2tYeh1514388942_1514388950.jpg

サンタと撮影(有料だった)。

 

帰宅後あらためて近所の餃子屋さんへ。テレビで紹介されて以来忙しそう。

これからコメント依頼された邦画をおさらい。

 

 

●12月24日(日)晴れ

 

来年2月3日公開『羊の木』(吉田大八監督)へのコメントを考える。50字から100字って逆に難しい。

『文春オンライン』『メルマガ』原稿をやって家族で外食。寿司屋。

 

今日は有馬記念でラジオで時事ネタ予想もやったが、白と黒の枠で決まりパンダ馬券とのこと。自分はシャンシャンの誕生日6-12という予想だった。考えすぎ。

 

24時から『NEWS RAP JAPAN』@AbemaTVを見ながら作業。

 

 

●12月25日(月)晴れ

 

朝起きて『スポーツ報知』を開けると社会面がぜんぶ自分の記事だった。嬉しいなぁ、田舎にも送ろう。

DBEytLemj8Mk6gv1514209339_1514209347.jpg

※スポーツ報知の記事はネットでも公開されてます。

『プチ鹿島が今話題の人々を切る!小池都知事が大賞…報知社会面大賞2017』

 

13時 TBSラジオ入り『荒川強啓デイ・キャッチ!』。

 

『絶対にとれないクレーンゲーム』のニュースを調べる。そもそもゲームセンターでは賞品の提供は禁止だと。でも800円ルールというのがあってその程度は『粗品』でよいのだという。ザ・グレーゾーンの世界。

それを聞いて専門家にいろいろ質問。

 

本番後にTBS近くの医者でインフルエンザの予防接種。こないだはワクチンがなかった。今日はあった!無事終わる。

 

18時から『東京ポッド許可局』収録。

 

明日はYBSでラジオ3時間半の生放送と正月テレビ特番の収録。明日も楽しみな1日。

 

準備しながら24時から許可局をリアルタイムで。

 

 


●12月26日(火)晴れ

 

朝9時新宿駅。10時30分甲府着。

 

13時『プチ鹿島の火曜キックス』YBSラジオ。年内ラスト。

 

19時 山梨放送(テレビ)の正月特番収録。

 

22時収録終了。打ち上げ。山梨名物、鳥のモツ煮。

SA1ue5eBfr258pI1514388778_1514388786.jpg

25時 ホテルにもどる。長い一日でした。

 

 

●12月27日(水)晴れ

 

山梨のホテルからいったん帰宅。

 

13時TBSラジオ。

『猫インフルエンザ 研究チームが解明』というニュース。『荒川強啓デイ・キャッチ!』で調べる。

 

ニュースの元となっている研究チームの東大教授に直接話を聞けるのだからありがたいなぁ、やっぱこういう番組というか『場』にいられるのは。そう思った。

 

帰宅後は『Number web』で連載している『スポーツ新聞時評』原稿を。

 

原稿をおくって深夜から格闘技イベント「RIZIN」の映像をおさらい。29日にスカパーの中継に出演させてもらうため。

 

 

●12月28日(木)晴れ

 

年内ラスト収録『NEWSRAPJAPAN』@AbemaTV。今年はこの番組に出れたもデカかった。面白いものが生まれてる現場を実感できた。

_2pClBsVd2l3d8D1515050574_1515050581.jpg

1月7日分の放送なので2018年に起きることを勝手に言い合う。ゲスト解説は宮台真司さん。

 

帰宅後、格闘技「RIZIN」のおさらい。整体に行って東中野のBARバレンタインへ。堀江ガンツさんとあらためて「RIZIN」検討会&飲み会。

 

 

●12月29日(晴れ)

 

さいたまスーパーアリーナへ。14時半〜20時 BSスカパー 格闘技『RIZIN』特別番組‪『 水道橋博士の裏RIZINジャック!』‬。

出演:水道橋博士さん、及川奈央さん、平子祐希( アルコ&ピース )、解説 堀江ガンツさんと。

tfyQG8iUsuI1flJ1515431905_1515431911.jpg

LRc4o93VvuIg1d51515432032_1515432040.jpg

xMSJ0WNNypX1mRh1515432115_1515432121.jpg

5時間半の生放送だったがあっという間だった。川尻達也さん所英男さんの話も聞きながらという贅沢な時間

 

 

●12月30日(土)晴れ

 

今日は休み!
家仕事(原稿)もない丸一日の休みは10月の七五三旅行以来。嬉しいので少し早起き。

 

家族で台場へ。娘とトイザらスで遊びつつ、妻と交代でユナイテッドシネマ『オリエント急行殺人事件 』。西洋の忠臣蔵と勝手に私は呼んでます。

 

ユアタイム終わりによく行ってた権八で食事。昼間くると外はこんな景色だったんだ。

JoGQUX29KbxlCtH1515431925_1515431931.jpg

 

文春オンラインの特別企画。座談会が公開されました。

年末座談会 輝く!2017年おじさん大賞(前編)

プチ鹿島、鈴木涼美、おぐらりゅうじ、大嶋奈都子

 

 

●12月31日(日)晴れ

 

ありがたいことに明日の元日からラジオの仕事が。青木理さんと進行する『荒川強啓デイキャッチ』。午前中は今年のニュースをおさらい。

15時 さいたまスーパーアリーナ。『RIZIN』。チケットを頂いたのでチャンス大城といく。

N8itHwDn8xpMOrU1515433586_1515433591.jpg

AJYkSAD6OO7xoF_1515434925_1515434931.jpg

 

 

 

●1月1日(月)いい天気。

 

13時TBSラジオ入り。
『荒川強啓デイ・キャッチ!』。本日は強啓さん片桐さんがお休みなので私と青木理さんの2人で進行。

 

4P2iNPY1KGUKY4z1515434033_1515434039.jpg

面白かったなぁ。

 

赤坂 豊川稲荷へ。

 

やっと正月気分。
24時からの『東京ポッド許可局』はインスト祭り。

 

●1月2日(火)晴れ

本日は『火曜キックス』がお休みなので東京で過ごす。家族で散歩、買い物。良いお正月。ウトウトしてる写真を娘に撮られる。

aQfg8sRFeGvzV5z1515432054_1515432060.jpg

 

 

●1月3日(水)晴れ

 

TBSラジオ 『荒川強啓デイキャッチ』の中継で富岡八幡宮へ。初詣の人出はどうなってるのか?やっぱり知りたいところ。

 

昼過ぎにいくと閑散とまではいかなくても本殿まで行列無し。

 

スタッフと絵馬書いてきた。勧進相撲発祥の地だけに『必勝』を選ぶ。

WPzBN0Nx79x5bl11515432095_1515432100.jpg

VuukCUdxXxRks4k1515431947_1515431953.jpg

 

鳥居の前でサンジャポのクルーともバッタリ。やはり野次馬精神は同じだ。

jOrmqTXk40L12Eo1515431988_1515431996.jpg

 

隣の深川不動尊に行くと30分待ちの行列。ここで引いたおみくじは見事に大吉!

RDjQGpjDJeCtPLg1515432010_1515432018.jpg

本番後、家族で外食へ。

 

『新春TV放談2018』(Eテレ)で藤田社長が 『NEWSRAPJAPAN』について。

LiK0_Bvbuj5sbxz1515432160_1515432168.jpg

面白い番組に出してもらってるんだとあらためて!

 

こちらで各回を無料視聴できます。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

 

 

●1月4日(木)晴れ

いつもの木曜日。原稿3本。仕事終わりに角川有楽町シネマでレイトショー『希望のかなた』。既に観ていた妻に勧められて行ったけどよかったです。

 

 

●1月5日(金)〜7日(日)晴れ

ここ数年、年越しは両親含めて家族で温泉宿だったが今年は三が日に仕事があり、ちょいずらして5日から2泊で温泉へ。

VAbPe1NuPSMNs4W1515433500_1515433506.jpg

温泉入って食べて飲んで寝て、の繰り返し。

DrXHTIHT_hso8NS1515433525_1515433531.jpg

 

 

 

●1月8日(月・祝)雨

 

午前中に『KAMINOGE』原稿をおくったら井上編集長からメールが。書いたテーマが今号の企画に絶妙にリンクしているという。仕上がりが楽しみだ。

 

本日は成人の日。『晴れ着の着付けやレンタルを行う「はれのひ」と契約した新成人らから「店に行ったが誰もいない」「店側と連絡が付かない」といった相談が警察などに相次いだ。』(毎日新聞)というので、『荒川強啓デイキャッチ』で急遽新横浜へ。

BSdfF_Z13plJtzD1515432137_1515432144.jpg

まだ横浜アリーナで成人式をやってるらしいのだ。

近くのホテルで着付けをしている業者さんに話を聞く。みんなで協力し、困っている新成人の着付けをしたそう。

 

17時帰京、TBSラジオに戻る。

 

18時から『東京ポッド許可局』収録。

 

帰宅『文春オンライン』原稿。明日の準備など。

 

今夜の放送で発表がありました。

■4月14日(土)16時〜
メルパルクホール@東京都港区にて『東京ポッド許可局』10周年イベントの開催決定!

 

 

 

●配信中のメルマガです。

 

元日にも放送があったデイキャッチ。いろいろ話しました。

・元日の新聞読み比べ

・元号問題 「官邸VS宮内庁」の暗闘ぶり。各紙の報じ方を読むとその根深さがわかる

・スパコン、リニア疑惑

 などです。

 新聞は元日にとっておきのスクープを持ってくることが多いのです。これがスポーツ紙になるとタレントの恋愛系になります

 

 

〜続きはこちらで宜しくお願い致します〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 

 


2017.12.23 Saturday 11:58 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】え、「パンダ上野で暴れる」?

ZKc0x9JiNoMW4vm1513998969_1513998976.jpg

衝撃の1面です。詳しくはのちほど。

 

プチ日記。

●12月15日(金)晴れ

 

朝から新しい原稿に取り組む。

 

夕方からは『スポーツ報知』の取材を受ける。『2017報知社会面大賞』(仮)。ランキングごとにコメント。

 

今年の漢字を書いた色紙を書く。

ECS5srsxJhW1lhv1513350307_1513350316.jpg

パッと見、意味が分からない一品になった。

 

取材終わりにTOHOシネマズ日本橋へ。『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』観賞。

 

コレド室町の今半のおせち料理、1万2960円だと思って注文しそうになるが『12万9600円』だった。

1bqKf73awbygZNF1513350269_1513350278.jpg

あぶない、あぶない。

 

そのあと飲みに行こうか一瞬迷ったが帰宅。再び原稿作業。

 

 

●12月16日(土)晴れ

 

やる気を出すために朝風呂。

 

講談社『現代ビジネス』の原稿をまず5千字書く。そのあと『文春オンライン』の原稿を8割ほど。さすがに疲れた。18時から映画の予約をしてしまったのでヘトヘトになりながら日比谷へ。『否定と肯定』をTOHOシネマズシャンテで。

 

今日ずっと同じ姿勢だったせいか右肩が痛くて帰宅途中にマッサージ店を探して飛び込む。

明日は昼の13時から『コアチョコTシャツデスマッチ』(新宿ロフトプラスワン)。

昔から出演している大好きなイベント。みんなに会えるのが嬉しい。

 

 

●12月17日(晴れ)

 

昼からイベント出演。『コアチョコTシャツデスマッチ』。

超新塾も出演。楽屋もにぎやか。超新塾リーダーのイーグルから『東京ポッド許可局面白いですよ』と褒められる。

bCQ_6DQxBCKPNJm1513566862_1513566869.jpg

中打ちのあとMUNE社長宅へ。あらためて宴。

 

 

●12月18日(月)晴れ

 

午前中は原稿2本仕上げ。『現代ビジネス』『文春オンライン』満足の出来!

 

13時TBS。本日の『荒川強啓デイ・キャッチ!』のネタは『コーヒーに第4の波⁉︎』。

器具や豆にお金をかけて家飲みコーヒーにこだわる人が増えていると。表参道のデロンギに取材。20万円超のコーヒーメーカーも。

 

17時からは『東京ポッド許可局』収録。ゴキゲンなおじさん達。

_lPTVHP3R6q3MYY1513601952_1513601961.jpg

 

帰宅。原稿チェックしたり明日の準備をしながらリアルタイムで許可局。

 

 

●12月19日(火)晴れ

 

朝9時新宿、10時30分甲府。

13時から『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

YBSラジオがradikoに加入してからというもの全国からメールがたくさん来る。嬉しい。今日も4割くらいが他県からきた。面白い時代だ。

 

来週の正月特番(山梨放送)打ち合わせなど。

 

帰京後は映画を観る。講談社『現代ビジネス』は明日公開とのこと。

 

 

●12月20日(水)晴れ

 

午前中は『東スポWEB』原稿。《安倍首相の今年の漢字》

 

13時TBSラジオ入り。本日の『荒川強啓デイキャッチ』ニュースプレゼンターは《直木賞に「セカオワ」藤崎彩織さんの小説『ふたご』がノミネート》を調査。

 

夜はゴキゲンな飲み会、忘年会。

 

講談社『現代ビジネス』の原稿が公開された。

 

《日馬富士報道を紐解いて見えた「角界」というファンタジーワールド 真剣勝負の世界だからこそ 》

 

 

●12月21日(木)晴れ

 

午前中は新聞、資料、原稿チェック。

午後から『NEWS RAP JAPAN』収録。(AbemaTVで毎週日曜24時)

_6mRplXE8wWI7ex1513917030_1513917044.jpg

今回はクリスマスイブ夜放送。ゲスト解説は堀口ミイナさん。

 

収録後、事務所へ移動。来年予定の新聞社主催のイベント打ち合わせ。プロデュース的な役目の依頼。

 

帰宅。とんねるず『細かすぎて伝わらないモノマネ』にチャンス大城。ユニットで出場し優勝していた。

cbgu6AEKGfP1HhE1513916964_1513917006.jpg

よかったよかった。

 

チャンス大城とはこんな男です『芸人・チャンス大城のすさまじい話』

2年前の私のコラムです。

 

 

発売中の『KAMINOGE』。

RmiAHlEMTnegYDd1513997105_1513997112.jpg

H2qQ6PfXlBFbgMt1513997129_1513997135.jpg

私のコラムは『「パンダ上野で暴れる」とは何か?』。 

 

東スポの1面を飾り、

ZKc0x9JiNoMW4vm1513998969_1513998976.jpg

遂には朝日新聞にも報道されたこのパンダのことです。

gWaB3yqDsF4fY551513998067_1513998074.jpg

朝日新聞『3メートルのパンダレスラー 根室発、かわいいが凶暴 アンドレザ・ジャイアントパンダ』

 

 

●12月22日(金)晴れ

 

『EX大衆』で連載している『水曜スペシャル 川口浩探検隊』コラムを書く。

mSsJRzLTED52adS1513997149_1513997155.jpg

書籍化前提で書き始めて35回。早く単行本として世に出したいなぁと思いつつ、当事者の話が聞ける連載が面白いのでこのまま書き続けたい気も。

 

続いて『メルマ旬報』『DMM』原稿。

 

就寝前にサンプルDVDを。来年公開予定の邦画のコメントのため。

 

『文春オンライン』の原稿公開。

《「国民栄誉賞スクープ」 なぜ読売は他の追随を許さなかったのか?囲碁将棋といえども、これは政治部マター?》

 

 

●配信中のメルマガです。

 

さて、また新しいお笑いコンテスト番組が誕生しました。ただ、いろいろお叱りの声もあったようで。

 

‐个“効果音”説も 「女芸人No.1決定戦」ゴタゴタの舞台裏(日刊ゲンダイ・12月14日)
 
  《女芸人の頂点を決める史上初のお笑いコンテスト「女芸人No1決定戦 THE W」が物議を醸している。11日20時から3時間、日本テレビ系で生放送されたのだがネタの最中に不自然な笑い声が挟まれ、SNS上には放送開始直後から〈不愉快〉〈うっとうしい〉〈うるさい〉〈しらける〉などと批判の書き込みが殺到したのだ。》
 

「女芸人No1決定戦 THE W」を見ましたか、皆さん。

 

効果音と断定していいのかわかりませんが、確かに観客の過剰な笑い声(若い女性の笑い声)はひとつの特徴でした。

 

でも正直効果音かどうかなんてどちらでもいいんです。私が気になったのはそのタイミングでした。

 

たとえば、牧野ステテコというポールダンスをやりながらくだらないことを言う芸人がいたのですが、その途中、

 

「(所属する)浅井企画では下ネタが禁止なので、私の存在は社長には隠されています!」

 

というくだりがありました。

 

そしたら観客が「エーーー!」という反応をしたんです。

 

いやいやいや、ここは「笑う」ところでしょう?

 

牧野ステテコが確実に笑いをとりにきたところです。

 

〜続きはこちらで宜しくお願い致します〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 


2017.12.08 Friday 02:03 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】3歳の娘が『更生するぞ!』と毎週言ってます。

●11月30日(木)雨〜曇り

 

13時 『NEWS RAP JAPAN』(ニュース・ラップ・ジャパン) AbemaTV収録。

 

放送が日曜24時でM1グランプリ終わりなので、出演者のMCサーモン(とろサーモン久保田)が「優勝」した体でわいわい収録。でもほんと期待。
ゲスト解説は山口真由さん。

 

終了後に六本木から日比谷へ。母と叔母が黒柳徹子さんの公演を見に来るというので家族も含めて食事。

 

帰宅後は『NumberWEB』の「スポーツ新聞時評」原稿。本日締め切り。各紙の「記者の目」読み比べに絞ってみた。結局今夜も深夜までかかる。

※公開された原稿はこちら→http://number.bunshun.jp/articles/-/829418

 

 

●12月1日(金)晴れ


『メルマガ』原稿のあと、19時東京MXテレビ入り。

 

21時『バラいろダンディ』出演。

コーナーでは畠山理仁さん『黙殺』を紹介。

 

本番終了後に博士さんに飲みに連れて行っていただく。四谷アーバン。文藝春秋の目崎さん、岡村靖幸さん、松尾スズキさんがいらした。そのあと宮藤官九郎さん。二件目移動で燃え殻さん、二村ヒトシさん。すごい夜。

 

クドカンさんに「3歳の娘が『更生するぞ!』と毎週言ってます」と伝えられてよかった。

ipfxRaKLgI4ok0X1512664336_1512664346.jpg

「燃え殻」さんのツイッターの写真より。

 

 

●12月2日(土)晴れ

 

『メルマガ』原稿を仕上げる。またしても相撲の話になった。5千字ほど。

 

『KAMINOGE』『文春オンライン』原稿も7割ほど書く。文春〜は流行語大賞のネタにした。「ネットにツッコまれるまでが流行語大賞」だけど、スポーツ紙ではアツい件について。

 

明日は朝9時に中山競馬場に。グリーンチャンネルの番組「競馬場の達人」ロケ。

タレントや有名人が競馬場で馬券を1日買うのに密着する番組。東京ポッド許可局の3名で。私は時事ネタを絡めていきたい。朝まで研究。

 

 

●12月3日(日)晴れ

 

朝9時 中山競馬場。

東京ポッド許可局の3名でグリーンチャンル番組収録。貴賓室用にレナウンスーツ、ゴール版前用に許可局制服で。

あのジャンパーを着ると完全に競馬場の管理のおじさん達みたいだった。

24312639_1563594380389715_7597417478582791215_n.jpg

ovVb0AiqBc4M8c11512663618_1512663627.jpg

3人とも面白いように馬券を当てて、番組史上でも珍しいという展開に。

 

SEx6b62QqnGCEP61512663664_1512663670.jpg

 

tQmJeTHtuorRv0Q1512663643_1512663649.jpg

 

Y8e81hX2sd5of931512663998_1512664004.jpg

私はメインレースを時事ネタで。流行語大賞から「忖度」「インスタ映え」をキーワードに。今年ソンタクという馬がデビューしときの馬番と、インからスタートする馬が映えるという、こじつけネタでやったのですが・・

 

それらの馬券が全部当たるというミラクル。

→『プチ鹿島 G1チャンピオンズカップ 流行語大賞馬券的中を語る』

 

的中も嬉しいけど番組スタッフの方がとにかく撮れ高に喜んでくれたので、朝までいろいろ考えた甲斐があった。

 

帰宅後はM1グランプリを。『NEWS RAP JAPAN』で共演するMCサーモン(とろサーモン)が優勝。よかった、素晴らしかった。

 

そのあと原稿など。

 

●12月4日(月)曇り

 

午前中に文春オンライン原稿を送り、新聞チェック。

 

13時TBSラジオ入り。本日の『荒川強啓デイ・キャッチ!』では朝日新聞の記事から「シェア自転車」をとりあげる。

 

さっそく登録してみるとTBSの近くに2件サイクルポート(貸出拠点)があった。スタッフと赤坂を一周。すごく便利(しかも電動でスイスイ)。小回りがきくので都会こそ有効だと実感した。調べてみると自宅近くにもあったので、たまには自転車で帰るのもいいかも。これはハマりそう。

24177148_1564422053640281_3317399961978825793_n.jpg

 

17時『東京ポッド許可局』の収録。

昨夜のM1について少ししゃべったらスタッフが今夜の放送に急遽入れてくれることに。ありがたい。

 

21時すぎ帰宅。『KAMINOGE』原稿を仕上げ、『サーカスマックス』原稿を書く。リアルタイムの許可局を聴きながら。

 

 

●12月5日(火)晴れ

 

9時新宿駅。甲府へ。13時『プチ鹿島の火曜キックス』(YBSラジオ)。

冒頭は皇室会議記事の読み比べ。

 

書き起こしはこちらです→『プチ鹿島 天皇陛下退位・改元日程報道 新聞各紙読み比べ』

 

中継コーナーでは山中湖村出身ラッパー H-PICE(エイチ パイス)登場。彼は今年の3月まで高校生。昨年夏は高校野球で甲子園出場して副キャプテンだった。就職面談で「ラッパーになる」と。すごい、そういう時代なんだ。トークもうまかった。

 

19時帰宅。『サーカスマックス』の原稿を仕上げて送ったあと、週末の漫談ライブの準備にかかる。

いったん作業終了し、明日の荻上チキさんとの対談に備え、チキさんの新刊ゲラを読む。

 

 

●12月6日(水)晴れ

 

こんな記事を教えてもらう。オチに使われてた。

→ポスト又吉直樹は誰?隠れた“文豪”芸人はこんなにいる!

 

午前中は『東スポWEB』原稿。テレ東の池の水ぜんぶ抜くについて。

 

公開された原稿はこちら→https://www.tokyo-sports.co.jp/blogtalent-p-kashima/1114/

 

13時TBSラジオ入り。本日のデイキャッチは『トランプ米大統領、エルサレムをイスラエルの首都として公式に認める』について中東調査会の方に話を聞く。エレベーター前で大吉先生にご挨拶、立ち話。

 

17時 事務所へ移動。荻上チキさんと対談90分。チキさんの新刊『すべての新聞は「偏っている」』。

刷り上がったばかりのものを頂く。

24862213_1566308816784938_5088591864927352458_n.jpg

 

19時 『日経ウーマンオンライン』インタビューを受ける。下半期ニュース総括。上半期のが好評だったとのこと。

 

終了後、漫談ライブの準備。

 

 

●12月7日(木)晴れ

 

13時『NEWS RAP JAPAN』( AbemaTVで毎週日曜24時)

 

楽屋のドアを開けるとMCサーモン(とろサーモン久保田)が。M-1優勝おめでとう!さっそく密着カメラがついていた。

 

昨日デイキャッチの出番が終わってスタジオの外に出ると大吉先生が帰られるところ。挨拶すると「今M-1の審査の話をラジオクラウド用に30分くらい収録してきました。聴いてください」とわざわざ教えてくださった。

 

帰宅後に聴いたらもう一回M-1見直したくなった解説。

 

で、そこでも語られていた「ある部分」について本日楽屋で久保田君に聞く。明快な答えが返ってきた。審査員の大吉先生の解説を聴けて、そのあとすぐに優勝者の話を聞けるってどんだけ私は恵まれているのだ。収録のゲスト解説は宮台真司先生。盛り上がった。

24900068_1567347910014362_3126293638664866171_n.jpg

 

帰宅後に『メルマガ』原稿。今のM-1話を中心に。来週月曜配信。

 

そのあと明日と明後日の漫談ライブ準備をする。土曜の大阪も楽しみだ。

 

 

●配信中の最新メルマガです。冒頭を公開します。

 

こんにちはプチ鹿島です。今週はこちらの記事から。

 

〜衙亢┣顱⊇鬼新潮に抗議文書 モンゴル力士間での八百長記事に(東京新聞・11月30日)

 

【プチコメント】

ぎょっとする見出しです。先週メルマガで密かに書いたつもりの「視点」がここにきてズドーンと浮上しています。

 

ポイントは「週刊新潮」という媒体。スポーツ紙(というか一般媒体)は相撲の八百長にはなかなか触れられません。「ガチンコ」とか「ガチ力士」という表現が精いっぱい。でもこうなったら週刊誌は容赦ない。後述しますが、実は貴乃花親方が出馬した理事長選挙(昨年)の時も、それこそ「ぎょっとする見出し」合戦があったんです。

 

では週刊新潮には何を書かれていたのか。モンゴル出身力士による過去の取り組みなどを検証しているのですが、私が興味深く読んだのは冒頭部分でした。

 

千秋楽前日(11月25日土曜)、移動中の貴乃花親方に報道陣が質問を浴びせる様子が克明に書いてあります。

 

記者らはこう質問したという。

 

〜続きはこちらで宜しくお願い致します〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 

 


2017.10.19 Thursday 12:40 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】選挙特番のMCやります。

今回の1枚はこちらです。

GZIW9MB7LvfRLkH1508380366_1508380374.jpg

「昭和45年度生まれの同窓会〜僕等にはプロレスがあった〜」(TBSラジオ特番)

放送は、10月22日(日)です。午後7:00〜7:55

番組HPはこちら https://www.tbsradio.jp/191256

 

 

ではプチ日記

 

●10月3日(火)晴れ

 

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』

オープニングの書き起こしです。https://miyearnzzlabo.com/archives/45318

 

 

●10月4日(水)曇り

 

『東スポWEB』原稿を仕上げたあと、TBSへ。

12時から選挙特番の打ち合わせ。

13時 TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

帰宅後は『KAMINOGE』原稿。

 

 

●10月5日(木)晴れ

 

13時からAbemaTV『NEWS RAP JAPAN』の収録。

こちらで無料で何度でも視聴できます。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

ノーベル文学賞のパブリックビューイングへ。

そのコラムはこちらで読めます。http://n-knuckles.com/serialization/pkashima/news002449.html

 

 

●10月6日(金)曇り

 

午前10時より文化放送『くにまるジャパン』出演。

本日の番組のゲストコメンテーターは佐藤優さん。

そう、私の『芸人式新聞の読み方』の推薦文を書いてくだった方です。

CgP3UXDeG0ErGYb1508383681_1508383688 (1).jpg

 

ysgeoga0X15btYw1508380422_1508380433.jpg

あらためてお礼を述べる。

 

帰宅後は『メルマガ原稿』。

 

 

●10月7日(土)晴れ

 

『映画野郎』のコラム連載で『アウトレイジ最終章』へ。

 

「ハチミツ二郎対大仁田厚」戦を見に行く。

wu5OlKOKobhJrgQ1508383762_1508383770.jpg

あの頃のメンバーが集まってきた。

TmQmZ18qK_lkTB81508382285_1508382293.jpg

俺たちのオールスター感謝祭。

 

この試合にどんな意味があるのか?

 

ラジオでしゃべったことが書き起こされています。ぜひ読んでみてください。

 

プチ鹿島 大仁田厚 VS ハチミツ二郎戦の意味を語る

 

 

 

●10月8日(日)曇り

 

『文春オンライン』の原稿を書く。

 

 

●10月9日(月・祝)晴れ

 

13時 TBSラジオ入り『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

本日は体育の日ということで、体育祭りを取材。

 

体力テスト。腹筋。結果は「ふつう」でした。

jI5D1V0uw2PyyRp1508381822_1508381829.jpg

N8Vejiinn5ilaU51508381799_1508381806.jpg

 

17時 『東京ポッド許可局』収録。

スポンサーさんの『レナウン』さん『honto』さん、ありがとうございます!

 

22時 テレビ朝日『アメトーーク!』収録。

OGTWTEPJ2m2ugX21508380393_1508380401.jpg

放送は11月5日の日曜ゴールデンです。ぜひご覧ください。

 

 

●10月10日(火)晴れ

 

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

本日から山梨放送もラジコ参加。ということは、ラジコの有料会員(月額350円)になれば、山梨以外の全国でも聴けることになる(エリアフリー)。そして1週間以内なら自分の好きな時に聴けます(タイムフリー)。

 

今回の放送、全国からメールがきたり反応があったり、さっそくラジコ効果爆発。

 

面白さには自信がありますので、この機会にぜひラジコ加入を!

 

わかりやすい使い方、説明はこちらです。

・パソコン編http://miyearnzzlabo.com/archives/39984

・スマホアプリ編http://miyearnzzlabo.com/archives/40013

 

山梨放送のニュース内でも告知してきました。

4LnStjvuhqG_OpQ1508380693_1508380700.jpg

 

『東スポ』にインタビューが掲載。

8JP5JUybpofgVFS1508406394_1508406401.jpg

 

こちらで読めます。

プチ鹿島「今の政局は昭和のプロレス」

 

 

 

●10月11日(水)曇り

 

13時 TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

帰宅後は『映画野郎』原稿。

 

 

『朝日新聞』にインタビューが掲載。

0amjNSaCmloqF2B1508406325_1508406336.jpg

 

こちらで読めます。

「政策論議ではなく人格の品評会と思って」プチ鹿島さん

 

 

 

 

●10月12日(木)晴れ

 

13時からAbemaTV『NEWS RAP JAPAN』の収録。

UwQTgvNXXpGXzzU1508381845_1508381851.jpg

https://abema.tv/video/title/90-491

 

収録後、スタジオのすぐ近くにある六本木ヒルズで映画『ナラタージュ』を。

 

赤坂へ移動。

20時よりTBSラジオ特番収録。

ELCHIBVHhbJJ6O21508381159_1508381166.jpg

博多大吉先生とTBS初田アナと3人で冒頭の番組を。

「昭和45年度生まれの同窓会〜僕等にはプロレスがあった〜」(TBSラジオ特番)

 

放送は10月22日(日)です。午後7:00〜7:55

 

 

 

●10月13日(金)曇り

 

「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」へ。

GCK4pb6CIEg20tB1508380717_1508380723.jpg

夜は『メルマガ原稿』

 

 

●10月14日(土)曇り

 

『文春オンライン』原稿を書き上げ、マニフェストを読む。けっこうたいへん。

 

 

●10月15日(日)雨

 

JRAのウインズ石和でトークショー。5月に続いて2回目。

SvwgpwDrmY6kYi41508381515_1508381521.jpg

G1レース『秋華賞』の予想など。

 

ゲストの松中みなみさんは万馬券クイーンの異名を持つ。そもそも数字が好きで、野球観戦でもデータを取って分析していたという。「だったら競馬も研究してみれば?」とアドバイスを受け、やってみたらどんどん結果が出たという。

 

タレントの競馬予想というより、プロです。

 

予想の結果、なんと私も松中さんもズバリ、3連単が当たりました。たくさん来てくれたお客さんもラッキーだったはず。

RJnXzm15Ly56rPO1508381490_1508381499.jpg

館内で多くの人に「ラジオ聴いてます」と声をかけてもらい、地元ラジオ(キックス)の影響力をあらためて知る。

競馬に興味がなくても「火曜キックス出張トークショー目当てに来ました」という家族連れの方たちも。嬉しかったです。

 

 

●10月16日(月)雨

 

 TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

今週はスペシャルウィーク。ニュースな現場からオープニング中継。

 

じつは甲子園球場へ行くという計画だったのですがせっかく行って雨天中止だったらもったいないということで、横浜スタジアムへ。ここでパブリックビューイングをおこなっているので夜に備えて集まってきている横浜ファンを探す。

pZeXpez4wXIoTjB1508405840_1508405845.jpg

誰もいない・・・

 

でもなんとか4名見つけました。この日の試合は雨天中止となりました。

 

いったん帰宅後、

 

22時 TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」出演。

c6fbvcnBMPp91Ki1508406680_1508406685.jpg

 

マニフェスト読み比べ。

53EpFlOxrdu8h0B1508406697_1508406703.jpg

こちらで音声を聴けます。ぜひ聴いてください。

 

【音声配信】

〜聴けば各党の本質が見えてくる!〜政党マニフェスト読み比べ 木村草太×麻木久仁子×プチ鹿島×荻上チキ(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」)

 

 

 

●10月17(火)曇り

 

YBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

本日も全国からメールが。

 

ラジコの有料会員(月額350円)になれば、全国のラジオが聴けます。

わかりやすい使い方、説明はこちらです。

・パソコン編http://miyearnzzlabo.com/archives/39984

・スマホアプリ編http://miyearnzzlabo.com/archives/40013

 

19時、『信濃毎日新聞』の取材を受ける。

 

 

●10月18日(水)晴れ

 

 TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

ニュースな現場からオープニング中継。

沼津港へ行きました。

yRZkcdrCsLtjqHq1508380467_1508380473.jpg

黒潮の大蛇行の影響で(12年ぶり)、シラスが不漁という。

 

現地ではそのかわりに深海魚丼というのもあるみたいです。

1DZhH98XP42u5sq1508380761_1508380769.jpg

7年前に深海魚の博物館ができて、ちょっと注目されているんだとか。

 

aO86hH0q7th3duq1508407384_1508407399.jpg

大衆食堂ではアジフライ&アジの刺身定食、シラス丼を。

 

美味い!

 

帰京後、19時30分TBS 選挙特番の打ち合わせ。

 

インターネット「TBS NEWS」がCS「TBSニュースバード」の選挙特番と協力して、10月22日21時より選挙特番。

MCやります。 TBSの日比麻音子アナと。ぜひご覧ください。

 

『激突!与野党大決戦 選挙スタジアム2017』

 

 

日曜22日は、

 

19時〜20時「昭和45年度生まれの同窓会〜僕等にはプロレスがあった〜」(TBSラジオ)

21時〜24時『選挙特番』MC (TBS NEWS)

24時〜25時『NEWS RAP JAPAN』(AbemaTV)ゲスト・荻上チキさん

 

と、夜はお祭り状態になりますのでご期待ください。

 

 

 

●メルマガです。冒頭を公開します。

 

こんにちはプチ鹿島です。

 

まずはこちら。

 

 崟策論議ではなく人格の品評会と思って」プチ鹿島さん

聞き手・岩田智博(朝日新聞・10月11日)

 

【プチコメント】

朝日新聞のインタビューです。

 

このメルマガを読んでいただいている方は、ここで常々言っていることも多く、読みやすかったと思います。

 

水曜の夕刊の社会面に載ったのですが(でかでかと!)、一緒に掲載されたのが「ヨッピー」さん、「はあちゅう」さん。で、私。

 

こういうインタビューって、記者さんとの会話の相性というか、「ああ、この方はこういう方向のことを言ってほしいのだな」と話しながら気づくこともある。

自分でも意識していなかったことをさらに深掘りして言語化できる場合がある。

 

まずはこちらを読んでください。

 

《一般に「政局より政策論争が大事だ」と言われます。ソーシャルメディアでは意識の高い人を中心に、その傾向は強い。ただ僕は、政局も見とけよ、とずっと主張しています。いまはドロドロの人間ドラマ。誰がどう振る舞うかが分かる千載一遇のチャンスなんですよ。普段、きれいごとを言っていた人の人間性がむき出しになり、本性が見られる。》

 

上記の部分は日ごろよく言ってることです。メルマガや各媒体で私がよく主張してることです。朝日新聞の記者さんはそこから「SNSとの付き合い」について話をひろげて聞いてきた。WEBでも公開予定というので当然の質問なんだろう。

 

そこで答えたのは、

 

《僕自身はソーシャルメディアでは議論をしようとは思わない。ツイッターは瞬発力、速報性があり、「(誰も知らない)こんな情報がある」というとリツイート(転送)したくなるのが人情。だけど、それってどうなの、って思います。自分の心のうちにためて、寝かせて様子を見て、後で(正しかったか)答え合わせをするのが楽しいんです。》

 

ということ。

 

ここでいう「議論」とは、お互いゆずらない罵倒合戦に近いモノです。そういうのをSNSでやりはじめたら収拾がつかなくなる。時間がむなしい。そこで私が提案したのが「床屋政談の復活」です。

 

 

〜続きはこちらで宜しくお願い致します〜

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 

 


2017.09.18 Monday 22:40 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】なんといっても最大のスポンサーはリスナーの皆さん、そう、局員です!

今回の1枚の写真。

LGKrDJsbZv1h4ip1505060158_1505060171.jpg

これは何をしてる?

このあとの「プチ日記」でご確認ください。

 

 

●9月4日(月)曇り

 

13時 TBSラジオ入り『荒川強啓デイ・キャッチ!』。

 

夜は映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』を。

 

 

●9月5日(火)晴れ

 

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

帰宅後『KAMINOGE』原稿。『1988年のワールドプロレスリング』後編

 

あの年は『水曜スペシャル・川口浩探検隊』のスタッフが制作していた。だからこそ生まれた伝説のエンディング回があるのだ。

先日『EX大衆』の取材のときに元スタッフの方から番外編で聞いた話があまりに面白く、こちらで書くことに。

 

※『KAMINOGE』は現在発売中です。

mRTJ0eqrp6xtdPy1505746311_1505746323.jpg X2KQO_vVNc7uD0o1505746339_1505746348.jpg

 

今号はコラムの他に武藤敬司さんとの対談が載っています。

vryltHareJAW1iw1504538445_1504538452.jpg

 

 

●9月6日(水)曇り

 

『東スポWEB』原稿を書いて、

 

13時TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

17時より『ユアタイム』打ち合わせ。

 

 

 

●9月7日(木)曇り

 

13時からAbemaTV『NEWS RAP JAPAN』の収録。

 

ぜひチェックしてみてください。

 

こちらで無料で何度でも視聴できます。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

 

22時より『ニコノゲ』司会。

 

本日公開の『東スポWEB』コラムはこちらです。

 

『来年は黒革の母子手帳か』

 

 

●9月8日(金)晴れ

 

午前中は『メルマガ』原稿。

 

午後はニッポン放送へ。と言っても番組出演ではなくラジオ局の研修会のゲストに招かれる。

03Sv5sb81e8Jie01505732733_1505732739.jpg
全国のラジオ局から作り手が集結。『SNSとラジオ』などをテーマにわいわい。

私もとても勉強になりました。

 

 

夜はフジテレビへ。

 

23時58分『ユアタイム』出演。

gEB6glGbFEGE9pb1505060222_1505060229.jpg

6hqjzGk35ZmeG9R1505060456_1505060464.jpg

NtqrYTvxgaz_8VN1505751644_1505751652.jpg

 

 

本日公開された『文春オンライン』のコラムはこちら。

 

《「SPEED辞職」 地方議員スキャンダルで新聞「オヤジ見出し」が躍る踊る躍る

富山辞職ドミノ、号泣野々村、そして神戸》

 

 

●9月9日(土)晴れ

 

祭り好きな娘。またしても出没。

lxAh_ndEl7OvIoW1505060200_1505060207.jpg

 

『文春オンライン』『東京ブレイキングニュース』原稿を書く。

 

 

●9月10日(日)晴れ

 

日刊スポーツ主催の講演会。

LGKrDJsbZv1h4ip1505060158_1505060171.jpg

最近講演会に招かれることが多い。

 

ああ、なるほどと思ったのは新聞社主催でもいろんなパターンがあります。

 

私が多いのは「新聞販売店の経営者さん」を集めた研修会やセミナーに招いていただくこと。

「新聞の楽しい読み方」「新聞は今こそ面白い」など、自分たちが扱っている新聞について楽しく知りたいという要望。なるほど、そういう私の使い方があったか。

最初は芸人が講演会?と思いましたが、時事ネタを話してる時点で漫談ライブも講演会も同じでした。喜んでくださるとやってよかったと思う。

今は私も楽しみです。ありがたくお引き受けしています。

 

●9月11日(月)晴れ

 

13時 TBSラジオ入り『荒川強啓デイ・キャッチ!』。

 

17時 『東京ポッド許可局』収録。

 

スポンサーさんの『レナウン』さん『honto』さん、ありがとうございます!

 

 

●9月12日(火)曇り

 

公開された『東京ブレイキングニュース』のコラムはこちら。

 

『山尾志桜理議員が冒した最も大きな失敗とは...|プチ鹿島の余計な下世話』。

 

 

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

新宿で『ダンケルク』。

 

帰宅後『東スポWEB』原稿。

 

 

●9月13日(水)晴れ

 

東スポ原稿をおくって11時事務所。『週刊大衆ヴィーナス』の取材。

 

13時TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

17時より『ユアタイム』打ち合わせ。

 

 

 

●9月14日(木)曇り

 

11時より横浜のホテルで講演会。

XsbdikT2nC82UEF1505731929_1505731936.jpg

日本経済新聞社主催。

 

終了後、横浜のアンパンマンミュージアムで家族と合流。

PhPGQ8xYnzkMPEb1505731906_1505731914.jpg

帰宅後は明日のラジオ特番『プチ鹿島のスポーツ紙大将』の準備、メルマガ原稿など。

 

本日公開された『東スポWEB』原稿はこちらです。

 

『だから猪木はまた北朝鮮に行く』

 

 

●9月15日(金)晴れ

 

午前は『メルマガ』原稿。

 

19時TBS。

 

20時から22時『プチ鹿島のスポーツ紙大将』TBSラジオ

n6Re3fiJtmPl2Lf1505731883_1505731892.jpg

 

r3rtexjxn_hxw1x1505731970_1505731977.jpg

アシスタントを務めてくださった山田美幸さん、今日もしゃべりが絶好調だったスポーツ報知の加藤デスクと。

終了後、そのままフジテレビへ。

 

23時58分『ユアタイム』出演。

2NG_BNO2OzX8dAT1505731853_1505731860.jpg

 

本日公開された『文春オンライン』の原稿はこちらです。

 

《進めない民進党 スポーツ新聞の「いじり倒し」がすごい!政党名には、実現できない理想が込められている》

 

 

●9月16日(土)曇り  でも、いい天気!

 

『東京ポッド許可局』ジャパンツアー2017、ファイナルの地・有楽町よみうりホール。

CJvAcR6wISYV2RZ1505749538_1505749548.jpg

前売りチケットは初日に完売。頑張ってつくってもらった当日券(機材席をぎゅっと縮めてつくった席)もすぐに完売。嬉しい。

 

オープニング。

AdTbygwDAhw8gCY1505731789_1505731796.jpg

スポンサーのレナウンさんにダーバンのオーダーメイドスーツを仕立てていただく。

なんという見栄えの良さ、着心地のよさ。

オラ、娘の七五三にこのままいくだ!

 

3KwvBMirg_CvBIt1505731809_1505731817.jpg

イベントスポンサーさんもたくさんついていただきました。後方ののぼりがそうです。

gZnj7XKiiAjmLHs1505731829_1505731837.jpg

計10本。ありがとうございます!

 

そしてなんといっても最大のスポンサーはリスナーの皆さん、そう、局員です!

なんか「本当の主役はあなたです」みたいな言い方ですがそう思います。感謝しています。

 

ラジオを聞いて、イベントに足を運んで、制作費の足しにとグッズも購入していただいている。

なんとかここまでこれたのも皆さまのおかげです。

f8v0iVLoP2ubi7G1505731748_1505731754.jpg

ありがとうございます。

ZMDQqy2072jWcXF1505731723_1505731731.jpg

来年はポッドキャスト時代から数えると10周年になる。

いろいろまた動いていきたい。

 

x7aw31NDCfsxDAg1505731768_1505731775.jpg

アンコールでは田原俊彦『ラブシュプール』を熱唱させてもらう。

ダンサーのお姉さんたちも登場。

 

事情を知らない人は何で私がトシちゃんを歌ってるのかわからないと思いますが、ありがとうございました。

 

きれいなお花をたくさん頂戴しました。

 

※お笑いナタリーのライブレポートはこちら。

http://natalie.mu/owarai/news/249065

 

 

●9月17日(日)雨

 

『文春オンライン』原稿。

 

今週ある方との対談があるのでその準備、資料を終日再確認。

 

 

●9月18日(月・祝)晴れ

 

13時 TBSラジオ入り『荒川強啓デイ・キャッチ!』。

 

終了後、赤坂で家族と。

 

 

 

●本日配信のメルマガです。

 

どうなるんでしょうね、北朝鮮問題。

 

こないだデイキャッチで「有事の金」という言葉を調べました。最近、北朝鮮の有事を連想するのか、「金(ゴールド)」の価格が上がっているというのです。

 

専門家の方に聞いたら「核戦争が起きても最後に残るもの=金」という想像もあってゴールドは人気だとか。

 

ただ面白かったのは「北朝鮮だけでなく、トランプ政権になった昨年あたりから猴事の金買い爐六呂泙辰討い泙垢茵廚箸里海函

 

うわっ、金相場からみると金正恩もトランプも同じくらい不安定要素なのか。すごい現実!

 

北朝鮮はミサイルの飛行距離がどんどん伸びたり、性能がよくなってそうだったり、核実験もやってる。こういう国に対してどう対処すればいいのか。

 

「そんなもん、金正恩をやってしまえ」という意見があります。実際「斬首作戦」という言葉も聞かれます。そういうイケイケムードに嬉しそうな人もいる。

 

一方で「対話を」という意見もあります。でもホントに北朝鮮と対話できるのかどうか。一切読めません。

 

他では「一層の圧力を」という声もある。

 

その流れで言うと、先日国連の制裁決議で『北朝鮮への原油の禁輸』という案が出ました。かなりキツイ圧力です。でも結局はその案は除外されました。

 

なぁーんだと思いますが、でもよく考えると国連でのやりとりってセレモニーなんだなぁとつくづく思う。

 

北朝鮮も含め、ある種「演じている」のである。怒って見せたり、不服そうに見せたり、どこか見て見ぬふりをしてみたり。

 

たとえばこれもそうでしょう。

 

 

続きはこちらで宜しくお願い致します。

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 


2017.09.05 Tuesday 02:06 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】新連載の『新潟日報』コラム。HIKAKINさんの後任です。

今回の一枚はこちら。

9WGw4QlDzmSgTp31504544266_1504544273.jpg

このあとの日記で。

 

 

●8月22日(火)曇り

 

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

帰宅後『東スポWEB』原稿を。

 

 

●8月23日(水)曇り

 

13時 TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

今週はスペシャルウィーク。ニュースプレゼンターがニュースな現場へ。

 

『埼玉・熊谷』に行きました。甲子園決勝で埼玉徳栄が戦っているさなかの中継。

 

tu1pON2WfY25Q2Q1503490515_1503490522.jpg

熊谷にある居酒屋『甲子園』さんにも取材。

 

本番は八木橋百貨店さんの温度計の前から。

VwaGVjjbpSegu7U1503490459_1503490497.jpg

熊谷市は「あついぞ!熊谷」キャンペーンから「暑さ対策に力を入れる熊谷市」に比重を移動しているという。

 

u4pcUlSUhKZKLJb1503543893_1503543901.jpg

たとえばこのように駅の階段にスイカの絵で涼を。

 

新幹線で帰京後、東京駅のレストランで『ユアタイム』打ち合わせ。

 

 

●8月24日(木)晴れ

 

13時からAbemaTV『NEWS RAP JAPAN』の収録。

 

日曜24時の放送になってさらにパワーアップ。今回は『24時間テレビの感想(妄想)を勝手に言い合う』。

24時間テレビが王道でいてくれるからこそ、今や数少なくなった共通の話題として周りも遊べるのだ。

 

私は、再逮捕された森友学園の籠池前理事長が警察官を振り切って武道館に百万円を持参して募金するというシーンを。

 

ぜひチェックしてみてください。

 

こちらで無料で何度でも視聴できます。

https://abema.tv/video/title/90-491

 

 

夕方は『KAMINOGE』の企画で武藤敬司さんと対談。

vryltHareJAW1iw1504538445_1504538452.jpg

武藤さんが手にしているのは拙著です。

 

VpUW8BkFUdilS841504537222_1504537228.jpg

武藤さんに「最近いろんなとこに出てるね」と言われる。

あの武藤敬司の目に活動がうつってるのか!昔の自分に教えてやりたい。

 

一旦帰宅して原稿を書いて、

 

夜は22時より『ニコノゲ』

 

本日のゲストは朱里選手でした。

 

 

●8月25日(金)晴れ

 

午前中は定期的に行ってる税金相談へ。

 

帰宅後『メルマガ』原稿。

 

夜はフジテレビへ。

 

23時58分『ユアタイム』出演。

XKn_Aum_6IOwDJL1504538470_1504538481.jpg

 

本日公開された『文春オンライン』の原稿はこちらです。

 

『小池都知事のスベり具合 新聞各紙の「突っ込み芸」を味わう』http://bunshun.jp/articles/-/3870

 

 

●8月26日(土)曇り

 

『EX大衆』の原稿。

 

『ゆけゆけプチ鹿島!川口浩探検隊の探検隊』

 

夜は近所の祭りへ。

wqEQSscssdvfnFT1504537173_1504537180.jpg

祭りのあと。

 

娘は祭りが好きらしい。

 

 

 

●8月27日(日)晴れ

 

『文春オンライン』原稿を書く。

 

そのあと映画『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』

 

監督・佐古忠彦(TBS)。 先行公開の沖縄では連日満員らしいですが、東京も立ち見も出るほど。

素晴らしかった。もう一度観たい。↑この予告編の動画だけでも是非見て!

 

XZgyY7BHrHwR0IC1504537194_1504537206.jpg

 

 

 

●8月28日(月)晴れ

 

13時 TBSラジオ入り『荒川強啓デイ・キャッチ!』。

 

17時 『東京ポッド許可局』収録。

 

スポンサーさんの『レナウン』さん『honto』さん、ありがとうございます!

 

 

●8月29日(火)曇り

 

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

18時50分からバルト9で『ベイビードライバー』。

 

ああ、最高。

 

 

●8月30日(水)曇り

 

『東スポWEB』原稿を書いて、

 

13時TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

17時より『ユアタイム』打ち合わせ。

 

帰宅後は来月から新連載の『新潟日報』の原稿第一回を。HIKAKIN(ヒカキン)さんの後任です。

 

書き出しをチラッと。

 

《今月から連載を始めるプチ鹿島と申します。出身は隣の長野県で、妙高市(当時は新井市)には先祖代々のお墓があったことがあり子供のころよく来てました。親近感を持つ新潟での連載は光栄です。

私は芸人で時事ネタが好きなんですが安心してください、ニュースを追っかけるには高い意識はいりません。最初は野次馬根性や興味本位でよいのです。》

 

 

 

●8月31日(木)曇り

 

13時からAbemaTV『NEWS RAP JAPAN』の収録。

 

収録後、スタジオ近くの六本木ヒルズで映画『エル ELLE』

これも面白かった。

今週はいい感じで映画館に行けてる。

 

帰宅後は『NumberWEB』で連載している『プチ鹿島の月間スポーツ新聞時評』

 

こちらです。ぜひ読んでください。http://number.bunshun.jp/articles/-/828800

 

 

 

●9月1日(金)曇り

 

午前は『メルマガ』原稿。

 

夜はフジテレビへ。

 

23時58分『ユアタイム』出演でした。

MIh_9io5psmZXYY1504543228_1504543235.jpg

『ユアタイム』はスタジオの雰囲気も好きなんだなぁ。

 

本日公開された『文春オンライン』の原稿はこちらです。

 

朝日新聞「ヒアリ ひやり」から2カ月 騒動はどのように沈静したか?思い出す、セアカゴケグモ

http://bunshun.jp/articles/-/3916

 

 

●9月2日(土)晴れ 

 

次週の『文春オンライン』原稿。

 

夜は祭り好きの娘のために、祭り遠征。駅で二駅。

c96YZ8xbCOwLXjg1504537101_1504537158.jpg

 

 

●9月3日(日)晴れ

 

『KAMINOGE』原稿。『1988年のワールドプロレスリング』後編を。

 

そのあと9月16日(土)におこなわれる『東京ポッド許可局・有楽町よみうりホール』公演でのパンフレットコラム。がっつり書きました。ご来場の方はぜひお買い上げをお願い致します。

 

 

 

●本日配信のメルマガです。内容は、

 

話題騒然の「あの話」です。こっそり、ここだけの話。

 

面白いと思います。ここだけの話ですよ。ご登録すると一か月無料。

 

こちらで宜しくお願い致します→ 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 

 


2017.07.24 Monday 23:38 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】「東京ポッド許可局ジャパンツアー」福岡公演、無事に終了しました。

まずはご報告。

 

7月23日におこなわれた「東京ポッド許可局ジャパンツアー」福岡公演、無事に終了しました。

 

suBoPm8sS1SOTUa1500885672_1500885684.jpg

昼もゴキゲン。

 

eSDvLpYxVxgjZvS1500885640_1500885651.jpg

夜もゴキゲン。

 

Rhg_ks6vqj84IYb1500885704_1500885713.jpg

大濠公園の能楽堂にて開催。

福岡だけでなく九州の局員が駆けつけてくれました。

 

次回は8月5日(土)の名古屋公演です。

https://www.tbsradio.jp/event/112410

 

 

 

ではプチ日記へ。

 

●7月10日(月)晴れ

 

13時 TBSラジオ入り『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

17時から事務所で『新潟日報』の取材を受ける。秋からは連載もさせてもらうことに。

 

帰宅後は『東京ブレイキングニュース』の原稿。

 

 

●7月11日(火)晴れ

 

山梨へ。13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

帰京後は新しいパソコンを買いに行く。

 

『サーカスマックス』のコラム原稿を仕上げる。

 

 

●7月12日(水)晴れ

 

『東スポWEB』原稿を書いて、

 

13時TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

17時より『ユアタイム』打ち合わせ。

 

 

●7月13日(木)曇り

 

13時からAbemaTV『NEWS RAP JAPAN』の収録。

 

ゲスト解説員は宮台真司さん。

 

日曜24時の放送になって、じっくり見てくれる方が増えたとか。この番組は面白いのでぜひチェックしてみてください。

 

帰宅後は『日刊ゲンダイ』に依頼された『読書日記』の原稿を書く。そのあとは『メルマガ』原稿。

 

 

●7月14日(金)晴れ

 

『日本経済新聞』で講演会。

541fWuyFrwtKIlv1500887285_1500887293.jpg

講演と言っても『楽しいものを』という注文だったので、ライブやラジオのようなゴキゲンなヤツを90分。

 

最近ありがたいことに講演会のオファーや問い合わせが全国から多い。

自分にとっては舞台もラジオもテレビも講演会も同じですから、ご期待にはどんどんお応えしたいです。

 

夜はフジテレビへ。

 

23時58分『ユアタイム』出演。

ZnKDJyRWgQZpPjk1500887363_1500887371.jpg

 

 

 

●7月15日(土)〜16日(日)晴れのち曇り

 

家族と長野へ。

 

まず軽井沢。

9wg5rqZPkDU3Gb31500641398_1500641410.jpg

 

E7RTkToTDlhtBh01500641428_1500641435.jpg

娘、走る。

P51iv2R0UhTeLVT1500641597_1500641611.jpg

軽井沢、涼しい。(実感おじさん)

 

そのあと千曲市の実家に帰ったら、『信濃毎日新聞』に私の記事が大きく載っていた。

3PmGSVnAmrRPudm1500887310_1500887319.jpg

ありがたい。

 

日曜は「上山田温泉祭り」へ。

maDzWnfK5O0bo511500908649_1500908662.jpg

QDYVmMYtXHxuiVm1500641450_1500641458.jpg

 

 

●7月17日(月・祝)晴れ

 

海の日。

 

13時 TBSラジオ入り『荒川強啓デイ・キャッチ!』。本日は現場に行きました。葛西海浜公園の海開き。

VzalSTuMzW3pTrF1500641474_1500641489.jpg

 

TBSに戻って、17時 『東京ポッド許可局』収録。

 

スポンサーさんの『レナウン』さん『honto』さん、ありがとうございます!

 

 

 

●7月18日(火)東京は雨 甲府は晴れ

 

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

午後はずっと甲府にいたのですが、どうやら東京はすごい雨だったという。雹も降ったというではないか。

 

帰宅後は、メルマガ原稿東スポWEB原稿を。

 

 

●7月19日(水)晴れ

 

13時 TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

17時 『ユアタイム』打ち合わせ。

 

そのあと、博多大吉先生に飲みに連れていっていただく。

 

2次会は「スナック玉ちゃん」。

irhztA4GhSdeMtk1500641376_1500641384.jpg

 

 

 

●7月20日(木)晴れ

 

13時からAbemaTV『NEWS RAP JAPAN』の収録。

 

ゲストは津田大介さん。放送は日曜24時です!

 

 

●7月21日(金)晴れ

 

『文春オンライン』、『メルマガ』原稿をみっちり。

 

現在公開中の「文春オンライン」原稿はこちらです。

http://bunshun.jp/articles/-/3412

 

夜はフジテレビへ。

 

23時58分『ユアタイム』。

ynf4YoZKSTceiRF1500887386_1500887394.jpg

 

 

 

●7月22日(土)晴れ

 

ユアタイムから帰宅。深夜2時。

 

そして5時半起床。

 

というのも、こういうイベントにお招きいただいたのです。

lB39PqEC2iusv411500905308_1500905319.jpg

 

6lHds7DLNr1n4Pk1500887409_1500887416.jpg

私も初めての競輪でしたが、楽しかった。大人の遊び場。

 

イベント終了後、羽田空港へ。そう、明日は『東京ポッド許可局ジャパンツアー』の福岡公演です。

 

21時半、福岡着。

 

みんなに合流できました。

aHGfDY6rWVuTrV91500905673_1500905686.jpg

やっと逢えたね。

 

 

●7月23日(日)いい天気!

 

冒頭で報告したとおり、福岡公演、盛況でした。

また来年!

 

 

●7月24日(月)曇り

 

13時 TBSラジオ入り『荒川強啓デイ・キャッチ!』。

 

夜は『都議選選挙特番』の打ち上げが赤坂で。

政治評論家の有馬晴海さんとまたご一緒できました。

 

たらふく飲み、たらふく政界情報を聞く。

 

本日発売の『日刊ゲンダイ』『週刊読書日記』を担当させてもらう。

uZwlovFVGJ_Vp7a1500906315_1500906328.jpg

 

 

『東京中日スポーツ』では8月5日の名古屋公演に向けての記事が掲載されました。

5CcNM1UIXm_Up1T1500905283_1500905293.jpg

 

 

●配信中のメルマガです。7月24日、本日配信の冒頭を公開します。

 

今回はかなり恥ずかしいことを赤裸々に書いてます。

 

以下。

 

『ネタハガキに注いだ青春、せきしろ半自伝に南海キャンディーズ山里が熱い推薦文』(お笑いナタリー)

 《本作は、深夜ラジオのネタハガキ投稿に青春を費やしてきたせきしろの“あの頃”を描いた自伝的小説。ネタハガキが読まれることで社会との接点を感じていたせきしろのルーツを追体験できる作品だ。
 推薦文には「JUNK山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)のパーソナリティとして人気を誇る山里がネタを読む人間として何を感じたのかが綴られている。》

 【プチコメント】

先日、故郷の地元紙「信濃毎日新聞」に私の特集記事が載りました。記者の方が東京に来て「デイキャッチ」での私の仕事の様子を見学したあと、1時間以上インタビューをされました。その模様が7月15日に掲載されたのです。

たまたまこの日、私は家族を連れて夏祭りを見るために帰省したので、記事を長野で直接見れるというラッキー。親からは「朝から(紙面を見た)いろんな人から電話をもらう」と言っていました。

ここで恥ずかしい思い出をひとつ。

 

 

 

続きはこちらで宜しくお願い致します→ 【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 


2017.07.10 Monday 10:53 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】娘、映画館デビュー。

「東京新聞」から都議選についてコメントしてほしいとの依頼が。掲載は投票日の日曜という。

 

7月2日の紙面をひろげてみたら驚いた。社会面にデカデカと。

 

『信用できる人か吟味を 「時事芸人」として活躍 プチ鹿島さんに聞く』。

 

 

MQnxYcjREwmpvFI1499617500_1499617507.jpg

こっぱずかしくなりました。

 

 

というわけであらためて「プチ日記」です。

 

●6月27日(火)曇り

 

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

本日はスペシャルウィーク。ゲストは水道橋博士さん!

UGxAhtLdqQswpA71499616979_1499616988.jpg

たっぷりと時事ネタで盛り上がりました。

 

帰りの電車でも話が弾む。

gD8biGpneWCfk2W1499617157_1499617165.jpg

 

TpMSEQsrmPPSBUN1499617182_1499617190.jpg

博士さん、ありがとうございました。

 

21時からは「東京ポッド許可局」の3人で「テレビブロス」の取材を受ける。

こちらもたっぷり語る。発売は7月12日(水)ということです。

 

帰宅は深夜。

 

 

●6月28日(水)曇り

 

東スポWEB原稿を書いて、

 

13時TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

17時より『ユアタイム』打ち合わせ。

 

18時より『日経ウーマン』インタビューを受ける。

 

そのあと家族と合流。食事。

 

 

 

●6月29日(木)晴れ

 

『EX大衆』の原稿。

『NumberWEB』「プチ鹿島の月間スポーツ新聞時評」の原稿。

 

 

●6月30日(金)晴れ

 

『メルマガ』原稿。

 

夜はフジテレビへ。

 

23時58分『ユアタイム』出演。

 

 

●7月1日(土)晴れ

 

午前中は、娘の七五三の写真を前撮り。

NF1Hi92CPLjbGHp1499651162_1499651175.jpg

この時期から受け付けているんです。というわけで数か月前から予約して本日。

 

午後はTBSラジオ『久米宏ラジオなんですけど』出演。

 

この体験で考えたことはそのうちメルマガで書こう。

 

 

●7月2日(日)晴れ

 

『東京新聞』にコメントが載る(冒頭部分に書きました)

 

本日は13時よりYBSラジオ『キックス』の公開生放送特番。月曜から金曜までのパーソナリティーが集合。

o58Xvx4q3kmiCj91499617525_1499617533.jpg

 

keafsrbo6_IQ2pS1499617554_1499617563.jpg

梶原しげるさんとトークショーも。

 

15時に終了後、すぐに帰京。TBS入り。

 

本日は東京都議選の投開票日。私はTBS報道局が制作するネット配信の特番に出演させていただくことに。

 

23時本番終了。今日もよくしゃべった。

 

 

●7月3日(月)晴れ

 

13時 TBSラジオ入り『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

18時 『東京ポッド許可局』収録。

 

本日放送分より、スポンサーさんが『レナウン』さんに続いてまた増えました。

 

『honto』さんです。

 

《TBSラジオ「東京ポッド許可局」の人気コーナー“推薦図書論”と、ハイブリッド型総合書店hontoがコラボレーション!毎週、局員たちが最近読んだ本、気になる本を紹介!しかも、リスナー局員の方だけがゲット出来るお得なクーポンやプレゼントも!
詳しくは毎週月曜24:00のTBSラジオ「東京ポッド許可局」をチェック!》

 

特設サイトはこちら→https://honto.jp/article/tbsradio/tokyopod.html

 

 

凄いことです。ありがとうございます。

 

 

●7月4日(火)曇り

 

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

帰京後、19時より『サーカスMAX』の連載取材。

 

今回はノッチさんです。

オバマさんと記念撮影。

 

 

●7月5日(水)曇り

 

午前中に『東スポWEB』原稿

 

13時 TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』入り。

 

17時に出演を終え『ユアタイム』打ち合わせ。

 

そのあと整体へ。

 

 

●7月6日(木)晴れ

 

13時からAbemaTV『NEWS RAP JAPAN』の収録。

 

ゲストは田原総一朗さん。

Nb1_3VbN32FCh0p1499617834_1499617844.jpg

田原さんのフットワークの軽さ。この「野次馬精神」は少しでも見習わなければ。

 

今回から放送は日曜24時です!

 

 

●7月7日(金)晴れ

 

『メルマガ』原稿をみっちり。

 

夜はフジテレビへ。

 

23時58分『ユアタイム』。

02aMh0EOzpCFT7N1499617872_1499617880.jpg

 

 

●7月8日(土)晴れ

 

娘、映画館デビュー。アンパンマン上映前にソワソワ。

WXNSEQKjGLnTya71499618773_1499618783.jpg

 

 

 

●7月9日(日)晴れ

 

『文春オンライン』原稿。

 

只今公開中の『稲田朋美の不始末に“保守おじさん代表”「読売」「産経」が怒る怒る怒る』は金曜公開からしばらくランキングトップでした。

一時は先週の菅官房長官ネタと一緒に、私のコラムが文春オンラインでワンツーという状態が続きました。ほー。

 

未読の方はこちらで是非。

プチ鹿島『文春オンライン』

http://bunshun.jp/articles/-/3188

 

 

●絶賛配信中のメルマガです。7月10日、本日配信の冒頭を公開します。

 

私は2大政党制の醍醐味って、要は味比べだと思います。ラーメンで言えば「こってり味」と「あっさり味」。どちらもあってほしい。でも今回おこなわれていることは「こってり味」の次に「新こってり味」が出てきただけ。絶妙に中央の位置が右にずれただけ。似たような味の中で勝った負けたと言われている。こうなると実際に負けたのは自民党ではなく民進党なのではないでしょうか。

 

あと、小池都知事の言葉遣いがまた絶妙でした。「古い議会と新しい議会」。これ、うまいですよね。誰だって「古い議会」は嫌だ。でもよーく考えてみると「古い議会」がどのように古くて問題があるのかちゃんと説明してないんです。

 

「毎日新聞」の記者のコラムが、そこらへん的確に書いていました。

 

ゝ者の目 都議選 小池知事の勝因=林田七恵(毎日新聞・7月6日)

 

《自民党のおごりと緩みもさりながら、敵失に乗じて「超古い議会か、新しい議会か」という争点を作り出し、物語性を持たせた小池百合子東京都知事の作戦勝ち。それが担当記者として私が見た都議選だ。》

 

【プチコメント】

 

ああ、やっぱり。この記者の方も「超古い議会か、新しい議会か」という争点の仕掛けが気になったよう。

 

さらに「ああ、、」と思うのが次です。ゆっくり、よく読んでみてください。

 

《実は小池氏の就任以降、自民は知事提出の全議案に賛成している。都民ファーストの前身会派(旧みんなの党系)が昨年12月、職員給与を引き上げる条例改正案に反対したことを考えれば、小池氏と自民が政策面でいかに近いかがよく分かる。小池氏が打ち出した都の長期計画も多くの項目が国の成長戦略と重なる。小池氏は自民衆院議員だったのだから当然だ。》

 

《なのに小池氏は自民を「旧弊」と位置付け、違いを際立たせてきた。》

 

ほぼ自民党と違わないのに、対決ムードを仕掛けて成功した小池都知事!これはすごい。

 

「あの問題」についても触れている。

 

 

続きはこちらで宜しくお願い致します→ 【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 


2017.06.13 Tuesday 01:58 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】先日出演した『新週刊フジテレビ批評』(フジテレビ)の動画が配信中です。

●6月3日(土)札幌・曇りだけど、いい天気。

 

TBSラジオ『東京ポッド許可局』ジャパンツアー、札幌公演でした。

 

私は前夜(というか日付け変わって当日)に『ユアタイム』(フジテレビ)に出演したあと、朝5時に起きて羽田空港へ。

 

8時半に札幌に着きました。いやー、北海道は近い。

 

 

 

DBZMnFQUAAE9Dcf.jpg

お客さま、いや、北海道局員が集結してくれました。

 

エンディング。私がふいに披露したモノマネ新作にマキタ局員が泣き笑い。

 

 

 

ありがとう札幌。また帰ってきたいです。

 

 

●6月4日(日)晴れ

 

『文春オンライン』原稿と、『KAMINOGE』原稿、新刊のゲラチェック。

 

私の「文春オンライン」コラムはこちらで読めます。

http://bunshun.jp/articles/-/2819

 

 

●6月5日(月)晴れ

 

13時 TBSラジオ入り『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

18時TBSラジオ『東京ポッド許可局』

 

 

●6月6日(火)晴れ

 

甲府へ。

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

新刊ゲラチェック。

 

 

●6月7日(水)曇り

 

13時 TBSラジオ入り『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

本番終了後、打ち合わせ。

 

本日が新刊ゲラチェックの最後の最後の締め切り。朝から1日中、空いた時間にチェック。

マネージャーもほんとに頑張ってくれました。

 

あとは売れるだけ。自信あり。

 

6月26日発売『プロレスを見れば世の中がわかる』(宝島新書)

 

ご予約が多いのか、発売前なのに増刷が決定したという。おお!告知してないのに!

 

 

●6月8日(木)曇り

 

午後からAbemaTV『NEWS RAP JAPAN』(土曜20時〜)の収録。

 

22時よりニコ生『ニコノゲ』

斎藤文彦さん、堀江ガンツさんと。

 

 

●6月9日(金)晴れ

 

朝から『メルマガ』原稿。かなり興味深い読み比べをやりました。

 

23時58分『ユアタイム』(フジテレビ)出演。

 

私のコーナー『プチタイム』の動画はこちらでどなたでも視聴できます。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00360845.html

 

 

●6月10日(土)晴れ

 

『映画野郎』の連載コラムの取材で映画『昼顔』の初日舞台挨拶へ。六本木ヒルズ。

 

映画終わりに家族と合流。六本木・ミッドタウンで食事・ショッピング。

 

帰宅後は『東京ブレイキングニュース』のコラム執筆。

 

 

●6月11日(日)晴れ

 

『文春オンライン』原稿。

 

先日出演した『新週刊フジテレビ批評』(フジテレビ)の動画が配信中です。

こちらでどなたでも視聴できます。

http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/information/ser3202/3202110087/

 

 

●6月12日(月)晴れ

 

13時 TBSラジオ入り『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

18時 文藝春秋。7月発売のあの特集号での座談会収録。

 

 

●絶賛配信中のメルマガです。冒頭を公開します。

 

こんにちはプチ鹿島です。

 

気になるニュースがありました。

 

『退位特例法が成立 天皇陛下一代限り 改元や儀式準備 加速へ』(日本経済新聞・6月9日)
 

《特例法の第1条には法案の「趣旨」として、陛下が退位に至る事情を詳細に書き込んだ。陛下が83歳と高齢になられ、公務などの継続が困難となることを「深く案じておられる」と指摘。「国民は陛下のお気持ちを理解し、共感している」と明記した。一般化を避け、退位が陛下の個別の事情であることを強調した。》

 

【プチコメント】

 

天皇陛下の退位を実現する「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案」が9日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。

 

先月から「加計学園」記事の読み比べに夢中になっていた最近ですが、実はもうひとつ先月にザワザワする記事があったのです。

 

それが「毎日新聞」の5月21日の記事でした。

 

・皇室 有識者会議での「祈るだけでよい」 陛下、公務否定に衝撃 「一代限り」に不満

(毎日新聞2017年5月21日 東京朝刊)

《天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満を漏らされていたことが明らかになった。陛下の考えは宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられた。)

 

一読すると「え?」「ほんとに?」と驚いてしまいます。

 

だって天皇陛下が「強い不満」を漏らされていたことが「明らかになった」というのですよ。

 

保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」と言われてショックだというのですが、専門家は安倍首相が集めた人たちです。

 

これはザワザワする。毎日新聞の大スクープじゃないですか。

 

すると、すぐにこういう反応が出ました。

 

・宮内庁、毎日「陛下 公務否定に衝撃」報道を否定 有識者会議意見に不満のご発言「事実ない」 毎日は「十分な取材に基づいている」(産経新聞2017.5.22)

 

以下、抜粋すると、

 

《毎日新聞が21日付朝刊で天皇陛下の譲位に関する政府の有識者会議内での一部意見について、陛下が強い不満を漏らされていたとの記事を掲載したことを受け、宮内庁の西村泰彦次長は22日の定例会見で「天皇陛下のご発言の報道があったが、そうした事実はない」と全面的に否定した。》

 

《記事は、陛下のお考えが宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられたとしているが、西村次長は「陛下が(お考えを)話された事実はなく、従って、宮内庁として内閣に報告していない」と重ねて否定。「極めて遺憾だ」と述べた。

毎日新聞社長室広報担当は「十分な取材に基づいて報道しております」とのコメントを出した。

 

さぁ、一体どっちなんでしょう。

 

「毎日新聞」の報道が正しいのか、どうか。私はこのあと、他のマスコミで検証やら論争が起きるのを期待していた。しかしなかなか目にしなかった。

 

私が聞いた話では、毎日新聞の報道を直ちに否定した「西村次長」という方は安倍首相と近い方なのでそりゃぁあの報道は否定するよ、というものでした。なるほど、ここでもいろんな対立があるのかも?

 

すると先週、ある週刊誌がやってくれました。

 

『必読レポート 天皇派VS安倍派 宮内庁も「忖度」バトル 毎日新聞の大問題報道「天皇は祈ってるだけでよい」の内幕』

 

あー、早く読みたい。

 

それにしても、この特集を組んだ雑誌はどこだと思いますか?「週刊文春」?「週刊新潮」?

 

いいえ、実はこれ、あの週刊誌でした。

 

続きはこちらで宜しくお願い致します→ 【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 


2017.04.13 Thursday 18:29 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】フジテレビ『ユアタイム』に出演します。

●3月17日(金)晴れ

 

新宿レフカダにて『プチ鹿島 居島一平の思わず話し込んでしまいました!』

 

わずか1日でチケットが売り切れてしまったらしい。

 

スタンドマイク1本をはさんだ漫才形式。打ち合わせは何も無し。やることがきまっているのは「時事ネタ」だけ。

 

だけどまぁ2時間よくしゃべった。ウケた。お客さんにも堪能して頂けたと思う。

 

 

●3月18日(土)晴れ〜19日(日)晴れ

 

『文春オンライン』『メルマガ』の原稿作業。

 

 

●3月20日(月・祝日)晴れ

 

13時 TBSラジオ入り。

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

そして今日は特別番組も。

 

18時からプチ鹿島、阿曽山大噴火、サンキュータツオで生放送しました。

デイキャッチのプレゼンター3人が集合。昨年末に放送したのですが「ごく一部で好評」ということで今回もまた。

 

30分番組でしたが何時間でもしゃべれるメンバーでした。

 

 

 

●3月21日(火)雨

 

甲府へ。

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

18時30分より、甲府市の朗月堂さんで『芸人式 新聞の読み方』出版記念サイン会。

f6dwe9nydAmI47_1492073505_1492073517.jpg

XYorjIqoFBfmWe01492073092_1492073103.jpg

雨にもかかわらず募集以上の方がきてくださった。ありがとうございました。

 

この本を出したおかげで、来月もいろいろな番組からお声がけしていただいているようだ。

 

帰路、新宿駅で「今週の『王様のブランチ』で売れ筋ランキング本の10位に入った」と、テレビ局から担当編集者に連絡があったという。いいね。

 

 

●3月22日(水)晴れ

 

『東スポWEB』原稿を書き、TBSへ。

 

13時TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

帰宅後は『EX大衆』原稿。

 

 

●3月23日(木)晴れ

 

13時より、AbemaTV『NEWS RAP JAPAN』(日曜10時〜)の収録。

 

ラッパーが時事問題を斬る!私がニュースにコメントしています。

 

本日は「籠池証人喚問」ということで、収録時間をずらして楽屋でみんなでチェックしつつ本番へ。

 

 

 

●3月24日(金)晴れ

 

『ニュースザップ』(スカパー)の5時間スペシャル。

 

12時〜17時。

 

大変だったけど中身は充実していた番組だったと思います。

 

 

●3月25日(土)晴れ

 

午前中はメルマガと文春オンラインの原稿を。

 

昼すぎに長野から両親と、岡山から妹夫妻が。明日はイトコの披露宴があるのだ。その前にみんなでご飯を食べよう、と。

 

近所の老舗鰻屋へ。

 

「王様のブランチ」で本の売り上げベストテンに入っているのを確認。

lf1cL2Hr2T22Y3d1492091320_1492091337.jpg

 

 

●3月26日(日)雨

 

イトコの結婚披露宴へ。

いろんな人に会えて娘が楽しそうだった。

rAOY_jvuNjp4H6l1492073031_1492073068.png

 

 

 

●3月27日(月)晴れ

 

13時TBSラジオ入り

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

18時より

『東京ポッド許可局』収録。2本。

 

 

●3月28日(火)晴れ

 

甲府へ。

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

 

●3月29日(水)晴れ

 

13時TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

19時30分 トークライブ『時事ネタプラスワン』。満員。本日も面白い話があれやこれや。

 

 

●3月30日(木)晴れ

 

13時より、AbemaTV『NEWS RAP JAPAN』(日曜10時〜)の収録。

 

22時よりニコ生『ニコノゲ』。斎藤文彦さん、堀江ガンツさんと。

 

 

 

●3月31日(金)曇り

 

TBSラジオ『たまむすび』に出演。

 

玉袋筋太郎さん、安東アナと。

 

幸せでした。

 

 

●4月1日(土)曇り

 

『映画野郎』の取材で『暗黒女子』の初日舞台挨拶を観にゆく。清水富美加主演の映画です。本人は「いろいろあって」舞台挨拶は不在。この映画と舞台挨拶が「いろいろ」面白かったんです。

 

 

●4月2日(日)晴れ

 

NumberWEBの連載『プチ鹿島の月刊スポーツ新聞時評』の原稿を半分書いて、

 

『コアチョコTシャツデスマッチ』へ。

2CB1T6sx8C2UjB31492072744_1492072755.jpg

 

帰宅後、原稿の続きを。

 

 

●4月3日(月)晴れ

 

13時 TBSラジオ入り。

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

本日は下北沢B&Bでイベント。新刊に関するトークショーとサイン会。

pVSPSBeWG46sRbZ1492075046_1492075055.jpg

超満員で熱気がすごかった。私はいいファンの方に恵まれている。

 

 

●4月4日(火)晴れ

 

甲府へ。

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

キリンビール山梨支店長が新製品PRに。

lRMJTfKWZW6zD161492074960_1492074971.jpg

0qaXOTLgQs4sfOL1492074930_1492074940.jpg

 

夜は『映画野郎』の原稿。

 

 

●4月5日(水)晴れ

 

13時TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

17時より『日刊ゲンダイ』のインタビューを受ける。遂にゲンダイ師匠の紙面に私が載るのだ。嬉しい。

掲載は今月下旬予定とのこと。

 

 

●4月6日(木)晴れ

 

13時より、AbemaTV『NEWS RAP JAPAN』の収録。

 

4月から放送時間が『土曜夜8時』になることに。めでたい。ゴールデンタイム進出だ。

 

帰宅後、メルマガ原稿。

 

22時、TBSラジオへ。『荻上チキ・Session-22』

GTnh_yjAnrNS1Ub1492072835_1492072843.jpg

 

【音声配信】「4月6日は《新聞をヨム日》イマどきの新聞の読み方」荻上チキ×プチ鹿島×木村草太×崎山敏也▼TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」

http://www.tbsradio.jp/135591

 

 

 

●4月7日(金)〜8日(土)曇り

 

愛媛・松山へ。朝8時半羽田空港集合。よくぞここまで原稿作業を終えた!もうこの時点で嬉しい旅です。

OxzW9gdZ7xFsfLf1492072863_1492072870.jpg

蛇口をひねるとオレンジジュース。噂通りだった!

 

e6wFKn2zOEXDubj1492072925_1492072939.jpg

坊ちゃんスタジアムで野球観戦。念願だった。

ryZzMnICWgHkRC21492072775_1492072786.jpg

道後温泉。

 

「東京ポッド許可局」JAPANツアー

2017年4月8日・土曜日

会 場 松山市民会館・中ホール

pvc67ofSRM7itcO1492073212_1492073224.jpg

何が起きたのか?

いろいろ感じたこと、考えたことは4月17日(月)配信予定のメルマガで報告します。

 

 

●4月9日(日)雨

 

昨夜は23時前に帰宅でしたが、今朝は6時起き。

 

山梨の大月へ。YBSテレビの特番ロケ。1日頑張りました。

SFmXfNsjFOci7hE1492072891_1492072903.jpg

あの「桃太郎」って岡山のイメージがありますが、発祥の地は大月説もあるという。しかも最近わかってきたのだ。

これを「伝説」の地を巡りながら紹介していくのです。かなり面白い内容になっている。時間を忘れて楽しみました。

 

4月29日(土)放送予定ですので、山梨にお住いの方はぜひご覧ください。

 

 

●4月10日(月)曇り

 

13時TBSラジオ入り

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

18時より

『東京ポッド許可局』収録。2本。

 

帰宅後、『東京ブレイキングニュース』原稿。

 

 

●4月11日(火)雨

 

甲府へ。

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

 

●4月12日(水)曇り

 

13時TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

17時より『クロワッサン』のインタビュー。

18時より『週刊実話』のインタビュー。

 

これだけふり幅の大きい取材を受けるのも私の魅力です(自分で言ってる)。

 

そのあと『ユアタイム』打ち合わせ。

 

14日金曜夜、フジテレビ『ユアタイム』に出演します。市川紗椰さんMCのあの番組。楽しみです。

 

 

●4月13日(木)晴れ

 

13時より、AbemaTV『NEWS RAP JAPAN』の収録。

 

面白いですから見てください。https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8uKKWJapWxKECF?utm_source=referral&utm_medium=referral&utm_campaign=slot_share

 

 

帰宅後、メルマガ原稿を。

 

 

 

●配信中のメルマガです。

 

【週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 


2017.03.17 Friday 15:48 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】東京ポッド許可局JAPANツアー、まずは「4・8松山」(土)です。密航せよ。

☆お知らせ☆

 

3月21日(火)新刊の出版記念サイン会を行います。

oOUSm5A7EM4OYSv1489730347_1489730358.jpg

 

なんか、こっぱずかしいですが、

くわしくは朗月堂書店さんのHPで確認してください。

http://www.rogetsudo.co.jp/event/

 

 

ではプチ日記へ。

 

●2月28日(火)晴れ

 

YBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』はスペシャルウィーク。

ゲストに武藤敬司さん。

 

そのあと18時からトークショーを。その前にテレビで告知。

C5vmkRgVUAAFRe0.jpg

 

ライブの模様は東スポWEBコラムに書きました。

http://www.tokyo-sports.co.jp/blogtalent-p-kashima/767/

 

 

 

●3月1日(水)晴れ

 

13時 TBSラジオ入り。

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

本番終了後、サンミュージックプロダクションへ。

 

『サーカスマックス』で連載のコラム。今回はエルシャラカーニです。

 

 

●3月2日(木)雨

 

AbemaTV『NEWS RAP JAPAN』(日曜10時〜)の収録。

 

ラッパーが時事問題を斬る!私がニュースにコメントする!

 

面白いですから見てください。https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8uKKWJapWxKECF?utm_source=referral&utm_medium=referral&utm_campaign=slot_share

 

夕方に帰宅後、合間に原稿を書き、夜は講談社へ。

 

柳澤健さんと田崎健太さんのトークショー。ノンフィクション作家とは何か?

 

雨が降っていたんですが、「タクシーから降りて講談社に乗り込むときに、傘を持ってる自分」に気づき、ついついアレを思い出してしまった。

 

「消火器は持ってませんか」と受付の文春・目崎さんにさっそく言われる。トンチが効いてる。

 

 

●3月3日(金)晴れ

 

本日は新刊『芸人式 新聞の読み方』の著者インタビューをまとめて受けるため、幻冬舎へ。

 

3つの媒体から。

 

数時間たっぷり喋りました。

 

以前のインタビューも含め、現在公開されているのはこちら。

 

マイナビニュース→

【インタビュー】"時事芸人"プチ鹿島が新入社員に教えたい新聞の読み方

http://news.mynavi.jp/articles/2017/03/14/puchikashima/

 

 

BizLady(ビズレディ) - 美しく働く女性の興味にレスポンス!→

時事芸人・プチ鹿島に聞く!誰もやっていない「新しい仕事」を生み出すヒント

http://bizlady.jp/archives/185506

 

 

YAQUE(ヤキュー)→

「”芸人は舞台で芸だけをやっていればいいんだ”と思っていた」 時事芸人・プチ鹿島インタビュー(1)〜(4)

http://yaque.jp/topics/petit-kashima-history/

 

 

●3月4日(土)〜3月5日(日)晴れ

 

娘のひな祭りのため、実家の長野へ。おひな様を飾ってくれている。

夜は旅館にみんなで泊まる。

 

日曜は、妻が行きたがっていたパン屋さんへ。

 

カフェも併設してあり、私はワイン。

a0Ppi9pmscZHYIp1489730317_1489730328.jpg

あえて昔ながらの家の二階を利用しているんです。

 

夕方帰宅。夜は『KAMINOGE』原稿。

 

 

●3月6日(月)曇り

 

13時 TBSラジオ入り。

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

本番後、映画『ラ・ラ・ランド』へ。

 

 

●3月7日(火)曇り

 

甲府へ。

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

 

●3月8日(水)晴れ

 

『東スポWEB』原稿を書き、TBSへ。

 

WBCのあの騒動。http://www.tokyo-sports.co.jp/blogtalent-p-kashima/769/

 

13時TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

 

●3月9日(木)晴れ

 

『芸人式 新聞の読み方』めでたく発売。サンキューの日。

 

紀伊國屋新宿本店では堂々のこの並び。清水富美加「全部、書いちゃうね。」の隣に。

DWKI4BRiQuV5D7h1489730280_1489730295.jpg

全部、売れちゃうね。

 

アマゾンでもどうぞ。

 

「メディアと社会」で現在ベストセラー1位です。

 

 

●3月10日(金)晴れ

 

『東京ブレイキングニュース』の原稿。

 

森友学園・籠池理事長の正体が見えてきた

http://n-knuckles.com/serialization/pkashima/news002374.html

 

 

映画『お嬢さん』へ。夫婦交代で見る。

 

家族で散歩。

 

 

●3月11日(土)晴れ

 

午前中はメルマガ原稿。

 

午後イチで六本木ヒルズ。

 

『映画野郎』の初日舞台挨拶の取材で『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』。

 

終了後、そのまま新宿へ。「センダイガールズ あの日を忘れない」という大会へ。

 

 

●3月12日(日)晴れ

 

『文春オンライン』の原稿を。今回は昭恵夫人について。

 

夜は家族で外食へ。

 

 

 

●3月13日(月)曇り

 

13時TBSラジオ入り

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

18時より

『東京ポッド許可局』収録。2本。

 

4月から始まるJAPANツアー、まずは「4・8松山」(土)です。密航せよ。

 

毎週月曜24時のTBSラジオ超人気番組
 「東京ポッド許可局」が
今年はついに四国の地でジャパンツアーを開催!
 

2017年4月8日・土曜日

会 場 松山市民会館・中ホール

 

開 演 14:00

料 金
全席指定4,000円(税込)
※未就学児童の入場は出来ません
 

取扱いプレイガイド
CNプレイガイド
プレオーダー・一般発売はこちらをクリック

http://www.cnplayguide.com/evt/evtlst.aspx?kcd=78491

 

オペレーター対応電話番号:
0570-08-9999(10:00〜18:00)

 

 

 

●3月14日(火)曇り

 

甲府へ。

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

帰京後、ある雑誌の打ち合わせで、おいしい店に連れて行ってもらう。

 

 

 

●3月15日(水)曇り

 

『東スポWEB』原稿を書き、TBSへ。

 

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

一昨日の月曜に番組で『芸人式 新聞の読み方』の告知をさせていただき、幻冬舎にリスナープレゼントで5冊提供してもらう。

Tkq1SAI6wxd83Gq1489734362_1489734371.jpg

 

ホントに5人(5冊)も応募があるのかなぁと思っていたら、告知数分でスタッフも驚くほどの応募メールがきました。

 

「デイ・キャッチ」がたくさんの方に聴かれていることをあらためて思い知る。

 

本日、メールの束から5人をえいやっと選びました。ご応募いただいた方ありがとうございました。

 

 

出番後、事務所へ移動。

 

17時〜「スポーツ報知」のインタビューを受ける。

18時〜「日刊SPA!」のインタビューを受ける。

 

 

 

●3月16日(木)晴れ

 

AbemaTV『NEWS RAP JAPAN』(日曜10時〜)の収録でした。

 

視聴予約はこちら→https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8uKKWJapWxKECF?utm_source=referral&utm_medium=referral&utm_campaign=slot_share

 

 

夜はニコ生『ニコノゲ』へ。

 

斎藤文彦さん、堀江ガンツさんと。

 

なんと視聴者の満足度がパーフェクトの結果が。

 

 

『文春オンライン』昭恵夫人について書きました。こちらで読めます。

http://bunshun.jp/articles/-/1736

 

 

●おまけ 冒頭を公開します。配信中のメルマガです。

 

太田光、茂木健一郎氏に猛反論「うるせえよバカ」(日刊スポーツ・3月8日)

《爆笑問題の太田光(51)が、日本のお笑い芸人を「終わっている」と痛烈批判して話題となっている脳科学者の茂木健一郎氏(54)に猛反論した。太田は7日深夜放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」で、先頃行われた米アカデミー賞の授賞式でトランプ大統領に批判が集中した騒ぎについて触れた後、その流れで「それ(政治風刺)がいかにも良いっていう……誰とは言わないけどさ、うるせえよバカ」と、名前は出さなかったが茂木氏による日本のお笑い批判に言及した。》

 

前回のメルマガの最後にちらっと取り上げた話題です。茂木健一郎氏が「日本のお笑い芸人は終わっている」発言です。

 

《政治問題などに斬りかかる欧米のコメディアンに対し、「一方、日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン」とバッサリ。1日には「日本の『お笑い芸人』のメジャーだとか、大物とか言われている人たちは、国際水準のコメディアンとはかけ離れているし、本当に『終わっている』」と切り捨てた。》

 

私は「こういうのって、お笑いを「何か」の手段にしたいだけ。お笑いに愛が無いことがすごくよくわかる。」と書きました。

 

私は、茂木健一郎氏の言う「正しいお笑い」ついても調べてみました。

 

最近のブログにこんな記述があります。

 

《コメディは、差別や偏見、政治的課題など、思考が硬直しがちな問題を「笑い」にすることで、私たちの頭を柔軟で自由なものにします。特に、タブーになりがちなこと、対立が固定しがちなことほど、「笑い」を通してメタ認知を立ち上げることができます。そのことで、私たちはより自由になります。コメディに必要なのは、真実を見る「勇気」です。》

 

過去には具体的に「正しいコメディ」を実践していたことがありました。3年前の記事です。

 

 

【続きはこちらで→週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 


2017.02.27 Monday 23:30 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】『サンデー・ジャポン』出演。

●2月12日(日)晴れ

 

今月から新聞6紙をすべて購読することにした。

 

朝日、読売、毎日、産経、東京、日経。

 

今までは宅配以外はコンビニで買ったり放送局で読んだりしていたんですが、きちんと全紙契約。

 

実際すべて「手中にある」のは便利だ。さっそく放送や書き仕事でも成果が出ている。

 

 

●2月13日(月)晴れ

 

13時 TBSラジオ入り。

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

17時

TBSラジオ『東京ポッド許可局』収録。2本。

 

俳優で脚本家のマギーさんがゲスト出演してくださった。

 

「演技わからない論」を聴いて参加。いいなぁ、面白いなぁ、こういう広がりは。

 

 

●2月14日(火)晴れ

 

甲府へ。

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

 

 

●2月15日(水)晴れ

 

午前は『東スポWEB』原稿。

 

TBSへ。

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

18時〜双葉社。

 

EX大衆で連載中『ゆけゆけプチ鹿島 川口浩探検隊の探検隊』の取材。

 

元隊員で現在も制作会社で活躍するベテランテレビマンの方に話を伺う。これまた秘話連続。

 

川口浩隊長にプレゼントされたという腕時計や、当時のアルバムまで持参してくださいました。

 

これらの貴重な資料は将来の単行本化のさいに掲載できることに。嬉しい。

 

 

●2月16日(木)晴れ

 

午前中は打ち合わせ。

 

午後は確定申告&『映画野郎』の原稿、『サバイバルファミリー』の初日舞台挨拶レポを仕上げる。

 

 

●2月17日(金)曇り

 

メルマガ原稿をひたすら。

あとは資料読みなど。

 

 

●2月18日(土)曇り

 

『文春オンライン』原稿。

 

完成したものはこちらです。お題は「金正男の本について」。

http://bunshun.jp/articles/-/1493

 

 

●2月19日(日)いい天気。

 

TBS『サンデー・ジャポン』出演。

 

刺激的。また出てみたくなりました。

 

爆笑問題さんが、私がタイタンライブに出演したときのこと(今から10年以上も前)を覚えてくださっていて感激でした。

 

 

 

●2月20日(月)曇り

 

サンジャポ出演に備え、ここ3日間ぐらい早起き(6時すぎに起床)してたのだけど、仕事がはかどるので本日も早起き。

しばらくこのペースを続けよう。

 

13時 TBSラジオ入り。

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

17時 事務所

新刊『芸人式 新聞の読み方』(幻冬舎)発売に合わせ、元毎日新聞で現バズフィード記者の石戸諭さんと対談。

 

ゲラを読んで引き受けてくださった。話がはずむ、はずむ。

AXrJhIrfQtED6BP1487722710_1487722725.jpg

ちょっと、というか、かなりこの本に自信を持ちました。早く世に出るといいなぁ。3月9日発売です。

 

アマゾンでご予約が始まっています。

 

 

●2月21日(火)晴れ

 

甲府へ。

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

夜は家族&いとこですき焼きを食べに行く。1ヵ月前から予約をとっていた楽しみな店。

 

 

 

●2月22日(水)晴れ

 

『東スポWEB』原稿を書き、TBSへ。

 

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

帰宅後に『EX大衆』連載の原稿を。

 

 

●2月23日(木)晴れ

 

AbemaTV『NEWS RAP JAPAN』(日曜10時〜)の収録。

 

ラッパーが時事問題を斬る!

これ、面白いです。

 

私はニュースの「解説員」を担当しています。

 

 

 

●2月24日(金)晴れ

 

BSスカパー『ニュースザップ 月イチスペシャル』出演。

 

午前11時55分〜15時まで。期せずしてプレミアムフライデーだ。

 

モーリー・ロバートソンさん、太田エイミーさんと。

 

今週は毎日時事ネタをしゃべっている。

 

 

 

●2月25日(土)晴れ

 

午前中にメルマガ原稿をみっちりと。

 

午後は国会図書館へ。 『NumberWeb』「プチ鹿島のスポーツ新聞時評」のため、今月分を再度確認。

 

帰宅後、原稿にとりかかる。

 

 

●2月26日(日)晴れ

 

午前中は家族で駅前まで東京マラソンを見物にいき、モーニング兼お茶。

「父ちゃんも3年前に走ったんだよ。」

 

 

午後は『文春オンライン』原稿を。テーマは「森友学園」報道にした。8割ほど書く。

 

夜は録画しておいてしばらく見れなかった「王様のレストラン」を。

 

 

●2月27日(月)晴れ

 

文春オンライン原稿を完成させ、送る。掲載は金曜予定。

 

13時 TBSラジオ入り。

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

17時

TBSラジオ『東京ポッド許可局』収録。2本。

 

 

明日の『プチ鹿島のキックス』はスペシャルウィーク。

ゲストに武藤敬司さんをお迎えし、そのあと18時からトークショーを。

 

嬉しいなぁ。

 

今週も毎日楽しみだ。

 

 

 

●おまけ 冒頭を公開します。2月27日配信号。

 

 

こんにちはプチ鹿島です。

 

森友学園の『瑞穂の國記念小學院』の名誉校長って、福島瑞穂さんかと思ったら安倍昭恵さんだったんですね。

 

盛り上がってまいりました。

 

 屮泪好灰澆報じない」は本当? 神道小学校めぐる疑惑、各紙の報道状況を調べてみた(バズフィードジャパン)

 

《土地を購入した森友学園には、安倍政権の関係者や、改憲運動を目指す保守団体「日本会議」が関わっている。「報道が少ない」との声があるので、全国5紙を調べてみた。》

 

【プチコメント】

この記事をみたとき、「ああ、かぶった」と思いました。

 

私も「森友学園」報道は各紙がどう報じるのか、違いが分かる格好のネタだと考えて記事を集めていたのです。

 

なので、あ〜先にやられたというのが正直なところ。でも記事集めは続けます。

 

さて、この問題に関しては森友学園・籠池理事長に電話インタビューした『荻上チキ・Session-22』が最高に面白かったです。

 

『国有地購入は「第六感」 森友学園理事長がラジオで大放言』(日刊ゲンダイ2月22日)

 

《土地の売却額について情報公開請求をした豊中市の木村真市議を「無所属のようですけど、新左翼」と決めつけ、木村市議が自分の名前を売るために、問題を最初に報じた朝日新聞など「保守でないマスコミ」と結託して、「日本の国を高めていこうとする学校の建設を潰そうとしている」と主張。南京大虐殺や慰安婦問題まで持ち出して、新左翼と朝日新聞の悪口に多くの時間を費やした。》

 

《肝心の土地取引の経緯については、借地の段階から価格についての見積もりも何もなく、何と「第六感」で購入を決めたと説明した。隣の国有地が14億円超で売却されているのに、見積もりも予算もなく取得に手を挙げるなんて、なかなかブッ飛んでいる。》

 

籠池理事長のインタビューは記事だけでなく、ぜひ「音声」で聞いてみてほしい。

 

実は、私が最近考えていることがここでも実証されているのです。

 

【続きはこちらで→週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』】

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 


2017.01.18 Wednesday 21:40 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】単行本打ち合わせ。テーマは「新聞」。

●12月30日(金)晴れ

 

メルマガ原稿を仕上げて2016年の仕事納め。

 

いやー、ほっとした。今年もよく働いたぞ〜

 

 

●12月31日(土)晴れ

 

ここ数年恒例の温泉旅館で年越し。大晦日と元日の2泊。

 

「紅白」の恋ダンスを見るまで寝ない娘。そして爆発。星野源恐るべし!

 

24NPpKC7poYE3iJ1484742151_1484742167.jpg

 

 

 

2017年1月1日(日)いい天気。

 

元旦です。温泉入りまくりです。

いいお正月です。

 

いい天気です。

 

 

 

●1月2日(月)晴れ

 

朝9時に旅館を出て、新幹線。帰京。

 

いったん荷物を自宅に置いて、そのまま赤坂へ。

 

13時 TBSラジオ入り。

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

今年も宜しくお願い致します。

 

局内でジェーン・スーさんに新年のご挨拶。

 

AKy7mlUadtqKbrZ1484742188_1484742217.jpg

我々3人のカレンダー(スーさん命名キャラ)を『仕事部屋に貼りました』と言うので、帰宅後私もさっそく仕事部屋に貼る。

 

 

●1月3日(火)晴れ

 

いつもなら山梨へ行く日ですが、お正月の三が日は「キックス」はお休み。

 

ということで久しぶりに東京にいる火曜日。日中は「東スポWEB」原稿を書く。

 

そのあと家族で散歩し、2017年・初焼肉。

 

 

●1月4日(水)晴れ

 

TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

帰宅後『KAMINOGE』の原稿に取り掛かる。

 

 

●1月5日(木)晴れ

 

TBSラジオ『東京ポッド許可局』の収録。2本。

 

 

●1月6日(金)晴れ

 

メルマガ原稿。夕方ビジネスホテルに移動。この2日間はこもって作業することに。

 

 

●1月7日(土)晴れ

 

夜7時

文藝春秋へ。

 

1月末に発売される『1984年のUWF』(柳澤健)の座談会。

 

メンバーは玉袋筋太郎さん、元格闘家の中井祐樹さん、そして私。

この模様は1月26日発売の『Number』に掲載されます。

 

 

このあとビジネスホテルへ戻る。何をやったかはメルマガを読んでください。※このブログの最後に冒頭公開してます。

 

 

 

●1月8日(日)曇り

 

ホテルより帰宅。仕事がはかどった。

 

今日は1日寒いので、夜は気になってた近所の鰻屋さんの出前をとる。

 

 

●1月9日(月)晴れ

 

13時 TBSラジオ入り。

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

本番終了後、新宿へ。

 

柳澤健さん主催の『プロレスを観にいく会』。センダイガールズを。

 

打ち上げは多士済々。

 

 

●1月10日(火)晴れ

 

YBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。2017年初回。

 

本日も13時から16時30分までゴキゲンに放送。

 

 

●1月11日(水)晴れ

 

『荒川強啓デイ・キャッチ!』本番後、品川プリンスホテルへ。

 

立川談春 新春独演会 「居残り佐平次」。

 

品川で居残り佐平次だなんて最高じゃないですか。

 

 

●1月12日(木)晴れ

 

朝9時から税金相談へ。午前中いっぱいかかる。がっつり疲れる。なので帰宅後昼寝。

 

夜は新年会に出席し、21時に移動。

 

22時より『ニコノゲ』。

 

斎藤文彦さん、堀江ガンツさん。

 

 

●1月13日(金)曇り

 

メルマガ原稿に取り掛かる。自分で言うのもなんですが、面白いメルマガでお値段以上だと思います。

 

夕方、原稿仕事で長時間作業していたせいか腰がヤバいので整体へ。

 

そのあと新年会に出席。

 

 

●1月14日(土)曇り

 

午前中に原稿を仕上げ、午後は『映画野郎』の仕事で初日舞台挨拶へ。本日は『本能寺ホテル』。主演・綾瀬はるか。

 

六本木の映画館だったのでそのあとミッドタウンへ。妻のメガネを買う。

 

 

●1月15日(日)晴れ

 

サンキュータツオが「ぜひ観てください」という映画「人生フルーツ」へ。ポレポレ東中野。

 

 

良い映画でした。

 

 

●1月16日(月)晴れ

 

13時 TBSラジオ入り。

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

17時

『東京ポッド許可局』収録。2本。

 

 

●1月17日(火)晴れ

甲府へ。

13時から16時30分までYBSラジオ『プチ鹿島の火曜キックス』。

 

帰京後、映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』を観に行く。

 

いやー面白かった。誰もが見終えたら「考える」映画だ。だから面白い。

 

 

 

●1月18日(水)晴れ

 

『東スポWEB』原稿をぎりぎりまでやってTBSへ。

 

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

本日は「米大統領 就任式の見どころ」をやりました。

 

 

17時 事務所

単行本打ち合わせ。テーマは「新聞」。

 

初校戻し。

 

いよいよ詰めの作業です。ヒットメーカーが担当ですから、心強いです。

 

帯(推薦文)を書いてくださる方も決まって、ワクワクでした。

 

 

●おまけ 冒頭を公開します。

 

こんにちはプチ鹿島です。

 

今年最初の「東京ポッド許可局」(TBSラジオ)で「ビジネスホテル大好き論」を放送しました。

 

その直後ビジネスホテルに2泊してきました。

 

シングルの部屋を開けたらまぁ狭い(笑)。机とベッドだけで部屋がいっぱい。でもそうなると仕事するしかない。今回の宿泊の大きな目的は資料読みのため。

 

ノンフィクション作家の柳澤健さんが新作「1984年のUWF」を出すのですが、1月末の出版にあわせて、文藝春秋の「Number」で座談会をしてほしいという依頼が編集部からあった。

 

メンバーは玉袋筋太郎さん、元格闘家の中井祐樹さん、そして私。ありがたすぎるお2人です。強者で尊敬するお2人と座談会をするならこっちも万全なコンディションでいかなければいけません。なのでホテルにこもってゲラを何度も読もうと。

 

ホテルから座談会に出勤し、無事終了。ゴージャスな中華料理店での収録でしたのでお酒が入った後半はみんなゴキゲン。この模様は1月26日発売のNumberに掲載されますのでチェックしてみてください。

 

座談会の後、またホテルに戻ってきました。原稿も資料読みも終えたのでその夜は「自由時間」。そこで取り出したのが一冊の本。

 

「全裸監督 村西とおる伝」(本橋信宏・太田出版)です。

 

全707ページのぶ厚さ。

 

以前「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」(増田俊也)というぶ厚い本がありましたが(704ページ)、あれと同じくらい。

 

※ちなみに私が「木村政彦はなぜ〜」を読んでいたら、そのぶ厚さが似てたのか「プチ鹿島は楽屋で聖書読んでる」と噂が立ったこともある。超新塾のメンバーに言われました。

 

そんなぶ厚さですから、読むにはタイミングが必要です。読めば面白くて止まらないに決まってるからきっと仕事にならない。昨秋の発売と同時に購入していたのですが読むタイミングがなかなか無かった。

 

そんなとき、ビジネスホテルの狭い部屋は大チャンス。ベッドに入り読書灯をつけたら「もう本を読むしかない」状況ができあがり!

 

この本を読んでいたら、ある見立てが浮かんだんです。

 

 

続きはこちらで→週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 


2016.12.24 Saturday 12:48 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】私は宮台真司先生と一緒にニュースの「解説員」を担当しました。

●12月9日(金)晴れ

 

漫談ライブで大阪へ。

 

毎年この時期、東京・大阪でやるように。いつしか私の暮れの元気なご挨拶である。

 

大阪も超満員でした。

 

 

 

●12月10日(土)晴れ

 

せっかく大阪に来たのですが、ホテルから直帰。

 

東京駅の大丸で家族と待ち合わせ。買い物をし、弁当を買って自宅へ。

 

『東京ブレイキングニュース』原稿や、メルマガ原稿にとりかかる。

 

 

●12月11日(日)晴れ

 

今日は久しぶりに家族でおでかけ。

 

この1ヵ月、週末は単行本の執筆でした。妻と娘はそのたびに、私に集中させるため横浜の実家にお泊りしてくれていた。

 

というわけで漫談ライブも終えたこの週末、みんなで江の島へ。水族館がお目当て。新宿からゴキゲンにロマンスカー。

 

Dx7pwSxPxT6kmCp1481560525_1481560535.jpg

 

 

 

 

●12月12日(月)晴れ

 

TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

今週はスペシャルウィーク。石破茂氏がゲスト。石破氏の前で「スターウォーズ」の新作をプレゼン。

_t83leD_fnc3mUn1481559397_1481559843.jpg

 

17時30分・目黒

 

「サーカスマックス」の連載。今回は漫才コンビ「錦鯉」の話をたっぷり聞きました。

 

 

 

●12月13日(火)曇り

 

朝9時新宿駅、10時30分甲府駅。

 

13時〜16時30分『プチ鹿島の火曜キックス』(YBSラジオ)

 

そのあとは火曜キックスの忘年会!

 

 

 

●12月14日(水)曇り

 

午前は『東スポWEB』原稿を書く。

 

13時 TBSラジオ入り。

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

「博多で偽警官が金塊6億円を盗む」というニュース。これは興味深い。

 

 

 

●12月15日(木)晴れ

 

『EX大衆』で連載している「ゆけゆけプチ鹿島 川口浩探検隊の探検隊」の原稿。

 

 

●12月16日(金)晴れ

 

『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』原稿。

 

夜は忘年会。スポーツ新聞の記者の方に、今年の芸能界のあの話この話を根掘り葉掘り。

 

なるほどそういうことだったのか。

 

 

●12月17日(土)晴れ

 

午前中に原稿仕事を。

 

昼は家族でランチ。

 

そのあと、私は立川へ。立川シネマシティ【極上音響上映】で、『この世界の片隅に』をあらためて観る。

 

立川へ向かう途中、天気がいいので2駅ぐらい歩いていたら、マキタスポーツ一家とバッタリ。

 

0urognKwaz8YYZm1482550913_1482550928.jpg

 

 

 

●12月18日(日)晴れ

 

昼からイベント出演。

 

『コアチョコTシャツデスマッチ』。

 

帰宅後は、谷川貞治さんから頼まれた『巌流島』パンフレットへの寄稿文を。

 

大会は来年の1月3日です。

 

 

●12月19日(月)晴れ

 

さぁこの1週間は怒涛の毎日だぞ。体調に気を付けよう。

 

13時 TBSラジオ入り。

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

18時 同じくTBSラジオで『東京ポッド許可局』。2本収録。

 

 

●12月20日(火)晴れ

 

甲府へ。

 

13時〜16時30分『プチ鹿島の火曜キックス』(YBSラジオ)

 

本番前に正月ラジオの収録。おしゃべりがとまらない。

 

本番後は、今度はテレビの収録。YBSテレビの正月特番。MCを務めさせてもらう。

 

山梨でがんばっている人をアナウンサーが私にプレゼンしてくるという内容。

 

たとえばベルマークを50年以上集め続けるおばあちゃん、とか。

 

放送は1月3日の夕方5時からです。

 

収録を終えて打ち上げ。山梨に宿泊。

 

 

●12月21日(水)晴れ

 

甲府駅9時、新宿に10時半すぎに到着。

 

いったん帰宅して、原稿などをおくり、赤坂へ。

 

TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

「逃げ恥」について話しました。

 

本番後は、「時事川柳」の今年総まとめを近藤勝重さんと収録。

 

 

●12月22日(木)曇り

 

昼からAbemaTV『NEWS RAP JAPAN』の収録。

 

ラッパーが時事問題を斬る!という番組なんですが、私は宮台真司先生と一緒にニュースの「解説員」を担当しました。

 

そうとう面白くなってます。放送は25日の日曜午前。

 

「NEWS RAP JAPAN」

 

配信日時:2016年12月25日(日)10:00〜12:00
配信URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8TJJJvWuBAwLMD
<出演者>
メインキャスター:DARTHREIDER
ラポーター(Rap-orter):ACE / 呂布カルマ / COMA-CHI / MCサーモン(とろサーモン久保田)
コメンテーター:宮台真司 / プチ鹿島
アナウンサー:天明麻衣子
DJ:DJ KOPERO

 

 

帰宅後はメルマガ原稿。明日は「ニュースザップ」の特番です。その準備も。

 

夜は22時から「ニコノゲ」。

斎藤文彦さん、堀江ガンツさんと。これまた楽しい放送でした。

 

 

●12月23日(金)曇り

 

『ニュースザップ』SP

 

本日はMCを担当。論客ばかりでワイワイ刺激的でした。

 

pPVPH6TDlA97ZUj1482550281_1482550292.jpg

 

 

夜はニュースザップの忘年会。

 

明日は『東京ポッド許可局』のグローブ座イベントです。

 

 

 

 

●おまけ 冒頭を公開します。

 

 

成宮寛貴氏とフライデーの件。

 

私は先週、痴情のもつれから発展したスキャンダルだとしても、著名な俳優が薬物にハマっていたのなら、報じるのは自然だと書きました。

 

《取材して間違いないというネタをつかんだのなら、報じるのが本分だからだ。いや、「性(さが)」とでも言おうか。猟犬みたいなもん。》とも。

 

 

続きはこちらで→週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 


2016.12.09 Friday 03:48 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】ユニクロ潜入記事を、ユニクロを着ながら読む。

まず、 プチ鹿島漫談ライブ「2016」 (12月2日・新宿レフカダ)のお礼を。

 

早々にチケットが完売し、ライブも盛り上がりました。

 

XLSm8GUzx1ZYbuB1480858387_1480858397.jpg

 

4Ct1LdNt6h9CUej1480858417_1480858425.jpg

 

明日は大阪で開催いたします。ライブハウスですから当日も大丈夫です。

 

12月9日(金)大阪・梅田ジャポニカ

http://musicaja.info/schedule/_2016in.html

 

 

 

ではプチ日記へ。

 

 

●11月28日(月)晴れ

 

TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

本番後、TBSの近くでインフルエンザ予防接種。

 

そのあと家族で合流して食事。

 

 

 

●11月29日(火)晴れ

 

朝9時新宿駅、10時30分甲府駅。

 

13時〜16時30分『プチ鹿島の火曜キックス』(YBSラジオ)

 

 

 

●11月30日(水)曇り

 

午前は『東スポWEB』原稿を書く。

 

13時 TBSラジオ入り。

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

帰宅後は漫談ライブの準備など。

 

 

 

●12月1日(木)晴れ

 

『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』原稿。

 

漫談ライブの準備。

 

『週刊文春』のユニクロ潜入記事を、ユニクロを着ながら読む。

 

28Ti7XQ9yoGuNtn1480858325_1480858337.jpg

 

 

 

●12月2日(金)晴れ

 

漫談ライブ。

 

帰宅後は原稿。

 

 

 

●12月3日(土)晴れ

 

原稿作業。

 

単行本の原稿も。

 

21時、渋谷ユーロスペース

 

映画『いたくても いたくても』の初日舞台挨拶へ。

 

nE_m797YwTZMES_1480858358_1480858368.jpg

 

『東京藝術大学大学院映像研究科から、また一人見逃せない監督が現れた。』と注目の堀江貴大監督。

 

同大学院修了制作として、初長編となる『いたくてもいたくても』を監督。

 

恋愛、青春映画でありプロレス映画でもある。プロレスをどう表現しているかは観てのお楽しみ。

 

私の本を熱心に読んでくれたみたいでパンフにコメントを求められました。喜んで協力させてもらいました。

XJUbSkXoTJh09_W1481219988_1481219995.jpg

若手作家の登竜門として知られるTAMA NEW WAVEで主演男優賞、主演女優賞、グランプリの3冠受賞作品です。

本日から渋谷ユーロスペースで2週間のレイトショー公開。初日舞台挨拶に行ってきました。

 

 

●12月4日(日)晴れ

 

昼は家族で近所の老舗鰻屋へ。美味い。

 

そのあとは原稿ラッシュ。

 

文藝春秋『Number』「有馬記念特集号」の原稿。お題は世相馬券で有馬記念予想。

 

WEBの「Number」では「月間スポーツ時評」を毎月書かせてもらっていますが、今回は本誌に登場。

 

面白い原稿になりました。発売は12月15日(木)です。ぜひ買ってください。

 

 

●12月5日(月)晴れ

 

『KAMINOGE』(かみのげ)61号の原稿。2600字ほど。

 

13時 TBSラジオ入り

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

18時 

『東京ポッド許可局』(TBSラジオ)、2本録り。

 

 

●12月6日(火)晴れ

 

朝9時新宿駅、10時30分甲府駅。

 

13時〜16時30分『プチ鹿島の火曜キックス』(YBSラジオ)

 

本日、『東京スポーツ』で恒例の年末インタビューが載ってました。大きく扱っていただきました。

 

 

夜は、『映画野郎』の原稿を3000字。

 

 

 

●12月7日(水)曇り

 

TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

17時、事務所で単行本打ち合わせ。

 

大きな山を越えた。あとは細かい詰めの作業。仮のタイトル案を聞いてニヤリ。これはおもしろいな。

 

 

18時、『週刊大衆ヴィーナス』の取材を受ける。来年の政治動向について。

 

帰宅後は久しぶりにのんびり。『FNS歌謡祭』を見ながら、たまりにたまった帳簿をつける。

 

 

 

●12月8日(木)晴れ

 

午前中は税金相談へ。来年と再来年の確定申告や帳簿のつけ方について。問題は再来年だ。

 

昼過ぎに家族と合流し、ランチ。中華。

 

メルマガ原稿。

 

22時30分からニコ生『ニコノゲ』。斎藤文彦さん、堀江ガンツさん。

 

帰宅後は明日の大阪ライブの準備。

 

楽しみだ。

 

 

●おまけ 冒頭を公開します。

 

今週はこの話題から。後半は"いまの時代のテレビの見せ方"など、いろいろ興味深い話を。

 

「徳川埋蔵金シリーズ」8年ぶり復活!林先生が財宝3000億円を追う(スポニチ・12月1日)
 
《「徳川埋蔵金シリーズ」は90年6月、同局のバラエティー番組「ギミア・ぶれいく」内の企画としてスタート。当初は「超能力で宝探しをしよう」という発想で始まったが、コピーライターの糸井重里氏(68)を隊長としたプロジェクトは本格的なものへと発展。同番組(スペシャル含む)での発掘は7度に渡り、視聴率20%を超える人気企画となった。今回糸井氏は出演しないものの、成果を楽しみにしているという。最後に放送されたのは08年で、今回は8年ぶりの挑戦となる》

 

【プチコメント】

 

私はいま『EX大衆』(双葉社)という月イチの雑誌で、80年代にテレビ朝日系列で放送されていた『水曜スペシャル』という番組について探究しています。水曜スペシャルの名物シリーズ「川口浩探検隊」という企画をふりかえっているのです。

 

この連載の担当は『教養としてのプロレス』(双葉社)の仕掛人&タッグパートナーでもあり、「プロレス」の次は「水曜スペシャル」というわけです。

 

ここまで読んでピンと来た方もいるだろう。プロレスも水曜スペシャルも似ているんです。「半信半疑の楽しさ」が。

 

「川口浩探検隊」はヤラセ番組とさんざん言われましたが、私を含めて当時の子どもたちがワクワクしながら見ていたのも事実。なので以下のポイントを再検証してみたいんです。

 

・「エンタメ」としては凄かったんじゃないか?

・あのとき隊員役だった若手ADさんらは、現在は出世しているはず。当時の制作苦労やゴキゲン話、今のテレビ界をどう思うか聞きたい。

・昭和を懐かしがる連載ではなく、「エンタメとは何か?」を考えたい。今も地続きの話として。

 

私の興味はこんな感じです。すでにこの連載では嘉門達夫さん(「川口浩探検隊」をネタにした歌で大ヒット)、元隊員で現在はベテラン放送作家の方など、貴重な方々の話を聞けました。

 

いま話を聞いているのは川口浩探検隊の企画当初からスタッフだった恩田さんという方です。現在も制作会社で演出をされている。

この恩田さんの話が面白すぎて、連載ではすでに3回にわけて書きました。

 

恩田さんに再度アポをとろうとしたらなかなかスケジュールがとれない。先月やっと会いにいけたのですが多忙の理由がわかった。会うなりこう言われました。

 

「今度また徳川埋蔵金をやるんですよ。」

 

実は恩田さんは「徳川埋蔵金シリーズ」の生みの親でもあるのだ。

 

「徳川埋蔵金」とは、現在の貨幣価値で約200兆円ともいわれる幕府の御用金を群馬の赤木山中に埋めたとされる伝説のこと。平成初頭にコピーライターの糸井重里氏が発掘チームを組んだ。すると、次々と「穴」が出てきた。その展開は視聴者を釘付けにした。

 

冒頭にリンクを貼ったスポニチの記事に、

 

《当初は「超能力で宝探しをしよう」という発想で始まったが、コピーライターの糸井重里氏(68)を隊長としたプロジェクトは本格的なものへと発展。》

 

とあります。

 

恩田さんに話を聞いてみると、「水スぺ」で超能力企画の経験があるのを買われて、89年にTBSでも超能力の特番を担当したという。超能力者が行方不明者を探すという今ではおなじみのアレ。

 

特番が高視聴率を稼いだので「もっと新しい企画はないか」と言われた。思いついたのが『宝探しでもやろうか』。それで徳川埋蔵金をやることになった。

 

なので、あくまで最初は超能力者が埋蔵金を見つけることができるのか?という企画だった。それがどんどんドキュメントになったのだ。

 

この埋蔵金の秘話は『EX大衆』の連載で読んでいただくとして(12月14日発売です)、埋蔵金の放送は12月21日なのでいま恩田さんは大忙しなのです。

 

なんせ「最新の地下探査をやって、昨日その結果が出たんですけども、ぽっかり空洞らしきものが見つかったんですよ」というのですから。

 

もうワクワク。

 

さて、私が今回このメルマガで書きたいのはここからです。

 

 

続きはこちらで→週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 


2016.11.16 Wednesday 19:08 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】これもまた形を変えたクラウドファンディングではないかと思うのです。

●11月4日(金)晴れ

 

「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!」の原稿。

 

そのあと図書館。
 

 

●11月5日(土)晴れ

 

「KAMINOGE」の原稿を書く。メルマガの原稿も引き続き。

 

これを仕上げたら、明日は1日単行本の作業ができるぞ。

 

 

 

●11月6日(日)晴れ

 

今日は単行本の原稿書きを丸1日かけてやるぞ〜と思ったら、朝からお腹の調子がわるい。

 

じつは先週から娘が胃腸炎になり、数日後に妻がうつった。どうやら私も?

 

午後はずっとダウン。なんとかおさまり、夜から明け方まで原稿作業。

 

自宅で仕事する日でよかった。

 

 

 

●11月7日(月)晴れ

 

 

TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

「五郎丸、フランスデビュー」の話題を。調べてみると、ちょうど1年前の今頃は五郎丸のニュースや話題ばかりだった。

 

『「五郎丸ポーズ」で参拝者3倍に 岐阜・関善光寺』(毎日新聞 2015年11月11日
『五郎丸選手を名乗る匿名寄付 文具やDVD、横浜』(共同通信2015年11月10日

 五郎丸のデイナーショーのチケットが速攻で売り切れたのもこの頃だ。

 

1年後の今は世間的には旬が過ぎた感もあるだろう。でも五郎丸自身はフランスデビューで前に進んでいる。この点を伝えました。

 

 

18時から『東京ポッド許可局』を収録。2本。

 

帰宅後、0時からの放送も聴く。

 

 

●11月8日(火)曇り

 

朝9時新宿駅、10時30分甲府駅。

 

13時〜16時30分『プチ鹿島の火曜キックス』(YBSラジオ)

 

帰京後、家族で外食。とんかつ、「とん活」。

 

 

●11月9日(水)晴れ

 

東スポWEBのコラムを書く。
 

TBSラジオ13時入り

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

アメリカ大統領選の開票速報が伝わってくる。まさか、トランプが。

 

私はそんな時々刻々のドキュメントをまとめました。

 

 

夜は後楽園ホールへ。センダイガールズ10周年記念大会。

 

作家の柳澤健さんのお誘いで、10数名で観戦。終了後は飲み会。

 

河口仁先生にお会いできた。感激です。

 

 

●11月10日(木)曇り

 

メルマガ原稿を。ここ最近「大統領」のネタですごい展開。

 

22時より「NIKONOGE(ニコノゲ)」

 

ここでもトランプ大統領誕生の話題から。

 

 

●11月11日(金)曇り

 

東京ブレイキングニュースの原稿。http://n-knuckles.com/serialization/pkashima/news002332.html

 

メルマガ原稿の仕上げ。

 

『湯を沸かすほどの熱い愛』宮沢りえ主演

を観る。

 

 

●11月12日(土)晴れ

 

映画野郎の取材で『この世界の片隅に』の初日舞台挨拶へ。

 

sqGiYJWDII3rSwv1479292184_1479292195.jpg

 

のん(本名・能年玲奈)が声優として主演。当然、舞台挨拶にも登場する。となれば私の出番です。

2012年11月『カラスの親指』
2014年8月『ホットロード』
2014年12月『海月姫』

今までこの3本の能年玲奈の舞台挨拶をみています。今回の舞台挨拶レポは今週末の「映画野郎」で読んでみてください。

この映画は資金を集めるというクラウドファンディングからはじまったが、公開後も規模の小さい上映というハンデに負けるなという声援や、のんを応援しようという一般の人の応援が熱く続いており、これもまた形を変えたクラウドファンディングではないかと思うのです。
 

 

●11月13日(日)曇り

 

「ベッキー」という馬がデビューと知り、珍名馬券収集家の私はあさイチで仕入れにいく。

2LrJOOLSnHveYOu1479294801_1479294811.jpg

ついでにワタシガンバルネという馬とセットで。

 

2枚だけ仕入れてとっとと帰宅。

 

単行本の作業。時間の経過を忘れて集中しておこなう。

 

 

 

●11月14日(月)曇り

 

TBSラジオ13時入り

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

本日は「スーパームーン」について。

Ro_3TXZWVa3ESu91479294767_1479294779.jpg

「図解 これがスーパームーンだ」

 

68年ぶりに月と地球が最短距離に。

 

でもスーパームーンって天文学用語ではないんです。

 

くわしくはラジコのタイムフリーかTBSラジオクラウドで。

 

本番終了後、局を出たら熱っぽい。そういえば朝から鼻もツンツンしていた。

 

明日も明後日もラジオ、週末はMCを代理でおこなう番組収録もある。原稿もある。体調が悪化する前に、念のために帰宅前に医者へ行く。

 

すると熱が38度あった。体もだるくなってきた。インフルエンザの検査をされる。

 

もし陽性だったらどうしよう。方々に迷惑がかかる。ドキドキしながら結果を待っていると「陰性」と。とりあえずホッとする。

 

薬をもらって帰宅。3時間寝たら熱が下がったので、NumberWebの原稿を。締め切りに間にあった。公開中です。http://number.bunshun.jp/articles/-/826900

 

 

 

●11月15日(火)曇り

 

いやぁ、でも昨日は医者へいってほんとによかった。助かった。あのままほっといたら今頃わからない。

 

朝9時新宿駅、10時30分甲府駅。

 

13時〜16時30分『プチ鹿島の火曜キックス』(YBSラジオ)

 

帰京後、家族と待ち合わせ。

 

ピザとステーキを食べて体力回復。

 

p22cvv_p9hC_Z7J1479293796_1479293809.jpg

 

 

 

●11月16日(水)曇り

 

午前中は東スポWEB原稿を。

 

13時〜

TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

トランプ次期大統領の人事についてやりました。

 

「トランプなんて嫌だよ。人事なんてどうでもいい」という意見もあるだろう。

 

でも「現象としてのトランプ」は終わり「現実としてのトランプ」を直視しなければいけないのだ。

 

この男が、どんな理由でどんな経緯で誰を閣僚に選ぶのか。または誰がトランプに近寄ってくるのか、トランプの下で誰が影響力を持とうとするのか。

 

人事もちゃんと見ておかなければいけないと思うのです。

 

 

●おまけ 冒頭を公開。

 

こんにちはプチ鹿島です。

ドナルド・トランプがアメリカの次期大統領になることが決まりました。まさかの決着に世界が動揺。

そんな空気を体感すべく、開票翌日(10日)の新聞を全紙読んでみました。

「体制不満」「異端に期待」(産経)

「権力へ怒り 異端の乱」(朝日)

あ、「異端」というキーワードがぞろぞろ出てきます。先週このメルマガで書いた「都知事論」と同じではないですか。

石原慎太郎や小池百合子、舛添要一は、国政では「異端」の存在だった。

永田町の流儀とは最初から別のところに存在したからだ。知名度があるから目立たたない場所でコツコツ汗をかくことはしない。偉大なるアマチュア(イロモノ)であったのだ。

そんな彼らは世間的な人気(客寄せ)はあっても党や派閥の中心にはいなかった。だから首相になる可能性はほぼ無し。しかし、ホコ先を代えて都知事選という「大統領選挙」に出たら圧勝したのです。人気と発信力だけはあるから当然の結果だろう。

考えてみれば、今回アメリカの"本物の大統領選"でも同じことが起きたことになる。

そう、トランプは正真正銘の「アマチュア政治家」だった。おまけに完全なイロモノ。さすがアメリカ、都知事選の上をゆくインパクトだ。新聞の見出しを拾ってみましょう。

「既成政治批判し逆転」(読売)

「反既成政治 世界のうねり」(毎日)

「既成政治批判 支持集める」(朝日)

既成政治の外にいることをアピールしたトランプ。アマチュアを照れずに売りにしたトランプ。

ではこれからどうするのでしょう。

たとえばアレは?

 

続きはこちらで→週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 


2016.11.03 Thursday 19:49 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】県庁所在地、最高です。

●10月22日(土)曇り

 

本日も平常業務のほかに図書館通い。

 

 

●10月23日(日)曇り

 

「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!」の原稿など。

 

そして図書館。

 

 

●10月24日(月)晴れ

 

TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

鳥取の地震について。

 

18時から『東京ポッド許可局』を収録。2本。

 

帰宅後、0時からの放送も聴く。

 

 

●10月25日(火)曇り

 

朝9時新宿駅、10時30分甲府駅。

 

13時〜16時30分『プチ鹿島の火曜キックス』(YBSラジオ)

 

新宿についてそのまま映画『何者』を。原作は朝井リョウ、監督は三浦大輔。

 

あ〜、たしかに三浦大輔だ。ニヤニヤ堪能。

 

 

 

●10月26日(水)晴れ

 

東スポWEBのコラムを書く。
 

TBSラジオ13時入り

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

本日のニュースプレゼンターは「韓国の大統領がたいへんなことに」。

 

友人の民間人に機密情報を流していたというニュースでしたが、想像以上の大スキャンダルでした。

 

この時点でここまでレポートしたのは当コーナーだけと自負しております。

 

TBSラジオクラウドで過去音源が聴けます。

 

 

17時〜事務所で単行本の打ち合わせ。

 

来月いっぱいで原稿を仕上げることに。やっと時間がみえてきた。頑張ります。

 

 

 

●10月27日(金)晴れ

 

メルマガ原稿を夕方まで。

 

あすの「ニュースザップ」の準備をして、

 

22時から「ニコノゲ」。斎藤文彦さん、堀江ガンツさん。

 

ニコ生は放送終了後にすぐに視聴者アンケートがあるのですがまさかの100点でした。視聴者全員一致。こんなことってあるんですね。

 

 

 

●10月28日(金)雨

 

朝9時迎えの車で出発。

 

午前11時45分〜15時『ニュースザップ』(BSスカパー)

 

YyteRjnfzo4UrEW1477846800_1477846817.jpg

 

「相方」のモーリーさんはこの場所がホームグランドだと公言してます。トランプ&ヒラリー、ドゥテルテ大統領来日、大麻選挙、今日も時事ネタたっぷりでした。

 

夜は歓送迎会。

 

 

●10月29日(土)曇り

 

原稿を書いて池袋へ。

 

ダイソンの新しい加湿器が欲しい、とのリクエスト。

 

家電量販店はどこでもよいのですが水族館も兼ねて本日は池袋へ。

 

 

●10月30日(日)曇り

 

『NumberWeb』の原稿を仕上げる。連載している『プチ鹿島の月間スポーツ新聞時評』。

 

10月は日本シリーズ、ドラフト会議とスポーツ新聞がますますにぎやかな月です。どうぞ読んでみてください。

http://number.bunshun.jp/articles/-/826795

 

夕方から図書館へ。単行本作業。

 

 

●10月31日(月)曇り

 

娘が「ハロウィン」とつぶやいています。

 

TBSラジオ13時入り

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

プロ野球のフリーエージェント(FA)申請が本日から解禁。

 

FA選手にはA・B・Cランクがある。これは所属チームの年俸順で決まる。

 

Aランクは給料が1〜3位の人。Bランクは4位から10位。cランクは11以下。

 

今季のFAの目玉と言われているオリックスの糸井選手は2億8千万(推定)の高年俸。

 

なので当然Aランクかと思いきや、オリックスにはまだ高い年俸の人が3人いるんです。なので糸井選手はBランクになります。

 

ランクによって、獲得した球団が支払う旧所属球団への補償額が変わる。

 

 

 

●11月1日(火)晴れ

 

朝9時新宿駅、10時30分甲府駅。

 

13時〜16時30分『プチ鹿島の火曜キックス』(YBSラジオ)

 

さて本日は番組終わりに甲府市にある山梨県立図書館へ。ここで3時間近く作業する。

 

東京に帰ってから図書館へ移動するよりも、YBS(山梨放送)の隣にある県立図書館に直行したほうが効率的だと気づく。

 

いやぁー、広くて快適な図書館でした。駅前に重要な施設が集まってるから楽チンです。

 

県庁所在地、最高です。

 

 

 

●11月2日(水)曇り

 

午前中は東スポWEB原稿を。

 

13時〜

TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

本日は「5分でわかるアウンサンスーチー」。ためになります。自分が。

 

ラジコタイムフリーか、TBSラジオクラウドで聴けます。

 

本番終了後、新宿シネマカリテへ。 『PK』を観る。インド映画。

 

 

約2時間半の長編ですが時間は苦になりません。SF、恋愛、哲学などがたくさん。

 

「神」「宗教」などテーマが壮大であればあるほど、エンタメでしかできない力を感じる。

 

観たほうがいいです。

 

 

●11月3日(木)晴れ

 

仕事はこれから。夜半にかけて。

 

昼間は娘と散歩など。

 

大きい道路一面に紙をしいて、子供たちに好きなだけ絵を描かせるというイベントに遭遇。

4tgV8elAe56Pxzz1478169686_1478169697.jpg

夢中。

 

ゲストの絵の先生がとなりで魚を描いているなか、ウチの娘は何を・・と思っていたら、こうしてみると「ザリガニ」を描いているではないか!(親馬鹿)

 

 

 

プチ鹿島の月間スポーツ新聞時評

http://number.bunshun.jp/articles/-/826795

 

 

 

●こんにちはプチ鹿島です。今回は3年ぶりの企画です。

 

題して、"ドラマ批評"読み比べ。

 

2013年の秋にもメルマガでやったのですが反響が多かった。あのときは、

 

・週刊朝日の柚木麻子氏「作家 柚木麻子の秋のドラマ裁き」(2013年11月1日号)
・週刊文春の今井舞氏「”半沢・あまちゃん”に引っ張られ過ぎの秋のドラマ 今井舞 毒ブツタ斬り!」(同・10月31日号)

 

を読み比べしたんです。同じドラマを見てこんなに文章や表現がちがうものか!?と驚いた。

 

というわけで今回も読み比べてみました。

 

あ、今期のドラマなんて見ていない、ドラマは興味ないという方大丈夫です。ドラマそのものというより「批評とは何か」ということを一緒に考える文章にします。

 

 

続きはこちらで→週刊『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 


2016.10.22 Saturday 15:58 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】新聞をあらためてチェックしていると見逃していた記事もあります。

●10月14日(金)晴れ

 

本日は「サーカスマックス」の原稿を。

 

今回は「猫ひろし」。2年前、リオ五輪を目指してるときに一度取り上げたのですが、今回は夢の大舞台が終わったのであらためて話を聞いてみる。

 

選手村の様子も面白かった。

 

卓球の福原愛選手に選手村で会った時、「わー、猫さん!一緒に写真撮ってください!」。

しばし歓談のあと、「で、猫さん、なんで選手村にいるんですか?」

 

やっぱりスターは自分のことしか知らないんだ。すごい。

 

 

夜はテアトル新宿で『過激派オペラ』をみる。

 

なぜか、この世界に入ったころの日々を思い出しました。

※団員同士の恋愛はありませんでしたが・・

 

稽古風景とか、公演がせまってくる日々とか、うわぁあったなぁという。ほろ苦くも熱い思い出。

 

 

 

●10月15日(土)晴れ

〜10月16日(日)晴れ

 

「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!」の原稿をたっぷりと。

 

そのあと「作業」を。

 

この土日の目的は「図書館にこもること」です。

 

新聞に関する単行本を書いているのですが、コツコツと図書館で調べものをしなければいけない。

春先からその作業がストップしていたのです。どうしても毎日の要件が多くて。

 

で、今秋から連載を減らしてもらって、作業を復活することに。

 

この土日はその第一弾です。妻と娘は実家にお泊り。

 

 

 

●10月17日(月)曇り

 

TBSラジオ13時入り

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

本日は野菜の高騰について調べる。

 

ニンジン、ジャガイモ、ホウレンソウなどの「葉物」も高騰。

 

こうなると「モヤシ」が大活躍ですが、調べてみるとモヤシはひそかに去年高騰危機にあった。え?となって確認してみると今年は大丈夫でした。

 

妻に聞いてみると、ウチが宅配してもらってるサービスも「ニンジンが高騰してるので大根になります」とのお知らせがあったという。

 

終了後、図書館へ。2時間ほど作業をして帰宅。

 

0時からの『東京ポッド許可局』を聴きながら明日の準備。

 

 

●10月18日(火)晴れ

 

朝9時新宿駅、10時30分甲府駅。

 

13時〜16時30分『プチ鹿島の火曜キックス』(YBSラジオ)

 

 

 

●10月19日(水)曇り

 

東スポWEBのコラムを書く。
http://www.tokyo-sports.co.jp/blogtalent-p-kashima/692/

 

 

TBSラジオ13時入り

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

本日のニュースプレゼンターは「機動隊の土人発言」を。

 

そのあと「時事川柳チャンピオン大会」にも出させてもらう。審査というかワイワイ。

 

終了後、図書館へ。

 

 

 

●10月20日(木)晴れ

 

「KAMINOGE」の早売りがはじまったようだ。

 

以前も予告しましたが今回のネタは「真説・森喜朗」。漫談ライブでやったものをまとめました。

VzAmQFSIR7ROckU1477118379_1477118387.jpg

 

ライブは今年も12月の頭に東京・大阪でやるつもりです。

 

メルマガ原稿を夕方まで。

 

そしてスカパーで「ドラフト会議」観戦。

 

本日夕方の予定を聞かれ「ドラフト会議があるから」と当然のように返答したのだけど、もしかしたらおかしな奴だと思われたでしょうか。

 

2oSi04uV0o2H8lY1477118406_1477118415.jpg

 

この雑誌で「私が思うチャーミングな50人」に選ばれる。

 

小泉今日子さんや宇野千代、ソフィア・ローレン、浜野健太さんらにまじって私が。

 

ありがとうございます。みなさん一家に一冊ですよ。

 

『& Premium (アンド プレミアム) 2016年 12月号 』

 

 

●10月21日(金)晴れ

 

きのう、きょうのスポーツ新聞をすべて購入し、じっくり読む。

 

「NumberWeb」で連載しているスポーツ新聞時評のため。ドラフト会議はスポーツ新聞の魅力が発揮される大イベント。

 

どの球団が誰を指名するかという見出しは1年を通じて楽しめるし、まさに当日の予想指名は各紙の取材力の発表会だ。読み比べとして醍醐味がある物件です。

 

ポイントを整理するためメモ代わりに書いていったら、その時点で3000字近くになった。来週まとめようと思う。

 

夕方は図書館へ。3時間作業。

 

今日もよく働いた。

 

 

●こんにちはプチ鹿島です。新聞をあらためてチェックしていると見逃していた記事もあります。今回はそんな掘り出し物件からいきます。

 

・安倍マリオ当初候補はアスリート 3週間前に急きょ(日刊スポーツ・9月10日)

 

《8月のリオデジャネイロ五輪の閉会式で行われた、東京五輪へのハンドオーバーセレモニーでサプライズ登場した安倍晋三首相が、本番約3週間前というギリギリで決まっていたことが9日、分かった。演出を手がけたクリエーティブディレクター佐々木宏氏が都内で会見し、明かした。》

 

今から1か月ほど前の9月10日の記事です。さり気なく報じられていますが、「おっ!」となる内容です。私は8月末にメルマガで「安倍マリオ」について次のような見立てを書きました。要点をまとめます。

 

 

・リオ五輪の閉会式・引き継ぎ式での「安倍マリオ」。競技場は盛り上がっていたが、あの場所で1人だけ悔しがっていたはず。それは小池百合子である。

 

・次回の五輪開催都市「東京」都知事として、小池は意気揚々乗り込んでいった。しかし、東京のショーが始まると話題は安倍マリオに持っていかれた。

 

・小池氏が都知事に当選後、安倍首相は自民党にケンカを売った形の小池氏に「1本とられた」とコメントした。しかし今度は小池氏の胸中もまた「1本とられた」ではなかったか。

 

そうそう、上記のようなことを考えていたんです。そうしたら「安倍マリオの発案は森喜朗(組織委員会会長)」という報道が出て、にわかに興味深いネタになってきた。

 

森喜朗と小池百合子は仲が悪い。となると森喜朗が「安倍マリオ」を思いついた時期はいつなのだろう。時期が気になるのだ。そして次のように書きました。

 

《だってもしですよ、小池百合子が都知事選に色気を見せはじめた6月以降に思いついたというなら、あの森喜朗演出にちょっと意味がつきはじめる。》

 

《そう、「小池百合子が五輪の閉会式で目立つくらいなら安倍首相を出そう」と森喜朗が口を出したと考えると、「安倍マリオ」は俄然ロマンチック&ゴシップになるのである。》

 

つまり、森喜朗が「安倍マリオ」を提案した時期によって一気に生臭い「政争」にみえてくる。

 

そして今回の記事です。

 

《当初はアスリートが候補者だった。現役、引退選手の中から「マリオに似て、ひげが似合い、小柄で俊敏性のある選手を探していた」。》

 

あ、最初はやっぱりアスリートを探していたんだ!しかし、次です。

 

《だが7月になっても見つからず「一般人でもいい」と焦りが生じてきた時、大会組織委員会の森喜朗会長のアイデアで、安倍首相の名が挙がったという。

 

これはいったい何を意味するのか。

 

時系列をあらためて整理してみたんです。すると・・・

 

続きはこちらで→『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 


2016.10.14 Friday 03:45 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】本日は「ノーベル文学賞」の発表の日。

●10月5日(水)曇り

 

東京都庁。午前10時。

 

初日の知事の施政方針演説のときは長蛇の列で、11時30分に行ったら「もう186席分は超えました」。結局、私は初日は議場には入れませんでした。

 

なので今回はリベンジ。

 

見事に傍聴券を手に入れました。報告は『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

本番終わりに新宿に移動。映画『オーバー・フェンス』鑑賞。

 

ミスタードーナツをお土産に買って帰宅。

 

 

●10月6日(木)晴れ

 

連載コラム「KAMINOGE」原稿を書く。

 

今回は「真説・森喜朗」。

 

このネタは漫談ライブでやったら大好評だった。今回「KAMINOGE」用にコンパクトに活字でまとめてみました。これを読めば森喜朗がわかる。「なんで森喜朗が今もエライのか」もわかると思います。発売日を期待してください。

 

 

●10月7日(金)晴れ

 

メルマガ原稿にとりかかる。

 

今週は「長谷川豊論」を書いた。大ネタです。

 

作業途中にいったん休憩。映画「怒り」を観にゆく。

 

吉田修一作品は複合的でおもしろい。なので必ず原作を読んでから映画を観に行きます。どこを描いてどこを切ったのか、という演出の仕方をより堪能できる。

 

 

 

●10月8日(土)曇り〜〜10月9日(日)曇り

 

長野の実家へ。金婚のお祝いで親戚一同集まった。いい湯だな。いい時間だったな。

 

帰りに上田駅近くのとんかつ屋さんへ。

 

「とんかつ図鑑」で見つけたのです。

 

 

●10月10日(月)(祝)曇り

 

「東京ブレイキングニュース」で、『石原慎太郎に書面で質問してほしい事柄』を書きました。

http://n-knuckles.com/serialization/pkashima/news002321.html

 

 

TBSラジオ13時

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

そのあと18時より

『東京ポッド許可局』収録。2本プラスもう1本。くわしくはメルマガに書きます。

 

 

●10月11日(火)晴れ

 

朝9時新宿駅、10時30分甲府駅。

 

13時〜16時30分『プチ鹿島の火曜キックス』(YBSラジオ)

 

本日はラジコで「タイムフリー」「シェアラジオ」がスタートする歴史的な日。

 

使い方ガイド→http://miyearnzzlabo.com/archives/39984

 

「キックス」リスナーからもそれに関してのメールやツイートがたくさん来たのだけど、残念なことにYBSはラジコに参加していない(!)。「新しいことはやりたくないおじさん」が土地土地にはいるのだろう(笑)

 

 

 

●10月12日(水)晴れ

 

東スポWEB原稿を書く。

 

「ゲスの極み・川谷について」http://www.tokyo-sports.co.jp/blogtalent-p-kashima/686/

 

 

TBSラジオ13時

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

久米宏さんがゲストに。

 

ご挨拶をする。「卒論のテーマは久米さんです」とお伝えすると、「深夜出てるでしょ。聴いてます!」とのお言葉。

 

私が久米さんのことを話した回を聴いてくださったのか(「荻上チキ・Session-22」含む)、それとも日常的に「東京ポッド許可局」を聴いてくださっているのかはわかりませんが、もうそんなことどうでもいいくらいうれしかったです。

 

帰宅後、興奮しすぎたのかくしゃみ連発。飲みのお誘いを断念し、万全を期して熱い風呂に入って早く寝る。

 

 

 

●10月13日(木)曇り

 

「NumberWeb」の原稿を。

 

いったん中断して千駄ヶ谷へ。

 

本日は「ノーベル文学賞」の発表の日。ということは、千駄ヶ谷の鳩森神社では「村上春樹ノーベル文学賞カウントダウン」をやっているのです。

 

ハルキストではない私がなぜこのイベントに魅入られたのか?

 

ブログで書くと長くなるので(要はもったいない)、次号のメルマガに書くとします。

 

現場写真はこちら。

QoB67pdP5D44nJp1476383868_1476383885.jpg

 

このあとすぐ移動し、

 

22時、司会を務める「ニコノゲ」。

 

90分たっぷりと。

 

 

 

 

●メルマガ配信しております。

 

「長谷川豊論」。

 

こんにちはプチ鹿島です。

「忘れ得ぬ人々」というコーナーをラジオでやっています。わざわざ会いたいとは思わないけど、ふとした瞬間に「あいついま何やってるんだろ」と小さな記憶に残る人々を発表し合うコーナーです。

 それでいうと、3、4年前に横領疑惑でフジテレビのアナウンサー職をクビになり、そのあとフリーになった人がいました。

 あいついま何やってるんだろ。

 ひっそりとブログでも書いているんでしょうか。ふと思います。

 私はフジテレビ退社時の当人の主張をじっくり読みましたが、どうも「筋の悪さ」を感じたので、それ以降は話題にもしなかった。興味がなくなった。

 あの後もご本人はブログでずいぶん「問題提起」をしていたようです。強い言葉やキツイ表現を発信しなければ存在できないループ。

煽り続けなければ溺れて沈んでしまうという、刹那的な生き方。

 
そして今回いよいよ見過ごすことのできないことをしたらしい。
 

 

続きはこちらで→『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 

 


2016.09.29 Thursday 01:45 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】秋ということで生活をちょっと変えてみたいと思います。

〜プチ秋だより〜

 

私はいま、ほぼ毎日原稿仕事をさせてもらっている。月30本近く書いてると思います。ありがたいことです。

 

ただ、新しいことを始めるのになかなか大変な状況になってきており、たとえば単行本執筆や、そのための探究時間があまりとれない。

あと、芸人としての露出もまだまだ増やしてみたい。

 

ということで、週イチ連載でやっているコラムを減らしてもらうことに。

 

「デイリーニュースオンライン」は9月いっぱいで卒業し、「東京ブレイキングニュース」は今後は月イチになります。私の勝手なお願いでしたが、東京ブレイキングニュース編集長の久田さんにはご理解いただき本当に感謝しています。

 

デイリーニュースオンラインも、この媒体のおかげで私のことを知ってくれた方もいるわけですし、ありがたい連載でした。重ね重ね御礼申し上げます。

 

というわけで、秋ということで生活をちょっと変えてみたいと思います。

 

 

●9月22日(木)(祝)

 

本日は、『プチ鹿島のスポーツ紙大将』。TBSラジオで21時から22時まで1時間担当。

 

この番組も第3弾。スポーツ報知の加藤デスクとおしゃべり。2、3時間ぐらいできます。

聴いてみてください。

 

22時終了、すぐさま移動。

 

23時から『ニコノゲ』

 

私が司会。フミ斎藤さん、堀江ガンツさん、ゲスト・ジミー鈴木さん。異様に盛り上がる。

 

1時前に帰宅。

 

 

●9月23日(金)

 

メルマガ原稿を。連載コラムが減るかわりに、メルマガはますます熱くなると思う。

 

本日は「大東京ポッド許可局」のこと。林真理子さんをお招きした経緯など。局員の方は喜んでもらえるはず。

 

22時、TBSラジオへ。

 

本日は変則収録。というのも26日から新しい時間帯になる「東京ポッド許可局」の1発目をまだ収録してないんです。

 

3人のスケジュールがなかなか合わない。昔はルノアールでしゅっちゅう会って半日以上しゃべってたのに。

 

「風刺」についてしゃべる。

 

 

●9月24日(土)

 

メルマガ原稿、デイリーニュースオンラインのラスト原稿、EX大衆で連載の「水曜スペシャル・川口浩探検隊とは何だったのか」の原稿。

 

水スぺ原稿は自分で書いてても興奮してきた。早く単行本化したい。面白いと思われる自信あるし、売れると思う。

 

 

●9月25日(日)

 

横浜へ。妻の実家。

 

コクリコ坂のモデルになった店や山下公園も近くに。

 

横浜いいです。

 

 

●9月26日(月)

 

13時、TBSラジオ。

 

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

 

18時、

 

『東京ポッド許可局』

 

2本収録。

 

先日の林真理子さんゲストのトークはこちらで聴けます。https://radiocloud.jp/archive/tokyopod

 

22時過ぎに帰宅。

 

そして、本日から「月曜深夜0時〜1時」の新しい時間帯で許可局スタート。

 

今までの時間帯だと寝てましたが(正直言いすぎ)、この時間帯だとリアルタイムで聴けます。

 

嬉しいことです。

 

 

 

●9月27日(火)雨

 

朝9時新宿駅、10時30分甲府駅。

 

13時〜16時30分『プチ鹿島の火曜キックス』(YBSラジオ)

 

夜18時30分、新宿着。

 

帰宅後、録画しておいた「アメリカ大統領選のテレビ討論会」をみる。トランプ、クリントン初対決。

 

視聴後に東スポWEBコラムの原稿を書く。

 

3時過ぎ、就寝。

 

 

●メルマガ配信しております。

 

「中野サンプラザ秘話」ほか。

 

『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 

 


2016.08.20 Saturday 12:24 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】もう、半生を聞いてるだけでたまらないんです。編集者も興奮。

●8月13日(土)晴れ

 

五輪も高校野球もいいけど、もう少し千代の富士のことを考えていたい。

eOOhOipt_WMq5zm1471662684_1471662697.png

そういえば千代の富士の引退会見って、隣りに鈴木宗男がいたんだ。さすがだね。

 

さて原稿作業。

 

『プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!』

 

世の中が混迷すると書くことが増える当メルマガ。自分でやってて面白い。

今月もどさっと御加入者が増えたとか。なら、また張り切って書いちゃおう。

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

夕方、家族で外出。

 

本日の夜は両国国技館に誘われているので(G1クライマックス)、それまで家族で両国散策。

 

ちょっと早い夕飯のあと、国技館へ。

O17ovdXCgzmyJWO1471584371_1471584382.jpg

 

 

●8月14日(日)晴れ

 

お盆。東京は空いている。

 

娘と散歩すると静かだった。

 

ふだん混んでそうな店も空いていた。

4YzLRYc2Ds3G1C_1471584495_1471584503.jpg

東京のお盆、好きかも。

 

夜はイベント出演。「コアチョコTシャツデスマッチ」。

 

7月にオープンした渋谷のロフトプラスワン9に初めて行ったけど、思いのほか洒落ていた。

ずっと歌舞伎町にいた石埼店長が渋谷の店長へ。なんだか浮かれていた。楽しそうだった。

 

 

●8月15日(月)晴れ

 

ひとのお盆休みは長く感じる。 思わずツイートしてしまいました。

 

通常進行。

午前は東京ブレイキングニュースの原稿。

 

13時、TBSラジオ。

 

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

本日のニュースプレゼンターは、SMAP解散報道。

ちょうど午前中に書いた原稿とテーマは同じ。またいろいろ調べることができてよかった。

 

 

17時〜18時

TBSの1階喫茶店で取材を受ける。作家の方にいろいろ意見を聞かれる。

 

 

18時、TBSラジオ。

『東京ポッド許可局』収録。

 

いろいろにぎわっている。五輪、SMAP、ゴジラ・・・

 

まとめて話すあのシリーズを。今回は「ひまわり」です。

 

もう1本とって終了。

 

 

●8月16日(火)晴れ

 

朝9時新宿駅、10時30分甲府駅。

 

13時〜16時30分『プチ鹿島の火曜キックス』(YBSラジオ)

 

18時30分新宿着。

 

帰宅後は「サーカスマックス」の原稿をやる。

 

 

 

●8月17日(水)晴れ

 

東スポWEB原稿。

 

13時、TBSラジオ。

 

『荒川強啓デイ・キャッチ!』

本日のニュースプレゼンターは「世界遺産の審査を減らす」というニュース。

 

世界遺産てどこまで増えるんだろ、と漠然と思ってましたがやはり管理が大変らしい。約1000件。

 

あと、世界遺産の基準てよくわからないですよね。

 

「伊勢神宮」はなぜ世界遺産に立候補しないのか、というくだりをよかったら聴いてみてください。

 

TBSラジオクラウドでどうぞ。

https://radiocloud.jp/archive/dc

 

 

 

●8月18日(木)晴れ

 

自宅でメルマガ原稿。

 

毎日何か書いています。

おもしろいもので、レギュラー以外の原稿仕事もこなしまくったここ2ヵ月を経験したら、通常運転は余裕を持ってこなせるようになった。慣れってすごい。

 

cPCXkv4eTXtIylO1471584469_1471584478.jpg

 

aQbzgRL6fRq_lOJ1471584399_1471584408.jpg

撮影会。

 

 

●8月19日(金)晴れ

 

本日の目玉はEX大衆でやってる「水曜スペシャル」コラムの取材です。

 

「川口浩探検隊」というシリーズが好きだったんですが(うさんくささも含めて)、好きすぎて連載コラムで検証することに。

 

で、いよいよ元・探検隊スタッフに直撃することになりました。つまり昭和のテレビマンですね。

 

今回は、フィリピンで働いていたらロケに来た「水スぺ」のプロデューサーにスカウトされて東京に戻ってきた人のお話。

 

もう、半生を聞いてるだけでたまらないんです。

 

単行本化を前提にやってる連載ですが、担当編集も「早く本にしたい!」と興奮。

 

取材後、担当と居酒屋へ。今後の話やら、なにやら。

 

 

 

●公開された原稿です。

 

NumberWeb

「2016年の高橋由伸」

http://number.bunshun.jp/articles/-/826284

 

・東京ブレイキングニュース 

http://n-knuckles.com/serialization/pkashima/news002298.html

 

・デイリーニュースオンライン 

http://dailynewsonline.jp/intro/1179871/

 

・東スポWEB 

http://www.tokyo-sports.co.jp/blogtalent-p-kashima/646/

 

 

・メルマガ 

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 


2016.07.26 Tuesday 02:15 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】朱里選手はこの3日後におこなわれた格闘技の大会で見事勝利。

●7月21日(木)雨

 

今日は家仕事。原稿いろいろ。

 

午後は渋谷へ。

 

先週CSフジの番組に出たら、司会のタケトくんが私の服をみて「それ、ハオミンじゃないですか。僕、店長知ってますよ。今度一緒にお店に行きましょう。」と誘ってもらったので本日訪れる。

 

店長さんは私の本や雑誌を読んでいるらしく歓迎してくださった。うれしいなぁ。

 

店内にはプロレスラー&総合格闘家の朱里さんや漫画家の鈴木詩子さんも。記念撮影。770rFxWQeB0qQdC1469463662_1469463674.jpg

左上・朱里選手 中央・鈴木先生 右上・西村店長

 

※朱里選手はこの3日後におこなわれた格闘技の大会で見事勝利(『PANCRASE 279』)。やった!すごい。

 

 

●7月22日(金)曇り

 

朝からサーカス。
od6fExDcXcV_naf1469464853_1469464865.jpg

ボリショイサーカス。千駄ヶ谷の東京体育館。

 

午前10時半の部があったので効率的。2歳の娘は楽しんでいたようだ。私も楽しんだ。

 

さて。本日は「ポケモンGO」が遂に日本で配信されたのだ。

 

さっそく私もモンスターを探しに街へ出る。

 

いたいた。まず新橋。

8OuItvUVN_TMGRX1469463826_1469463832.jpg

トリゴエシュンタロウ(76歳)

 

続いて新宿。

nOMF14QdqoW1VNJ1469463993_1469464004.jpg

コイケユリコ(64歳)

 

aGlpjxHpGx11gju1469463846_1469463852 (1).jpg

マックアカサカ(67歳)

 

街にはモンスターがいます。

 

 

 

●7月23日(土)晴れ

 

朝からずっとメルマガ原稿。得意ネタ・都知事選。

 

鳥越俊太郎氏の「週刊文春」女性スキャンダル記事が話題ですが、「政治家と下半身」問題について。

 

読めば納得して頂けるはず。 「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!」配信中です。https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

夜中はフジテレビ「27時間テレビ」を見る。ポケモンGOの影響なのか今年はあまり話題になっていないような。気のせい?

 

 

●7月24日(日)晴れ

 

昼過ぎに新宿で何人かの都知事候補の街頭演説をみたあと、中野図書館へ遠征。

 

「NumberWeb」で連載している『スポーツ新聞時評』。7月分の確認のため。

 

締め切りは月末なので、ホントは来週末に図書館にいけばよいのだけど、来週は東京ポッド許可局の福岡ライブのため行けないのです。とりあえず下調べは今週分までやることにする。しかし本日は国会図書館はお休み。

 

なので、比較的に品ぞろえがよい中野まで遠征しました。ここは過去に住んでいて出入りして慣れているので。

 

18時すぎ、お腹が空いてきた。そしたら東中野コアチョコの社長MUNEさんが「焼肉たべたいな」とつぶやいていたのでメールする。「いま中野にいるよ」。

 

ということで合流。

Vd6gSbr4S8TYIqI1469466362_1469466370.jpg

電撃焼肉。

 

 

●はい、大事なことはもう一度。

 

「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!」 

「政治家と下半身」問題。配信しました。

 

https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

 

 

 


2016.07.10 Sunday 18:49 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】もう使わない古いブツを与える。

●7月8日(金)晴れ

 

朝からメルマガやデイリーニュースオンラインの原稿。

 

私の仕事部屋に娘が。

パソコンに興味を示すので、もう使わない古いブツを与える。

 

 

20時からは、久田将義さんの「ニコ生タックルズ」にゲストに招いていただく。

 

上半期時事ネタ総決算。

 

と言いつつ、昨日今日でまた都知事選絡みの最新ニュースが飛び込んでくる。今年はホントに豊作です。

 

たっぷり二時間半。

 

 

●7月9日(土)雨

 

昼までメルマガ仕事をガッチリ。「石田純一について」。

 

世の中が乱れれば乱れるほど私のメルマガは面白くなる自負あり。

 

昼過ぎに、科学技術館で開催されている「Tシャツラブサミット」へ。

 

お笑いコーナーの司会をやりました。

 

ハリウッドザコシショウさんら多くの猛者を早くから参戦させていたライブである。

 

コアチョコ社長のMUNEさん(ラブサミ主催者)が笑いの目利きなのだ。

 

17時終了。

 

帰宅前に、マッサージへ急遽いく。最近疲れがとれなくてどうしたものかと思っていたのだけど、行ってよかった。生き返る。

また元気が出てきた。

 

帰宅後、明日の準備など。

 

 

 


2016.06.18 Saturday 02:12 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】19時30分、ライブスタート。超満員の客席。ありがたい。6月17日。

●6月17日(金)いい天気。

 

午前はメルマガ原稿。先週予告したネタを変更して「舛添」「東京五輪」特集にする。

 

12時、近所の歯医者。

 

私は常々「虫歯はなるときはなる」主義者なので、歯医者にはめったにいかない。でも妻が先日歯医者に歯石のチェックに行ったらとてもよかったと言っていたんです。で、「プチも行けば?」と言われたんです。

 

私はここ10年ぐらい歯石の掃除にも行ってない。そんなことを言ったら妻がドン引き。「早く行きなよ」ということで本日行ってきました。

 

結果を報告すると「虫歯なし」「歯槽膿漏なし」「歯茎はキレイ」。

 

百点。どんなもんだ。歯だけはイケメンなのである。

 

午後はずっと今夜の「漫談ライブ」の仕込み。

 

18時、会場のレフカダ新宿へ。

 

あまりに解放感あふれるファッションだったのか、タクシーに乗ったら運転手さんが開口一番「お仕事お疲れ様です!」

 

いや、今から仕事なんです・・・

 

ゴキゲンな服装から、バカンス客だと思われたのだろうか。

 

19時30分。ライブスタート、超満員の客席。ありがたい。

この写真は来場してくださった方のツイッターから拝借しました。

 

2時間よく喋る。

 

21時40分、ライブ終了。

 

本当ならおいしいお酒を浴びたいところだが、原稿が溜まっているのでそのままタクシー。

 

22時30分、もう帰宅。

 

さっそくメルマガ原稿などにとりかかる。

 

 


2016.06.14 Tuesday 03:14 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】ヘタな腹芸は通用しない、可視化される時代です。

●6月13日(月)雨

結局、昨夜というか今朝は4時すぎまで作業。

参院選のマニフェストやら各党のPR戦略をあらためておさらい。
本日「週刊SPA!」の取材があるためです。

朝起きてもう一度確認。そのあと東京ブレイキングニュースの原稿を送る。

13時、TBSラジオ。

「荒川強啓デイ・キャッチ!」今週はスペシャルウィーク。t4HMHTRr_0zcORh1465839665_1465839685.jpg

アベノミクス/女性活躍/安保/賃金/憲法/荻原博子/飯田泰之/青木理/浜田敬子/山田昌弘/小西克哉/宮家邦彦/渡部恒雄/近藤勝重/勝間和代/山田五郎/小林よしのり/東浩紀/宮台真司/プチ鹿島/阿曽山大噴火/サンキュータツオ


私は本日から始まった都議会の集中審議を出番直前まで聞いてレポートしました。

面白いなぁと思うのは、舛添都知事への批判そのものより「舛添都知事誕生に協力した自民・公明は本気で追及するの〜?」という目が向けられていることです。ヘタな腹芸は通用しない、可視化される時代です。

私も自公の追及態度のほうをむしろチェックしました。

都議会集中審議。トップの質問者・鈴木隆道(自)氏。 舛添都知事に対し「通り一遍の原稿読みはお止めいただきたい」という提案を、原稿読みながら噛みながら。これはヒドイ。

ツイッターでつぶやいとく。

くわしい報告は音声をぜひ。ニュースランキングの項。
http://www.tbsradio.jp/44213


17時、事務所に移動。

「週刊SPA!」の取材を受ける。お題は参院選、各党のPR戦略。

編集者さん&ライターさんがゲラゲラ笑ってくれた。よかった。

来週火曜に発売です。


18時。
場所はそのままで、今度は対談。

来月に出るNumberの別冊号で柳澤健さんと。テーマは「猪木アリ戦とはなんだったのか」。

柳澤さんの「1976年のアントニオ猪木」は歴史的名著です。

“あの時はああだった”“こういう事実があった”という「伝説」「武勇伝」を言いっ放しのプロレス界に初めて「調査報道」を試みた金字塔だ。

あの頃、夢中で一方的に読んだ本の作者と対談できるなんてすごい風景だなぁ。

19時半終了。
帰宅して、今度はNumber Webの連載コラム「2016年の高橋由伸」

深夜3時まで。

明日は山梨で午後ワイドのラジオ「キックス」。朝7時起床予定。

帰京後はこれまた大事な対談が控えている。

明日も頑張ろう。

寝ます。

 

2016.06.12 Sunday 20:11 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】まもなく完売です。プチ鹿島漫談ライブ 

●6月10日(金)晴

来週と再来週、つまり6月後半の日程をながめて身が引き締まる。

まず来週は3人の方と対談がある。

それとは別にこの週末で参院選の各党マニフェストを読んでおかなければ。

コラムの発注も新規が多いので前倒しでできるところから作業にかからないと。ありがたい。

そして来週の17日の金曜日は漫談ライブがある。

まもなく完売です→プチ鹿島漫談ライブ 
http://lefkada.jp/schedule_1606.html#160617


というわけで午前中から各原稿。

夕方16時。娘が仕事部屋に飛び込んできて「おでかけ、おでかけ」というので散歩へ出ることにする。

しばらく歩く。最寄駅とは逆方向へ。たまにしか来ない、ほどほどな商店街。

休憩がわりに串カツ屋へ。ホッピー。ああ、こんなにまだ明るいうちから最高ではないか。

18時帰宅。酔い覚ましにナイター中継。ソフトバンクVS巨人。

それにしても菅野はかわいそう。どんなにいいピッチングしても報われない。まるでエース以外は凡庸な選手が集う田舎の高校野球チームみたいだ。

21時から午前3時まで、ふたたび原稿作業。メルマガ。


●6月11日(土)晴

朝9時すぎ、映画野郎の「初日舞台挨拶レポ」のため、有楽町へ。

『64-ロクヨン-後編』(TOHOシネマズ日劇 9時50分の回)
YfomfZBwSmEGCbo1465728130_1465728141.jpg
パンフはこんな茶封筒に入っていました。

この映画は、吉岡秀隆とか緒方直人とか永瀬正敏とか「昭和64年」の頃に若手人気俳優だった人たちが、あれから平成を生き抜いて、中年の役をちゃんとこなしている点でも見どころがある。

この映画の若手キャストで言うなら、綾野剛や瑛太は今後二十数年経ってちゃんと「おじさん」の役をできているだろうか。そんな縦軸も考えながら。

舞台挨拶もふくめて13時前に終了。

家族と銀座で合流。親戚のおばに教えてもらった焼肉屋へ。
KcbTcSN_h1wEmsT1465728188_1465728199.jpg
昼ごはん。

買い物などして16時帰宅。

デイリーニュースオンライン、メルマガ原稿など。


●6月12日(日)晴

ひたすら朝から原稿。

ここまで2本書いた。あと2本書きたい。

いまひと息ついてこのブログを書いてます。


●公開された原稿です。デイリーニュースオンライン 尾木ママはどうしてこうなってしまったのか。
http://lefkada.jp/schedule_1606.html#160617

 

2016.06.11 Saturday 02:16 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】『私は決断した。そのまま降りる駅を乗り過ごしたのだ。』6月8日、9日。

●6月8日(水)晴

プチ鹿島のソースは東スポ!」(東スポWEB)を書き、送る。水曜午前の作業。

13時、TBS。
デイキャッチ。本日のニュースプレゼンターは、

「アメリカ大統領選、ヒラリー・クリントン氏が勝利宣言!トランプ氏と対決へ」のネタ。

ヒラリー・クリントンは「まだまだ壊さなければいけないガラスの天井がある」と演説した。

ガラスの天井とは、80年代によく使われた女性の社会進出を阻む壁を象徴した言葉です。つまり、自分が大統領になることで究極の女性の社会進出なわけです。

そのあとニューヨーク在住のジャーナリスト北丸雄二さんに電話で話をうかがう。「ヒラリー、トランプ、それぞれの参謀の今後の展開」について。

印象深かったのは、今後直接対決のディベートがおこなわれるが、トランプの支持者はヒラリーに論破されてもダメージはない!という北丸さんの見解。

というのも今まで理屈で押さえつけられてきた人がトランプを支持してるわけで、今さら理屈で論破されても動じないだろうと。

ではヒラリー陣営はどうするか?

感情に訴える作戦をとるのでは?と北丸さんは予想しています。つまり人間臭さをアピールするのだ。

実は、ヒラリーが嫌われる要因のひとつに「ドヤ顔をする」がある。

陣営はこれをやめさせて、優しさや弱さを前面に出す作戦にするのではないか?もし今後ヒラリーが急に柔和で人間臭くなったら、参謀のキャンペーンが成功してるのかもしれない!

詳しくは音声で聴いてください。
「荒川強啓デイ・キャッチ!」6月8日ニュースランキングのコーナー。
http://www.tbsradio.jp/42691



本番終了後、赤坂から新宿へ。
TOHOシネマズ新宿で映画『ヒメアノ〜ル』鑑賞。濱田岳感が爆発してました。


そのあと東中野「BARバレンタイン」へ。ハードコアチョコレートが経営するBARです。
こないだMUNEさんに「鹿島さんの映画『FAKE』の見解を聞きたいです」とメッセージが入っていたので今夜かけつけることに。

nNGywdcY5K0cfl71465574904_1465574914.jpg
『FAKE』のパンフレットから。

僭越ながら私もコメントしました。この映画はホントに「みた後が本番」なんです。誰かと語りたくなる。
なので映画通でもあるMUNEさんとワイワイガヤガヤ。

このBARはMUNEさんの人脈と人徳で業界関係者(とくに出版関係)が多く集まる場所でもあり、今夜もこのままイベントできるんじゃないかな?というメンバーで語らう。

24時前に帰宅。


●6月9日(木)曇

家族でランチへ。大好きな定食屋さんへ遠征しました。そのお店は魚が美味いんです。

もとはといえば今から十数年前に帰宅中の電車で聞いた会話がきっかけ。

品のいい小さいおじさんが(部下と思われる)OLにおいしい定食屋さんの話を、私の後ろでしていたのだ。

おじさん「あそこの店はこじんまりしてるけどホントにお魚が美味しいんですよ。大将が築地で毎朝仕入れるんですが特別に美味い魚をとっておいてもらってるんです。人間関係を生かしてね。だから普通の定食でも絶品なんです。」

OL「それ、どこにあるんですか!?教えてください!」

おじさん「今から言いますから覚えてくださいね。まず〇○駅で降りてですね、道路をまっすぐいきます」


思わずこの会話に聞き耳立てる私。

こうなるといけない。どうしても「道順」を知りたくなってしまった。

しかし自分が降りる駅はもうすぐだ。稽古でクタクタに疲れているから早く家に帰りたい。でもこの定食屋の話も気になる・・・・

私は決断した。

そのまま降りる駅を乗り過ごしたのだ。やっぱり会話の続きを聞きたかったんです。

その甲斐あって道順を知ることができた。頭で覚えた。数日後にいってみた。

やっぱり絶品だった!

そのあとも通いました。

あれから十数年経ちますが今も変わらない美味しさ。

uySIGTUaQevtz6m1465575030_1465575041.jpg
はぁ〜、美味い。

今は家族で行ける「青春の味」です。



●公開された原稿です。

・東京ブレイキングニュース

http://n-knuckles.com/serialization/pkashima/news002256.html


・「プチ鹿島のソースは東スポ!」(東スポWEB)

http://www.tokyo-sports.co.jp/blogtalent-p-kashima/594/

どちらもお題はモハメド・アリ。ぜひご一読を。

 

2016.06.09 Thursday 17:58 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】イルカさんに「なごり雪」の歌詞について解釈を聞いてみた。6月6日、6月7日

●6月6日(月)晴れ

東京ブレイキングニュースの原稿を仕上げて送る。

13時、TBSラジオ

本日のデイキャッチ・ニュースプレゼンターのコーナーは『菅官房長官、在職歴代2位 」というニュースについて。

いろいろ調べていくうちに歴代の「官房長官ベスト3」という座談会記事をみつける。

週刊朝日2014年8月の特集。『歴代官房長官ランキング 圧倒的支持で1位に輝いたのは?』
 
1位は「カミソリ後藤田」でした。

そのほかの順位やくわしい内容は、音声で聴いてください。
TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」 http://www.tbsradio.jp/41929


18時より、同じくTBSラジオ「東京ポッド許可局」収録。

1本目は「梅雨入り時事放談」。笑点の答えあわせ、オバマ、モハメド・アリなどなどが出てくる?
2本目も無事収録。
イベントの打ち合わせなども。

22時終了。

ハードコアチョコレートのMUNE社長が映画「FAKE」をみたらしく「見解を聞きたいです」というメールが入っていた。

そうなんです、この映画はみたあとが本番。すぐに話に行きたくなるが、原稿があったので後日飲むことで約束。

みんなでワイワイ語り合うのは楽しいし、刺激的だ。


●6月7日(火)晴れ

朝9時新宿。山梨へ。

「プチ鹿島の火曜キックス」(YBSラジオ)13時〜16時30分

本日のゲストはシンガーソングライターのイルカさん。今年でデビュー45周年だそうです。
TaNCjK09YSbIowL1465453046_1465453079.jpg
先月「東京ポッド」のリスナーから「なごり雪」の解釈についてどう思うか?というメールがきた。

「地方→東京」へ旅立つ情景ならわかるが、この曲は「東京→地方」へ戻るという歌詞。これについてどんな解釈をするか?という。

私は70年代前半という時代性もふまえ、東京の大学でモラトリアムを過ごした若者が、田舎へ帰って現実に向き合う風景を想像しました。「ふざけすぎた季節のあとで」という部分も、若者の自由な生活が目に浮かぶ。学生運動で夢破れて・・という人かも?

というわけでイルカさんに「なごり雪」の歌詞について解釈を聞いてみた。ご本人に聞くのは野暮ですがせっかくのタイミングなので。

まず、解釈は自由だと。

そのうえでイルカさんがどんな情景を思い浮かべるかというと「私はあの曲では、カップルの側ではなく舞い降りる雪のつもりで歌っています。俯瞰して情景をみているつもりです。」と答えてくださった。

す、すごい、舞い降りる雪だったのか。

いざ舞台で歌うときは色々考えることはない、とおっしゃっていました。

いいお話を聞けました。

『2016イルカ with Friends Vol.12 〜我が心の友へ〜』7月23日


 

2016.06.07 Tuesday 01:54 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】これは大ネタになるぞ。6月4日、6月5日

●6月4日(土)曇り

朝からメルマガ原稿。そしてデイリーニュースオンライン原稿。

ひと息ついて近所の図書館へ。というのもここしばらく気になることがあったのです。

それは伊勢志摩サミットで安倍首相が言ってた「リーマンショック前に似ている」という言葉。
増税延期のためのプレゼンだと思っていたら、「そんなことは言っていない」という報道が。

?????

これはもう、ここ10日間ぐらいの新聞記事をぜんぶ確認するしかないと思ったのです。

その成果を月曜締め切りの東京ブレイキングニュースで書こうかと思いました。

というわけでいざ図書館へ。

面白い。そうか、こんな事情があったのだな。

これは大ネタになるぞ。

夜に帰宅。

するとモハメド・アリ死去のニュースが・・・。


●6月5日(日)晴れ

アリ死去のニュース。プロボクシングが生んだスーパースターの人生は伝えられるべきことが多い。

そんななか私は気になった。

一般紙はあの「猪木アリ戦」をどう伝えるのか。いや、伝えないのか?

76年におこなわれた異種格闘技戦は今でこそ総合格闘技の礎として評価されるが、当時は「茶番」として伝えられた。このいわくつきの試合を、マスコミはアリの経歴に入れるのかどうか。野次馬としてはたまらない。

 本日の朝刊をすべて読んでみた。まず、アリの死を伝える各紙の一面見出しを並べてみる。

 『リング外 差別とも闘う モハメド・アリ氏死去』(読売)
 『信念の拳 世界を揺るがしたモハメド・アリさん死去』(朝日)
 『差別と闘った元王者 ムハマド・アリさん死去74歳』(毎日)
 『ムハマド・アリ氏死去 74歳元ヘビー級王者、黒人解放』(産経)
 『ムハマド・アリさん死去 反骨の元ヘビー級王者』(東京)
 『拳の英雄、差別・病と闘い アリさん死去 聖火ともし感動呼ぶ』(日経)

このあとの読み比べが面白かったので、急遽、東京ブレイキングニュースで書くことにする。ネタ的に火曜配信(6月7日)のこの媒体がいちばん早くてよいだろう。

ちなみにスポーツ新聞はこんな感じ。
IMG_5564_convert_20160607014552.jpg

そうそう、私も連載している「ゴング」最新号はなんと猪木アリ戦特集。あれから40年の特集だったのだけど、アリ追悼号にもなってしまった。

IMG_5439_convert_20160607012511.jpg
再読。

というわけで、昨日調べた「安倍首相、リーマンショック発言の研究」は次週のメルマガで書くことに決めた。

このネタは字数的にたっぷり書けるメルマガにこそぴったりかもしれない。

そして今日は「KAMINOGE」原稿。2500字。

私の文章をいち早く拾ってくれた媒体だ。ここのコラムをまとめ、加筆したものが「教養としてのプロレス」(双葉新書)である。

私にとって大恩人なのです「KAMINOGE」。

原稿を仕上げて、夜「デッドプール」鑑賞。



●公開された原稿です。

・デイリーニュースオンライン http://dailynewsonline.jp/intro/1140866/

・東スポWEB http://www.tokyo-sports.co.jp/blogtalent-p-kashima/589/

 

2016.06.05 Sunday 16:04 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】森達也監督に話を聞いてきました。6月2日、6月3日

●6月2日(木)晴れ

映画『FAKE』が6月4日より公開されますが、森達也監督に話を聞いてきました。

NGH_0124_.JPG
この「首絞め」には深い意味があります。

くわしくは本日から発売の「TVブロス」で。
コンビニで買えます。
IMG_5482_convert_20160605152427.jpg


続いては、
読売新聞の夕刊にコラムが載りました。
CkAlkn7VAAAoEFX_convert_20160605152505.jpg
良かったら読んでみてください。


●6月3日(金)いい天気。

日曜までに「KAMINOGE」原稿を書かなくてはいけないので、今日はメルマガ原稿にとりかかる。

テーマは「都知事選とは一体なんなのか?」について。
私、思い当たることがあるんです。都知事選がどうしてこういう著名人の人気投票みたいになったのか。

「ある人」の当選はヤバいんじゃないかと真剣に思った年があるんです。今回はそれをたっぷり書こう。

無駄に面白いと評判の「プチ鹿島メルマガ」はこちらです。毎週月曜配信です、バックナンバーもあります。
https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima

さて、本日は2歳の娘を初めて施設にあずけました。ウチはまだ保育園や幼稚園には通わせていない。まだ親と離れたことがないんです。今日初めて保育士さんがいる施設にあずけてみました。お昼まで3時間。

果たしてどうなるかとドキドキしていたけど、迎えにいくと寝てた。

最初の30分は一言もしゃべらずおもちゃで遊んでいたという。しかし一気に爆発して泣いて、そのまま疲れて寝たらしい。

でもよく頑張った。ほっとした。最近急に言葉を真似したり、人の顔を覚えてきた(テレビでモーリー・ロバートソンさんをみると「モーリー〜」と言う)。

日々成長しているこの頃です。

迎えにいった帰りに家族でランチ。離島の食材を集めた食堂でした。

IMG_5513_convert_20160605153728.jpg


 

2016.06.03 Friday 11:25 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】実は都議会の傍聴ってあんまり満員にならないらしい。今日はどうだ?6月1日

●6月1日(水)いい天気。

都議会へいく。
舛添都知事が、本日から開会する都議会定例会で所信表明をするからだ。

傍聴券を求めいざ。

都議会は13時から。傍聴券は1時間前から配布という。「先着順」。

午前10時。

思いのほか人は少ない。

実は都議会の傍聴ってあんまり満員にならないらしい。猪瀬前都知事がカバンに5000万入る、入らないで実演して面白かったあのときも満員ではなかったという。

今日はどうだ?

すると時間が迫るにつれて、列が混んできた。
60〜70代らしき方々が多い。
IMG_5486_convert_20160603104553.jpg
隣りの列の人と談笑。

IMG_5499_convert_20160603104719.jpg
フジテレビ「ユアタイム」。

無事に傍聴券ゲット。186席満席。舛添さん、猪瀬さんを超えたぞ。
IMG_5485_convert_20160603104622.jpg
13時までいったん外出。これが議事堂です。都庁とは別の建物。


FullSizeRender_convert_20160603105153.jpg
傍聴の様子(東京新聞6月2日)。真ん中に私が。

30分で散会。
初日で所信表明ということであっさり終わる。

議場から「野次や怒号」という報道もありましたが、私の印象ではそれは大げさ。

「とりあえず最後だけ野次っておこうか」という儀礼的でふわっとしたものに感じました。

むしろ「これで今後の追及大丈夫なのか?」と思ったほど。


14時前にTBSへ戻る。

15時30分からの「荒川強啓デイ・キャッチ!」で報告。

こちらで音声聴けます。ニュースランキングのコーナー。
http://www.tbsradio.jp/40550


17時、事務所。オフィス北野はTBSの近所にあって移動が楽なので、取材や打ち合わせはラジオ前後に入れるパターンが多い。

単行本の打ち合わせ。
1時間くらいみっちり。

帰宅途中、ある出版社の人に「鹿島さん!」と声をかけられる。先週、柳澤健さんと話をしたときに「仕事のできるアツい男」として話題になった人だった。いきなりバッタリ。奇遇だなぁ。

しばらく立ち話。電話番号を交換して別れる。

 

2016.05.30 Monday 12:07 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【プチ日記】国会図書館、まるで「お菓子の家」ですね。5月28日5月29日

●5月28日(土)晴れ

昼までメルマガ原稿。

そのあと国会図書館へ。「Number Web」で連載している「月刊スポーツ新聞時評」のため。

私は宅配でとっている新聞はスポーツ報知と朝日新聞。

報知の理由は、スポーツ新聞時評とともに「Number Web」で連載している2016年の高橋由伸の資料のため。保存用。

朝日の理由は各新聞・週刊誌を楽しむうえで。

というのも「朝日があんなこと書いていたけど」というネタが各紙(誌)で多いからだ。ネタの大元だからである。それならまずその前提を読んでおこうと。

かつては読売新聞、東京新聞、産経新聞もとっていたことがありますが、現在の宅配は2紙。他はコンビニで買ったりTBSラジオやYBSラジオで読む(恵まれてます)。

夕方は「東スポ」「日刊ゲンダイ」「夕刊フジ」を。東スポはもう30年以上読んでる。大学時代は田舎に住んでいたので原付バイクで往復40分かけて買いに行っていた。都会のありがたさを感じます。

そんなわけですが、「月間スポーツ新聞時評」という連載をしてるからには、あらためて月末に国会図書館で全紙チェックするのです。

国会図書館、まるで「お菓子の家」ですね。嬉しくて何から先に読んでいいのかわからない。

退館時間の17時まで。

帰宅後、メルマガ原稿を仕上げてデイリーニュースオンラインの原稿。

早く終わらせて録画した番組などをまとめてみるのが楽しみだったけど、結局今日も寝るまで。

週末の自宅作業(原稿)がいちばんヘビーで疲れるけど、メルマガは大サービス精神で張り切っちゃう。



●5月29日(日)晴れ

いい天気。

「ワイドナショー」などを見たあとに「月間スポーツ新聞時評」(「Number Web」)の原稿にとりかかる。

ここ10日ぐらい家族と外出できていないので、夕方にホテルへ食事の予約。それまでになんとか。

16時30分、いったん作業を終了して外出。

食事後、近くの「ユニクロ大感謝祭」へ。エアリズムが便利なので今年も買おうかと。レジまですごい行列。30メートルくらいあった。

帰宅後「笑点」の録画を。

「東京ポッド許可局」(TBSラジオ)で新司会や新メンバーの予想をして盛り上がった。これは想像や見立てというお遊びである。
たとえば「志らく師匠を新メンバーにどう?」などというプレゼンが出て盛り上がった。楽しいなぁ。

今日のオープニングを見たら、新メンバーはダンボールのなかに入っていた。あれを見た瞬間「志らくさんはないな」と思いました。
ダンボールに入る、入らないで揉めたけど「それを引き受ける志らくさん」も勝手に妄想。ほんと妄想です、すいません。

21時から「東京ブレイキングニュース」の原稿

24時より録画モノを数時間みて寝る。



●公開された原稿です。

・デイリーニュースオンライン http://dailynewsonline.jp/intro/1137075/

・東スポWEB http://www.tokyo-sports.co.jp/blogtalent-p-kashima/584/


 

2016.05.23 Monday 04:57 カテゴリ:プチ鹿島の芸術学部写真学科 by 専属アナ

リベンジ鰻。

去年、ある駅を降りた瞬間、鰻を焼いてる煙がぷんと漂ってきた。

なんだこれは。食べたくなるじゃないか。

煙のもとをたどっていくと、その店は大行列。

あきらめた。 

そして1年後。

行ってきました。数か月前から予約を入れてこの日を待ってた。

まずはビール。
uimgHlLuVVm0IUe1463946463_1463946482.jpg

そして・・・ 白焼きやら、骨のから揚げやら、つまんでいると・・

e3BcgRVBRijfD7s1463946373_1463946400.jpg
やっと会えたね。

これがまた身がしまって美味しい。私にもわかる。なんでだ?

どうやら、富士山の雪解け水に鰻を数日泳がして身をしめてるらしい。

また行くつもり。


 

2016.05.11 Wednesday 12:10 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

「笑点」について話してきました。

先日、「笑点」収録前の後楽園ホールにいってきました。
_daFEiIE7z0rmVa1462935717_1462935728.jpg
左がホール入り口です。長蛇の列。

私は現場のお客さんに「次の司会」について聞いてみたのす。

結果は、デイリーニュースオンライン・プチ鹿島コラムに書きました。

http://dailynewsonline.jp/intro/1126227/

そして、この報告をもとに「東京ポッド許可局」では笑点のキャスティングについていろいろ話してきました。今週の放送予定です。面白いですよ。

さて、メルマガでは下世話なゴールデンウィークについて書いております。こちらもよろしければどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年5月9日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第208回

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-----------------------------------------------------------------◇
1.プチニュース&時事ネタコメント
-----------------------------------------------------------------◇

こんにちはプチ鹿島です。ゴールデンウイーク、皆さんはどうお過ごしでしたでしょうか。
私はゴールデンウイークなのでゴールデンに下世話な本を読んでいました。それが今週のネタにつながったのですからラッキーでした。今回紹介しますが、まずはこちらのニュースを。

(1)SMAP解散説否定…ジャニー社長「絶対ないです」
(日刊スポーツ・5月5日)
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1642176.html

《一部ではメンバー間のすれ違いや、木村と中居の深い溝を指摘する声もある。
修復不可能との見方もあるが、ジャニー氏は解散、分裂を否定した。》

【プチコメント】
この記事を読んで私の野次馬根性が発動しました。

今年1月のSMAP解散騒動でつくづく実感したのは「火のない所に煙は立たぬ」ということです。
SMAPの解散報道が、東スポや週刊誌ではなく「朝刊スポーツ紙」に一斉に載ることで「ああ、噂は本当だったのか」としみじみした。
問題はその「火」がどの程度なのか?だ。
そこをわかって楽しむのがゴシップ記事との付き合い方だと思う。

たとえば、ぱちぱちと今も音を立てているのか、
すでに鎮火して煙が出てる程度なのか、
単に焦げ臭くて「何か匂う」だけなのか。
いや、利害が絡んだ「放火」という可能性はないのか?
噂というものはいろいろレベルがあるはず。

続きは、https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima


2016.04.29 Friday 12:10 カテゴリ:プチ鹿島の芸術学部写真学科 by 専属アナ

ターザン古希となる。

k2N5wb5uEhjvEDK1461898286.jpg
ターザン山本。
元・週刊プロレス編集長。1996年にプロレス界を「追放」されるまでは、カリスマ編集長として絶大な影響力を誇った(存在が大きくなりすぎたから追放されたのかもしれない)。

この人の書く文章には本当に煽られた。ワクワクした。

編集長を辞してからはキテレツなおじさんとしてなんだか20年経ったけど、でもほんとに「あの頃の」ターザンはすごかったんだから。

ターザンの文章を読みたいために、早売りをしてる遠くの駅まで時間とお金をかけてわざわざいったくらい。

paHC3FomLu6eVZW1461898438_1461898451.jpg
70歳を迎えたという。古希だ。
昨夜ニコ生で会い、「限定70」のバッジをもらいました。

あの頃の自分に報告してやりたい。

 

2016.04.27 Wednesday 09:59 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

雑誌掲載情報「女性自身」「散歩の達人」

発売中の「女性自身」で1月〜4月の熱愛芸能人についていろいろ語っています。

aj_8FBTgXkD3iju1461810390_1461810400.jpg

続いては「散歩の達人




OHvTR2zZtrtMI5V1461718082_1461718093.jpg
こんな感じです。

あと、「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!」では、ある「ミステリー」について。今まで書いてきたことの裏付けがとれました。
面白いですよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年4月25日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第206回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちはプチ鹿島です。今週はこの話題から。

(1)舛添知事、米国出張は1泊15万円
いずれも「要人の急な面会に備えて」スイートルーム(産経ニュース・4月21日)
http://www.sankei.com/politics/news/160421/plt1604210037-n1.html

【プチコメント】
「舛添要一のいい旅夢気分」。都知事っていいなぁ。

今回はその舛添氏が都知事になった経緯を思い出してみたいのだ。というのも、あのときの私の見立てがやっぱり当たっていたのか……という話を先日聞いたからです。

舛添氏の前の都知事を思い出してみよう。そう、猪瀬直樹氏でした。猪瀬氏は今から3年前の2013年12月に「徳洲会・5000万円」スキャンダルにまみれて辞任。年明け14年2月9日に都知事選が行われ、舛添氏が当選しました。

よく考えると、とんでもない展開の速さでした。何が? 猪瀬氏が消えるのが。

だって辞任3か月前はあのIOC総会があったんです。2020年東京五輪の招致を決め、猪瀬直樹もプレゼンに登場した絶頂の頃です。
しかし、わずか3カ月の間に天国から地獄へと急降下。

当時私はメルマガであの3カ月に何があったか調べました。
すると、こんな記事があったのです。

続きです→http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html


2016.04.15 Friday 11:19 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

1994年とはどんな年だったのか?ある見立てを書きました。「Number」創刊900号発売中です。

創刊900号を迎えた「Number」(文藝春秋)。
9NAXjwkEvtyNqFp1460685697_1460685709.jpg
羽生結弦、大谷翔平、萩野公介……華々しい活躍を続ける“1994年組”=“羽生世代”を特集しています。

私は、彼らが生まれた1994年とはどんな年だったのか?についてコラムを書きました。
O3_X_Npdtr6cvQV1460685886_1460685901.jpg
紙面がしわくちゃなのは、娘が通り過ぎたからです。

私のコラムは、「1994年(平成6年)とは昭和最後の年である」という見立てです。

只今発売中です。ぜひお読みください。



 

2016.04.03 Sunday 11:59 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

AV業界はほんとうに「悪」なのか?/『FAKE』

ずいぶん前から楽しみにしていた映画の情報が発表された。作品のテーマは「真実とは何か。虚偽とは何か」。

《作曲家の新垣隆氏(45)をゴーストライターとして起用しながら、聴覚障害者の作曲家として活動していた佐村河内守氏(52)の素顔に迫ったドキュメンタリー映画「FAKE」(森達也監督)が劇場公開されることが8日、分かった。6月4日から東京・渋谷のユーロスペースで上映される。》(スポーツ報知・3月9日)

森達也監督のコメントを読むと「さまざまな解釈と視点があるからこそ、この世界は自由で豊かで素晴らしい」と言っている。作品をどう解釈するかは見る人に委ねたいとしている。

森達也氏のこれまでの作品をみても、世の中の大多数がひとつの見方にダーッと流れるとき、少数の反対側のほうが気になる人なんだと思う。「世の中が疑わない大きなもの」をまず疑うと言ったほうがよいか。(2016-03-19 日刊大衆)
http://taishu.jp/topics/20650.php


さて、この「FAKE」の試写会に行ってきました。

 
「最後の12分についてのネタバレはやめてください」という説明がありましたので内容について詳細は書けませんが、あらためてあの事件について考えたことなど次回メルマガでは書きたいなぁと思います。
 

只今配信中の内容はこうなってます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年3月28日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第202回

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-----------------------------------------------------------------◇
1.プチニュース&時事ネタコメント
-----------------------------------------------------------------◇

こんにちはプチ鹿島です。
このメルマガが届く月曜には
「東京ポッド許可局」グローブ座の公演が
無事(?)終了してるはず。

9月の中野サンプラザ公演も発表されたと思いますが、
ライブ報告などはまた次回に書きます。

さて、次は今月ずっと考えていたニュースです。
先週予告したとおり、ちょっとたっぷり、じっくり。

<AV出演強要>「奴隷のような状況」「刑事罰が必要」
NPOが深刻な被害訴える(弁護士ドットコムニュース・3月3日)
https://www.bengo4.com/internet/n_4368/

《若い女性たちがアダルトビデオに強制出演させられているという実態を約半年かけて調査したNPO法人ヒューマンライツ・ナウは3月3日、東京・霞が関の弁護士会館で記者会見を開き、調査結果を発表した。同団体の事務局長をつとめる伊藤和子弁護士は「女性たちは意に反して性行為を強要、撮影されて、奴隷のような状況に追い込まれている。深刻な人権侵害だ」と訴えた。》

【プチコメント】
ちょっとこれはザワザワする。まずはリンク記事を読んでみてください。

NPO法人ヒューマンライツ・ナウという団体が、
若い女性たちがアダルトビデオへの出演を強要される被害の実態を
まとめた調査報告書を公表しました。

同団体の事務局長をつとめる伊藤和子弁護士は
「女性たちは意に反して性行為を強要、撮影されて、
奴隷のような状況に追い込まれている。深刻な人権侵害だ」
と訴えている。

《報告書の事例にあがった女性たちは、スカウトから「モデルにならない?」と声をかけられたり、撮影直前までアダルトビデオだと知らされないといった状況で、契約書や違約金などをたてに出演を強要されていたという。》

どこの世界にも悪い奴はいるなぁということだ。
改善は必要だ。

でも、どうしても次の言葉が気になるんです。
「ポルノ被害と性暴力を考える会」世話人の宮本節子氏の言葉です。

《「これだけ多くの被害者が生まれるのは、(アダルトビデオの)需要があるからだ。日本社会には、需要を喚起することにアクセルはあるが、ブレーキは一切ない。この需要についても、社会問題としていかなければならない」と話していた。》

この部分は何度読んでも驚く。

続き→・https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima


2016.03.23 Wednesday 18:23 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

あの本が出てきた!


むかしむかしに読んでた本。


おどろおどろしい絵がいいんです。


娘は週刊誌を読んでます。


さて、盛り上がってまいりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年3月21日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第201回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちはプチ鹿島です。

今週はこちらの話題から。

(1)ショーンK後任はハーバード卒米国人(デイリースポーツ・3月18日)

《学歴詐称で活動を自粛した経営コンサルタントの“ショーンK”ことショーン・マクアードル川上氏(47)がメーンキャスターを降板した、4月4日スタートの平日深夜の大型報道情報番組「ユアタイム〜あなたの時間〜」の後任に、国際ジャーナリストやラジオDJなどマルチに活躍するモーリー・ロバートソン氏が内定したことが17日、分かった。同氏は東大中退、
ハーバード大卒の高学歴エリートだ。》

【プチコメント】
これ、本当だったら面白いなぁ。私、まさに今こんなことを書いていたんです。

『それにしても思うのはショーンKがMCとして内定していたフジテレビの夜の情報番組「ユアタイム」だ。これ、もしかすると大化けするかもしれない。だってあとはプラスになるしかないではないか。フジといえば「夕やけニャンニャン」だっておニャン子クラブの初期メンバーが早々に不祥事で消えたあと他のメンバーがブレイクしている。マイナスをプラスに変えた。フジテレビに80年代の奇跡が残っていればいいのに。そんなひそかな期待もある。』

で、まさかのモーリー・ロバートソン後任情報ですよ。
いやぁおもしろい!
私は2年前から「Newsザップ!」というBSスカパーの番組で
モーリーさんと共演してるのですが、
何をふっても答えてくれるし会話は弾むし、
いってみればいつも「時事ネタ」を楽しんでいました。
視聴者からの反応も曜日別では
ダントツの反響があると自負しています。
フジテレビは開き直ってモーリーさんの知識とタレント性を信じて
できるだけ自由に扱ってほしい。
私、毎晩見ちゃうかも。

先週水曜日の「荒川強啓デイ・キャッチ!」の本番前、
コメンテーターの近藤勝重さん(毎日新聞の好々爺)が
「鹿島よぉ、あのショーンKてのは
どういうとこが魅力だった人なのかぁ〜」
といつものようにひょうひょうと聞いてきました。
学歴詐称が報じられて騒ぎになった日です。

私はショーンK氏とは昨年の年末特番で一緒になったことがある。

続き。
https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/page.php?k=kashima
 


2016.03.18 Friday 19:09 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

ドナルド・トランプ=ビンス・マクマホン説。

Ppm7uCP6VXN6k5u1458295465_1458295478.jpg

『ドナルド・トランプ=ビンス・マクマホン説。』

アメリカ大統領選の共和党指名候補争いでトップを走っているドナルド・トランプ。どうせそのうち落ちてくるさと言われながらスーパーチューズデーも制してしまった。

トランプの主張は無茶苦茶だ。「不法移民対策のためにアメリカとメキシコの間に大きな壁を建てる」「全てのイスラム教徒のアメリカ入国を禁止すべきだ」etc.

でも過激で下世話な存在になるほど注目せざるを得ない。ドナルド・トランプに眉をひそめればひそめるほど気になってしまうパラドックス。どうやらこれは私だけではないらしい。

たとえば1月末のFOXニュースによるテレビ討論会が象徴的だった。これをトランプはボイコットし、アイオワで独自イベントをぶつけた。

私はどちらのイベントも生中継で見たが、FOXの討論会では不在のトランプが主役だったのである。

他の候補者がトランプを批判すればするほどその存在が目立つ皮肉。トランプは自身の集会で黒人女性を登場させて肩を抱き、場内を騒然とさせた。刺激たっぷりの見せ方を実践していた。私は告白する。いかがなものかと思う一方で「もっと面白いショーを見せてくれ」と思う下世話な自分にも気づいた。

もっと言うと、FOXテレビとケンカするトランプの戦略に興味がいった。そもそもFOXとトランプは右寄りな立場は親和性がバツグンなのにトランプは「相方」を捨てたのだ。つまり、一定の支持基盤に満足していたら「そこそこ」で収まってしまう。FOXすら飲みこんで大化けをたくらむのがトランプ戦略だと理解したら、その「リアリティーショー」に目が離せなくなった。

 実は、トランプがウケている言説にも思い当たることがある。


〜続きは、 「KAMINOGE」最新号でどうぞ。〜



 

2016.02.05 Friday 12:22 カテゴリ:プチ鹿島の芸術学部写真学科 by 専属アナ

誘蛾灯。


いつもTBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」月曜日にご一緒している青木理さんにいただきました。
あの木嶋佳苗が「青木さんは私より上田さんを選んだのか」と嫉妬した作品の文庫化。

以下の書き起こしを読めば顛末がわかります。このトークは2年前の3月。この1か月後に私はTBSラジオで青木さんと毎週仕事することになるのだからおもしろいですね。

・吉田豪・プチ鹿島 木嶋佳苗ブログのスゴさを語り合う
http://miyearnzzlabo.com/archives/17724





THE ALFEEの最新アルバム『三位一体』

「to ぷち鹿島」。高見沢俊彦さんありがとうございます!


先日、あるドラマに出てきました。またお知らせします。

H9DP_tfleLIYfMr1454641971_1454641982.jpg
話題の「ゴング」。コラム書いてます。



 

2015.11.18 Wednesday 13:10 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

芸人はなぜクスリをやらないのか。

・女優・高部あいさん、処分保留で釈放(TBSニュース11月13日http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2634854.html

【プチコメント】
アイドルがコカインをやる時代になりました。俳優もミュージシャンもクスリでよく捕まります。

ではどの職業がもっともコンプライアンス的に安全なのか。それは芸人だろう。

 芸人はクスリをやらない。平成の芸人はやらない。なぜだろう。

よく言われるのが「偉大な先輩がやってないから」説。

【続きはこちらです。】

「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 」
 第180回(毎週配信。1ヵ月購読無料。)

ご登録はこちらから。
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html

                

 =========
 今週のラインナップ
=========

.謄蹐伴卆

芸人はなぜクスリをやらないのか

E卩遒砲弔い


●おまけコラム
プチ鹿島の芸人人生劇場


2015.10.26 Monday 11:43 カテゴリ:プチ鹿島の芸術学部写真学科 by 専属アナ

写真で報告。『孤独のグルメ』放送後のお店は実際どうなっているのか?|プチ鹿島コラム

「孤独のグルメ」で紹介された店って、行きたくてもすぐ行くのは自意識が邪魔をしますよね。

でもいったいどうなっているのだろう。なので「調査」に行ってきました。


清澄白河の商店街。かかしコンクールをやってました。篠原?(ともえじゃないほうの)。









くわしくはこちらで読んでください。

『孤独のグルメ』放送後のお店は実際どうなっているのか?|プチ鹿島コラム デイリーニュースオンライン 2015.10.25

http://dailynewsonline.jp/article/1030078/




 

2015.10.24 Saturday 16:46 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

おかげさまで完売しました。プチ鹿島漫談ライブ

11月27日(金)漫談ライブ、完売しました。

gVcgJ2uUmK4f7UT1407780964_1407780977.jpg

プチ鹿島漫談ライブ
〜おしゃべりの国からやってきた。〜


11月27日(金)新宿レフカダ

出演:プチ鹿島

ネタ予定 「真説・森喜朗」ほか

OPEN 19:00 / START 19:30
TICKET:ADV.¥2,000-  / DOOR.¥2,200- ※ワンドリンク別


まだ一か月先のライブなのに早々のご予約ありがとうございました。

ただ、なんせ、まだ先なので「チケットをあわてて予約したはいいものの、当日に仕事などが入ってしまった」という方も出てくると思います。

なので、そういったキャンセルも見越して当日券も出したいと思いますので「あ、売り切れたのか」と思ってしまった方も今後のお知らせにご注目ください。

http://lefkada.jp/schedule_1511.html#151127
 

2015.10.12 Monday 13:17 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【ノーベル文学賞】発表の瞬間、ハルキストゆかりの地で何が起きているのか?

こんにちはプチ鹿島です。

ノーベル文学賞の発表がありました。現地に行ってきました。

といっても村上春樹ファンの方々が集まって、発表の瞬間を待つイベントです。


神社の境内でおこなわれていました。


報道陣の数も多い。


あとでテレビを見てたら野次馬の私がいちばん奥に映ってた。

報告記はこちらです。

【ノーベル文学賞】発表の瞬間、ハルキストゆかりの地で何が起きているのか?
http://dailynewsonline.jp/article/1023237/




 

2015.09.22 Tuesday 16:55 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

安保と整形。

安保法案。私は共同通信のコラムでキーワードを「整形」にたとえました。

憲法を「ふつうに」読むと、軍隊の保持は想像できない。でも自衛のための戦力は持ってもいいだろうと日本は自衛隊を持った。暗黙の了解のオトナの判断だった。言ってみれば整形をしたのだ。

しかし今度はさらに「集団的自衛権」という整形をやろうという。こうなるともう、最初の「顔」(憲法)がどういうものかわからなくなってグチャグチャになってしまう。まったく別の顔になる。

さてコラムでは書かなかったのは、ここからです。


【続きはこちらで。】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 」第173回(毎週配信。1ヵ月購読無料。)

ご登録はこちらから。
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
                

 =========
 今週は以下のラインナップです。
=========


.淵ぅ肇ローラーと共犯者の自覚。


⊆衛隊と整形。


●プチ実感

●おまけコラム
すごい書き手があらわれた。


 


2015.09.16 Wednesday 21:50 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

「新国立競技場 迷走させた5人の男」という記事

こんにちはプチ鹿島です。

私は新国立競技場について、あらゆる記事や雑誌を読み比べて時系列を整理しながら自分の見立てを書いてきました。そのうち世間でも大問題に発展。

先週の「アエラ」9月14日号の「新国立競技場 迷走させた5人の男」という記事がよかったです。今までの答え合わせのようでした。
今週はまずこちらから。

 嵜傾駑競技場 迷走させた5人の男」(アエラ9月14日号)

《デザインが奇抜、工事が複雑、資材費が高騰……。理由はいろいろあるが、見落とされている問題がある。新国立競技場の規模である。他国の五輪スタジアムに比べ、けたたましく大きい。》

《ロンドンの2倍超。8万人収容は同じなのに、なぜ規模が2倍になるのか。ここに新国立競技場の謎が潜んでいる。》


まず、私がメルマガでこれまで書いてきた幾つかのポイントをあげる。

・東京五輪は2009年に「2016年大会」に立候補して落選した。このときのプレゼンは国立競技場を残し、晴海に新スタジアムをつくるという案。二つのスタジアムを併用するコンパクトプランだった。しかし落選したことでこの案は消える。

・ここで再度「2020年」招致に乗り出すよう、落ち込んでいた石原慎太郎都知事(当時)を説得したのが森喜朗だった。

・森氏は日本ラグビー協会の会長を長く務め、2019年に日本で開催されるラグビーW杯に尽力していた。森氏の狙いはラグビーW杯で新しいスタジアムを使うこと。ラグビーW杯は準決勝と決勝の会場は収容人数八万人以上が望ましいとされていたが、ラグビーW杯のために新国立を主張しても世論は動かせない。そこで、東京五輪のメインスタジアムとして新国立競技場実現に奮闘した。

・森喜朗「3、4千億円かかっても立派なものを造る。それだけのプライドが日本にあっていいと思う」(朝日新聞・2015年6月9日)

・安藤忠雄について。
デザイン・コンクールの委員長として、ザハ・ハディド案を選んだ(2012年11月)。しかしその前に安藤忠雄が参加した重要な会議があった。それが、JSC(日本スポーツ振興センター)が設置した「国立競技場将来構想有識者会議」。2012年3月のこと。
石原慎太郎都知事(当時)や森喜朗(ラグビー協会会長・当時)がいた。議論は非公開。これらのメンバーに加え、建築家で唯一参加していたのが安藤忠雄。ちなみにこの有識者会議の時点では東京五輪招致は決まっていない(決定は2013年9月)。

・ザハ・ハディド案に対する批判には「神宮の歴史的景観を壊す」という反対論も当初からあったが、でも、ぶっ壊すのはある意味当然。そこに「神宮外苑の再開発」が控えていれば壊したくて仕方ない。

以上、ポイントを簡単にまとめてみました。

今回の「アエラ」の記事は「国立競技場将来構想有識者会議」(以下「有識者会議」)に参加した14人のなかの有力者として森氏や石原氏以外に鈴木寛氏の重要性もあげる。

鈴木氏は2009年のIOC総会(2016年大会開催地決定)に民主党の文部科学副大臣(当時)として参加していた。ここで招致に敗れた鈴木氏は「8万人収容のスタジアムがなければ誘致競争の土俵にも上がれない」と実感したという。

【続きはこちらで。】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 」第172回(毎週配信。1ヵ月購読無料。)


ご登録はこちらから。
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html

                

 =========
 今週は以下のラインナップです。
=========


/傾駑競技場 迷走させた5人の男


⊂沢一郎探検記。


●プチ実感


2015.09.10 Thursday 03:40 カテゴリ:プチ鹿島の芸術学部写真学科 by 専属アナ

深夜のおやつ情報。

こんばんはプチ鹿島です。

仕事を終えてひと息つくこの時間。何かつまみながら新聞・週刊誌・飲酒をやるのが極上のひととき。

キッチンにいって適当なおやつないかな?と適当にこれを持ってきたんです。

IUqLFHsl8mX29K41441823015_1441823062.jpg

なんにも気にせず、ただの煎餅だと新聞を読みながら口にいれたら・・・

「え⁉なんだ」・・・すぐさま「うまい!」

あわててよくみると、

7o2IDmgY9iVLkNU1441822924_1441822965.jpg
あの納豆手巻きがそのままミニサイズで菓子になった感じ。しっとり・ねちょっと。

知りませんでした。これはクセになる。これ、もう有名なのかな?

あと、私はアーモンドにハマっているのですが、ウチが利用している食材の宅配では最近なかなか注文できなかったのです。品切れ的な。

で、やっと注文できるようになって、宅配されたので久しぶりに開封してみると・・・

prW93bIjFmXm4Cf1441822874_1441822887.jpg

明らかに以前より量が少ない。減ってる!

アーモンドが高騰しているという話は聞いてましたが、身をもって実感しました。

以上、深夜のおやつ話でした。



 

2015.08.29 Saturday 22:52 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

スイカの塩とは何か?

木曜夜は柴田勝頼選手出演の「NIKONOGE」(にこのげ)でした。

WELTZ12SsjdUVaW1440856108_1440856119.jpg

「ゴング」7号はその柴田選手大特集。



私の連載「時評」コラムも柴田勝頼選手のことを書きました。特集されるとは知らずに書きました。

「スイカの塩」です。読めばわかります。

よろしくお願いします。Amazonこちらです→ 「ゴング」


さぁ続いては『KAMINOGE』(かみのげ)です。最新号出ました。



表紙は何かな・・・?


葛西純×染谷将太!

こちらでもコラム書いてます。「白鵬と観客の不適切な関係とは何か?」です。
 

『KAMINOGE』vol.45のコンテンツ!!!

[灼熱の猛暑対談]
デスマッチ王、まさかの壮絶死!
葛西純が染谷将太にホメ殺される!!


Amazonはこちら。

『KAMINOGE』(かみのげ)vol. 45

発売日:2015年8月下旬
定価:954円(税抜き)
発行:東邦出版


■マサ斎藤
ブラッド・レイガンズ&ブロック・レスナーとの
海を越えた友情――
タフすぎる男たちの、熱き絆の物語

「ブロック(・レスナー)から
『マサ、Go For Brokeだ!』って
俺の好きな言葉で声をかけられて気合いが入ったよ。
2020年の東京オリンピックまでに身体を戻すのが目標だね」

■葛西純×染谷将太[俳優]
日本映画業界の期待を背負う演技派は、
なぜデスマッチのカリスマを敬愛するようになったのか?
そして、俳優の視点から見ても唸る葛西の表現力の凄さとは?

「葛西さんの試合は、映像で言うところのカット割りができてるんですよ。
それにひとつの作品かのような起承転結があって……」(染谷)
「これだけ褒められるとハードル上がっちゃいますね……。
これからの試合がやりづらい!(笑)」(葛西)

■田村潔司
頑固者はなぜ、6年7カ月ぶりの復帰戦に『巌流島』を選んだのか?
次の舞台は噂の大晦日興行か、それとも……

「格闘技界で俺の役目はもうとっくに終わってると思う。
ただ、『巌流島』っていうこれまでと毛色の違うところに出たことで、
いろんな可能性が広がったなと」

■田崎健太[ノンフィクション作家]
プロレスファンは喝采し、
『KAMINOGE』の“山本くん”は戦々恐々!?
長州力の全歴史を描いたノンフィクション
『真説・長州力 1951‐2015』をドロップ!!

「プロレスラーって振り切っちゃってて、
人の何倍も生きてるからおもしろいですよ。
長州さんの人生もなんかもうひと波乱ぐらいありそうですよね」

■朝倉未来&朝倉海
プロファイターも感嘆する脅威の打撃! YouTubeで見取り稽古!
アウトサイダーで旋風を巻き起こす最強兄弟をプロファイル!!

「全然練習してなくてこの結果ですからね。
UFCでもイケる自信ありますよ。
ボクらで格闘技を盛り上げたいですね」

■菊地成孔[音楽家/文筆家]
7・19『THE OUTSIDER 第36戦』で朝倉兄弟を目撃した
40代ユース社会/現在のアウトサイダー/ネオBを語る

「最新のBボーイは昔みたいにオラオラしてないんですよ。
朝倉兄弟のようにパッと見はわからない。
つまりアウトサイダーは依然として
ヤンキーカルチャーの鏡なんですよ」

■玉袋筋太郎“シュートボクシング創始者”シーザー武志 変態座談会
祝・還暦&シュートボクシング30周年!
UWFの始祖的存在の
物騒すぎる実話誌系半生!!

■マッスル坂井
8月5日、マッスル坂井と夕刻のテレフォンで。

「プロレスラーって、調子に乗り続けられるうちは、
ひたすら調子に乗り続けないとダメだと思うんですよ」

■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

■誰かヤツらを止めてくれ!
★カシン&アサシンズの『三者三様AKB』

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』

★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』

★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★岡倫之『オカロード番外編』
★兵庫慎司『プロレスとまったく関係なくはない話』
★いつみおママの『徳川15代を学び直そう』

[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』


 


2015.08.26 Wednesday 03:37 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

「トレース談話」とは何か?

こんにちはプチ鹿島です。最近何かと尾木ママがうるさいですね。

それはそうと、盗用・盗作ではなく「トレース」。またいい感じの流行語候補が出てきました。

今回はトレースに注目してみました。

安倍談話、各紙の社説割れる テレビ局は会見を中継(8月18日朝日新聞)
《「極めて不十分な内容」「真剣な気持ちが十分伝わる」。戦後70年の節目に発表された安倍晋三首相の談話(安倍談話)をめぐり、新聞各紙の社説は評価が割れた。》


私は思うのですが、今回の安倍談話こそ「トレース」物件ではなかったか。

しかもハッキリとした意思を持って。

村山談話や小泉談話を引用していました。これ、トレースです。

その結果、

・「主語はぼかされた」(朝日新聞)

・「誰に向けて、何を目指して出されたのか、その性格が不明確」(毎日新聞)

・「言葉の裏を見極めたい」(信濃毎日新聞)

というような評価が言われた。

でもこの「トレース」は、安倍談話の狙いであったことがわかる。私は次の記事を読んで確信しました。

・中韓、批判は抑制的 安倍談話(朝日新聞・8月16日)http://digital.asahi.com/articles/DA3S11918219.html
   
 中国と韓国の反応の部分を抜粋します。

■中国、強い表現避ける
中国外務省は14日深夜、木寺昌人駐中国大使を呼んで「厳正な立場」を伝えた。その上で華春瑩副報道局長名のコメントを出し、「戦争責任の明確な説明と誠意ある謝罪」を求める一方、「強烈な不満」などの強い批判の言葉は使わず、日中関係全体に影響を与えないよう抑制的な反応を見せた。関係筋によると、同省幹部は「対応が難しい」と困惑していたという。

 

■韓国、関係改善へ苦心
「残念な部分が少なくない」。韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は15日午前、日本の植民地支配からの解放を祝う「光復節」の演説で安倍談話をこう評した。一方で、歴代内閣の立場は今後も揺るぎないとしたことに「注目する」とも述べた。



《続きはこちらで読めます。》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 」第171回(毎週配信。1ヵ月購読無料。)


ご登録はこちらから。
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
                

 =========
 今週は以下のラインナップです。
=========


‖荵絢圓離妊競ぅ鵑鬟肇譟璽…佐野氏が謝罪(日テレニュース・8月15日)
http://www.news24.jp/articles/2015/08/15/07306959.html


安倍談話、各紙の社説割れる テレビ局は会見を中継(8月18日)http://digital.asahi.com/articles/ASH8K4STZH8KUTIL02H.html


0打楴鸛蠅痢屬泙△いい犬磴覆ぁ廚北酖涸然
[2015年8月21日18時46分]
 http://www.nikkansports.com/general/news/1526354.html
 


●プチ実感


2015.08.15 Saturday 12:23 カテゴリ:プチ鹿島の芸術学部写真学科 by 専属アナ

汁総選挙のドキュメントが、読めます。果たして私の推し汁は何位だったのか!?

mnfnk1DbE16_oIq1439608518_1439608529.jpg

私の推し汁「すき焼きの残った翌朝の汁」 ※今週の現場写真です。

果たして何位だったのか!?こちらで読めます。
 

TBSラジオ「東京ポッド許可局」番組公式HP
http://www.tbsradio.jp/tokyopod/2015/08/-201589-123.html



2015.08.10 Monday 20:33 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

「大東京ポッド許可局」4000字レポ。

こんにちはプチ鹿島です。

8月2日「大東京ポッド許可局」(渋谷公会堂)がおこなわれました。



最近は、夏の大会場(2000人規模)と年末の草月ホール(500人規模)のふたつのイベントが恒例化しています。2000人となると熱烈に応援してくださる方はもちろん、「なんか面白そうだから行ってみるか」という浮動票も巻き込まなければいけません。



これから2000人以上を目指すにはどうすればいいのか。昨年の日比谷公会堂でやったのが「俺たちに足りないのはアルフィー」論でした。

それから1年経って、アルフィーの高見沢俊彦さんがゲストに来てくださるのですから、これはもうたまらんドキュメントです。私自身も思うのですから局員の皆さんならなおさらだろう。

今後我々がどの程度まで行けるかはわからない。ただ、観客として見るならば、ワクワクドキドキするのはむしろ「今」なのだと思う。豪華なゲストが来て当然という立場になれたらもちろん嬉しいことですが、今ぐらいの存在時にミラクルなブッキングが実現するのはホントにやってて面白いです。



高見沢さんには図々しくも「許可局がアルフィーを目指すためには?」というコンセプトでお話を伺うスタイルにしました。アルフィーはメディアで華々しく売れたあとに全国津々浦々ライブでまわるようになります。だから厳密にいうと許可局とはスタートがちがう。ただ、最初の歴史を調べてみると「メリーアン」のヒット前から、アルフィーはライブでは観客動員はすごかったらしい。あえて許可局と共通点を探すならその点だろう(何度も言いますが図々しいことを書いています)。

なので、その流れで「2000人の会場は埋めました。これから次はどういうことをすれば4000人、5000人、1万人の動員になるのでしょう」という質問をしたのです。

すると「3人で歌をやっちゃえば?」と高見沢さん。もし評判になれば拡がりがすごいと。

この瞬間、我々3人はドキッとしました。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 」第169回(毎週配信。1ヵ月購読無料。)


ご登録はこちらから。
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html

                

 =========
 今週は以下のラインナップです。
=========


”霪5也・衆院議員、SEALDsを「自分中心、極端な利己的考え」と批判(The Huffington Post   2015年08月01日)


▲廛船灰薀燹崑臈豕ポッド許可局」4000字レポ。

「現場で汗をかいてるおじさんの強さ」論


●プチ実感

 


2015.08.05 Wednesday 22:03 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

思わず書いてしまいました!! 第168回

こんにちはプチ鹿島です。すでに先月の話になってしまいましたが「27時間テレビ」の放送後の話題について書かせてください。
 

.離屮灰峙搬次“破天荒”謝罪「車の愛し方を間違えた」(サンスポ・2015.7.30 )

《吉村は25、26日に放送されたフジテレビ系「FNS27時間テレビ」で、約2000万円で購入した愛車のBMWを自ら破壊。相方の徳井健太(34)と一緒に車体に乗って蹴るなどしてフロントガラスを割った破天荒芸人は、まさかの受賞に「車を愛しているがゆえ(に破壊した)。車好きの皆さん申し訳ありません!」と謝罪した。》



これはおかしい。なぜ「演者」が謝罪しなければいけないのか。本人は出るからには全力でやるに決まってる。


たぶんネットで非難が集中してこういう流れになったのだろうけども、演者が謝罪しなければいけないなんてどうかしてる。ドラマ「西部警察」の車の破壊シーンが気に入らないと言われたとして、果たして役者が謝罪するだろうか。そういえば『西部警察』のスペシャルドラマの撮影中に事故が起きて渡哲也が謝罪しましたが、あれは「制作サイド」としての渡哲也だ。


今回は「あの役柄が気に入らない、謝れ」と言っているようなものではないか?ドラマの登場人物のふるまいが気に入らないと言ってるようなもの。行間が読めないというか、目の前に映るものがすべて、という短絡的な発想には驚く。


さて次の話題もどこか似ているかもしれない。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 」第168回(毎週配信。1ヵ月購読無料。)


ご登録はこちらから。
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
                

 =========
 今週は以下のラインナップです。
=========

.離屮灰峙搬次“破天荒”謝罪「車の愛し方を間違えた」(サンスポ・2015.7.30 )


△△泙蠅飽嫐I毀世聞坩 横綱・白鵬がまた「悪役化」(週刊朝日・8月7日号)


ザハ氏が新国立改良案 首相に直談判、8月にも来日(日刊スポーツ7月29日)


ず週の下世話情報。


2015.07.31 Friday 21:24 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

【汁写真つき】「大東京ポッド許可局」(渋谷公会堂)物販情報です。

いよいよ日曜日「8月2日」が迫ってきました。

「大東京ポッド許可局」(渋谷公会堂)です。

おかげさまで前売り完売。2000人の夏祭りです。当日券も販売するというので「予定があったけど大丈夫になった!」という方はぜひどうぞ。

大注目の「汁総選挙」。


アヒージョの残り汁を冷蔵庫に入れて冷やしてみました。


サッポロ一番・塩ラーメン。



では物販情報です。TBSラジオ・番組公式HPから。http://www.tbsradio.jp/tokyopod/

【その1】きょかきょくんUSB
( 音入り¥18,000、音なし8GB ¥5,000 )


TBSラジオでの放送、2013年度・2014年度、2年分の音声が入ったUSB。
USB限定の、2年の論を振り返るトークも収録しました!



USB1-thumb-250xauto-139378.jpg










USB2-thumb-250xauto-139381.jpg






 




 

【その2】忘れ得ぬ手ぬぐい ¥1200


鹿島局員の忘れ得ぬ人。
あの「後ろに乗って」をイメージしてデザインした、
ロマンティックな手ぬぐいです

※参照 2013年9月14日「忘れ得ぬ人々論」
 

2015_東京ポッド_手拭い_image-thumb-autox641-139383.jpg
































 

【その3】すあま普及ステッカー 2枚セット ¥500

 

すあま1-thumb-autox202-139388.jpgすあま2-thumb-autox205-139386.jpg















 

「すあま知ってます」
「ちょっと待って!それ本当にすあまですか?」
という文字が入ったかわいいすあまくんステッカー

 

許可局員としての意思表示!
さらに、類似品が多いすあまを守る!


貼って、すあまを広め、すあまの地位向上を目指しましょう!


 

【その4】パンフレット (90ページ以上!) ¥2000


20150725210345.png

















■カレーグラビア(今年こそ!)
■反響が大きかった「論」の書き起こし
■3人の特別放談
■すあマップなど、すあま特集
■忘れ得ぬ人々特集
■マキタ流カレーレシピ などなど90ページを超える盛りだくさんの内容


【その5】カレー皿 ¥5000

去年のどんぶりに続き、今年も作っちゃいました。限定10皿!
値段が高いけど、原価は5000円を超えているため、赤字です。
買う意志のある方は、開演前に専用用紙に必要事項を記入し、
ご応募下さい。公演中に、購入権獲得者10名を発表します!

果たして10名以上の応募がくるのか・・・



R0017151.JPG










R0017153.JPG










R0017155.JPG










そのほか、会場のどこかに、渋谷公演限定のスタンプを置きますので、

是非ペタペタしてください。

パンフレットに、3人のサインページがあり、そこにスタンプを押せるスペースを作ってあります。

※パンフレットを買わなくても、もちろん押せます


 


2015.07.26 Sunday 02:43 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

一気!4誌まとめて紹介します。コラム発売情報【解説付き】

「宝島」連載「プチ鹿島ベストセラー縦読横読」は、「プロ野球死亡遊戯」(中溝康隆)を紹介しました。

《衝撃のデビュー戦を観た思い。著者は2010年10月からブログをスタート。巨人を、プロ野球を、今の時代を毎日書き続け、累計6000万アクセスのモンスターブログとなった。本書はその書籍化である。1000本近い記事の中から「時間の経過に耐えうること」「熱があること」「読んで前向きな気持ちになれること」(編集部談)を条件に絞り込んだというが、どれも目からウロコの面白さ。》



以下はこちらで。 「宝島」9月号。


続きまして連載第5回目を迎えました「ゆけゆけプチ鹿島!川口浩探検隊の探検隊! 」

b6z_lItB7P_rQGs1437843676_1437843693.jpg

mcocl3znWQD_8gY1426690041_1426690054.jpg

この連載、自分で言うのもなんだけど大化けの匂いプンプン。「水曜スペシャル」という番組を通して、テレビとは何か?エンタメとは何か?を論考してゆきます。現在は「水曜スペシャル」は当時のマスコミでどんな扱いを受けていたのかを知るためにすべて当時の記事を「探検」しています。

ここからみえたテレビの空気の変わり方とは? 今後は「中の人」「影響を受けた人」とも接触できそう。あの有名人も含めて。ワクワクします。ぜひともチェックお願いします。

ちなみに担当編集者は「教養としてのプロレス」を担当してくれた人です。今度はこの企画でタッグを組んでいます。

こちらでチェック→ EX大衆8月号


さぁ、続いてはこちら。「ゴング」vol.6です。
BI52cqvhh_CE9ae1437843353_1437843363.jpg
私は時評コラムを書いています。

今月は「Number表紙総選挙」について。

こちらですね。
y8bKrf8Fdwk8dSv1437227365_1437227388.jpg

え、なぜ「ゴング」で「Number表紙総選挙」のことを?

読めばわかります。
CKwupZhUkAElQIp.jpg
私しか書けないことです。ここで書くことに意味がある。

「ゴング」6号はこちらでぞうぞ。


続いてはこちら。『KAMINOGE』(かみのげ)vol. 44


プチ鹿島コラムは「新国立競技場とは何か?」

ニュース番組を見ていたら、中国に詳しいジャーナリスト・福島香織氏が情報の接し方について話していた。

中国のマスコミは宣伝機関であり、美化が多く、本当に知りたいことは書いてくれない。では、外側から中国を知りたい福島氏みたいな人はどうするか。まず香港あたりで発行されているゴシップ紙(誌)をチェックするらしい。「何割がホントで何割がウソかはわからない。とりあえず頭に入れておく」。

すると何年後かに「ああ、このことだったのか」と思い当たる記事があるのだという。中央でしゃべれないことを誰かがそっちへ流すのだろう。公式マスコミよりゴシップ紙のほうがホントのことを書いているという逆転現象。情報が玉石混交で読み手の判断にかかってくる。ゴシップ紙だからといって即座に馬鹿にできない。裏付けは不確かだが、そこにとんでもない真実が潜んでいる場合もあるからだ。

これってまるで全盛時のプロレス紙(誌)報道ではないか。読者は行間すら楽しむ。受け身が問われる。盲信も全否定もつまらない。何を信じて、何を遊ばせておくか。どれだけ半信半疑でいられるか。


9TTo6zk5aWQPG891437843252_1437843262.jpg
『KAMINOGE』(かみのげ)vol. 44
 

2015.07.23 Thursday 23:17 カテゴリ:プチ鹿島の芸術学部写真学科 by 専属アナ

オヤジジャーナルの星・清宮幸太郎《現場で確認》

早実の清宮幸太郎選手。

16歳なのにスポーツ紙のヒーローとなっています。

東スポコラムに清宮原稿を送ったあと、スポーツ紙にはこんな見出しが。

99PymSpnREK14kx1437590922_1437590934.jpg

エライ騒ぎです。

急遽、TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」の生中継レポで現場にも行けることに。

IS25woI0375t71S1437590553_1437590572.jpg
TBS出発。さぁ、神宮はどれだけお客が入っているんだろう。野次馬心がワクワク。

神宮の発売窓口。平日の午後3時前なのに人がたくさん。
tSYUN35EbFXrlpz1437590997_1437591013.jpg
決勝戦でもなかなか開放しないという外野席が開放。まだ準々決勝ですよ。


見てください、この大入り。

Jcwwip0lkShPM7B1437590782_1437590793.jpg
写真は清宮選手の打席です。

こんな記事も。

・早実・清宮 生中継終了で大騒ぎ「見せろ」注目度も怪物クラス (スポニチ)

《今夏高校野球の“怪物ルーキー”として注目されている早実・清宮幸太郎内野手(1年)が出場した西東京大会準々決勝「早実―八王子学園八王子」戦が22日、MX TOKYOで生中継されたが、2回の時点で放送が終了。ネット上では「やめるな」「放送できなかったのか」と打ち切りを嘆く声があふれた。》



オヤジジャーナルの未来はこの16歳にかかっている。
 

私が書いた東スポコラムはこちら。「早実・清宮幸太郎に女子アナはあと3年我慢して」
http://www.tokyo-sports.co.jp/blogtalent-p-kashima/341/


 

2015.07.22 Wednesday 11:25 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

「白紙」の表明からみえること。

みなさんこんにちはプチ鹿島です。

このメルマガを読んでくださる方がまたグングン増えているという。ありがとうございます。永いお付き合いをしていただけるモノを書いてゆきたい。よろしくお願いします。

さて、世間よりも早くこのメルマガでは「新国立競技場」について書いてきました。読み比べしながら疑問点を書いてきました。私は自分で直接取材して得る一次情報はありません。出てきた二次情報を読み比べすることによって「あれ?」と思ったことから想像を働かせることが好きです。このスタイルが最近ますます楽しくなってきました。

その「新国立競技場」ですが「白紙」となりました。

/傾駑競技場:「安保」衆院通過日、打開に動く(毎日新聞 2015年07月17日)http://mainichi.jp/sports/news/20150717k0000m010168000c.html

先週メルマガでこんなことを書きました。

《カードを握ったのは安倍首相なのである。たとえば安倍首相がこんなことを宣言したらどうだろう。

「新国立競技場の建設計画をもう一度見なおします!」

喝采を浴びるはずです。》

そしたらすぐに白紙表明。予想は当たった。でも完全的中ではない。だって「喝采を浴びる」ことはなかったからだ。

喝采にならなかったのは、安保法案が衆院を通過した日に「白紙表明」が出てきたから。多くの人がツッコんでいますが、これでは誰もが「安保隠し」と思うだろう。

なんでこんなミエミエの作戦をとったのか、と私も驚きました。なんでこんなことをしたのだろう。

次の記事をみてほしい。併せて読むと興味深いことが浮かび上がってくるのだ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 」第166回(毎週配信。1ヵ月購読無料。)



ご登録はこちらから。
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
                

 =========
 今週は以下のラインナップです。
=========


 崘鮖罅廚良縮世らみえること。
 

辻元清美
 

「Number 」(文藝春秋)の表紙総選挙、私の裏テーマとは。
 


2015.07.15 Wednesday 02:13 カテゴリ:プチ鹿島の芸術学部写真学科 by 専属アナ

露店が消えた「みたままつり」の様子。

・靖国神社「みたままつり」、ナンパ横行で露店中止(The Huffington Post )http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/13/mitama-festival_n_7790062.html

・靖国みたままつり、露店が消えた 若者らトラブル急増(朝日新聞)
http://digital.asahi.com/articles/ASH7D5630H7DUTIL00N.html


このニュースが話題です。

どんな様子なのか。夕飯を食べたあと散歩がてら行ってみました。けっこう家から近いのでよく行くんです。相撲観にいったりとか。

以下は、7月14日20時半すぎの写真。

FvyUspTavextRUn1436893390_1436893400.jpg

NM2FTuTQl8FHCrt1436893439_1436893452.jpg





 

2015.07.13 Monday 15:39 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

朝日新聞のプチ鹿島インタビュー。読んでみてください。

時代の空気について感じることをしゃべりました。
 

・政治家って言葉が命なのに、なんであんなどぎつい言葉を簡単に使うのでしょう。与党、野党というより社会全体の空気だと思います。みんな攻撃的になって強い言葉が飛び交う。ツッコミだけでおおらかなボケが足りない

・「最近、僕が気持ち悪いな、と思ったのは、安全保障担当の礒崎陽輔・首相補佐官のツイッターで起きた、ある『事件』です」

・「うかつな発言や行動は許さない、容赦なく罵倒する。相手に対して常に攻撃的で、どこかギスギスしている。そんな時代には、そういう風潮に合ったリーダーが出てくるのも当然です。日本も韓国も中国もみんな似たような攻撃的なリーダーだと感じます。狭量な時代を体現した狭量なリーダーと言えるのかもしれません」



などなどたくさん。記事の後半も、無料登録すれば読めます。

 
http://digital.asahi.com/articles/ASH796HH4H79UTFK017.html




 


2015.07.07 Tuesday 19:45 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

猪瀬直樹と東京五輪招致。あの3カ月に何が起きたのか。

ギリシャのお金に関する話が持ちきりだった先週。6月30日は「2000億円を超える債務の返済期限」で大騒ぎでした。同じ日に日本では、最初は「1625億円」だったはずの新国立競技場の総工費が「2520億円」だと発表された。ギリシャの金のルーズさを嗤えない。

この「調整会議」の模様をニュースでみていると、当然ですが森喜朗(組織委の会長)が上座で仕切り役をやっている。なんでこうなっちゃったんだろう。でも、この「なんで?」をあらためて考えるとなかなか味わい深い。

その点を頭に入れてこの記事を読んでみてください。今から2年前。当時の状況は「2020年の東京五輪の招致を決め、絶頂の猪瀬直樹」の頃です。

・安倍首相と猪瀬都知事 東京五輪大会組織委人事で足並みに乱れ(スポーツニッポン・2013年10月12日 )http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2013/10/12/kiji/K20131012006792831.html

《安倍晋三首相が2020年東京五輪開催に向けた準備を総括する大会組織委員会会長に森喜朗元首相(76)を充てる方向で調整していることが11日、分かった。政財界やスポーツ界に幅広い人脈を持つ森氏を起用し、オールジャパンで準備に取り組む狙い。一方、東京都の猪瀬直樹知事は「人選はぼくのところでやる」と否定し、準備の前段階で早くも足並みが乱れている。 》


話はここからです。

いったいどういう状況だったのか。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 」第164回(毎週月曜配信。1ヵ月購読無料。)


ご登録はこちらから。
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html

                

 =========
 今週は以下のラインナップです。
=========


|瀬直樹のあのときを考える


▲汽ぅ譽鵐肇泪献腑螢謄ー論


プチ実感


2015.06.29 Monday 11:04 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

安藤忠雄は本当に「戦犯」なのか?新国立競技場問題。

こんにちはプチ鹿島です。


・新国立で“沈黙”安藤忠雄氏の貴重な過去コメント(東スポ・06月19日)http://www.tokyo-sports.co.jp/blogwriter-
watanabe/31515/


【プチコメント】
盛り上がってまいりました新国立競技場問題。

「戦犯」のひとりとして名前があがるのが建築家の安藤忠雄氏です。

あの難解なデザインでお金がかかるザハ・ハディド案を選んだからだ。新国立競技場デザイン・コンクール(2012年)で委員長を務めた。

vcWUZMJsWWIfB1Z1432552570_1432552580.jpg

このコンペは決選投票になり、最後に安藤忠雄がザハ・ハディド案を推して決定した。いま安藤忠雄が批判されているのは「建設に莫大なお金がかかりそうな案をどうして選んだのか」という責任論です。なぜ安藤氏はあのデザインを選んだのか。

ここでふりかえりたいことがある。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 」第163回(毎週月曜夕方配信!1ヵ月購読無料。)

ご登録はこちらから。
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html

                

 =========
 今週は以下のラインナップです。
=========

々瀬すずのスタッフ軽視発言、伊集院光が擁護「そりゃ、お嬢ちゃんたちには分かんないよね」(The Huffington Post  )


⊃傾駑で“沈黙”安藤忠雄氏の貴重な過去コメント(東スポ・06月19日)「年金情報流出」発表遅れの真相(6月17日・東スポWeb)


プチ実感


2015.06.26 Friday 12:27 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

ロフトプラスワン20周年記念「時事ネタプラスワン!」7月2日(木)

「時事ネタプラスワン!」

7月2日(木)
はてなブックマーク - 「時事ネタプラスワン!」OPEN 18:30 / START 19:30

前売¥1800 / 当日¥2000(税込・要1オーダー500円以上)

時事ネタプラスワン!

【出演】
プチ鹿島(オフィス北野)
久田将義(「東京 BREAKING NEWS」編集長)
畠山理仁(フリーランスライター)
須田慎一郎 (ジャーナリスト)

ロフトプラスワン20周年を記念して、
「爆発的ここだけの話」ライブ、『時事ネタプラスワン!』開催決定!
あの話題もこの話題も当然出ます!

今回も須田慎一郎さんは前半より参加!
後半は皆さんからの質問も受け付けます。
今回も配信ナシ! どんな話題が飛び出すのか?
是非、現場にてお確かめ下さい!

時事ネタプラスワン!

2015.06.21 Sunday 18:25 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

自腹10万円は果たしてどうなったのか!今夜から放送、東京ポッド許可局出演《競馬場の達人》

グリーンチャンネル「競馬の達人」に出演してきました。東京ポッド許可局で。

1日12レースあるのですが、馬券代は自腹。

私は10万円を持参。

果たして結果は!?

FEhEWaAXH1eUvn31432469332_1432469350.jpg

《競馬場の達人》
日曜日 22:00 〜 22:30、24:30 〜 25:00(再)
月曜日 16:30 〜 17:00(再)、23:30 〜 24:00(再)
金曜日 23:00 〜 23:30(再)
土曜日 17:30 〜 18:00(再)

くわしくは番組HPで。
http://www.gch.jrao.ne.jp/program_horse_racing/racing_keibajyounotatsujin.html

 

2015.05.27 Wednesday 11:47 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

発売中の『KAMINOGE』vol. 42のコンテンツはこちら。

・プチ鹿島コラム「ラッスンゴレライってなんですのとは何か?」

ああ、プロレスを見ていないからこうなるのだ、と思う一件があったので書きとめておきたい。

「ラッスンゴレライにまつわる噂」のことである。「8・6秒バズーカー」というお笑いコンビ名はアメリカが広島に原爆を投下した1945年8月6日に由来して付けられたという噂。これがぐんぐんネットで拡散した。

ほかに言われたのが、

.「ラッスンゴレライ」=『落寸号令雷』で、米軍が原爆を落とす号令だという説

・「ちょっと待ってちょっと待ってお兄さ〜ん」というフレーズも、爆撃機「B―29」の中に「『Chotto Matte』という機体があったから説

などたくさんある。なかには原爆投下用に改造されたB−29の名称「Enola Gay Returns」を並びかえると「Ratsunne Goleray」(ラッスンゴレライ)になるという説も出てきた。解釈を見つけた人は「よっしゃ!」と思っただろう。

私もこういう噂話は大好物である。真実は別にあったのか!という。

ただ、この手の話って「相手」と「場所」が重要であることも確かだ。酒場の存在意義ってそういうことだろう。

【続きはこちらで】
VE7saQqshFAwsLG1432469243_1432469254.jpg

yw3IRm9x8B8slvb1432469032_1432469050.jpg

発売! 『KAMINOGE』vol. 42

FATEFUL SHOWDOWN
ロマンじゃ飯は食えないけど、ロマンがなけりゃ生きられない!!

■柴田勝頼

7・5大阪城ホールで柴田勝頼vs桜庭和志戦が決定!
師に対する3年間の思いから描かれるのは凄絶な愛憎劇――!!

「あの人には致命的なほどにプロレスに対する情熱が欠けてる。
俺はプロレス馬鹿だから一番危ない相手だと思います。
そこだけは覚悟しておいてほしい」

■桜庭和志

偉大なる英雄はなぜいまだ迷い続けているのか?
その原因をファンタジスタはすでに導き出していた――。

「総合格闘技は“算数”なんですよね。
完全に答えが決まっていてひとつだけ。
でもプロレスは“国語”なんですよ。
さらに言うと物語で、その物語がボクにはないから――」

■内藤哲也 with 通りすがりの飯伏幸太(友情出演?)

前号大反響の飯伏インタビューを受けて初登場!
最高のコンディションで仇敵・飯伏に大反撃!!

「俺は完全に素だから
たしかに悪いかもしれないけどそれを隠してない。
でも飯伏さんはところどころ隠して
スーパースターぶってるんですよ」

■田村潔司

またしても飛び出す、UWF道場・青春伝説!
そして闘病中のカッキーに、頑固者流のエール!!

「(垣原に)『いつでもリングで待ってる』
って言うとプレッシャーかけちゃうからさ。
『マイペースでがんばれ』でいいんじゃない?
俺に次の対戦相手になってほしいっていうなら、
それはそれでいいしね」

■石井岳龍[映画監督]

ロック映画の金字塔を打ち立て続ける革命児が語る“表現のロマン”
なぜロックをやる? なぜ映画を撮る? ここにその答えがある!!

「プロレスラーにはプロレスがあってよかったし、
俺には映画があってよかった。
ロマンじゃ食っていけないけど、ロマンがなきゃ生きていけないんだ」

■雨宮まみ[ライター]

「こじらせ女子」の生みの親が語る宝塚とプロレス
そして、「スーパースターとは何か」?

「『あなたは努力したら変われる』とか言われても、
普通は信じないですよね。
だけど、スーパースターに同じことを言われたら、
『そうですよね!』って思わされてしまう。
『私の好きなあの人に恥じないように生きよう』
って思わせてくれるのがスーパースターなんです」

■齋藤彰俊

三沢光晴さん七回忌を前に、
その最後の対戦相手が波乱のプロレス人生と
現在の心境を語る

「三沢社長は、奥様には
『もし試合中に事故を起こしてしまったとしても、
俺だったら(対戦相手には)謝らない』と言ってたらしいんです。
自分は三沢社長より人間的にも、
レスラーとしての器も小さいのかなって思いましたね」

■玉袋筋太郎“小さな巨人”グラン浜田変態座談会

ビバ・メヒコ!
ジャパニーズ・ルチャの先駆者は、
海外苦労話の定番・メキシコを誰よりも満喫していた!!

■マッスル坂井

5月7日、マッスル坂井と真夜中のテレフォンで。

「高木さんは言ってましたよ。
『俺は外の世界を見たり勉強したりっていうのを
こういうカタチでしかできないだろうから、
いいチャンスだと思ってるんだよね』って」

■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

■今月も毒ガス噴射!
★カシン&アサシンズの『三者三様AKB』

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』

★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
jbf9CAJe8_CUigz1432469164_1432469176.jpg

★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★岡倫之『オカロード番外編』
★【新連載!】兵庫慎司『プロレスとまったく関係なくはない話』
★【新連載!】いつみおママの『徳川15代を学び直そう』

[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』


2015.05.25 Monday 20:23 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

新国立競技場の「犯人」はこいつだ。/ 党首討論の真実

こんにちはプチ鹿島です。

今週はこちらから。

・今国会初の党首討論、安保法制で激しい論戦
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2496155.html


《今の国会で初めてとなる党首討論が行われ、自衛隊の海外での活動を大幅に拡大する安全保障法制などをめぐって、民主党・岡田代表ら野党の党首が安倍総理に論戦を挑みました。》


【プチコメント】

この党首討論は先週の水曜日の15時からおこなわれたのですが、私はそのあとすぐに放送された「荒川強啓デイ・キャッチ!」(TBSラジオ)のニュースプレゼンターのコーナーで、討論がどんな内容だったか報告するというネタをやりました。


なので15時から約1時間のあいだ、中継をスタッフと一緒に視聴。

まず、ものすごーく初歩的な感想から言うと「ああ、見てよかった」と思いました。


というのは、この手のものって、ニュースとか新聞記事でだいたいのことを知るのが普通だ。ハイライトを見て済ませる。みんな、それぞれ毎日仕事や学校があるなかで、わざわざ1時間も時間を割いてチェックすることはできないもの。


私も、この日は党首討論を報告するという「仕事」だったので、わざわざ見ることができた。ふだんならニュースで知る物件です。


でも生中継をみながら、「人に報告知するとしたらどこがポイントか」「どんなシーンが伝えやすいか」と自分で考えながらみたら、とても面白かったのです。まだ誰の、何も色のついていない状態でみてみると。報道する側の人からすれば超初歩的なことなんでしょうが、とても面白かった。同じ風景を見て何を取り出すのか、いってみれば芸人トークにも通じる。


【続きはこちらで】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第158回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html

                

 =========
 目次
=========

1.「より早く、より高く」新国立競技場の「犯人」はこいつだ。

vcWUZMJsWWIfB1Z1432552570_1432552580.jpg


2.党首討論の真実


・おまけコラム
橋下徹


2015.05.18 Monday 23:46 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

思わず書いてしまいました!! 第158回 大阪都構想とパンチ佐藤。

こんにちはプチ鹿島です。


最近ツイッターの乗っ取りが増えているようです。皆さんもご注意ください。


さて、先週のメルマガは各所で反響ありました。いろいろ繋がってきて面白い毎日です。


では今週はこちらから。

 屬笑い100万票」風吹くか 大阪都構想、芸人も論戦(朝日新聞・5月15日)http://www.asahi.com/articles/ASH5G15R6H5FPTIL02V.html

《お笑い芸人たちも論戦の盛り上げに一役買っている。17日に迫った、大阪市をなくして五つの特別区を設けるいわゆる「大阪都構想」の住民投票。結果は「お笑い100万票」の言葉を生んだ、大阪の中心部の将来像に直結する。笑いは市民の理解を助けるか。》


【プチコメント】


このメルマガが届くころには結果が出ている大阪都構想の住民投票。果たして結果はどうなっただろう。事前の予想では反対派が若干上回っているとの報道もあった。


ツイッターなどをみてると、例によって「橋下徹が好きか嫌いか」も大きなポイントのような気がします。そしてそれはある意味正しい。「政策も大事だけど結局、政局も馬鹿にできない」と常々主張している私の論理です。ここでいう政局とは政治家の人間性も含みます。


政策をきちんと吟味するのは理想ですが、だからといって誰もがそんな時間も情報量もない。みんな自分の仕事や生活で忙しいのだ。なら、政治家をみるしかない。橋下徹を信頼するのか、しないのか。住民にとってはそれだけの判断材料でもよいと思うのです。


「橋下徹は怪しい、拙速すぎる・だから中身はわからないが反対」という人もいてもいいし、「いや、橋下徹の突進力に期待」でもいい。

私がボンヤリ思うのは「都構想」は果たして大阪の人にどれだけウケがよかったのか?ということだ。もっと言えば、大阪人の自尊心をどれだけくすぐったのか?

そこが気になった理由を話します。

Oz3kl7OGUoXhIKg1431959981_1431960004.jpg


【続きはこちらで】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第158回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
                ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 =========
 目次
=========

1.大阪都構想で思ったこと /パンチ佐藤10万円のSNSについて


2.プチ実感 


おまけ
 過去に紹介した本。


2015.05.16 Saturday 22:29 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

前半1時間を無料公開中。時事ネタたっぷり。プチ鹿島×モーリー・ロバートソン対談!



プチ鹿島×モーリー対談「プロレス視点で見る日本政治」 (5月5日放送)

《右に左に原理主義化する人が多くなる中で、どうすれば「中道」でいられるのか?どうすれば右や左の「陰謀論」にハマらずに済むのか?プロレスファン目線で日本の政治を見る大切さを語り合う。》

ここでいうプロレス視点と言うのはひとつの見方にとらわれない「複眼的な見方」という意味。半信半疑の大切さです。

前半は安倍政権のことや古賀茂明のことや圧力とは何かとか時事ネタオンリー。
 

約1時間の動画を無料で公開中です。

 


2015.05.14 Thursday 22:42 カテゴリ:プチ鹿島の芸術学部写真学科 by 専属アナ

今日の散歩&雑誌掲載情報。

好評連載中の「プチ鹿島の芸人人生劇場」。(近い将来の書籍化が視野に入ってきたとの噂)

今回は「
HEY!たくちゃん」です。あの斬新なものまねの誕生、そして、なぜラーメン店も経営するのか?
とてもいい話が聞けました。

「アゴものまね」を見たとき、なんと凄い発見なのだろうと唸ってしまった。なぜアゴにたどり着けたのか?

「ものまねの世界をぶっ潰してやると思ったんですよ。」 (HEY!たくちゃん)

番組オーデションに行って大御所とネタがかぶると余った素材でやれと言われる。なら、自分で新しいジャンルをつくろうと決めた。

最大のヒントは「近く」にあるはずと思い、ものまね番組の画面を凝視した。「何がおこなわれていないか?」「ライバルがいない場所はどこか?」

気づいたことはノートにすべて書き出した。そしてある点に注目する。

nSIE9jLiesKn6nI1431609785_1431609803.jpg

【続きはこちらで】

CIRCUS MAX 6月号


●本日の散歩

「月刊ゴング」の原稿を終え、「共同通信」の原稿前に散歩決行!

1歳を超えてとにかくよちよち歩きしたがり中。散歩、本日二回目!

fGf5sq7t0Tse_ms1431608598_1431608609.jpg

wNwIvZRp7F_ElNi1431608544_1431608552.jpg

ちなみに先週の共同通信の写真コラムはこちらです。
https://imagelink.kyodonews.jp/web-Sales/web/03_member.html


 

2015.05.12 Tuesday 22:35 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

思わず書いてしまいました!! 第157回

こんにちはプチ鹿島です。

今週も「ここだけの話」をお楽しみください。

プチコラム「衝撃の夜。おそるべし井田真木子!」


さて、この項はニュースではなく、先週私が体験した話を書きたいと思います。すごい縁にめぐまれたなぁと色んな意味で感動&感心したのです。

先週火曜にモーリー・ロバートソンさんのニコ生番組にゲストに呼んでもらいました。

モーリーさんは東大&ハーバード大出身で「DJ、ミュージシャン、ラジオパーソナリティー、ジャーナリスト、作家、通訳者 」などなど、とにかく才能のカタマリの人。

私は去年10月からBSスカパーの「ニュースザップ」という番組でご一緒している。自分で言うのもなんですがモーリーさんとのコンビはとてもスイングしている。

私が共演の前にイメージしていたのは、モーリーさんとはある種の時事ネタ漫才をやろうと。それがうまくいった感じです。モーリーさんも私と共演するのを面白がってくれている。

そんなわけでニコ生番組のゲストにも呼んでくれた。

プチ鹿島×モーリー対談「プロレス視点で見る日本政治」

《右に左に原理主義化する人が多くなる中で、どうすれば「中道」でいられるのか?どうすれば右や左の「陰謀論」にハマらずに済むのか?プロレスファン目線で日本の政治を見る大切さを語り合う。》http://live.nicovideo.jp/watch/lv218403676


という内容。ここでいうプロレス視点と言うのはひとつの見方にとらわれない「複眼的な見方」という意味。半信半疑の大切さです。


で、前半は安倍政権のことや古賀茂明のことや圧力とは何かとか時事ネタオンリー。かなりのボリュームで視聴者にもウケてた。


そして後半。有料会員だけの時間帯になったらモーリーさんが突然「井田真木子」さんの著作をカバンから出してきたのです。


聞けば、モーリーさんは今は亡き井田さんと奇縁があったらしい。その秘話は今まで誰にも話したことがなかったという・・。


その前にノンフィクションライター・井田真木子さんについてあらためて説明しておこう。私は先月「共同通信」に頼まれて「本と私」というテーマでコラムを書きました。


【続きはこちらで】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第157回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
               ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 =========
 目次
=========

1.森達也が佐村河内ドキュメンタリー映画制作へ /井田真木子のノンフィクション

2.プチ実感 


おまけ
 過去に紹介した本。


2015.05.05 Tuesday 00:31 カテゴリ:プチ鹿島の芸術学部写真学科 by 専属アナ

「箱根山・大涌谷付近で火山性地震が多発」→ 「荒川強啓デイ・キャッチ!」で行ってきました。写真レポ。

昨日「残りのゴールデンウィークを楽しもう」と言った矢先、今日は「箱根」へ行ってきました。

「荒川強啓デイ・キャッチ!」(TBSラジオ)のニュースプレゼンターで出張です。

毎週月曜と水曜は午前中に原稿を書いて昼過ぎにTBSへ向かうのですが、今日は「お昼に東京駅集合」という連絡が。

「箱根山・大涌谷付近で火山性地震が多発」 というニュース。現地に行ってみようというわけです。

連絡をもらって1時間後には新幹線で小田原へ。まさかこんな展開になるとはさっきまで思ってもみなかった。

私は3月に箱根湯本に家族で行ったのですが、そのときは卒業旅行の学生と外国人(おもに中国)で平日なのにとても混んでいた。http://orenobaka.com/?eid=3656

さて今回はどうだろう。ニュースの影響はあるのか?

すると・・・

まったく関係ない混雑ぶり。箱根湯本から強羅駅へいく電車待ちの人々。国際的な客層もわかると思います。

Idi9hPpiXNVDrWJ1430749820_1430749831.jpg
目指す「大涌谷」へは、電車のあと「ケーブルカー」→「ロープウェイ」。

ロープウェイ乗り場にはお客さんもたくさん。

bPkczj191kBTLfS1430749896_1430749907.jpg
絶景。

しかし!あっという間に雲行きが怪しくなって雨や霧、風が吹いてきて・・

R_Nk0juIvTpVjQq1430749959_1430749969.jpg
何も見えなくなる!これは怖い。

aFnSWzeACP9HsX61430750027_1430750037.jpg
やっとのことで大涌谷に着いたのですが、風と雨で視界不良。



MR6GnjEhXIvF7Cv1430750320_1430750343.jpg
大涌谷自然研究路というのも閉鎖されて「現在地」で行き止め。
それはわかっていたのですが、風と雨と霧で本日の目的である噴気活動も見えない。

ONOF_dSdpUO3Atk1430750091_1430750108.jpg
こんな感じ。さすがに人もいなくなってきた。

hXesmCgERO4IrF91430750248_1430750259.jpg
気が付けば、観光客より各局の報道陣だらけ。

私もいろいろ散策していたら、
「すいませーん。ちょっとお話いいですか。TBSテレビなんですが」と話しかけられる。

「あ、ラジオなんですけど」とこちらも返答する。

9FSGCFCYJBMFGlZ1430750405_1430750417.jpg
しばらくすると、

どこかで聞き覚えある声だと思ったらTBS・小林悠アナウンサーが。しばし雑談。

というわけで私たちもこの近辺で生中継しました。

山の天気は怖い。つくづく実感しました。

iLYiMWm_mfZheQu1430750560_1430750571.jpg
帰りに同行してくれたデイレクターと鰻を食べました。

まさかのゴールデンウィーク旅行でした。

日付け変わって本日の火曜は山梨・YBSラジオ「プチ鹿島のキックス」と、
モーリー・ロバートソンさんのニコ生番組ゲストです。

「プチ鹿島の火曜キックス」はネット中継もあります。
祝日ですのでご視聴どうでしょう。13時〜16時30分です。
http://www.ybs.jp/radio/kikkus/2014/03/26123443.html

大尊敬するモーリーさんのニコ生番組は20時からの放送。
私は山梨からUターンして伺います。急げ!語りたいことはたくさんある!
http://live.nicovideo.jp/watch/lv218403676

また面白そうな一日です。


 

2015.04.30 Thursday 10:50 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

「水曜スペシャル」連載など雑誌情報。

連載第2話
「ゆけゆけプチ鹿島!川口浩探検隊の探検隊!」

mcocl3znWQD_8gY1426690041_1426690054.jpg

《私は今こそ「川口浩探検隊」の探検隊に出発することを宣言する。》

初回のコラムをそう書いて終えた。

いよいよ真実を探る旅へ出発だ。そこで、まず最初に記しておきたいことがある。私の立ち位置、スタンスである。それは「半笑いではない」ということだ。これはキッパリ伝えておきたい。

というのは、川口浩探検隊が語られるうえで必ずついて回るのは半笑いなのだ。ツッコミ目線なのである。ネタとしての対象といってよい。この番組には、ネットが無い時代から人々によるツッコミ語りが発生していた特性がある。

いや、もっと言えば、現代のツッコミ時代の礎を築いた存在のひとつが「川口浩探検隊」なのかもしれない。これは私の大切な仮説である。
 

We5VmBsp_ISGxwY1430316991_1430317001.jpg

【続きはこちらで!】

EX大衆5月号


「宝島」 
連載もよろしくお願いします
foS5nfGAFeUFbeb1430357699_1430357710.jpg


2015.04.26 Sunday 16:15 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

古賀茂明は英雄か?不穏試合を考える。

長いことプロレスを観ていると、不穏で、不規則で、不明すぎる試合に遭遇することがある。プロレスとして成り立たないおかしな試合に。


観客席の我々はその真相を永遠に知ることはできない。リングは四方からすべて見えているはずなのに、「真ん中」が見えないのだ。


四方から見えているからこそ見え方が異なるとも言える。人それぞれに真実がある。では各々の角度を想像するしかない。


このところ不穏試合について考えさせられる案件がよく続く。


3月末にテレビ朝日系「報道ステーション」で不測の事態があった。コメンテーターとして出演していた古賀茂明氏(元経済産業省官僚)が、古舘伊知郎キャスターの話を突然さえぎり自らの降板理由を述べ始めたのだ。


「テレビ朝日の会長と、古舘プロジェクトの会長の意向で今日が最後ということになりました。」「菅官房長官をはじめ官邸のみなさんにはものすごいバッシングを受けてきました」


古賀氏は自身の安倍政権への批判的な言動が番組降板の理由だと主張しながら最後に「I am not Abe」と書いたフリップを見せた。古舘キャスターは即座に否定。ギクシャクした空気が流れた。この生放送が「古賀氏がガチを仕掛けた」「番組ジャック」と騒然となった。この騒動をどう捉えればよいのか。古賀茂明は英雄か?


今回私が考えたいのは不穏試合の定義なのである。

 

【続きはこちらで!】

オー・ブラザー!

『KAMINOGE』(かみのげ)vol. 41

発売日:2015年4月下旬
 定価:954円(税抜き)
 発行:東邦出版


x167JdcHUd0umNE1430031586_1430031598.jpg

ウチのプ女子もおススメ!

■鈴木みのる×葛西純
プロレスとデスマッチ、
それぞれでバイオレンスを表現する男たちの共通点とは?
“世界一性格の悪い男”と“世界一のデスマッチファイター”が、
 異種接近遭遇!

「バルコニーダイブって、勝負論だけで言ったら
意味がわからないですよね(笑)。
だけどお客さんがいるからやってしまうんです」(葛西)
 「身体を張ったって、客がウンともスンとも言わないヤツもいる。
だけど葛西はデスマッチじゃない普通の試合で、技自体は
大したことやらなくても、客がうれしそうなんだよね」(鈴木)


■飯伏幸太

2団体所属契約から1年半。業界初の快挙を
果たした男が出したひとつの結論とは?

 「組織には馴染まずに孤立したほうが上がっていくんですよ。
 馴染むとそこで止まるんです。
だからボクもこうして孤立を楽しんでるじゃないですか(笑)」

■RYO[鉄アレイ]×小島聡

 噂のお兄ちゃんを出しちゃうぞ、バカヤロー!!
ハードコアなプロレス大好き兄弟の美しき物語

 「ぶっちゃけ俺はコイツを尊敬してるんじゃない?
プロレスラーなんて大変な職業、凄いよな(RYO)」
 「いや、性格的にも過去の歴史にしても、
どう見ても兄のほうがプロレスラーなんですよ(笑)」(小島)


■藤井健太郎(『水曜日のダウンタウン』演出)×大井洋一(『水曜日のダウンタウン』構成作家)

いま一番チャレンジ精神と悪意に溢れた番組『水曜日のダウンタウン』
センスありまくりの“スーパー・センス・マシン”が作ってる説!

 「松本(人志)さんと面と向かって
打ち合わせできる人って、あんまり知らない。
それがこの藤井健太郎はね、
プレゼンができて、ディスカッションができて、
なおかつ松本さんを笑わすことができるんですよ」


■中野巽耀

いまだ現役の炎、燃える、燃える、燃える!
 野武士の語る、UWF、眦脹簓А△修靴禿稽狂三賚此宗宗

 「ダラダラとクソみたいな試合をやるんじゃなくて、
60歳までこの状態で、厳しい練習をずっと続けられたら、
 一目置かれるんじゃないかなって。俺はそれにかけてるの」


■青木真也×澤田敦士

 我々はすでにケンドー・カシンの支配下におかれているのか?
 青木を巻き添えに本誌の文脈になかったあの売名王が登場

 「ボクがなんのために生きているか?
それはみんなの笑顔が見たいからです」(澤田)
 「なんで『KAMINOGE』に
 こんな売名命的な男が出てくるんだよ(笑)」(青木)


■玉袋筋太郎“サムライ・シロー”越中詩郎変態座談会
 背中で語るだけじゃ物足りない!
 戦友・三沢とのメキシコ時代だって、BI砲だって、
 鶴龍コンビだって、この饒舌侍が全部喋ってやるって!!


■マッスル坂井×九龍ジョー[編集者/ライター]

さよなら九龍ジョー!
あの「煽りパワポ」にも影響を与えた男が教える、
マッスル坂井が次に読むべき本は何か?(のはずが……)

 「『プロレスキャノンボール』が、
さらに外側の人をのめり込ませるときに
読んでほしい本があって。たしかにあれは
凄くいい映画だと思うけど……」(九龍)
 「俺に必要な本を教えてくれたかと思ったら、
 返す刀で映画のダメ出し。
いつもこうだから、俺は気が狂いそうになるんですよ(笑)」(坂井)


■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

■待望の新連載!
カシン&アサシンズの『三者三様AKB』

■世界最強のオタクが語る、エンターテインメント!
★岡倫之の『オカロード番外編』


[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』

★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』

★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』(最終回)

[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』第13話

 

 


2015.04.23 Thursday 20:03 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第回154回

こんにちはプチ鹿島です。

先週放送された「水曜日のダウンタウン」の「エル・チキンライス」面白かったですね。バラエティでもあり、最高のドキュメントだったと思います。


放送2日後、大盛りのチキンライスを食べている知人のツイートを見て「まさにエル(L)チキンライスやぁ〜」と私は嬉しくてリツイートしたのですが、誰もその意味に気づいてくれませんでした。私の密かな行間遊びだけで終わりました。


でも別にいいんです。チキンライスが美味そうだったから。


では今週はこちらから。

今週は今までメルマガで書いてきたことが全部リンクしてる3本のニュースですよ!


ゝ国の産経新聞前支局長が首相と面会(4月15日 ・NHKニュース)http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150415/k10010049051000.html

《韓国政府による出国禁止措置の解除を受けて、14日帰国した、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が、総理大臣官邸を訪れて安倍総理大臣と面会し、これまでの政府の対応に謝意を伝えました。》


【プチコメント】

この産経前支局長問題。どんな内容だったのかあらためて確認してみよう。

〈産経新聞前支局長の起訴〉朝日新聞・2014年10月12日

【 産経新聞は8月3日付で、ソウル支局長だった加藤達也氏の記事を同紙のウェブサイトに掲載した。記事は、韓国の大統領府秘書室長が国会で、旅客船セウォル号が沈没した4月16日の朴槿恵大統領の所在をはっきり答えなかったことを紹介。韓国紙のコラムや証券街の情報を引用し、男性と会っていたという「うわさ」があることを伝えた。

 韓国の市民団体が朴氏の名誉を傷つけたとして加藤氏を告発したのを受け、ソウル中央地検が捜査を開始。加藤氏を出国禁止処分にした上で、8月18日から3回にわたり事情を聴き、10月8日に情報通信網法違反(名誉毀損(きそん))の罪で在宅起訴した。】


さらに朝日新聞の社説(「産経記者起訴―大切なものを手放した」2014年10月10日)から論点を引用します。http://digital.asahi.com/articles/ASGB9368RGB9USPT001.html?ref=reca


・(韓国の)検察の判断には政権の意向が反映されたとみられる。


・報道内容が気にいらないからといって、政権が力でねじふせるのは暴挙である。


・この記事には、うわさの内容を裏付けるような取材結果が示されているとは言いがたい。だが、仮に報道の質に問題があるとしても、公権力で圧迫することは決して許されない。


・大統領批判に加わった者は、容赦なく国家権力を発動して狙い撃ちする、と受け取られてもしかたあるまい。

以上が朝日が解説した「産経事件」の論点である。


私はこれまで「狭量な時代の狭量なリーダー」というキーワードを書いてきました。


日本、韓国、中国。それぞれリーダーはかなり「ツッコミ気質」だと思うのです。これは個人の資質だけでなく、時代の空気を反映しているのではないか?という見方です。ツッコミ社会のムードにのってトップに立ったのだから、ツッコミの細かさは「性分」なんだろうと。それを売りにしていかなければいけないのだろうと。


たとえば安倍首相は国会で自ら率先して野次を言う。これ、昔の総理像からすると考えられない。デンと構えているのではなく、リーダー自ら攻撃的なのだ。


そして韓国のパク大統領のあの「ナッツリターン事件」での振る舞い。わかりやすい悪役があらわれ、人気が稼げそうとなれば国民と一緒に叩いた。激しいツッコミ役でした。


で、今回の「産経前支局長」問題です。自分のことを悪く書く奴はゆるさないという点も重要ですが、相手が日本人という点も大きかったと思う。国民ウケする可能性があるからだ。


結局昨年8月から「出国禁止措置」が続き、今回八カ月ぶりに産経の前支局長は帰国できた。


さて、私が注目したいのはここからなのだ。


ひとりの記者がこれだけ権力から弾圧されたのですから、日本国内はもっと蜂の巣をつついたような騒ぎになってもいい大事件です。しかし意外に平穏でした。


【続きはこちらで!】
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第154回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html

            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 =========
 目次
=========

1.右も左も関係ねー。


2.プチ実感 


おまけ
 過去に紹介した本。


2015.04.14 Tuesday 00:58 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

「中年童貞」と芸人。

こんにちはプチ鹿島です。


信州大学の入学式で、山沢清人学長が新入生に語りかけた言葉が話題になりました。


「スマホやめますか、それとも信大生やめますか」http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/07/smartphone_n_7021616.html?


ちゃんと読めば別に騒ぐような内容でもないのですが、言葉がキャッチーで、むしろネットにも向いてそうな学長さんでした。

ではこちらの話題から。


・中年童貞は「社会問題」なのか?(日刊SPA・2015.03.01)http://nikkan-spa.jp/805407


《昨年2月末、幻冬舎のウェブサイト上に「ルポ 中年童貞」がアップされた。公開直後から同社史上空前の大炎上を食らい、世間の注目を大いに集めた賛否両論のコンテンツである。このルポはその後連載シリーズとなり、今年1月末に幻冬舎新書として発売された。》


【プチコメント】

「ルポ 中年童貞」(中村淳彦・幻冬舎新書)という本を読みました。

ヘ〜と興味深く読んだのですが、WEB連載時はかなり「大炎上」したという。

そのひとつがここらへんの記述だろうか。


 「僕は7年前から介護の会社を経営しているのですが、現場はあらゆるトラブルにまみれ。介護職たちは、本当にどうでもいい理由で同僚と毎日いがみあっています。本当に地獄という言葉がピッタリな大変な世界。いったいなにが悪いのかと、経営者としてずっと考えていた。会社を起こして3年くらいした頃、35歳すぎの低学歴の未婚男性に原因があることに気づいたわけです。実家暮らし、未婚、女っ気がない、外見スペックが低い。話を聞くと女性経験もない、20年前の初恋を引きづっているとか……いわゆる中年童貞がトラブルの中心にいた」


著者曰く、介護事業は不人気であるため人材不足は深刻。ゆえに希望者全員が採用され、他業種ではありえない人材の異常な質の低下が全国的に進行していると書く。だからコミュニケーション能力が低いトラブルメーカーも簡単に職に就ける、と。


《どうして彼らが繰り返し人間関係でトラブルを起こすのか。深い疑問が浮かんだ。すべての問題は、彼らが周囲の人間と軋轢を起こしたり、他人を攻撃したり、イジメたりすることから始まる。その行動がいかによくないことか注意してもまったく理解してもらえない。彼らは決定的に物事の考え方や行動が周囲とはズレていた。》(「はじめに」)


その彼らに「セックス経験の有無」を聞くと「童貞」だったのだという。中年童貞=コミュニケーション不足の人、中年童貞=プライドだけが高い、という著者の推察。


この見立てはすごい。凄すぎるからこそ「それはあくまで個人の問題であり、童貞という属性には関係ないだろう」という反発がまき起こったに違いない。


【続きはこちらで!】
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第回153回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 =========
 目次
=========

1.「中年童貞」と芸人。ほか。


   2.プチ実感 


おまけ
 過去に紹介した本。
 


2015.03.27 Friday 22:42 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

ウチの「プ女子」も手離さない(参照)、『KAMINOGE』(かみのげ)vol. 40情報です。

 連載・プチ鹿島コラム
《いわゆる「プ女子」報道について。 》


最近興味深かったのは浅野忠信の発言だ。役者として一番大事にしているのが、友達の母親が自身の演技を見た時の反応だと言うのだ。


「映画ファンや映画オタクの反応なんてどうでもいい。彼らはオタク気質であれこれ言うけど、そんなもの『友達のお母さん』は見てない。見ているのは『俳優から出ている心』だけなんですよ」(「ブルーリボン賞」主演男優賞・東スポでのインタビュー)。


映画にうるさい人たちに支持されているイメージのある浅野忠信だが、「モノを伝えること」についてはマニアではなく「友達のお母さん=一般世間」に届くことを考えていた。それがうかがい知れた。


私はどこか、棚橋弘至のやってきたことを思い出した。


【続きはこちら。】

BTqRd9UEy_zKr1C1427249588_1427249601.jpg

ウチの「プ女子」も手離さない、『KAMINOGE』(かみのげ)vol. 40情報です。
 

カシンからとんかつDJアゲ太郎まで!
いつもよりも問題児を30%増量!!(当社比)

『KAMINOGE』(かみのげ)vol. 40

定価:954円(税抜き)
発行:東邦出版


■中邑真輔
 刺激を求め続けるがゆえのエアポケット状態
されどキングらしく能弁にプロレスを語る

「ボクは今後、 何をするべきですかね?
 飯伏戦後、もうプロレス辞めてもいいやぐらいの気持ちがあった」


■ケンドー・カシン
 あの“問題児”が待望の本誌初登場!
そして本誌で新連載スタートを確約!?

「新日本はさらに人気が出ればいい。
やっぱり永田・中西のようなブサイクがトップを取っていたことが
 プロレスの人気がなくなった原因でもあったわけだから」


■玉袋筋太郎 “ミスター・プロレス” 天龍源一郎 変態座談会
2015年11月・現役引退を表明
多くの興奮と感動を与えてくれたことに感謝!
この男の熱き生き様を最後まで見届けろ!!


■青木真也
 青木、おまえもか!
 新日ジュニア推しの過去を胸に
憧れのカシンと闘って深刻なエアポケット状態に!!

「ボクの人生においてケンドー・カシン戦が一番の経験でしょうね。
これから先にこれ以上のことはないから
 どう生きていけばいいのかわからない」


■山田千景[獣神サンダー・ライガー夫人]
プロレス観戦歴40年!
「元祖・プ女子」として、
いや、ひとりの 「プロレスファン」として、
プ女子問題に提言!!

「“プロレスラー”じゃなくて、
“プロレス”を愛してくださる女性がもっと増えたらいいなって思います。
そうすれば一時のブームじゃなくて、
ずっとプロレスを楽しんでもらえるんじゃないかと思います」


■長州力×バッファロー吾郎A with 山本
 革命戦士はなぜかバ吾Aが大のお気に入り
世界一遅い新年会で涙の再会を乾杯っ!

 「外見は岡っ引きのようでいて名前はどう猛なバッファロー!
 吾郎さんのそのギャップがたまんない」(長州)
「破天荒なエピソードといえば
『風俗をハシゴした』とかそれぐらいなんですけど(笑)」(バ吾A)


■ケイゾウ[KING BROTHERS]
 西宮から世界に向かって叫び続ける、
最強にして最凶の“ロックの王様”に問う! 
自分を曲げない生き方とは何か?

 「たとえ表現活動をしてない人であっても、
ロックに生きることはできる。
自分の人生にとっておもしろいと思うこと、
うれしいと思うこと、楽しいと思うことを
選択していけば、なんでもいいんですよ」


■イーピャオ&小山ゆうじろう
「渋谷」 × 「とんかつ」 × 「クラブカルチャー」=最強ギャグ漫画!
日本を爆アゲ中の 『とんかつDJアゲ太郎』作者コンビ登場!!

「とんかつに正面から向き合った世界で初めての漫画です!
もっと言えば、とんかつDJ漫画としてはパイオニアですから(笑)」

■マッスル坂井
 坂井、おまえもか!
マッスル坂井と真夜中のテレフォンで。

「40号目にしてついに 『KAMINOGE』ファミリーから
映画監督が誕生したわけですよね。
ただ、ちょっと悩みが……」


■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

■世界最強のオタクがプロレス人気復活を語る!
★岡倫之の『オカロード番外編』


[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』

★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』

★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』

[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』第12話


2015.03.18 Wednesday 23:40 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

雑誌掲載情報。新連載「水曜スペシャルとは何だったのか」。

●新連載スタートです。

ゆけゆけプチ鹿島!川口浩探検隊の探検隊!

nynCbvLM4XZdLhT1426690121_1426690139.jpg

テレビとは何か?エンタメとは何か?ドキュメントとは何か?
半笑いではない、「水曜スペシャルとは何だったのか」を探検したいと思います。



mcocl3znWQD_8gY1426690041_1426690054.jpg

探検隊の写真も撮影。


ccF8FZgaXSnU02x1426689152_1426689165.jpg

「EX大衆」4月号発売中。



●こちらの連載は第15回。「プチ鹿島の芸人人生劇場」。今回は、

「こんなこと語ったの初めてですね。あらためて当時の葛藤を思い出しました。」《どぶろっく》


プチ鹿島連載コラムでどうぞ!

「サーカス・マックス」4月号発売中。
 

「「こんなこと語ったの初めてですね。あらためて当時の葛藤を思い出しました。」《どぶろっく》

発売中の「サーカス・マックス」4月号。プチ鹿島連載コラムでどうぞ!」

2015.03.16 Monday 13:47 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第149回

こんにちはプチ鹿島です。今週はこれ一本。

・「百田尚樹『殉愛』の真実」を読む。

私の感想もかなりの長編です。じっくり味わってください。

SBAQ9q2xfAFITjG1426516009_1426516019.jpg


昨年11月に百田尚樹『殉愛』(幻冬舎)が出版されたあと、私はいち早く感想・読みどころをメルマガで書きました。


『殉愛』とは、やしきたかじんさん最後の2年間の闘病記。主役は妻のさくらさん。今までマスコミには出なかった彼女の全面協力を得て、ベストセラー作家である百田尚樹氏がたかじんさんとさくらさんとの純愛ならぬ「殉愛」を書いた。


私が書いた読みどころ。主な点です。

・《「読み物」としては抜群に面白い。グイグイ読ませる。百田尚樹氏の筆力はやっぱりすごい。》

・《でも「ここのエピソードはツッコミが多いだろうなぁ」と付箋をつけながら読んだら付箋だらけになった。 》

・《この本は百田氏のさくらに対する「熱の推移」を味わうのが醍醐味ではないか?》

・《行間から伝わってくる妻さくらの超やり手感。百田氏もまんまと転がされたのか? 》

・《いや、それはゲスの勘繰りであって百田氏の取材に信用を置くべきなのか?どちらを信じるかは本当に読者次第なのである。》

こんなことを考えながら、私は一気に本を読んだ。半信半疑を楽しめ、読む人それぞれの角度によっては見え方が異なるであろう極上の「プロレス本」だと思った(私はプロレスが大好きである)。


そもそも私の興味は「妻さくら」の一点である。なぜなら私は「まだ見ぬ強豪」「未知の強豪」にワクワクしてしまうからだ。だから数年前「木嶋佳苗」という裁判傍聴記でしか読めない人物に興味を持った。同じ裁判なのに、なぜ書く人によって「見方」が異なるのか。それだけ多角的に、色彩が異なる人物とはいったいどれほどの人なのか。関心を持たざるを得ない。同じような「未知の強豪」が今回の「さくら」なのである。想像力や角度を楽しむしかない。


そして出版後、さっそくネットを中心に騒がれ始めたのだ。具体体なツッコミを記そう。

・妻さくらはたかじんと出会った時は既婚者だったのではないか?という重婚説。

・さくらにとって水戸黄門の印籠のような力を発揮する、たかじんメモは実は偽物ではないか?という指摘。

・「殉愛」では妻さくらは天使のように描かれ、一方でたかじん長女やマネージャーの悪役的な描かれぶりがあまりにも不自然。

・つまり、さくらを利するための本ではなかったか?

・さくらは無償の愛を強調していたが財産目的で近づいたのではないか?

という点である。


私はあの頃「殉愛」は読んだ方がいいと多くの人に薦めた。今読んでおけばこれから週刊誌等による「下世話な検証」が盛り上がるはずであるから、と。だったらまず読んでおくべきであると。


私はマスコミによって真実が明かされ、白か黒かすぐに決着をつけてほしいと願ったのではない。いろんな角度からの「事実」を読みたいと思っていたのだ。これは読者(野次馬)の特権だ。反さくら本の登場が楽しみです、と書いた。


しかし、普段だったらこんな下世話な話題にはよだれを垂らさんばかりに飛びつくはずの週刊誌が不気味なほど沈黙したのだ。


え?


ここで言われたのが「作家タブー」。出版社系の週刊誌(文春・新潮・現代・ポスト・フライデー等)は、売れっ子作家・百田尚樹の機嫌を悪くするような記事はNGという大人の事情。このしがらみが我々の前にも浮かび上がってきたのである。


そんななか、新聞社系の週刊誌(サンデー毎日、週刊朝日)が、『殉愛』では悪役として書かれている「たかじん長女」の反論を12月になって載せ始めた。


そして今年2月末に宝島社から「百田尚樹『殉愛』の真実」が出たのである。遂に反対側の立場の本が。


まえがきを読むと本書の構成は、

《中核となったのは「角岡伸彦」「西岡研介」の2人。いずれも関西出身の講談社ノンフィクション賞授賞作家である。そこに大手週刊誌の記者・編集者、テレビ・音楽業界関係者、法曹界関係者、ネット系ニュースサイト運営者が加わり、月刊誌『宝島』編集部が“管制塔"となって、業界横断的なネットワークを組んだ》

とある。


そして、「元マネージャー、前妻、家鋪ファミリーが証言」とある。『殉愛』では敵役に描かれていた人たちの証言だ。


私の立場を述べておくと、私は百田尚樹&妻さくらがゆるせないという「正義」を追及する気持ちではない。あくまで「もう一方の意見を聞かせてくれ」という欲望があるだけだ。もっと言うなら、みんなでワイワイ騒いでくれよいつものスキャンダルみたいに、という希望。どういう反論があるのか知りたい欲。


まずネットで指摘された「重婚疑惑」はなぜ発覚したのか。

「百田尚樹『殉愛』の真実」(以下=「検証本」と表記します)では、どう書かれているのか?

《中心になったのは巨大掲示板「2ちゃんねる」の既婚女性版(通称・鬼女版)。彼ら、いや彼女たちはわずかなヒントを手がかりに、すでに削除されていたさくらが書いていたと思われるブログをネットの海から掘り起し、その全容を検証してみせたのだ。》P24


恐るべし「鬼女版」のパワー。


それによれば、妻さくらが以前開設していたブログ名は「都会っ子、イタリア・カントリーサイドに嫁ぐ。」という。

サブタイトルは「シャネルとバーキンをこよなく愛し、高層マンション、タクシーの完全都会っ子生活から一転、恋した相手はイタリア・田舎っ子の彼・・。慣れないカントリーサイドで国際結婚ブログ」

ゴキゲンだ、さくら。


そして私がしみじみしたのは次の記述だ。

「このブログを開設していたNOAHなる人物とさくらが同一人物と判明したのは、さくらが『殉愛』や『金スマ』で顔を出したからです。」(女性誌記者)P25


後にさくらは、自分の過去の婚姻歴が暴かれたことに関し、「そういうセンシティブなプライベート情報は一部の人しか知らず、また、戸籍を見ないと分からない。そうした情報がネットに掲載されることに恐怖を感じます」と週刊誌の取材に語っているのだが、


《なんのことはない、その情報のほとんどは、自分がネットに発信していたものだったのだ。》P26


嗚呼。ことわざで言うなら、まさに「沈黙は金」「雉も鳴かずば撃たれまい」ではないか・・・。


だっていいですか。今まで沈黙を守っていたが、満を持してベストセラー作家に闘病記を書いてもらって渾身のイメージアップを狙ったら逆に騒動になったのである。パンドラの箱ならぬ疑惑の箱を自ら開けてしまったのである。迂闊と言えば痛恨の迂闊である。


これ、さくら個人の失敗の話というより人生訓としてしみじみする。人は、攻撃的で浮かれているときこそ落とし穴があるという・・。うん。


さて、ここからは「殉愛」を読んで私が半信半疑だった箇所に対し「検証本」で書かれていた点を挙げてゆきたい。


【続きはこちらで。まだ四分の一です。】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       2015年3月16日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第149回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 =========
 目次
=========

1.「百田尚樹『殉愛』の真実」を読む。


  2.プチ実感 


おまけ
 過去に紹介した本。


2015.03.11 Wednesday 01:50 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第148回

こんにちはプチ鹿島です。

TBSラジオ「東京ポッド許可局」が4月より土曜27時に放送時間変更になりました。


土曜の深夜3時といったほうがわかりやすいでしょうか。曜日が1日ずれて今までより1時間繰り上げ。地道な出世か⁉


そして、8月2日(日)の「渋谷公会堂」公演も決定。最初は富士山でやろうという話もあったのですが長渕剛と被るのでやめました。

とにかく今からカレンダーにチェックお願いします。


さて今週はこちらのニュースから。

|羚饋佑痢表仍坤張◆次 アメリカで一斉捜索(NHKニュース・3月4日)http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150304/k10010003871000.html

《アメリカで生まれた子どもは両親の国籍を問わずアメリカ国籍を取得できることから、中国では富裕層を中心に「出産ツアー」の人気が広がっていて、妊婦たちは、あっせん業者に日本円で180万円から600万円ほどの費用を払い、出産のためにカリフォルニア州で短期滞在をしていたということです。》


【プチコメント】

爆買い、爆買いと騒がれている中国ですが、国籍の爆買いとは!

たまげました。あらためてこちらの解説をどうぞ。

《そのうえで、子どもが21歳になれば両親にも永住権が認められるため、将来へのいわば「保険」として、子どもにアメリカ国籍を取得させたい人が増えているとも指摘しています。》    

ああ、富裕層が逃げ出そうとしてる。大丈夫か。


古賀茂明氏がオレンジの服着て口ふさがれる マッド・アマノ氏作品は「不謹慎」なのか(Jキャストニュース・2015/2/27 )http://www.j-cast.com/2015/02/27229103.html?p=all

【プチコメント】

この風刺画、皆さんリンク先で確認してみてください。どう思いますか?


【続きはこちらで】
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      2015年3月09日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第148回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 =========
 目次
=========

1.この風刺画について私はこう思う /18歳実名報道の理由/おまけコラムは昨年11月に反響たくさんのアレです/ほか


  2.プチ実感 


おまけ
 過去に紹介した本。


2015.02.27 Friday 01:14 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

今月のコラム「テロとは何か 」。『KAMINOGE』vol.39に掲載されています。

「テロとは何か?」


テロリストという言葉を知ったのは中学1年の冬、札幌からのプロレス中継だった。藤波と対戦するために入場してきた長州力を、「一介の前座レスラー」藤原喜明が花道で急襲したのだ。実況の古舘伊知郎は藤原のテロ行為を興奮冷めやらぬ上気した声で伝えた。


あれから何年も経ち、古舘伊知郎は今も私たちにテロについての詳報を伝えている。あの頃と違うのは古舘伊知郎の顔が沈痛なことだ。テロの知らせが毎晩なことだ。私は思う。「古舘伊知郎が神妙になってしまってから」この国に良いことはひとつも起きていない気がする。


あのとき、雪の札幌に過激に登場した藤原喜明はしばらくして第一次UWF(旧UWF)に参加した。鷹揚な時代、胸元に「テロリスト」と大きく書かれたTシャツが公式グッズだった。それが私のテロリズムの認識。その程度で充分だった。


しかし今、テロは世界を覆い尽くす。直接的な暴力だけではない、「暴力的な直接さ」も深刻だ。暴力的な直接さとはつまり行間の無さ。寛容や遊びの拒絶。白か黒かの世界。


「テロ=理不尽」と解釈するなら、昨年末から日本列島には理不尽が同時多発している。


【続きはこちらで】

10847806_881410401881148_2121730230616547629_n.jpg

発売! 『KAMINOGE』vol.39のコンテンツはこちらです!

プロレスラーは強くて、楽しくて、ちょっぴりアブナイ!!
“時代のトリックスター” 飯伏幸太

...■飯伏幸太
善と悪、破壊と生産、熱狂と冷淡、刺激と倦怠。
プロレスの秩序を破り、引っかき回し続ける
トリックスターの素顔に迫る!!

「いまいきなりこの場でもプロレスやりたいですよ。
あそこで信号待ちしてるおじさんは
どれくらいの表情を浮かべるんだろうとか、
想像しただけでゾクゾクしてしまいますよね」

■鈴木みのる×マッスル坂井
ネタバレ注意!
世界最速! 『劇場版プロレスキャノンボール2014』反省会!!
キャノンボールなのに疾走感がゼロ!
笑わせるつもりが泣かせてしまった!
されど……!!
「デキるヤツ、強いヤツ、カッコいいヤツだけが主役ってわけじゃなく、
一番何もできなくてカッコ悪いヤツの涙がすべて持っていく
っていうのがプロレスだよ」(鈴木)

■前田日明
2015年もTHE OUTSIDERで天命をまっとうする!
日本刀を斬れないかわりに雑学ジョークを試し斬り!!

「遠くば声を耳に聞け、近くば寄って目にも見よ! 
やあやあ、わーれこそは前田日明ちゃんでーす!」

■幅允孝[選書家/ブックディレクター]
書店員さん必読! 
あの本選びのプロが『KAMINOGE』を大激賞!
出会いに照れない厚顔無恥企画・『褒められたくて☆2015』開幕!!

「プロレスはわからんが『KAMINOGE』は好きだ!
って入れといてください。
ホントにいいと思いますから。
どこかの文芸誌と比べても全然『KAMINOGE』が勝ちますよ」

■秋山準
「このリズムを試合で聴かせてみろ!」
“理論派”ジャイアント馬場が授けた
一子相伝のプロレス帝王学!!

「馬場さんに教わったものを『王道』と呼ぶのであれば、
その『王道』はボクの中にあるので、
しっかりと若いヤツに伝えていきたいと思いますね」

■玉袋筋太郎「“ミスター200%”安生洋二・変態座談会」
変態どもの要望にお応えして3号連続の登場!!
1億円トーナメント、ヒクソン道場破り、新日本との対抗戦……
平成のプロレス事件史の主役は
会社に身を捧げたモーレツ企業戦士だった!!

■九龍ジョー[編集者/ライター]
あらゆる雑誌とジャンルを横断する
“ポップカルチャーの観察者”登場!
テメエで見つけろ、男の星座!

「中邑真輔がインタビューのときにカフェで何を飲んだか、
とかそういうことを書きたい。
それがどういう意味を持つのかを、自分の手で文脈づけることが重要なんです。
たとえこじつけであっても、そこから見えてくる星座がある」

■スーパー・ササダンゴ・マシン
2月7日、スーパー・ササダンゴ・マシンと
東京・汐留近くの喫茶店で。

「俺、学生時代は“ケ女子”たちに人気ありましたからね。
レスラーになってからですよ、モテなくなったのは!」

■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

■2014年を振り返る!
★岡倫之の『オカロード番外編』

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』

★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』

★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』

[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』第11話


 


2015.02.16 Monday 02:09 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

「愚かなやつは自粛する」宮崎駿独占インタビュー、本日「荒川強啓デイ・キャッチ!」にて放送。

 TBSラジオのニュース番組「荒川強啓デイ・キャッチ!」にて、アニメ界の巨匠・宮崎駿監督の独占インタビューが2015年2月16日(月)に放送されることが発表された。

 インタビュアー・青木理氏(ジャーナリスト)の質問に対して、以下のような注目発言も飛び出している。


――最後の作品『風立ちぬ』について
「零戦」の呪縛から解放された。零戦をナルシズムで描くものは以前からあるが、歴史に対するモノの見方も、そこから抜け出せない。僕はそうはつくらなかった。


――「表現の自由」論争について
愚かなやつは自粛する。自粛した程度のものしか考えていないということ。

 そのほか、フランス銃撃テロ、そして風刺画を主とした表現の自由論争、ISILによる日本人人質事件。激動する世界に今、宮崎監督は何を思うのか。ジブリファンならずとも聴き逃せない放送となりそうだ。
ダ・ヴィンチニュースhttp://ddnavi.com/news/226923/

■TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」
月曜〜金曜:15時30分〜17時46分放送
⇒TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」


2015.02.11 Wednesday 22:15 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

初日舞台あいさつレポ『深夜食堂』〜「映画野郎」プチ鹿島コラム〜

最近深夜になるとツイッターで「飯テロ」という言葉がよく流れてきます。


《食欲をそそる料理や食べ物の画像(唐揚げ、ラーメンなど)をweb上にアップし、見る者を空腹感で悶えさせるテロ行為のこと。テロの破壊力が大きい(空腹になっている人が多い)深夜の時間帯に行われることがほとんどである。食事テロや夕食テロとも。》(飯テロ・はてなキーワード)


わかりやすい飯テロといえば、テレビ番組の「孤高のグルメ」シリーズ。深夜0時台という絶妙な腹持ち具合の時間帯に放送され「飯テロだ」というツイートが飛び交った。


私もこの番組を見てました。松重豊が演じる井之頭五郎の食いっぷりと庶民的なお店のチョイスが楽しい。あの番組を見て勝手に思ったのですが、主人公が「下戸」で酒を飲めないという設定がいいんだと思う。だって酒に関心のない人にとって、酒のつまみについてうんちくを垂れられるより、きっちり「ご飯」だけに関心を寄せてワシワシ食べるほうが親しみやすいと思うのです。間口が広いと思う。ザ・食欲集中で。


さてそんな食ドラマの元祖と言われるのが「深夜食堂」です。

《シリーズ累計240万部発行の国民的「食」コミック『深夜食堂』がTVドラマに続き、遂にスクリーンに開店!》ですよ皆さん。

人気漫画が2009年にドラマ化され、深夜帯の放送ながら静かなブームを呼んだ。食ドラマの先駆け。第三部までシリーズになったらしい。らしい、というのは私このドラマ見逃してたんです。すいません。


でも映画館で予告を見たらさっそく食べたくなった。いや、観たくなった。やはり食ドラマはハードルが低い。


物語はこうだ。

《ネオンきらめく繁華街の路地裏にある小さな食堂。夜も更けた頃に「めしや」と 書かれた提灯に明かりが灯ることから、人は「深夜食堂」と呼ぶ。メニューは酒と豚汁定食だけだが、頼めば大抵の物なら作ってくれる。そんなマスターが出す懐かしい味を前に、客たちの悲喜こもごもな人生模様が交差する。》

ああ、テレビドラマ版を見てみなくても大丈夫そう。すっかり安心して映画館へゆくことにした。


しかしひとつだけ気になることがあった。それは舞台挨拶付きの回の上映開始が「8時45分」なのだ。朝の。


営業時間深夜0時から朝7時までという「深夜食堂」を観るにはもっともふさわしくない時間ではないか!深夜食堂に早朝に行くなんて!


ワケありの人間たちが集ってくる哀愁あふれた世界の物語を、朝イチで見ても大丈夫なのだろうか。そしてもっと大切なことは「お腹が空かないか」問題である。前夜遅くまで起きていた私は起きたらすぐに映画館へ向かう展開になっていた。コーヒーぐらいしか腹に入れてない。こういう「無防備」な姿で果たして映画終了まで無事にいられるのか。いつの間にか不安のほうが大きい・・。


1月31日(土)丸の内TOEI。初日の館内を見渡すと客の年齢層は高い。20代はあまり見当たらなかった。40、50代のとくに男性が多い。この作品は「ビッグコミックオリジナル」で連載されているものなので、安倍夜郎の原作から応援している人たちが駆けつけているのだろうか。そんな想像を働かせながら、スクリーンを見上げる。


ああ、いけない。いきなり「テロ」だ。卵焼きが出てきたのである。とろとろのやつが作られてゆく過程までがご丁寧に・・。


深夜に卵焼きを食べるのは極上のつまみだと思うが、朝イチでみてるこちらにすると極上のブレックファーストにみえる。卵焼きを最後の仕上げでひっくり返すところ、この文章を書いている今も脳裏に焼き付いているほど。ああ。


 

(※後半は無料メールマガジン版vol.285にてお楽しみください! メルマガ未登録の方はこちら!⇒登録アドレス(PC):http://ow.ly/kAQBj ※携帯からの登録:http://ow.ly/kAQy9


10968498_768909539866095_5411449122064693321_n.jpg

『深夜食堂』
2015年1月31日(土) 初日舞台挨拶 8:45の回
・会場:丸の内TOEI(東京都中央区銀座3-2-17)
・登壇者:小林薫、高岡早紀、柄本時生、多部未華子、筒井道隆、菊池亜希子、オダギリジョー、松岡錠司監督

(C) 2015 安倍夜郎・小学館/映画「深夜食堂」製作委員会


2015.02.10 Tuesday 00:04 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

「水曜日のダウンタウン」/「非軍事支援」の不思議な流れ /小向美奈子インタビュー再掲/ほか

こんにちはプチ鹿島です。

このメルマガで書こうと思っていた「お題」が、今週は別の角度でいろいろ話題になってしまいました。

さっそく行きます。

.瀬譽離レ明美「タメ語を話したあとは謝る」番組でタメ口の年下ADに怒りで釈明(2月4日23時32分  スポーツ報知)http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150204-OHT1T50199.html


【プチコメント】

連載しているDMMニュースで、
《真っ先に「テロに屈する」エンタメ業界はいかがなものか》というコラムを先週書きました。http://dmm-news.com/intro/914090/
この反響が凄かった。

内容は「情勢に配慮して」10億円ビッグのCMが打ち切りになった件です。他にも続々と似たような状況があった。ここでいう「配慮」とは誰に向けての配慮か、という。
《イスラム国か? 人質の家族か? いや、どちらでもなさそうだ。おそらく視聴者に「配慮」してるのだ。(略)「当たり前ではない視聴者」に理不尽に絡まれるのがめんどくさいというのがホントのとこだろう。たとえそれがごく少数でも。》と書いた。

「テロ=理不尽」と解釈するならば、一部の「過激派」視聴者にツッコまれないよう、自主規制したのだろうと。

実は、このコラムの最後に《こんな息苦しい時代だがテロに屈しない、むしろ挑戦的な番組がある。それが「水曜日のダウンタウン」である。》と書こうと思っていたのです。

なぜ書くのをやめたかというと大御所芸人の出てる番組を褒めたら「ヨイショしてる」と誤解されたらいやだなという点と、あと単純に文章が長くなりそうだったから。

だからメルマガで書きます。
【続きはこちらで!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2015年2月09日発行
プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第144回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 =========
 目次
=========
1. 「水曜日のダウンタウン」/「非軍事支援」の不思議な流れ /小向美奈子インタビュー再掲/ほかたくさん

 2.プチ実感 

おまけ
 過去に紹介した本。


 

2015.02.04 Wednesday 21:54 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

『イスラーム国の衝撃』

 ・イスラム国、なぜ斬首するのか 人質交換、日本の人道支援にも影響 東大准教授・池内恵氏インタビュー (ZAKZAK・01.29)http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150129/frn1501291830010-n1.htm

《イスラム国は、ヨルダン人のザルカウィ容疑者(2006年に米軍の空爆で死亡)が作った『イラクのアルカーイダ』が母体であり、今も中核となっている。拠点が攻撃されるなど、その集団の勢力が劣っているのではないか。(略)
「そもそも『イラクのアルカーイダ』は、イラクとヨルダンの政権を倒すことを目標にして出来上がった。日本で『日本政府がヨルダンを巻き込んだ』といった主張は、もちろん間違いだ。》

このインタビューに答えている東京大学の池内恵准教授(イスラム政治思想)が書いた『イスラーム国の衝撃』(文春新書)は面白かったです。わかりやすかったところを自分なりにまとめてみます。

昨年2014年6月に「イスラーム国」(注・著者はイスラム国ではなく「イスラーム国」と書いています)と名乗るまでに、この組織は少なくとも五つの別の名前を名乗った時期があるのだ。

以下列挙すると、

 屮織Ε辧璽匹肇献蓮璽秒帖1999年〜2004年10月。タウヒードとは「唯一神信仰」を意味する。創始者はザルカウィ。故国のヨルダン政府にテロを実行していた。

◆崙鵑弔梁膕呂涼呂離献蓮璽匹隆霖話帖2004年10月〜2006年1月。一般的には「イラクのアルカーイダ」と呼ばれることが多い。

「イラク・ムジャーヒディーン諮問評議会」2006年1月〜同年10月。2006年6月に米国の空爆によりザルカウィは死亡する。

ぁ屮ぅ薀・イスラーム国」2006年10月〜2013年4月。ここでバクダーディーらが指導者となり、領域支配やカリフ制への布石を打っていく。

ァ屮ぅ薀とシャームのイスラーム国」2013年4月〜2014年6月。一般に英語圏や日本で「ISIS」あるいは「ISIL」と呼ばれる。米政府が「ISIL」を用いていることもあって日本ではそれに追随する場合も多い。


そして、2014年6月より「イスラーム国」を名乗る。では、いったいなぜイスラーム国は急速に伸長を遂げたのだろうか。


【続きはこちらで!】
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2015年2月02日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第143回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 =========
 目次
=========

.5分でわかる『イスラーム国の衝撃』/ 浅野忠信のあの発言/ほか。


 2.プチ実感 


おまけ
 過去に紹介した本。


2015.02.02 Monday 13:43 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

半信半疑を楽しめるプロレス本 「殉愛」とは何か? 『KAMINOGE』vol.38

2014年もっとも話題になったプロレス本を、あなたはもう読んだだろうか。

「殉愛」(百田尚樹・幻冬舎)である。この本、プロレスがつまっている。発売直前まで一切隠密にし、まずテレビの特番(金スマ)で情報解禁するやいなや発売。この幻冬舎の仕掛けは、郷ひろみが離婚発表と同時にその経緯を書いた「ダディ」(1998年)と同じ。世間を巻き込むやり方だ。もうプロレス。

売りをまとめてみると、

・昨年1月にがんで死去した歌手、やしきたかじんさん(享年64)の最後の2年間の闘病生活の全容が書かれている。

・これまで表に出てこなかった妻、さくらさんの証言などからベストセラー作家の百田尚樹氏がまとめた。

・百田氏は、たかじんさんの残した1000枚を超える膨大なメモと、さくらさんが2年間記録し続けた看病日記を基に、300時間を超える取材を行った。

・沈黙を貫いていた妻・さくらさんの素顔も明らかになった。

たかじんさんが亡くなる3か月前に入籍した妻に対しては「遺産目当て」という記事が乱れ飛んだ。その妻がいよいよベールを脱ぐのだ。もうプロレス。好きとかキライとか関係なくプロレス者にとっては読んでおいたほうがよさそうなマスト物件。私は発売2日目にさっそく購入した。

プロローグがまず興味深かった。妻さくらと百田氏が初めて会った「やしきたかじんを偲ぶ会」のことが書かれている。ここでさくらに声をかけられる。

《「ああ、これが噂の人か、と思った。》と思う百田氏に対し、さくらは

《「実はやしきは百田さんの大ファンで、最後に読んだ本は、百田さんの『海賊と呼ばれた男』でした。やしきが本を読んで泣いたのを見たのは初めてでした(略)百田さんについて書かれたメモもあります。いつか、それを見てやってください》

百田氏は慎重な姿勢をみせる。

《もしかして何か私を利用しようとしているのかもしれない。この未亡人はやはり一部の週刊誌に書かれたように、ある種の男たらしかもしれない。用心に越したことはない。私は当たり障りのない返事をして、その場を離れた。》

試合開始早々の緊張感ある探り合い。もうプロレス。この1週間後に百田氏はさくらからメールをもらう。


【続きはこちらで!】


只今発売中! 『KAMINOGE』vol.38のコンテンツはこれだ!

そうです、これが2015年の。
2・15『さいたまスーパーDDT 2015』で
驚愕のKAMINOGEファミリー対決実現!!!
桜庭和志vsスーパー・ササダンゴ・マシン

■テリー・ファンク&天龍源一郎
タフなカーニバルに人生を捧げた
 レジェンド2人が久々の邂逅!

「本当のハードコアというのは、
 俺たちがオールジャパンでやっていたような、
ピュアなレスリングを思い切り死ぬ気でやる試合のことだ」(テリー)
 「目一杯相手の技を受けて、
 目一杯返していくっていう全日本のプロレスは、
テリーさんから伝わってるプロレスだと思いますよ」(天龍)

■12・31『MEGA BATTLE LEGEND 2014 大晦日 前田日明に触れてみよ。ZERO』レポート


■スーパー・ササダンゴ・マシン
待望の本誌初登場! アハハオホホの帝王が
2・15桜庭和志戦決定に超シリアスモード!!

「2014年下半期、煽りパワーポイントで若干話題になったけどね、
 世間様からは『でも負けたんでしょ?』って言われたんですよ!
 勝ってたらスティーブ・ジョブズなんですから
 もう勝たないといけない!!」


■中邑真輔
プロレスとは命懸けのエンターテインメント
 だからこそヨシタツに怒る!
そしてついにスーパー・ササダンゴ・マシンにも言及!

「『命懸けてるんだよ』っていうのは常々言ってることで。
だから身体と技術を鍛えてリングに上がらなきゃいけない。
 死ぬかもしれないんだから」


■“ゴールデン・カップス”安生洋二×盪柿益×山本喧一
3・19安生引退興行で一夜限りの再結成!
 伝説のユニットが、あの頃のように言いたい放題!

「ゴールデン・カップスの活動期間が短かったのは、
 『ヤバい、インディのカリスマになっていく……。
このままだと、(U系に)戻れなくなるぞ?』っていう恐怖心があったから。
すべてはUインターのためだったんだけど」(安生)


■葛西純
デスマッチのカリスマにして良きパパ!
クレイジーモンキーが語る生と死、そして愛!!

「デスマッチの前に『死ぬ気でリングに上がる』って
言うヤツがいるんですけど、
バカじゃねえのかって思いますね。
デスマッチってのは、生き残るために闘うものだと思ってますから」


■玉袋筋太郎「過激な仕掛け人”新間寿・変態座談会」
アントニオ猪木の右腕が語る、
アントンハイセル、UWF、ジャイアント馬場……。
さらには幻に終わったジャンボ鶴田引き抜きの真実まで!


■長州力 with hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)
2014年の忘年会は革命戦士&U系アイドルと共に。
 革命戦士が音楽における革命の起こし方を渋々伝授!!

「長州さん、オレたち音楽で革命起こしたいんですけど
 どうやって起こせばいいですか?」
 「ああ、悪いことは言わない! やめたほうがいい。
 革命ってめっちゃくちゃシンドイんですよ」


■有馬和樹(おとぎ話)&小池瑞香(通訳・翻訳家)
 人気上昇中・おとぎ話の本質は寝技の弱さにあった!?
フロントマンと熱狂リスナーによる“寝技白帯”スタンディングバウト! !

「私は基本死にたい感じなんだけど、おとぎ話を聴いて
『なんか生きるのも楽しいんだろうな』って思った」(小池)
 「俺、知らないあいだにそんなに人の人生
 背負ってるとは思わなかったですよ!」(有馬)

■磯毅寛(リバーサル代表)&MARILYN(ポールダンサー)
あの中邑真輔コスプレイヤーが舞う!
あの格闘技ブランド・リバーサルの社長も狂う!!
『いま、にわかにマット界を侵食するポールダンスの魅力とは何か?』


■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

■ついにプロレス転向!
★岡倫之の『オカロード番外編』


[COLUMN]
 ★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』

[COMIC]
 ★古泉智浩 『仮面サンクス』第10話


2015.01.19 Monday 23:23 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

桑田佳祐は本当に悪いのか?

こんにちはプチ鹿島です。

先週直木賞の受賞会見がちょっと話題になりました。


・西加奈子さん「プロレスからむちゃくちゃ勇気をいただいてます」http://www.sankei.com/life/news/150116/lif1501160014-n1.html

この会見で絶賛されてたのが棚橋弘至選手。低迷していたプロレス界を引っ張ってきて『プロレス信じてやってきてよかったです』と言ってた棚橋選手に西さんは勇気をもらったそう。いつか『小説信じてやってきてよかったです』と言いたいという。私は棚橋選手と1月28日のトークライブでお会いするのでこの感想も聞いてみたいです。

さて今週はこちらの話題から。



・仏・風刺紙完売500万部に増刷(東京新聞・2015年1月15日 朝刊)http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2015011502000113.html

前回も書きましたが、フランスの笑いは「差別」と「上から目線」をたっぷりと含んだ「国の芸風」だと思うしかない。

おまけに自分たちの笑いは高級だと思ってるフシもある。分からない奴は馬鹿だと。いけすかないことこの上ない。どこか「うっとり」してる。「私はシャルリー」とか言ってる。

こういうときは日本に置き換えてみる。テログループに襲撃されたパリの新聞「シャルリー・エブド」は今や神格化されてますが、日本で言うなら「日刊ゲンダイ」とか実話系の下世話な雑誌だと思うのです。そう考えると、それを読むのも楽しむのも自由ですが(私は楽しんでいる)、当事者はあれだけ毛嫌いしていた「権威」に今や自ら祭り上げられているという皮肉な状況にくすぐったくないのでしょうか。それこそ風刺チャンスだと思うのですが。

そんな私ですが、そういえば東スポ原理主義者でした。

もしですよ、芸能界の書いちゃいけないことを東スポが書いてその身に何かあったとしたら私は立ち上がることでしょう。「私は東スポ」と言うことでしょう。デモ行進することでしょう。


・・・そんな自分を想像したら、何かこの得体のしれないくすぐったさの正体がわかってきました。


●プチ実感

TBSラジオ「東京ポッド許可局」で「2015お正月論」というのをやりました。紅白歌合戦の感想などをたっぷりとやったんです(未聴の方はポッドキャストでどうぞ)。

そこで話題になったのは中森明菜。番組を聴いてもらった方は、とてもワイワイしてる空気を楽しんでもらえたと思うのです。私も楽しかったから。

でも、自分で心がけたことがある。それは、


【続きはこちらで!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

桑田佳祐は本当に悪いのか?

ほか、たくさんコラムあります。

2015年1月19日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第140回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


・おまけ
 過去に紹介した本。
 
 


2015.01.10 Saturday 23:02 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

プチ鹿島 『教養としてのプロレス』出版記念トークライブ 【Guest】棚橋弘至(新日本プロレス) 

 1月28日(水曜)

プチ鹿島 『教養としてのプロレス』出版記念トークライブ IN 新宿ロフトプラスワン


はてなブックマーク - プチ鹿島 『教養としてのプロレス』出版記念トークライブ IN 新宿ロフトプラスワンOPEN 18:30 / START 19:30

前売¥2000 / 当日¥2300(要1オーダー500円以上)
※前売券は12/27(土)正午12時よりe+にて発売!
プチ鹿島 『教養としてのプロレス』出版記念トークライブ

【出演】プチ鹿島
【Guest】棚橋弘至(新日本プロレス)

2014年10月、偉大なる「昭和プロレス者の先達」小林よしのり氏との間で行われた、『教養としてのプロレス』出版記念ライブ。
「30年新日本を見続けてきた野次馬」が、2014年4月に『棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか』を上梓した「100年に一度の逸材」こと棚橋弘至選手を、ついに迎え撃つ!
本書でも触れていた「平成新日本の隆盛」の立役者でもあるあの天才と、「昭和新日本を愛する」プチ鹿島が、何を語るのか?
1.4の総括はもちろん、互いのプロレス観ががっちりロックアップする名勝負確実のトークイベント! 超満員札止め必至!
前売り券ご購入はお早めに!!

※新書『教養としてのプロレス』の即売会も開催いたします。イベント終了後、プチ鹿島によるサイン会も予定しております。

プチ鹿島 棚橋弘至

2014.12.27 Saturday 10:54 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

プチ鹿島 『教養としてのプロレス』出版記念トークライブ。ゲスト・棚橋弘至選手!

 

2015年1月28日(水)19時30分〜新宿ロフトプラスワンにて開催、プチ鹿島 『教養としてのプロレス』出版記念トークライブに、棚橋弘至が登場!!

新日本プロレス公式HPより http://www.njpw.co.jp/news/detail.php?nid=13042

  2015年1月28日(水)19時30分〜新宿ロフトプラスワンにて開催、プチ鹿島 『教養としてのプロレス』出版記念トークライブに、棚橋弘至が登場!!
 
2014年10月、偉大なる「昭和プロレス者の先達」小林よしのり氏との間で行われた、『教養としてのプロレス』出版記念ライブ。
 
「30年新日本を見続けてきた野次馬」が、ついに「100年に一度の逸材」4月に『棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか』を上梓した棚橋弘至選手を迎え撃つ!
 
本書でも触れていた「平成新日本の隆盛」の立役者でもあるあの天才と、「昭和新日本を愛する」プチ鹿島が、何を語るのか?
 
1.4の総括はもちろん、互いのプロレス観ががっちりロックアップする名勝負確実のトークイベント! 超満員札止め必至!
 
前売り券ご購入はお早めに!!
 
★イベント情報
 
日時:2015年1月28日(水)   18:30開場 19:30開演
 
場所:新宿ロフトプラスワン 新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2
 
出演:棚橋弘至、プチ鹿島
 
料金:前売¥2000/当日¥2300(飲食代別)


★購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)はコチラから!!
※前売券はe+にて12/27(土)正午12時より発売!
※e+のサイトには発売日の前日(12/26)より掲載予定です。

(e+はネットで予約してコンビニで引き取るか、ファミリーマート店頭で直接購入もできます)



2014.12.23 Tuesday 23:40 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

プチ鹿島 2014年のニュースを総括。そうだったのか2014年!『マキタスポーツラジオ はたらくおじさん』

 恒例となりました、年に2回マキタさんのラジオで語る上半期・下半期の時事ネタ。
 

ラジオ日本『マキタスポーツラジオ はたらくおじさん』 時事芸人・プチ鹿島さん登場! 2014年のニュースを総括! “そうだったのか2014年!


9Qo2GX0GD0ZydlV1419345145_1419345159.jpg

●ポッドキャスト配信されました。すぐ聴けます。
http://media.jorf.co.jp/podcast/makitasports/makita_195.mp3

 


2014.12.15 Monday 18:16 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

こんなところでわかった各党広報の差。/テレビ「リアルの潮流」と先週のあの番組

こんにちはプチ鹿島です。

選挙予測報道によるアナウンス効果より、ペヤング回収報道を見てるときに発生するペヤング食いたいアナウンス効果のほうが深刻です。

では今回はこちらの記事から。

.謄譽喩崛函◆屮螢▲襦廚猟流 出たとこ勝負の旅や細部こだわるドラマ(朝日新聞・12月9日 )http://digital.asahi.com/articles/DA3S11496943.html

この記事面白かったです。

《ネット文化が幅広い世代に浸透し、テレビ番組の作り方が変わりつつある。「演出」や「編集」が忌避される傾向が顕著になってきた。フィクションであるバラエティーやドラマでも、視聴者が求める「リアル」にどう応えるのか、制作者は苦心している。》

キーワードは予定調和のなさ、という。成功例として「テレビ東京系のバラエティー」。「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」や「YOUは何しに日本へ?」をあげる。共通するのは「出たとこ勝負」。

かつて高視聴率をとった現場の人も「4〜5年前から工夫や演出を凝らした番組が拒絶され、『リアル』に見える番組が好まれるようになった。」と証言し、ドラマ評論家の成馬零一氏は、

 《「リアル」な番組が好まれる背景にはネットの浸透があると指摘する。「ニコニコ動画などで編集を加えないダダ漏れが一般化。『編集』や『演出』がいかがわしいものと思われるようになった」》

と述べる。

『編集』や『演出』がいかがわしい・・ ここらへんのくだり、「若者」っぽいくないですか?

先週、久田将義さんのニコ生に出たとき「朝まで生テレビ」について話題になったのですが、みんな「朝生」に期待しすぎてないか?という話になった。

朝生を見ながら「今日も結論が出ない 馬鹿馬鹿しい」的な真面目なツイートをする人が多くて、なんだかなぁと久田さんが言っていた。

それって「若者」だと思います、と私は言いました。既存メディアに疑心暗鬼な若者という意味でもあるし、すべてがオープンでないとニセモノだと思う、潔癖症で青臭いという意味での若者。

結果より過程(プロセス)を味わうことにこそ面白さはあると思うのに、最初から結果だけを求めてしまう拙速さ。グレーゾーンを受け入れる余裕のなさ。

百田尚樹「殉愛」をめぐる言説もそう。人にはそれぞれの立場や真実がある。それぞれ見える風景は異なる。いま責められるべきは「百田尚樹と妻さくら」の立場ではなく、いろんな角度を報道しないマスコミ側の態度なのに。

そういえば先週はこんなテレビ番組の話題が。【たかみな&岡村“熱愛ドッキリ”効果?「めちゃイケ」視聴率UP 】http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/12/08/kiji/K20141208009419640.html


AKB48高橋みなみとナインティナイン岡村隆史さんの“熱愛ドッキリ”を放送したら、反響が多かったという。 


【続きはこちらで。】

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年12月15日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第135回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=========
 目次
=========

1.プチニュース&時事ネタコメント

こんなところでわかった各党広報の差。/テレビ「リアルの潮流」と先週のあの番組。
 


2.プチ実感


3.おまけコラム

おまけ
 過去に紹介した本


2014.12.08 Monday 23:19 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

「殉愛」百田スルーと林真理子/白票をめぐる攻防/大島渚の“バカヤロー”が足りない

こんにちはプチ鹿島です。

ロシアで保護されて訓練を受け、プーチン大統領の手で野生に放たれた虎が、中国へ越境してヤギを襲ったそうです。

・・・飼い主に似るのでしょうか。ウクライナ問題もこんな感じなのでしょうか。

では今週は気になってたその後の「殉愛」の話題を。

その前にこちら。

 ー民300議席超える勢い 衆院選・序盤情勢調査(朝日新聞・12月4日)http://digital.asahi.com/articles/ASGD376BZGD3UZPS01L.html?iref=reca

【プチコメント】

「大義なき解散」とか「自分のための解散」とかさんざんツッコまれながら、いざ出てきた最初の予測が「自民300議席超える勢い」という数字。朝日だけではない。同じ日に毎日、読売、産経も一斉に報じた。


この「世論」については連載している「DMMニュース」にも書いたのですがhttp://dmm-news.com/article/901475/、ここではもっと深く考えたい。


私は、固定電話でのアンケートわざわざに答える層の正体として思い当たるのは「年配」であると考えました。平日昼間に固定電話に出てちゃんとアンケートに答える人。時間に余裕があって律儀な人。

先週興味深いことがありました。ラジオの仕事で行った「皇居の乾通りの紅葉、一般公開」で、この一般公開の情報をどこで知ったのか?と現場で聞いたら、ほとんどの人が「新聞」と答えたんです。


これには同行したスタッフも驚いてました。「自分はふだん情報の最先端(マスコミ勤務)にいるという自負をどうしても持ってしまうけど、新聞をそこまでチェックしてない。見るとこ見てる人は多いんだなぁ」と感心していた。


たぶん、皇居の乾通り一般公開初日に駆けつけた人の多くはSNSはやっていない。ネットの「圏外」にいる。でも選挙は絶対に行く。サイレントマジョリティーはここにいた、と思ったのです。


皇居の紅葉を見に来ていた人たちが”サイレントマジョリティー”だとしたら、その反対に「少数だけど大声の人たち」がツイッターなどで張り切っている人たちだろう。


もし新聞の世論調査通りに「自民300議席」が本当なら、「ツイッター世論」の小ささを今回またしても痛感することになる。


この時期、選挙が近くなるとツイッターはさらに真面目になる。なんならヒステリックすぎな雰囲気もある。


私が「おや?」と思ったのが2011年の都知事選でした。


【続きはこちらから!一ヶ月無料です。】
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2014年12月8日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第134回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=========
 目次
=========

1.プチニュース&時事ネタコメント

「殉愛」百田スルーと林真理子/白票をめぐる攻防/大島渚の“バカヤロー”が足りない‼︎ /他

2.プチ実感

・過去に紹介した本


2014.12.04 Thursday 11:36 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

「紙の月」初日舞台挨拶潜入レポ。映画野郎コラム

連載コラム「映画野郎」
プチ鹿島の『挨拶は心の窓! 舞台挨拶おじゃまします!』

 ■第81回『紙の月』




いつも楽しみな初日舞台挨拶潜入ですが、今回は作品自体も期待値が高かった。宮沢りえ主演で話題沸騰の「紙の月」に行ってまいりました。
...
《バブルがはじけて間もない1994年、銀行の契約社員として働く平凡な主婦・梅澤梨花(宮沢りえ)は綿密な仕事への取り組みや周囲への気配りが好意的に評価され、上司や顧客から信頼されるようになる。一方、自分に関心のない夫との関係にむなしさを抱く中、年下の大学生・光太と出会い不倫関係に陥っていく。彼と逢瀬を重ねていくうちに金銭感覚がまひしてしまった梨花は、顧客の預金を使い始めてしまい……。 》(シネマトゥデイ)

角田光代の原作を「桐島、部活辞めるってよ」の吉田大八監督が映画化した。

初日潜入が決定したあと、まず原作を読んでみました。印象的なフレーズだったのは梨花が最初に就職したカード会社での名刺についてのくだり。

《名刺に記された自分の名前は、垣本梨花のほんの一部だと、梨花ずっと感じていた。その一部のまま年齢を重ねて、いつしか自分の一部分が、すっかり自分自身になってしまうのではないかと、漠然とした恐怖を感じてもいた。》(「紙の月」)

梨花は結婚してからも、

《主婦である私は、私の一部でしかない。かつて就職先で感じたのと同じことを梨花は考えるようになる。梅澤梨花は、私のなかの一部分でしかない》(「同」)

と感じていた。

ここに書かれている感覚って多かれ少なかれ誰もが覚えがあることだろう。誰もが職場や学校や友人や家族の前ですべて「同じ顔」かといえばそうではないし、そんな「一部分」が「自分のすべて」であると思われることに対しての多少のじれったさ。

この小説での梨花はそんな感覚を抱えながら、決して悪人ではないがどこか自分に対しての思いやりにかける夫に対し微妙なズレを蓄積してゆく。そして「つい」年下の大学生と逢瀬を重ねるようになり「つい」横領にも手を染める。すべて日常の地続き。

真面目だった人が横領というと、どうしてもそこに至る「劇的な動機や瞬間」を我々は欲しがってしまう。だけど「紙の月」を読むと、真実はわかりやすいところではなく細部に宿ることを再確認できる。薄い膜を一枚一枚重ねていったら、小さなモヤモヤを重ねていったら、ある日びっくりするような「結果」となってにゅるっと突然あらわれるのだ。

この「理由があるのだけど決してベタでわかりやすくない理由」を映画ではどう描くのか、私はそれが楽しみで映画館に向かった。

そしたら、吉田大八監督はなんと見事に「説明していない」のだ。宮沢りえ演じる梨花を淡々とみせてゆくだけ。観客は宮沢りえの演技に引っ張られながら行間を読んでゆく。

《この映画がすごいと思ったのは「こうだからこうなった」という因果の「因」を一切描いていないところ。言い訳もありません。にもかかわらず、説得力はあってぐいぐいと引き込まれてしまう。》(角田光代・朝日新聞11月9日)

《梨花は自らを破滅に追い込んでいるのではなく、むしろ抱えているすべてを「手放してゆく」感じがしました。倫理や常識を丸ごとはぎ取り、本来の自分をむき出しにして突き進んでゆく。自分が普段まとっているものを手放していく過程が、爽快だと思いました。》(宮沢りえ・同)

吉田大八監督は、自分を抑えて生きてきた女性が、快楽を燃料に破滅へと暴走する姿を「爽やかに」描きたくなったと語っている。それがラストシーンにつながっており、ある意味そこへ向けての逆算からこの映画はつくられている。「爽やかな破滅」というのが重要なキーワード。この映画に限っては、破滅はまるっきりネガティブにとらえられていない。

さて、この映画で重要な役を演じているのが池松壮亮である。宮沢りえの相手役の大学生を演じる。

先日「情熱大陸」(TBS)で池松壮亮に密着していたのだが、彼は普段は繁華街を歩いても気づかれないと静かに笑っていた。舞台挨拶でもとくに観客を喜ばすようなことを言えないと自ら語っていた。

そう、池松壮亮の舞台挨拶は「特殊」なのである。能年玲奈の舞台挨拶について何度か言及した私だが、池松壮亮のソレもなかなか見応えがある。他の俳優と違うのだ。

なんと言ってもまず「声が小さい」。劇的に小さい。耳を澄まさないとボソボソしてるだけで聞き逃してしまう。私は気をつけて聞いていたのだが、すぐに第一声が終わってしまった! なんという不覚。

(※後半は無料メールマガジン版vol.263にてお楽しみください! メルマガ未登録の方はこちら!⇒登録アドレス(PC):http://ow.ly/kAQBj ※携帯からの登録:http://ow.ly/kAQy9


『紙の月』
2014年11月15日(土) 初日舞台挨拶
・会場:丸の内ピカデリー1(東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン9階)
・登壇者:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、小林聡美、吉田大八監督
・公式HP⇒http://kaminotsuki.jp/


 

2014.12.03 Wednesday 01:26 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

「KAMINOGE vol.36」で「教養としての巨人ファンとは何か?」を書きました。冒頭を公開。

●「教養としての巨人ファン 」とは何か?

「KAMINOGE」読者には野球に興味がない方もいるかもしれない。だけど子どもの頃からプロレスを見てきた方は多いと思う。そんな方にお届けしたいのが今回お届けする「教養としての巨人ファン」。実は絶妙にリンクすると思うのです。

KAMINOGEの連載をもとにした拙著「教養としてのプロレス」はおかげさまでもうすぐ4刷という嬉しい事態。ここで私が書いたことは、一言でいうならコンプレックスからの解放だった。世間のプロレスに興味がない人に「今まで無駄だと思っていたプロレスで学んだ経験が今の時代には有効かも」というプレゼンなのだ。ギスギスした非寛容の時代、何に対しても合理性が求められてすぐに答えを出さなきゃいけない空気。無駄はゆるされない。しかしプロレスはグレーゾーンがゆるされてきたジャンル。今となっては物事を咀嚼するクセを学ばせてくれた。

この本で私は10代からのコンプレックスが解消されたわけだが、実はもうひとつ複雑なものを抱えていた。それが「巨人ファン」という「あまり人前では堂々と言いづらい」物件である。

たとえば「どのこチームのファン?」と聞かれ「・・巨人です」と答えると、野球がくわしいという相手ほど「あぁ(半笑)」という表情になる。私の経験で言うのだから間違いない。「巨人ファン=野球のことをよくわかってないミーハー」と断定されるのだ。昔のプロレスファンが少数派のコンプレックスを抱えたとしたら、巨人ファンにつきまとうのは多数派のコンプレックスである。多数派だから好きになったわけではなく、物心ついたときにテレビで見た王選手の凛々しさに惹きつけられたとか、口数少ない父親が唯一感情を熱く吐露するのは巨人だったから自然と身びいきになったとか言っても通じないのだ。偏見である。さらに言えば、巨人の試合を中心に見ていたとしても野球にはくわしくなる。スポーツはどちらかに肩入れして見たほうが絶対に相手チームの魅力とか選手の素晴らしさとかむしろ肌で学べる。それなのに、パ・リーグファンとかアンチ巨人であったほうが何か「野球玄人」としてふるまえる。差別である。

巨人ファンのコンプレックス、次は「勝つことだけが好きなんだろ。結果だけ求めるんだろ」という思われ方である。これは「結果より過程に重きを置く」と言われているプロレス者としては放っておけない誤解だ。


【続きはこちら】

写真: 11月下旬発売! KAMINOGEvol.36のコンテンツはこちら!

「ころがるいしはこけむさない。」
旅から旅への連続! 創刊3周年!

■柴田勝頼
反省と充実のシリーズ全戦出場!
中邑真輔に敗戦翌日、「次! 次! 次!」と“転石宣言”!!

「迷わない唯一の方法は、迷い続けることなんで。
だからここで腐っても一緒、ドンドン行くしかねえ!
俺のことを応援してくれた人に感謝! また会いに行く!」
 
 
■宇野薫×大井洋一
大井洋一の『THE KAMINOGE OUTSIDER』第8戦

“ボクらの宇野くん”が39歳で驚異の6連勝中!
格闘技を裏切らない心! 叶えろ、3度目のUFC登場!!
 
「UFCにもう1回上がりたい。
やっぱり過去に2回オクタゴンのなかで、
自分らしい動きができなかったということが……
心残りなんですよ」
 
 
■長州力×バッファロー吾郎A
【『ダイナマイト関西2014』DVD発売記念・お題】
インタビュー取材中に偶然、革命戦士が現われた。
さて、“ミスター・ダイナマイト関西”はどう対応した?

「よし、山本くん。これからは木村さんと
月イチでこうして対談をするというのもいいな!」(長州)
「えーっ!? いえいえ、そんなそんな!恐縮ですよ!」(バ吾A)

 
■玉袋筋太郎“世界が恐れるIQレスラー・桜庭和志”変態座談会

14年ぶりにヘンゾと激突! 
あの“英雄”がついに変態たちのもとにやって来た!!
 
 
■関本大介
強い! デカい! そしてユルい!
マッスルモンスターの究極シンプル・シンキング!
 
「筋力トレーニングで大事なのは、
深く考えずにとにかく重い重量を持ち上げること。
それと同じで、仕事はとにかく一生懸命やる。
それでいいんですよ」
 
 
■赤井沙希
祝・DDTドラマティック総選挙6位!
“浪速のロッキー2世”のプロレス愛と、
恐るべきプロ意識の高さに耳を傾けよ!
 
「顔を腫らしたり流血したら
『がんばったな』って認められるっていう文化が好きじゃないんです。
違うカタチで認められることはできへんかな、ってのは
ずっと考えてますね」

 
■シーザー武志×高木三四郎
なんと対談中に飯伏幸太の11・30SB両国参戦が決定!!
今後はDDTレスラーが続々参戦!?
シーザー会長はアイアンマン王座に挑戦か!?

「あらためていつか飯伏選手にSBに上がっていただけるように
お願いをしに来ますよ」(シーザー)
「いえ会長、ぜひとも
今年の両国でいかがでしょうか?(笑)」(高木)

■“将軍KYワカマツ”若松市政
国際プロレスでの苦難の下積みを経て、
マシン軍団のマネージャーとして大ブレイク!
SWS、大いなる宇宙パワー、芦別市議会議員……
未だリングに上がり続ける“悪の正太郎くん”の波乱の人生!!

「中邑さんみたいな若い人が
私の名前を出してくれるっていうのは、ありがたいね。そのうち私も
中邑さんのマネージャーとして出てもいいんじゃないかな(笑)」

■ミスター・ブッタマン&プリティ太田
俺たちだって人間なんだ! 生きてるんだ!
ミゼットプロレス黄金時代復活へ!!
たった2人のミゼットレスラーが世間に放つ存在証明のバズーカ砲!!!

「俺らどっちかの身体が動かなくなったらミゼットプロレスが終わっちゃう。
先輩たちから受け継いできたものをここでは終わらせたくない」
「終わらせるつもりはねえ!」

■山本喧一
波瀾万丈の格闘人生20年に終止符!
第二の人生はUWF再興へ
北の大地で人材育成に本格着手!!

「Uで始まり、Uの第二の聖地・北海道で井戸を掘って、
ここでプロ人生を終焉させると。
俺の人生にピッタリな引退やなと思ったんです」

■マッスル坂井
11月9日、マッスル坂井と 真夜中のテレフォンで。

「俺の同級生に肉食系の女性がいまして、
そいつが『ちょっと坂井、どうなってんの?
坂井ひょっとしてキてんの?』と言うんですよ」

 
■検証! 「強くてデカい男は本当にモテるのか?」
悪魔超人・サンシャイン、渋谷のハロウィンを制圧!

 
■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』
 
■世界最強のオタク、アニメ愛を語る!
★岡倫之の『オカロード番外編』
 
 
[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』
 
[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』第8話

発売中。KAMINOGEvol.36のコンテンツはこちら!

「ころがるいしはこけむさない。」
旅から旅への連続! 創刊3周年!

■柴田勝頼...
反省と充実のシリーズ全戦出場!
中邑真輔に敗戦翌日、「次! 次! 次!」と“転石宣言”!!

「迷わない唯一の方法は、迷い続けることなんで。
だからここで腐っても一緒、ドンドン行くしかねえ!
俺のことを応援してくれた人に感謝! また会いに行く!」


■宇野薫×大井洋一
大井洋一の『THE KAMINOGE OUTSIDER』第8戦

“ボクらの宇野くん”が39歳で驚異の6連勝中!
格闘技を裏切らない心! 叶えろ、3度目のUFC登場!!

「UFCにもう1回上がりたい。
やっぱり過去に2回オクタゴンのなかで、
自分らしい動きができなかったということが……
心残りなんですよ」


■長州力×バッファロー吾郎A
【『ダイナマイト関西2014』DVD発売記念・お題】
インタビュー取材中に偶然、革命戦士が現われた。
さて、“ミスター・ダイナマイト関西”はどう対応した?

「よし、山本くん。これからは木村さんと
月イチでこうして対談をするというのもいいな!」(長州)
「えーっ!? いえいえ、そんなそんな!恐縮ですよ!」(バ吾A)


■玉袋筋太郎“世界が恐れるIQレスラー・桜庭和志”変態座談会

14年ぶりにヘンゾと激突!
あの“英雄”がついに変態たちのもとにやって来た!!


■関本大介
強い! デカい! そしてユルい!
マッスルモンスターの究極シンプル・シンキング!

「筋力トレーニングで大事なのは、
深く考えずにとにかく重い重量を持ち上げること。
それと同じで、仕事はとにかく一生懸命やる。
それでいいんですよ」


■赤井沙希
祝・DDTドラマティック総選挙6位!
“浪速のロッキー2世”のプロレス愛と、
恐るべきプロ意識の高さに耳を傾けよ!

「顔を腫らしたり流血したら
『がんばったな』って認められるっていう文化が好きじゃないんです。
違うカタチで認められることはできへんかな、ってのは
ずっと考えてますね」


■シーザー武志×高木三四郎
なんと対談中に飯伏幸太の11・30SB両国参戦が決定!!
今後はDDTレスラーが続々参戦!?
シーザー会長はアイアンマン王座に挑戦か!?

「あらためていつか飯伏選手にSBに上がっていただけるように
お願いをしに来ますよ」(シーザー)
「いえ会長、ぜひとも
今年の両国でいかがでしょうか?(笑)」(高木)

■“将軍KYワカマツ”若松市政
国際プロレスでの苦難の下積みを経て、
マシン軍団のマネージャーとして大ブレイク!
SWS、大いなる宇宙パワー、芦別市議会議員……
未だリングに上がり続ける“悪の正太郎くん”の波乱の人生!!

「中邑さんみたいな若い人が
私の名前を出してくれるっていうのは、ありがたいね。そのうち私も
中邑さんのマネージャーとして出てもいいんじゃないかな(笑)」

■ミスター・ブッタマン&プリティ太田
俺たちだって人間なんだ! 生きてるんだ!
ミゼットプロレス黄金時代復活へ!!
たった2人のミゼットレスラーが世間に放つ存在証明のバズーカ砲!!!

「俺らどっちかの身体が動かなくなったらミゼットプロレスが終わっちゃう。
先輩たちから受け継いできたものをここでは終わらせたくない」
「終わらせるつもりはねえ!」

■山本喧一
波瀾万丈の格闘人生20年に終止符!
第二の人生はUWF再興へ
北の大地で人材育成に本格着手!!

「Uで始まり、Uの第二の聖地・北海道で井戸を掘って、
ここでプロ人生を終焉させると。
俺の人生にピッタリな引退やなと思ったんです」

■マッスル坂井
11月9日、マッスル坂井と 真夜中のテレフォンで。

「俺の同級生に肉食系の女性がいまして、
そいつが『ちょっと坂井、どうなってんの?
坂井ひょっとしてキてんの?』と言うんですよ」


■検証! 「強くてデカい男は本当にモテるのか?」
悪魔超人・サンシャイン、渋谷のハロウィンを制圧!


■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

■世界最強のオタク、アニメ愛を語る!
★岡倫之の『オカロード番外編』


[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』

[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』第8話



2014.11.27 Thursday 16:21 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

いよいよ明日です。大阪ライブ!

11月28日(金)


『プチ鹿島トークライブ!


〜おしゃべりの国からやってきた〜


IN大阪』


1375684_527632717322435_1247953133_n.jpg

梅田ムジカジャポニカ

19時開場/19時半開演 2500円/3000円(D別)


☆今回は東京公演で好評を博した
「スタンドマイク一本だけでどこまでしゃべれるのか?」のトークライブ大阪版です。
最新の時事ネタもどんどん追加!


<プチ鹿島>
70年生まれ。オフィス北野所属。時事ネタと見立てを得意とする自称・時事芸人。
オヤジ発信でオヤジ界だけに響くマスコミ報道や切り口を「オヤジジャーナル」と呼び、
それをウォッチするのが日課。現在、TBSラジオの「東京ポッド許可局」
「荒川強啓デイ・キャッチ!」NHKラジオ第1「午後のまりやーじゅ」、
YBSラジオ「プチ鹿島の火曜キックス」ほか。

連載コラムは「宝島」「東スポWeb」「KAMINOGE」「映画野郎」など多数。

くわしくは→http://musicaja.info/schedule/_in_7.html

 


2014.11.11 Tuesday 21:04 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

リーダーの「狭量な時代」。 /若手芸人とヘイトスピーチ

こんにちはプチ鹿島です。
先週、「教養としての巨人ファン 」とは何か?という原稿を書いてしまいました。
11月下旬発売の「KAMINOGE」(かみのげ)に載ります。

KAMINOGEの連載をもとにした拙著「教養としてのプロレス」はおかげさまでもうすぐ4刷。あの本で私が書いたことは、一言でいうならコンプレックスからの解放でした。
ここでさらに「巨人ファン」というコンプレックス問題に
ケリをつけた(!?)のです。お楽しみに。

では今週はこちらから。

(1)【書き起こし】枝野氏「『撃ち方やめになればいい』と言ったんですか」
安倍首相「朝日の捏造です」
―10月30日衆議院予算委員会・質疑(ブロゴス)
http://blogos.com/article/97651/

【プチコメント】
前回のメルマガの最後に
「蓮舫のツッコミが有効な世の中というのは、
それだけ息苦しいということ。
蓮舫はある意味時代余裕を図るリトマス試験紙だと思う。」
と書きましたが、
例のうちわ問題を追及した蓮舫の評価が上がったかと言えば
まったくそういう雰囲気もない。
どこか皆「細かいツッコミ」には飽き飽きしてるのかもしれません。

でも蓮舫どころではない。
今や日本の首相も、隣の国の大統領も
ツッコミが細かい、小さいのだ。

例をあげていきます。
まず日本から。
安倍首相は先月末の衆議院予算委員会で
朝日新聞の記事を「捏造」と発言。

簡単に説明すると、政治資金をめぐる報道が
出すぎて与野党キリがないことから、
安倍総理が「撃ち方やめに」と発言したと新聞各紙が報じた。
朝日、毎日、日経、産経などたくさん。
しかし朝日嫌いの首相は朝日だけ名指しで
「そんなこと言ってない、捏造」と批判したのだ。

「安倍VS朝日」どっちが正しいとか言う前に、
別のことで感じることがある。
それは、昔だったら総理大臣ってもっとデーンと構えていなかった?
という違和感です。
天下の首相ともなれば、
いちいち自分から相手をツッコまない、攻撃しなかったような……。

【続きはこちらで。】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年11月10日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第130回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=========
 目次
=========

1.プチニュース&時事ネタコメント


2.プチ実感


おまけ
 過去に紹介した本


 


2014.11.02 Sunday 14:06 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

コラム「今さら朝日と読売について何を言ってるのか説」。『KAMINOGE』vol.35発売中。

「今さら朝日と読売について何を言ってるのか説」

最近、世の中がプロレスに寄せてきていないだろうか。

「世の中をプロレスで学んだ見方で見てみる」というのはプロレスに親しんだ者の勝手な屁理屈だし、いってみれば所詮カウンターである。だから「なるほどそういう見方があったのか」と珍しがられているうちはまだいい。大いなる無駄として。

しかし、ああプロレスで学んでおいてよかったと本気で思ってしまうことがこのところ頻発しているのだ。いったいどうなっているのか。

たとえば先日「朝まで生テレビ」を見ていたら、朝日新聞のことが話題になっていた。いわゆる「W吉田」。

「W吉田」とは、朝日の慰安婦報道での「吉田清治証言」を虚偽と認めた件、そして「吉田調書」スクープでの「福島第一の原発所員、命令違反し撤退」という内容が誤報であったという件だ。このふたつの失態をテーマに「メディアの責任」を問う番組内容だった。

そこで長谷川幸洋(東京新聞)は「事実よりも自分たちのスタンスが先にある。そのスタンス先行で記事を書いてストーリーを書いてゆくから事実のつまみ食いが起きるのでは」と言い、津田大介は「事実の検証よりもイデオロギーのほうが優先してしまう。それが行き過ぎたキャンペーンになるのでは」と発言していた。

この議論、どこか既視感がないだろうか?

なんのことはない。ここで話されていることはプロレスファンならとっくに経験済みのことなのだ。

【続きはこちらで】
10650040_814064538615735_4010981456017865097_n.jpg
『KAMINOGE』vol.35のコンテンツはこれだ!

この冬のアウターはちょっとだけ艶やかに。
さりげに魅せる大人の男の着こなしテク!

■鈴木みのる×ファンキー加藤...
ファンキーモンキーベイビーズからソロになったアーティスト。
パンクラスを離れてひとりで闘うプロレスラー。
キャリアを重ね、“所属団体”から独立し、
それでもまだまだ変化を求め続ける男たち!

「俺は対戦相手に勝つのはもちろん、
その日のほかの試合に出てる連中とも
勝負だと思っているからね」(鈴木)

「プロレスラーは常に夏フェスみたいなもんですよね。
フェスには『ほかのアーティストを食ってやろう』という
ピリピリした空気があるし、1回のミスが致命傷になるから」(ファンキー加藤)

■キラー・カーン×前田日明
ますます切れ味を増す“言葉のアルバトロス殺法”に格闘王も苦笑い!?
昭和・新日本が世界に誇るビッグスケール&ビッグガイが電撃合体!!

「なんで長州はカネにふられて新日本に戻ってんだって。
俺、それに頭にきて引退したんだよ」(カーン)

「その帰ってきた長州さんを蹴飛ばして、
新日本をクビになったのが俺ですよ(笑)」(前田)

[新闘魂三銃士・最新ストーリー]
■柴田勝頼
棚橋×柴田の“サプライズ握手”、その真意を当事者に聞く。
そして10年前の棚橋・中邑とはどういう関係性だったのか?

「棚橋を笑わせたり泣かせたりするのは簡単だけど、
中邑とは昔から会話もコミュニケーションもほぼなかったから
アイツの情報はゼロなんですよ」

■中邑真輔
棚橋×柴田の“サプライズ握手”をどう見たのか?
新闘魂三銃士きっての“薄汚れた心”で邪推する。

「勝ったうえに手を差し伸べる、
相手を懐柔して自分のもとに引き込む、
どう考えても棚橋弘至の“超完封”じゃないかっていう。
逆に柴田勝頼がピュアだからそれが可能だった」

■上井文彦(元新日本プロレス・マッチメイカー)
棚橋×柴田の“サプライズ握手”に
新闘魂三銃士の生みの親は何を想ったのか?

「新闘魂三銃士を作ったのもネーミングしたのも俺ですよ。
それは間違いない。でも彼らからは猛反発があり、
『新闘魂三銃士って何?』って面と向かって言われたよ」

■嶋田隆司
祝・漫画家ゆでたまごデビュー35周年!
ゆでたまご先生の“よそゆきじゃない試合”が観られるのは
『KAMINOGE』だけ!!

「ボクに言わせたら猪木よりも馬場のほうが全然ロックですよ。
馬場がなんで赤いパンツを履いてたかわかる? 
あれはジェームス・ディーンの影響ですよ」

■エンセン井上×金原弘光
大和魂で闘った20年の日々に終止符!!
盟友と語らう人生の“幸せ”とは?

「いま自分の幸せは、福島に行って、
大変になってる人たちの笑顔を作ること。
俺は自分の幸せを買っているんですよ」(エンセン)

「いい人生だね。俺、いつもエンセンが
うらやましいって思うもん」(金原)

■9・20『UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2014』変態的観戦座談会
3回目のUFC JAPAN(日本上陸)も成功!
さいたまスーパーアリーナ、またしても大爆発!!
変態メンバーがWOWOWのメインMCと解説を務めた異常現象!

■マッスル坂井×hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)
KAMINOGE現象〜ハイウェイに乗る前に〜
ウワサの煽りパワーポインターとU系アイドル
この“ブレイク鉄板”の両者が緊急邂逅!

「毎日やらなきゃいけないこととかってありますか?」

「いえいえ、普段はとにかく手を合わせて
しっかりとお祈りをしてください」

■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

■世界最強のオタク、新連載!
★岡倫之の『オカロード番外編』

■長州力、緊急声明。

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』

[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』第7話

2014.10.18 Saturday 11:40 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

「教養としての吉永小百合」とは何か?映画野郎・第80回『ふしぎな岬の物語』

コーヒーを飲みながらこの原稿を書いています。

今回私が初日舞台挨拶に潜入した「ふしぎな岬の物語」(監督成島出)はそういう映画だからです。「吉永小百合が房総半島の岬にある小さな喫茶店でコーヒーをいれてくれる」映画。ホントにひと言で言いました。

そのコーヒーにはこだわりがある。甥の浩司(阿部寛)と毎朝小舟で小島に出かけ、湧き清水を汲むことから一日が始まる。注文を受けてから豆を挽き、ネルドリップで丁寧にいれたあとは「おいしくなあれ、おいしくなあれ」という「魔法の呪文」を唱えてコーヒーは完成するのだ。

そして夜中に店に泥棒が入ったときは警察に通報するのではなくまず「泥棒さん」と呼び、店の売り上げが少ないことを詫び、コーヒーをいれてトーストを焼いて腹を満たしてやり、果ては泥棒さんの事情を親身になって明け方まで聞いてやるのです。

この時点で「ふしぎな岬の物語」というより「ふしぎちゃんの岬の物語」というニオイがプンプンしますが、そういう視点とは別に私はこの映画を観て唸ったことがある。

私は最近「教養としてのプロレス」という新書を出しておかげさまでプチ売れなのですが、この映画を観たらプロレス的なモノの見方が作動して仕方なかったのだ。どうしてもそのことを言いたいのです。なので今回は「教養としてのプロレス」的にこの映画のポイントを語らせてもらいます。

まず吉永小百合はプロレスラーだということ。これをまざまざと見せつけられました。

吉永小百合を偉大なレスラーで例えるならイメージ的には王道のジャイアント馬場だと思います。しかし吉永小百合は紛れもなくアントニオ猪木だったのです。

馬場さんみたいに穏やかにみえる吉永さんですが、猪木のような強固な「我」を確認したのです。これはもちろん悪く言っているのではない。「女優としての業」を隠さない姿、そして「吉永小百合としての宿命」を引き受けている姿にしみじみしたのだ。具体的に言うと、ジャイアント馬場は歳を重ねるごとにメインの試合を若手に譲りました。しかし猪木は年齢的にベテランとなってもメインイベントを譲ることはなかった。いや、できなかったのだ。お客は自分を見にきてるから。吉永小百合にも同じ運命を感じたのです。

リングに上がるかぎり自分がメインでなければならない。気軽な立場で試合をできない。これは猪木が懸命で馬場がお気楽ということではない。それぞれのキャラの宿命なのだ。ジャイアント馬場はいつしか「馬場さん」と呼ばれるように親しみやすくキャラ変換をした。だから第一線から降りてもイメージダウンにならなかった。しかし猪木は等身大の存在になったら終わりだ。リングに上がる限り永遠のスターでなければならないのだ。だからどんなに歳を重ねてもメインイベントに出続けなけらばならなかった。吉永小百合もうそういうことである。

このコラムでは2008年の「母べえ」という吉永主演の作品にも潜入している。そこで観た吉永小百合は「志田未来の母親」であり「浅野忠信から恋心を抱かれて」いる役だった。年齢的なバランスで言ったらツッコミどころ満載なのだが、しかし吉永小百合だからオッケーなのだ。吉永小百合による吉永小百合のための映画。サユリストは満足する。

私はそう思いながら「母べえ」を観た。しかし一方で「周りがそういう役を待望するのだろう。用意するのだろう」とも思っていた。

しかし今回「ふしぎな岬の物語」を観てそれは違うことがわかったのだ。だってこの映画のプロデューサーが吉永小百合なのだ。

原作は森沢明夫の小説「虹の岬の喫茶店」。しかし、成島監督のインタビューをいろいろ読んでみるとそのまま映画にしたわけではない。原作に登場しない人物たちもいるし、吉永小百合のアイデアがどんどん映画に取り入れられているという。

ということは吉永小百合の役もすべて「プロデューサー吉永」の意見が入っているということ。

吉永演じる「悦子」は泥棒を「泥棒さん」と呼び、甥の阿部寛にほのかな恋心を抱かれ、鶴瓶師匠の演じる会社員には求愛される。その言動はいつまでもピュア。こういった人物設定に本人がゴーサインを出している。客はそんな自分を観たいのだ、と本人が誰よりもわかっているのだ。

たぶん、そんな吉永小百合を茶化すことは簡単だ。「いくつになっても同じような役だな」と言えばよいのだから。正直私も最初はその違和感で観ていた。

しかし吉永小百合の「自覚」が見えてきたとき、ほとほと女優ってすげぇと思ったのである。いくつになっても第一線に立たされるスーパースターの宿命を引き受けていたことにってすげぇと思ったのである。そしてここが大事なことだが、客が入るなら誰もそれに文句は言えない。私の知る物件ではそういう存在はアントニオ猪木と同じだったのである。
 

(※後半は無料メールマガジン版vol.253にてお楽しみください! メルマガ未登録の方はこちら!⇒登録アドレス(PC):http://ow.ly/kAQBj ※携帯からの登録:http://ow.ly/kAQy9

『ふしぎな岬の物語』
2014年10月11日(土) 初日舞台挨拶 9:20回上映後
・会場:丸の内TOEI1(東京都中央区銀座3-2-17)
・登壇者:吉永小百合、竹内結子、春風亭昇太、笹野高史、笑福亭鶴瓶、成島出監督
・公式HP⇒http://www.misaki-cafe.jp/

◇プチ鹿島プロフィール⇒http://orenobaka.jugem.jp/?pid=2
※ブログ「俺のバカ」⇒http://orenobaka.com/

プチ鹿島初の新書『教養としてのプロレス』(双葉社刊)絶賛発売中!!
※amazonでチェック!⇒http://amzn.to/1kZ1nMW

(C) 2014「ふしぎな岬の物語」製作委員会

映画野郎さんの写真

2014.10.06 Monday 11:34 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

「カバーソング芸人」とは何か?/あの人の4年前のツイッター/「朝生」で気になった発言。

みなさんこんにちはプチ鹿島です。最近心がけていることは、逸ノ城 の本名・アルタンホヤグ・イチンノロブをスラスラ言えるようにすることです。九州場所には間に合わせたいです。

あと、このメルマガを書いてる途中に気分転換で「ジャージー・ボーイズ」という映画を観に行きました。とてもよかった。だけど歌うシーンになるとビジーフォーの物真似がちらついて仕方ありませんでした。オススメ映画です。

さて今週はこの話題かから。

 屮バーソング芸人」の批判に耐えるMayJ.を応援する声(東スポWeb 10月3日)http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/318719/

《「彼女は多くのイベントやテレビ番組などで『Let It Go』を歌ってきたが、8月ごろから、出れば出るほどネット上で『カバーソング芸人』などと猛批判を浴びている。もちろん本人も知っているし、悩んでいます」(音楽関係者)》

【プチコメント】
May J.が叩かれているなんて知らなかった。「アナと雪の女王」日本語版のエンドロールに流れる主題歌「Let It Go〜ありのままで〜」を歌う人というのは知ってたけど、《自身の運命を劇的に変えた曲でMayJ.はいまも苦しんでいる。》なんて。いったいどういうことなのか。

ホントに本当なの?

調べてみると、この記事を見つけた。

・【May J.、歌い方や言動に批判殺到?カバーソング芸人、便乗…紅白は松たか子?文=平沼健/ジャーナリスト(ビジネスジャーナル・2014.08.28)】http://biz-journal.jp/2014/08/post_5852.html

この記事によれば、May J.が叩かれている理由は、

・松たか子の歌う『Let It Go』を聴きたいのに、May J.の歌声ばかりが流れてくる。

・カラオケでも松たか子版は配信されておらず、May J.版のみという点もカラオケ好きの人にしてみれば納得がいかない。

・May J.版はすべてが解決し、「私はこれでいいの」と自信に満ちたヒロインの心を歌っており、そのようなアレンジの違いも影響を与えているのかもしれない。

という点だという。

いちばん生々しいのはこれか。

《「松たか子の歌が取り上げられてはやったのに、May J.ばかりテレビに出てくるのが我慢できない」など、松たか子を押しのけてMay J.が露出しているかのような印象を抱いた視聴者が、批判的なコメントを繰り広げている。》

ふつうに考えて「松たか子がテレビで歌わない」のと「May J.ばかりテレビに出てくる」のはまったく別物だと思うのだが、私はこのバッシングを知って「ああ、一連のアレか」と思いました。

「一連のアレ」とは何か。


【続きはこちらで。】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本日、10月6日夕方に配信します。

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第125回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=========
 目次
=========

1.プチニュース&時事ネタコメント

「カバーソング芸人」とは何か?/あの人の4年前のツイッター/「朝生」で気になった発言。ほか。

2.プチ実感


おまけ
 過去に紹介した本。


2014.10.01 Wednesday 13:55 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

「意識が高い人・2014夏」とは何か? 『KAMINOGE』vol.34好評発売中!

 「意識が高い人・2014夏」とは何か?

最近「意識が高い」という言葉をよく耳にする。もしくは「意識高い系の人」。

正しい意味とは違うかもしれないが、私の解釈で意識が高い人とは「非合理を憎む人」である。意識の高い人はSNSに棲んでいて、非合理な話題を見つけるとすぐさま物申す。そこに旧時代的な古さが漂っていればダメ押し。

例えば高校野球の軟式全国大会で「3日間連続の延長戦50回」などというニュースを耳にすればもういけない。ほんの3日前までは存在自体に興味が無かったはずなのに、前から熟考していたように反応する。あるラジオ番組を聴いていたら、出演していた評論家が「これがもし仕事だったら労働基準法に反する。ブラック企業と同じですよ」と語っていた。すぐさま「日本的な、あまりに日本的な」という、お馴染みの議論に移動するのだ。ほら、ここにも旧態依然とした現場があるじゃないかまったく、と呆れた様子で。

そして「ただちにルールを改正せよ」と叫び、「これは決して美談じゃないから」とくぎを刺して通り過ぎてゆく。万事、耳心地がよく隙が無い。

「延長50回」のインパクトにただただ驚き、息をのんで経過を追い、まず選手の健闘に感心してしまった人間はまるでアホのようだ。意識の低さを嗤われているようでもある。


【続きはこちらで!】 『KAMINOGE』vol.34

不快だろ? ノイジーだろ?
俺たち、ず〜っとやかましい!!!

■甲本ヒロト[ザ・クロマニヨンズ]
ますます精度をあげるバカテンション!
さあ、ノイズを楽しもう!

「人間もだんだん歳を重ねていくと、
“ロックの不快感”に耐えられないヤツが出てくるんだよ。
疲れてるんだから聴かなくていいって。
元気な人だけ聴いてください」

■小橋建太×柴田勝頼
相思相愛の緊急対談が実現! “四天王プロレスの雄”が
「昔の新日本らしさを守れ」とまさかの熱烈エール!!

「猪木さんの匂い、レスラーの色気、何をしでかすかわからない雰囲気。
いまの新日本のスタイルに迎合しないままバシバシ突き進んでほしい」

「やっぱりプロレスっていうのは熱くならなきゃ嘘だと思う。
これからもガンガン行きます!」

■中邑真輔
“空前絶後”のG1を終え、“中邑史上空前絶後”の夏休みも終了!
そしてまた、答えなきプロレスの旅へと出かけよう――!!

「『もっといろんなことができるはず』っていう、
そこの可能性を否定しちゃったらもう何もないですから。
そんなヤツのプロレス観たくもないし、
『じゃあもう消えてくれ』ってなりますもん」

■高木三四郎

もはやインディーではない、ネオ・メジャーだ!!
夏の両国を前売りでソールドアウト! 来年は映画界にも進出!
DDTはなぜ“業界ナンバー2”の座に君臨することができたのか?

「プロレス界には外部の人たちを受け入れらない部分があるけど、
結局プロレス村のなかだけでやってても、何ひとつ育たないし、
育ってもそこそこの成長しかできないんですよ」
 
■山本“KID”徳郁&山本アーセン

いつも気になるフリーダムすぎる男の最新情報!
“神の子”が異常にこだわった究極のカレー屋をオープン!!

「たぶん周りのしっかりした人たちがいなかったら、
俺は浮浪者っていうか。『フリーダム!』とか言って」

「だからもっとカレーの宣伝をしなよ!
ホント不器用なんだから!」
 
■玉袋筋太郎“ぼやき評論の第一人者・門馬忠雄”変態座談会

酒と旅のプロレス記者生活52年!
今宵も聴かせてくれますプロレスラーのブルース!
 
■里村明衣子

『インターナショナル・プロレスリング・フェスティバルin平壌』
に参戦した“女子プロレス日本代表”は、
北朝鮮でどう闘い、何を感じたのか?
そしてアントニオ猪木からかけられた言葉とは?

「北朝鮮の方って、もっと感情を押し殺してプロレスを観るのかと思ってたら、
凄く感性が豊かで、純粋な反応が返ってきましたね。
ある意味、日本もそういう時代に戻ってほしいと思いました」

■須田信太郎

伝説のプロレス漫画『ウルティモ・スーパースター』が電子書籍で復刊!
その作者は、昭和のレスラー以上に不器用な
ドキュメント向きの男だった!

「先にストーリーや結末を固めて漫画を描くというのは、
読む前から『読み終えた人がこの程度感動する』って
作者が決めつけてるような気がしてならないんです。
でもボクは、描きながらいろいろ悩んでばっかりですよ」

■“危険球”専門店『デッドボール』・総監督

キャッチフレーズは「レベルの低さ日本一」!
プロレス界でも話題になった風俗業界の異端児を徹底解剖!!

■マッスル坂井

9月6日、マッスル坂井と 真夜中のテレフォンで。

「いまのDDTってみんな大人なんですよ。
俺が見たかぎり両国の現場で誰も取り乱してなかった。
俺がいなくなって良かったんスよ……」

■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

■木谷さんからのラストFAX!
★『木谷さんのFAX通信』

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』

[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』第6話


2014.09.17 Wednesday 21:24 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by プチ鹿島

発売中止の「FLASH」を読んで考えたこと。

 こんにちはプチ鹿島です。皆さんはどのような3連休を過ごされましたか。私はこのメルマガ原稿をずっと書いていました。

さて連休明けにお届けする今回は1本の大ネタにしぼりました。実は、このネタを扱うことでいろんなニュースにもつながってきたのです。

そのネタとは写真週刊誌「FLASH」発行中止という先週の話題なのですが、これを掘り下げるだけでてんこ盛りになりました。

では、いきます!

.札譽孱咤釘惻命燭如フラッシュ発売中止(日刊スポーツ・9月9日)
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140909-1363824.html

《写真週刊誌「FLASH」を発行する光文社は8日、今日9日発売の同誌9月23日号の発売を中止すると発表した。

 関係者によると、計8ページの袋とじ特集「海外セレブ美女プライベートSEX写真スキャンダラス流出!!」が問題になったという。

 本人の許可を得ずにヌード写真などを掲載した場合、多額の損害賠償を請求される可能性がある。このため、回収費用を払った上で販売中止することを選択したとみられる。》
 


私は毎週火曜に山梨へ通っています。YBSラジオ「プチ鹿島の火曜キックス」の生放送のためです。この番組は本当に今の自分の「栄養」になっています。一週間で考えたこと・思ったこと、読んだ本について3時間半の間に話します。

活字ではこうしてメルマガもやってるし、書き仕事としゃべり仕事がリンクし合う今の状況はとてもやり甲斐がある。

「FLASH」が発売予定だった先週9日の火曜は朝から「錦織圭・全米オープンテニス決勝」がありました。「WOWOWに加入して初めてテニスを見た」と話すために朝6時前に起きました。心配なのは試合時間です。私のニワカ知識によれば、どうやらテニスって試合時間が長い「らしい」。3、4時間かかることもある「らしい」。※かなりフワフワ。

ということは6時開始の試合でも10時ごろまでかかるかも?私は毎週火曜は山梨出発で自宅を朝8時15分ごろに出ます。なので試合途中のいいところで家を出る、あー悔しい。そんなトークの流れになるのかなぁと思って見ていたらちょうど8時頃にあっさり終わった。なんというタイミング。俺のために2人は合わせてくれたのか、というオープニングトークが浮かびました。

山梨へ向かう電車の中でツイッターを見たら「発売中止のはずのFLASHがふつうに近所のコンビニで売ってた」というリツイートがまわってきました。「へー、そんなことあるのか」と思い、試しに甲府駅に着いたらキオスクをまずチェック。やっぱりどこにも置いてない。でも万が一、と思い甲府駅前のファミリーマートに行ってみた。いつもより遠回りです。

そしたら・・

「FLASH」が当たり前のように置かれていたのだ。えーーーー!回収されてない。

これは山梨だけでなく、けっこう全国でも同じ現象なのだろうか?意外と手に入りやすいのだろうか?ツイッターで確認してみることに。

《発売中止のFLASH、甲府駅前のコンビニで売ってた。 》

写真付きでその旨をツイート。すぐに100件以上のリツイートがあったので、やはり珍しいことなのだなと確信した私は、ラジオのオープニングでFLASH入手のことを話し、「どの記事がアウトだったのか検証」することにしました。


【続きはこちらでお願いします。たっぷり書きました。】
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年9月16日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第122回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=========
 目次
=========

1.プチニュース&時事ネタコメント

発売中止の「FLASH」を読んで考えたこと。


2.プチ実感


おまけ
 過去に紹介した本。


2014.09.11 Thursday 13:03 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

鳥居みゆきはあのとき何を考えていたのか?

「CIRCUS MAX」10月号発売しました。
「プチ鹿島の芸人人生劇場」今回は鳥居みゆき編です。結構大事なことをいろいろ語ってくれました。

私がコンビ活動をしていた頃、鳥居みゆきとはライブでよく一緒だった。私の相方が「パイロットになりたい」と宣言して明るく去っていった頃、鳥居みゆきはネット番組をきっかけに人気爆発していた。

あの頃、彼女は何を考えていたのだろう、そして現在は?久しぶりの再会だ。

「あの頃、鹿島さんも私も好きなことやってて”売れたい欲”って無かったよね。少なくとも私は無かったよ」。でも鳥居はそのあと売れようと決意したのだという。なぜ?


5AloniljExK8f4Z1410407465_1410407479.jpg

ちょうど次の日から単独ライブの稽古が始まると言っていました。今回のコラムと併せて観ると味わいが深まるはず!
明日からスタート。皆さんも「覗き見」してみては?

◇鳥居みゆき単独ライブ 狂宴封鎖的世界「シャングリ・ラ」
衝撃的な内容で波紋を呼んだ「狂宴封鎖的世界『方舟』」から2年ぶりの単独ライブを開催!

9月12日(金) 18:00開場 19:00開演
9月13日(土)12:00開場 13:00開演 / 17:00開場 18:00開演
9月14日(日) 12:00開場 13:00開演 / 16:00開場 17:00開演

会場:草月ホール(東京都港区赤坂7-2-21)
料金:前売5000円 当日5500円 プラチナシート6500円
チケット:CNプレイガイドにて8月8日18:00より発売開始
0570-08-9911(8月8日特別番号:18:00〜23:59)
0570-08-9999(オペレーター対応10:00〜18:00)
お問合せ:サンミュージックプロダクション プロジェクトGET (TEL:03-3355-1664)

特設ホームページ:
http://solid-star.net/shangri-la/

 


2014.08.29 Friday 11:24 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

オヤジジャーナル最強コンビ!?東スポ&文春の「バケツ・リレー」に注目せよ。

まさかの第二回。もしかして好評なのか!?

あのソフト・オン・デマンドさんのサイトで時事ネタコラム。

今回は【オヤジジャーナル最強コンビ!?東スポ&文春の「バケツ・リレー」に注目せよ】

コラムはこちら!ぜひ読んでね。
http://fuzoku.sod.co.jp/special/column/025.html


2014.08.27 Wednesday 14:51 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

人はどういう気分のときにタンクトップを買うのか?納得。『KAMINOGE』vol.33発売中。

私のコラム『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』は「教養としてのプロレスとは何か?」です。

早くも感動と絶賛を呼んでいる、前田日明×山本ミツ子[山本小鉄夫人]の対談は必読です。とても深くて大きい愛情の話。

あと、柴田勝頼インタビューに出てた「タンクトップ理論」は妙に納得しました。

→ 『KAMINOGE』vol.33をAmazonで。

発売、『KAMINOGE』vol.33のコンテンツはこちらになります。

忘れらんねえよ。

■前田日明×山本ミツ子[山本小鉄夫人]
かつて新日本プロレスには、“猪木イズム”と“ゴッチイズム”、...
そしてもうひとつ、“小鉄イズム”なる重要な概念が存在した。

夫として、師として。
「聖人・山本小鉄」

■柴田勝頼
ついに相まみえた「新闘魂三銃士」たち!
これが中邑真輔・棚橋弘至に対する“ザ・レスラー”の本音だ!!

「感じたことはそのまま素直に言う。
中邑には人を熱狂させるカリスマ性を感じた。
そして自分の喧嘩をきちんと買ってたのは、
じつは棚橋だけだったんじゃないかと思いました」

■鈴木みのる×中井祐樹
世界一性格の悪い男と初代シューターが生きた過渡期の総合格闘技界!!
そして2人が辿り着いた生涯学習の境地とは!?

「パンクラスと修斗は
同じようなルールだったかもしれないけど、
俺らは格闘家にはなれなかった。
どこまでいってもプロレスラーだったんだよね」(鈴木)

「ボクらは、佐山先生がプロレスじゃないものを
作ろうとしたところに入ってるから、
自分はプロのレスリングをやってるつもりですけど、
やっぱりプロレスラーじゃないんですよね」(中井)

■玉袋筋太郎“黒のカリスマ”蝶野正洋変態座談会
デビュー30周年&nWoTシャツ復刻発売記念!!
“黒のカリスマ”が三鷹時代に築いたニュー・ワールド・オーダー!!
夏男の黒く染められた青春時代がいま明かされる!!

■風間ルミ
女子プロレスにも受け継がれていた“小鉄イズム”
鬼軍曹が少女たちに見せた本気の涙

「ジャッキーさんと神取がうまくいかなかったとき、
小鉄さんが涙ながらに諭してくれたんです。
『みんなのためにも、おまえらが
協力し合わなきゃダメなんだ!』って。
それぐらい、本気で指導してくれてたんですよね」

■長州力
『ゴング』復刊に対する異常なまでの敵愾心!
長州力vs山本くん・運命の対決第8ラウンド!!

「おい、山本!
今回ばかりはおまえは完全に見誤ったぞ!(怒)。
おい、今日はキャメラはナシだ。
帰ってくれ! ゲラウェーイ!!」

■紫雷イオ
“赤いベルト”10連続防衛!
ゆとり世代のヤンチャ娘、女子プロレスの頂点へ立つ!

「デビュー当時の、金髪で生意気だった私を見て、
いまの“ベルトV10”っていう現状を
予想してた人なんかいないと思います。
でもここまでこれたのは、2年前の事件があったからこそですね」

■hy4_4yh(ハイパーヨーヨ) with 江崎マサル[音楽プロデューサー]
U幻想に取り憑かれた、歌とダンスとトークの千手観音!
恍惚と不安を抱えるウワサの“U系アイドル”が初参戦!!

「『萌えるのは脱力系』とか『強すぎるとモテないよ』って
言われたりもするんですけど、
オレらは技を磨くことしかできない!
これからもガンガン練習しちゃうし、鍛えちゃうんですよ」

■劔樹人[音楽プロデューサー]&犬山紙子[エッセイスト]
新婚さんいらっしゃい!
多才だけどほぼニートだった彼が、人気美人エッセイストに
「いままで出会った男とは違う!」と言わしめた理由とは?

「プロレスファンはなんでも俯瞰で見るじゃないですか?
その視点を女の子にも発動できれば、合コンでもモテますよ!」(犬山)

「アイドルのことはプロレス視点で見られるけど、
リアルの女性のこととなると、ちょっと……」(劔)

■マッスル坂井
7月27日、マッスル坂井と渋谷・ジョナサンで。

「俺も新潟でフェスがやりたい!
それで新潟の人には喜ぶついでに俺のことを見直してほしい。
俺はカネと名誉のためにフェスをやります」

■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

■シンガポールからFAX送信!
★『木谷さんのFAX通信』

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』

[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』第5話


2014.08.19 Tuesday 01:27 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

安倍首相VS石破茂のリーク合戦に注目!/高校野球「愛の無い正論」とは何か?

 ●「安保相」一蹴 石破幹事長を担ぎ始めた意外な“安倍包囲網” (日刊ゲンダイ・2014年8月9日)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/152453

記事より。
《9月上旬に行われる内閣改造。焦点は、石破茂幹事長の処遇だ。安倍首相は、唯一のライバルである石破幹事長を「安保相」に就け、閣内に封じ込めるつもりだ。すでに3回以上「安保相就任」を直接打診している。しかし、石破幹事長は入閣を断り、安倍首相と“対決”するハラらしい。》 

私は以前、ウクライナ情勢の記事の見方として「親ロシア派、ウクライナ政権派のどちらが善玉でどちらが悪玉か?」という単純な見方より「どちらもめんどくさい」と思ってみたほうがわかりやすいと書きました。同じような例では「中山美穂VS辻仁成」があります。どちらもめんどくさい。

重要なのは、自分に有利な情報をリーク合戦していること。

その延長線上で考えると「安倍首相が石破幹事長に、安保相就任を要請へ」というニュースは興味深い。ゲンダイの記事には《すでに3回以上「安保相就任」を直接打診している。》とありますが、重要なポイントは打診したことではなく、打診した回数までがニュースになっていること。こんなの当事者同士しか知らないはずなのに。

情報が「どこから」出たのか考えればわかりやすい。情報が出て「誰が」得をするのか?この場合は安倍首相サイドだろう。

この話題を定期的に流すことによって「既成事実」にしてしまう。「安倍首相が頼んでいるのに何で石破は受諾しないのか?」という空気づくり。

積極的にリークする(公にする)ことで相手を追い込んでゆくわかりやすい例だろう。逆に、今後石破側がどんな反撃をするのか。情報を出してゆくのか。見ものだ。

先日赤坂サカスのイベントでTBSラジオの武田一顯記者とトークショーをした。この「石破氏、幹事長から安保相へ?」というニュースが出だした時だったので、武田さんに聞いてみた。



 

《続きはこちらで!》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年8月18日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第118回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=========
 目次
=========

1.プチニュース&時事ネタコメント

安倍首相VS石破茂のリーク合戦に注目!/高校野球「愛の無い正論」とは何か?


2.プチ実感


おまけ
 過去に紹介した本。


2014.07.25 Friday 20:08 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

【映画野郎・コラム一番星】プチ鹿島の『挨拶は心の窓! 舞台挨拶おじゃまします!』■第77回『劇場版 仮面ライダー鎧武/ガイム』

今回は「初日舞台挨拶潜入」の、特に「潜入」という意味合いが大きい映画だった。いったい現場はどうなってるの? という。

7月19日におこなわれた「劇場版 仮面ライダー鎧武/ガイム」(金田治監督)の初日舞台挨拶に行ってきた。

10557379_665355873554796_3687599027362413962_n.jpg

もしあなたが現在の仮面ライダー事情について詳しいなら説明はいらないかもしれないが、平成の仮面ライダーはとんでもないことになっている。

既によく知られているように「現在の仮面ライダーはイケメン俳優の登竜門」という事実。

主演を務めた俳優たちは、その後連続ドラマや映画の主演クラスに成長している。

ざっとあげるだけでも、オダギリジョー(仮面ライダークウガ)、水嶋ヒロ(仮面ライダーカブト)、佐藤健(仮面ライダー電王)、福士蒼汰(仮面ライダーフォーゼ)、賀集利樹(仮面ライダーアギト)、瀬戸康史(仮面ライダーキバ)、細川茂樹(仮面ライダー響鬼)などなど。

まさに登竜門。「え、この俳優は仮面ライダーやってたんだ」という人もいる。

よく聞くのは、子どもと一緒に仮面ライダーを見ていたママたちも夢中になってしまうという「一挙両得」ビジネス化のすごさ。

昨年「あまちゃん」に出演して人気が全国的になぅた福士蒼汰。彼のテレビでの受け答えを見た時、とにかく堂々とした話しっぷりに私は感心したのだ。これって何だろうと思っていたらどこかのスポーツ紙で(たぶん東スポ)「仮面ライダー俳優のすごさ」的な記事を読んだ。

それによれば、仮面ライダーに選ばれると子どもとママが待ち受けるイベントに引っ張りだことなる。そこに出るうちに「生のお客相手のトーク」が鍛えられるのだという。巧くなるのだという。ルックスにプラスして場の空気を読む力が備わるのだ。

これって最近の仮面ライダーの「最大の武器」ではないか?即戦力のスター養成組織となっているのかもしれない。

いっぽう、仮面ライダーのコンセプトにふれた特集も最近あった。「AERA」(2014/04/14)号に「仮面ライダーのビジネスと哲学 大特集」という記事が。

仮面ライダーの番組プロデューサーが「時代の空気を感じ、その先を推測するのが企画づくりのベースになるんです」とコメントしている。

時代の空気とは具体的には何か?東映のプロデューサー曰く「テレビではやっぱり、AKB48に勢いがあった。それで、多くのライダーが登場するなら、群雄割拠の戦国時代かなと。そこからライダーに鎧を着せるアイデアが出てきたのです」。

え、「仮面ライダー鎧武/ガイム」の誕生にはAKBが影響していたのか。

この記事では、ライダーが戦う場所の変遷も書かれていた。昭和の仮面ライダーが悪と戦う場所が「自然が切り開かれ、東京の郊外及びニュータウン化していく過程で生まれた造成地」だったのに対し、平成ライダーが戦う場所は「マンションの立ち並ぶニュータウンやショッピングモール」に変化していったと書く。そこはどこにでもある日常。ライダーの戦う場所から「影」が消えたという。これは、どこまでもフラットな空間になってしまった現代の象徴なのだろうか。

しかもですよ、なぜライダーは戦うのかという存在意義までテーマに盛り込んでいるという。自問自答のライダー。昭和の仮面ライダーしか知らない私にとっては、なんだかすごいレベルまで来てしまったと思う。

でも、実際にテレビを見て楽しんでいるのは子どもであり、ママでありパパであり、イケメン俳優のファンの女子である。多くの層を楽しませている。いったい、このミックス感は本当なのか。映画の初日舞台挨拶に行けば話は早い。客層がわかるから。

というわで丸の内TOEIでおこなわれた7月19日土曜日の午前10時からの回に行ってきた。この回は上映前の舞台挨拶。

15分ぐらい前に劇場に到着したのだが、ふと見ると劇場外には男性の姿が多い。30代以上だろうか。しかし中に入ると一転そこは「女の園」だった。10代から30代までまんべんなく女性がいる。華やいだ雰囲気。もしかしたら先ほど外にいた男性ファンはこの雰囲気に気後れしていったん落ち着くまであえて劇場内にまだ入らなかったのだろうか?そんな推測も成り立つ。

私の席は二階席の一番後ろ。これが結果的によかった。劇場を見渡して客層を眺めることができたからだ。

 
(※後半は無料メールマガジン版vol.229にてお楽しみください! メルマガ未登録の方はこちら!⇒登録アドレス(PC):http://ow.ly/kAQBj ※携帯からの登録:http://ow.ly/kAQy9

『劇場版 仮面ライダー鎧武/ガイム』
2014年7月19日(土) 初日舞台挨拶
・会場:丸の内TOEI1 (東京都中央区銀座3-2-17)
・登壇者:佐野岳、小林豊、高杉真宙、志田友美、松田岳、白又敦、松田凌、久保田悠来、佃井皆美、吉田メタル、中山雅史、片岡愛之助、金田治監督

2014.07.20 Sunday 18:29 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

「20年越し」の立花隆への反論をコラムに書いたので読んでください。『KAMINOGE』(かみのげ)vol. 32発売。

 ★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』は、
●「品性と知性と感性が同時に低レベル」とは何か。

1991年、事件が起きた。プロレスを題材にした作品が第22回「大宅壮一ノンフィクション賞」を受賞したのだ。 

井田真木子の「プロレス少女伝説」である。 

《柔道から女子プロレスに転向した一匹狼の神取しのぶ。中国帰国子女で、日本語がわからずに毎日見ていたテレビで女子プロレスに出会った天田麗文。日本の女子プロレスに“就職”したアメリカ人、デブラ・ミシェリー。異質な3人を通して、独自の女子プロレス文化を生みだした日本社会をふかく見つめる》というノンフィクション。 

プロレスファンにとっては朗報であり鼻高々な知らせ。世間のスポットライトをプロレスが浴びたという誇らしい気持ちだった。 

しかし、選考委員の立花隆(評論家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家)が次のように語ったことを知る。 

「私はプロレスというのは、品性と知性と感性が同時に低レベルにある人だけが熱中できる低劣なゲームだと思っている。もちろんプロレスの世界にもそれなりの人生模様がさまざまあるだろう。しかし、だからといってどうだというのか。世の大多数の人にとって、そんなことはどうでもいいことである」 

このコメントを読んだとき、息が止まりそうだった。いきなり冷水をかけられた思い。びっくりした。しばらく、ゆっくりと、文字を往復して見た。やっぱりそう書いてある。 

なんて酷いことを言うんだろう。顔が紅潮するほど怒りがこみ上げた。立花隆なら何を言っても許されるのか。 
《以下は本誌で。》

 
写真: 7月下旬発売! 『KAMINOGE』vol.32のコンテンツはこちらでございます!
 
SAKU LOVER FOREVER
デイナ・ホワイトの、サクラバへの異常な愛情。
 
[INTERVIEW]
■桜庭和志×デイナ・ホワイト(UFC代表・熱狂的サクラバファン)
今年も“メジャー格闘技の聖地”さいたまスーパーアリーナにやってくる!
9・20『UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2014』開催記念スペシャル
 
「今度ラスベガスに来てくれたら最高なんだけど、どうかな? 
ファンは大騒ぎすると思う」(デイナ)
 
「UFCでヴァンダレイと4回目の対決をさせてくれないかなー?」(桜庭)
 
 
■天龍源一郎×鈴木みのる
かつてトガりまくっていた“世界一性格の悪い男”はなぜプロレスに開眼できたのか?
SWS時代の恩讐を越え、“ミスタープロレス”から伝授された奥義とは?
 
「ちょっと、これは書かないで。
これを読んで、みんなが真似をするといけないから(笑)」(天龍)
 
「天龍さんのあの一言は本当に衝撃でしたね。
俺はいままでそんなこと考えたこともなかった」(鈴木)
 
 
■マッコイ斎藤(演出家)
大井洋一の『THE KAMINOGE OUTSIDER』第7戦
祝・伝説のアントニオ猪木vsモハメド・アリ史上初のDVD化!
バラエティ界の王者がブラッシー(大井)を従えて本誌初登場!
奇才のお笑い演出家は猪木vsアリ戦を観て何を感じたのか?
 
「アリは本当に芸達者であんなに盛り上げのパフォーマンスする人いないよ。
一方の猪木は風林火山にかこつけて“動かざること山のごとし”みたいな。
猪木vsアリ戦はロケコントの元祖だよ」
 
 
■マーク・ハント×高阪剛
伝説のTK引退試合から8年、日本のサムライとサモアの怪人が再会!!
驚愕の事実! ハントの強さの秘密は新日本プロレス式・練習法にあった!?
 
「自分が勝てるようになったのはハードトレーニングをするようになったから。
K-1の頃はちゃんとやってなかったけど」(ハント)
 
「UFCのトップクラスっていうのは厳しい世界だけど、
マークはもともと持っている能力がMMAに向いてたんだろうね」(高阪)
 
 
■ロイ・ネルソン
UFCのインテリジェンス・モンスター、その独特のルックス誕生秘話を語る!
WWEに行っても成功し、PRIDEに出ていたらサップ以上の人気者になれたと断言!!
 
「俺たちが殴り合うのはそれが仕事だし、
ファンを喜ばせるという目的があるからだ。
それってボブ・サップがおもしろおかしく立ち振る舞うのと
同じエンターテインメントだよ」
 
 
■嶋田隆司(ゆでたまご)×春一番
[追悼企画]
さようなら、春一番さん。(2006年11月収録)
 
「『死ぬかもしれない』じゃなくて『死にます』って言われたから、
猪木さんがお見舞いに来てくれたんです。
そしたら次の日からシャキッとしちゃって、
それから仲良くなっちゃいましたねえ、猪木さんと(笑)」(春)
 
 
■青木真也×ジェーン・スー
解消!『青木いつまでUFCに行かないつもりだ問題』
「選択肢の増加」と「多様性の容認」は現代人にとっての大きなテーマです。
 
「青木さんが『なんでUFCに行かないんだ』って言われてるのって、
『なんで結婚しないんだ』と法事で親戚じゅうに吊るし上げられてる
アラサー女みたいな感じですよね(笑)」
 
 
■ザ・グレート・サスケ&バラモン・シュウ&バラモン・ケイ
プロレス界を席巻中のカルト集団との接触に成功!
現代科学では解き明かせない、“マスター”サスケの能力とは?
そしてバラモン兄弟、驚愕の生い立ちとは?
 
「いまは現在進行形で地球の危機を救ってるんですけど、
万が一のことがないとも限らないわけです。
その場合、信者の皆さんのことだけは絶対救います!」(サスケ)
 
 
[HENTAI ZADANKAI]
■玉袋筋太郎“プロレス界の帝王・盪柿益◆品兮嶌唾眠
Uインター、全日本からPRIDEまでひと跨ぎ!
あらゆる団体を渡り歩き、眦vsヒクソンから
全日本分裂までを見届けた大巨人の、ひとりガリバー旅行記!!
 
 
[INTERVIEW]
■KAI
「邪道魂」の旗を振り、活き活き塾のTシャツを着て浜口ジム通い!!
W-1のエース候補は邪道信者&変態的プロレスマニア!!
8・1『しゃちほこ大花火』で電流爆破に初挑戦!!
 
「中3で鬱になってしまったときに
大仁田さんに出会って、あの人の言葉とかに救われた。
誰がなんと言おうとW-1のエースは俺なん邪ッ!!」
 
 
■マッスル坂井
6月29日、マッスル坂井と神保町・サイゼリアで。
「今日は釣り具屋の店主に完全に天狗の鼻をへし折られましたよね。
後楽園の控え室では鈴木みのるさんに軽く3発ぐらいビンタをされましたし」
 
■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』
 
■空前絶後の夏が来た!
★『木谷さんのFAX通信』
 
[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』
 
[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』第4話

『KAMINOGE』(かみのげ)vol. 32
発売日:014年7月下旬/月刊誌
定価:954円(税抜き) 
発行:東邦出版 

ローソングループの運営する通販サイト『エルパカBOOKS』で購入すると、ネット最速でお手元に届きます。

PCの方はこちら!
http://www.hmv.co.jp/artist_KAMINOGE%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8_000000000493128/item_KAMINOGE-vol-32_5857981

携帯の方はこちら!
http://m.hmv.co.jp/product/detail/5857981
■桜庭和志×デイナ・ホワイト(UFC代表・熱狂的サクラバファン)
今年も“メジャー格闘技の聖地”さいたまスーパーアリーナにやってくる!
9・20『UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2014』開催記念スペシャル

「今度ラスベガスに来てくれたら最高なんだけど、どうかな? 
ファンは大騒ぎすると思う」(デイナ)

「UFCでヴァンダレイと4回目の対決をさせてくれないかなー?」(桜庭)


■天龍源一郎×鈴木みのる
かつてトガりまくっていた“世界一性格の悪い男”はなぜプロレスに開眼できたのか?
SWS時代の恩讐を越え、“ミスタープロレス”から伝授された奥義とは?

「ちょっと、これは書かないで。
これを読んで、みんなが真似をするといけないから(笑)」(天龍)

「天龍さんのあの一言は本当に衝撃でしたね。
俺はいままでそんなこと考えたこともなかった」(鈴木)


■マッコイ斎藤(演出家)
大井洋一の『THE KAMINOGE OUTSIDER』第7戦
祝・伝説のアントニオ猪木vsモハメド・アリ史上初のDVD化!
バラエティ界の王者がブラッシー(大井)を従えて本誌初登場!
奇才のお笑い演出家は猪木vsアリ戦を観て何を感じたのか?

「アリは本当に芸達者であんなに盛り上げのパフォーマンスする人いないよ。
一方の猪木は風林火山にかこつけて“動かざること山のごとし”みたいな。
猪木vsアリ戦はロケコントの元祖だよ」


■マーク・ハント×高阪剛
伝説のTK引退試合から8年、日本のサムライとサモアの怪人が再会!!
驚愕の事実! ハントの強さの秘密は新日本プロレス式・練習法にあった!?

「自分が勝てるようになったのはハードトレーニングをするようになったから。
K-1の頃はちゃんとやってなかったけど」(ハント)

「UFCのトップクラスっていうのは厳しい世界だけど、
マークはもともと持っている能力がMMAに向いてたんだろうね」(高阪)


■ロイ・ネルソン
UFCのインテリジェンス・モンスター、その独特のルックス誕生秘話を語る!
WWEに行っても成功し、PRIDEに出ていたらサップ以上の人気者になれたと断言!!

「俺たちが殴り合うのはそれが仕事だし、
ファンを喜ばせるという目的があるからだ。
それってボブ・サップがおもしろおかしく立ち振る舞うのと
同じエンターテインメントだよ」


■嶋田隆司(ゆでたまご)×春一番
[追悼企画]
さようなら、春一番さん。(2006年11月収録)

「『死ぬかもしれない』じゃなくて『死にます』って言われたから、
猪木さんがお見舞いに来てくれたんです。
そしたら次の日からシャキッとしちゃって、
それから仲良くなっちゃいましたねえ、猪木さんと(笑)」(春)


■青木真也×ジェーン・スー
解消!『青木いつまでUFCに行かないつもりだ問題』
「選択肢の増加」と「多様性の容認」は現代人にとっての大きなテーマです。

「青木さんが『なんでUFCに行かないんだ』って言われてるのって、
『なんで結婚しないんだ』と法事で親戚じゅうに吊るし上げられてる
アラサー女みたいな感じですよね(笑)」


■ザ・グレート・サスケ&バラモン・シュウ&バラモン・ケイ
プロレス界を席巻中のカルト集団との接触に成功!
現代科学では解き明かせない、“マスター”サスケの能力とは?
そしてバラモン兄弟、驚愕の生い立ちとは?

「いまは現在進行形で地球の危機を救ってるんですけど、
万が一のことがないとも限らないわけです。
その場合、信者の皆さんのことだけは絶対救います!」(サスケ)


[HENTAI ZADANKAI]
■玉袋筋太郎“プロレス界の帝王・盪柿益”変態座談会
Uインター、全日本からPRIDEまでひと跨ぎ!
あらゆる団体を渡り歩き、眦vsヒクソンから
全日本分裂までを見届けた大巨人の、ひとりガリバー旅行記!!


[INTERVIEW]
■KAI
「邪道魂」の旗を振り、活き活き塾のTシャツを着て浜口ジム通い!!
W-1のエース候補は邪道信者&変態的プロレスマニア!!
8・1『しゃちほこ大花火』で電流爆破に初挑戦!!

「中3で鬱になってしまったときに
大仁田さんに出会って、あの人の言葉とかに救われた。
誰がなんと言おうとW-1のエースは俺なん邪ッ!!」


■マッスル坂井
6月29日、マッスル坂井と神保町・サイゼリアで。
「今日は釣り具屋の店主に完全に天狗の鼻をへし折られましたよね。
後楽園の控え室では鈴木みのるさんに軽く3発ぐらいビンタをされましたし」

■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

■空前絶後の夏が来た!
★『木谷さんのFAX通信』

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』

[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』第4話

『KAMINOGE』(かみのげ)vol. 32
発売日:2014年7月下旬/月刊誌
定価:954円(税抜き)
発行:東邦出版

2014.07.11 Friday 13:36 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by プチ鹿島

あの寿司は誰が頼んだのか?「オバマと寿司とカジノ」話が遂にここまできた。

私のオヤジジャーナル読み比べから発展した、
「オバマ大統領はなぜ安倍首相との寿司会談の前にホテルで寿司の出前を頼んだのか?」

くわしくは東京ブレイキングニュースでコラムを書きました。

《オバマ来日で「次郎」と「久兵衛」のすし抗争勃発か!? プチ鹿島の『余計な下世話!』》vol.41http://n-knuckles.com/serialization/pkashima/news001446.html


このコラムを書けたのも、私の見立てをジャーナリストの須田慎一郎さんが「時事ネタプラスワン」で広げてくれたからです。須田さんもそのあと週刊現代に寄稿。最後の見解は一致!


その記事のことが朝日新聞デジタルに載っています。

《銀座「名門すし戦争」次郎VS.久兵衛》http://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2014062493001.html


で、今週月曜、須田さんとまたライブでお会いしたのですが、後日談が衝撃でした。来週月曜の私のメルマガで書きます。以上、

【完全予告&告知】でした。


2014.06.24 Tuesday 01:24 カテゴリ:プチ鹿島の芸術学部写真学科 by 専属アナ

青木理さんが見つけた朝日新聞の「最後はやっぱりメッシ」。これは知ったかぶりなのか?

pp4SU0uCpwMNbmd1403539491_1403539506.jpg

私は今「荒川強啓デイ・キャッチ!」(TBSラジオ)でニュースプレゼンターを月曜と水曜に担当してます。


W杯サッカー・ブラジル大会が始まる2週間前に「ニワカでも知ったかぶりできるサッカーフレーズ」というのをプレゼンしました。


文章化したものはここで読めます。東京ブレイキングニュース→http://n-knuckles.com/serialization/pkashima/news001533.html


そしたら今日(月曜)の本番中、コメンテーターの青木理さんが「鹿島クン、鹿島クン大変だよ」とちょっと興奮気味に。
え、あの冷静沈着な「さすらいのジャーナリスト」がどうしたのだろう。


何かと思ったら、


《23日の朝日新聞の見出しが「結局、メッシだよね」という知ったかぶりフレーズをそのまんま朝日風に使っていたよ》


これは、私のプレゼンを朝日が使ってくれたのでしょうか、それとも、そもそも朝日が知ったかぶりなのでしょうか。


W杯、盛り上がっております。

 


2014.06.23 Monday 12:01 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

都議会ヤジの実名報道。/日本対ギリシャ戦の答えが出ていた/朝日が最近仲のよいあのひと。【プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第110回】

こんにちはプチ鹿島です。
金曜日の朝におこなわれたW杯サッカー・日本対ギリシャ戦。

今気がついたのだけど「日本対ギリシャ戦」が終わってからずーっと原稿を書いてる週末でした。ずーっと。

それというのも今度「新書」を出すことになったのです。ありがたい。

その原稿の全体の締め切りが今月末なのでずーっと作業していた。こういうのって気分がのってきたときに一気に書きたい。ようやくエンジンがかかってきた!

そんなわけで、朝方までなんとなく後ろでワールドカップの中継をつけながら机に向かう日々です。深夜作業には「2014年6月ブラジル」は適していると思います。

もちろん通常運転のメルマガではたっぷりこちらのことを書きました。もう犯人特定がほぼされてるのに、マスコミのおとぼけぶりもおもしろい。そこらへんも含めて実名について考えた。


● 女性都議に「早く結婚しろ」「産めないのか」 本会議中にやじ「五輪開催都市の議会なのに…」(MSN産経ニュース6月19日) http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140619/lcl14061912350001-n1.htm

事件が起きた都議会は18日。翌日19日の木曜は大きな話題でした。とくにWEB上で。

私はてっきり一夜明けた20日の金曜日くらいには各朝刊でヤジの「犯人」の実名があがっているのだろうと思いました。

だから木曜の深夜に《明日あたりには「東京都議会ヤジJAPAN」のメンバー発表か。選手は緊張してるはず。》とツイートしたのです。

そして翌日あたりに名前が出たら、ザッケローニみたいに「東京都議会ヤジJAPAN、メンバー発表・・」とつぶやくつもりでした。

ところが金曜の朝刊では各紙大きくヤジ事件を報じているのだけれども「自民、特定しない方針」とか「女性蔑視ヤジ広がる波紋」など他人事。「誰が言ったのか」を追及するのがマスコミなのに。 知りたいのに。

このメルマガが届く月曜までには名前が特定されているかもしてません。どこかの媒体で名前を出しているのかもしれません。どうせ週刊文春とか実名やるに決まってるのだから、その前に早くやっちゃえばいいのに。

それにしても20日の金曜の時点で名前を「大新聞」が報じていないというのが私は納得できない。朝刊紙が実名を明らかにするのは決してゲスなことではないと思う。たぶん、知っててやらないのだ。

【こちらで続きます!ヤジります。】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年6月23日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第110回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=========
 目次
=========

1.プチニュース&時事ネタコメント

都議会ヤジの実名報道を実名で考える。/日本対ギリシャ戦の答えが出ていた/朝日が最近仲のよいあのひと。

2.プチ実感


おまけ
 過去に紹介した本


2014.06.18 Wednesday 10:30 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

日本代表とマスコミ、あの党の周辺事態、AKB総選挙で気になった言葉 【思わず書いてしまいました!第106回】

先週月曜日の「荒川強啓デイ・キャッチ!」でサッカーが分からない人でも「W杯で知ったかぶりできるフレーズ」というのをやりました。サッカー雑誌や本を2時間かけて調べ、いかに「通」ぶれるかというフレーズを探したのです。

番組で発表したのは以下。

・(優勝候補の話題が出たら)「ドイツはいい準備をしてくると思うよ」
・「ギリシャは守備が堅いからねぇ」
・「遠藤、よく見えてるよね」
・「ルーニーって植毛なんでしょ?」
・「内田は顔だけじゃないよ」
・「結局、メッシだよね」
・「初戦って本当に大事」

「ドイツはいい準備をしてくると思うよ」という言葉のネタ元が「深読みサッカー論」(山本昌邦・武智幸徳 )という本。

《勝敗は試合の前にこう決まる! ブラジルW杯で日本代表はどこまで戦えるのか…。多くの世界大会で指導経験を持つ解説者とベテラン記者が、サッカーを楽しむためのマル秘情報を存分に語り尽くす。ファン必読の対談集。》

広告を見かけておもしろそうだったのでたまたま事前に読んでいたのです。

このなかで「なるほど」と思った箇所がありました。というか、「日本にはサッカーは向いていないんじゃないか?」と深く考えてしまった。

向いてないと思ってしまう理由は「マスコミ」です。選手の技術とかではなく。

【こちらで続きを】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年6月16日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第109回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=========
 目次
=========

1.プチニュース&時事ネタコメント

日本代表と日本マスコミ、あの党の周辺事態、AKB総選挙で気になった言葉


2.プチ実感


おまけ
 過去に紹介した本


2014.06.16 Monday 01:42 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

見事なゴールだ、「カラオケJAPAN」!!

 やってきました、スペシャルウィーク。

「肩書き論」のあとは、特別企画「カラオケJAPAN」!!

会社の宴会カラオケ。20〜60代男女、いろんな人がいます。

ここで、どんな選曲が正解なのか!

ポッドキャスト聴いてね。
XZHRBXyQ694aMdK1402829738_1402829755.jpg

番組HPhttp://www.tbsradio.jp/tokyopod/


2014.06.10 Tuesday 00:44 カテゴリ:プチ鹿島の芸術学部写真学科 by プチ鹿島

公開中。「みち局長とのこの思い出がすごいベスト5」

貴重な、みち局長の赤ちゃんのマネ。東京ポッド許可局はみちさんのおかげで生まれたのだ。


〜プチコラム「みち局長」 〜

TBSラジオ「東京ポッド許可局」で局長として活躍していたみち局長。先日番組内で勇退が発表されました。

もともとポッドキャストで2008年2月から自主配信していたこの番組。なぜ配信できたかといえば、我々にはみちさんがいたから。大恩人なのだ。

みちさんとは何者なのか?
おもしろい人、と私は思っています。


秘話、存分に書きました。続きはこちらでどうぞ。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年6月9日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第108回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=========
 目次
=========

1.プチニュース&時事ネタコメント


2.プチ実感


おまけ
 過去に紹介した本。


2014.06.03 Tuesday 00:00 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

「めざましテレビ」のツイッターは本当に不謹慎だったのか?プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第107回

5月25日に岩手県滝沢市で行われたAKB48握手会でのあの「事件」。

私が考えたのは「受け手側」のこと。

今回の惨事はファンの人はやり場のない怒りがあると思う。

でも、今の時代は「怒りのはけ口」や「やり場」はある。SNSです。

今、こういう事件が起きると「誰かの失言待ち」みたいなムードはないだろうか。静かに息をひそめて、誰かの失言を待っている。野次馬も。


【続きは以下で】

他、

・予告コラム「日本ダービー」はワンアンドオンリーが勝ちます。

・吉田調書【3号機 海水注入止めた「官邸の誰か」】は誰か などたくさん。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年6月2日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第107回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=========
 目次
=========

1.プチニュース&時事ネタコメント


2.プチ実感


おまけ
 過去に紹介した本。


2014.05.24 Saturday 11:00 カテゴリ:プチ鹿島の芸術学部写真学科 by プチ鹿島

コラム「お帰りなさい貴闘力」&みのもけんじ先生と対談しました。『KAMINOGE』vol.30

 発売された『KAMINOGE』vol.30。


私は「みのもけんじ先生」と対談しています。


今年2月の大雪の日、私は先生が書いた伝説の漫画「プロレス・スターウォーズ」をずっと読みふけっていました。


あらためて読むと、その先見性と、「大きな物語」をきちんと描いている姿にハァと感動したわけです。


前回の『KAMINOGE』でコラムを書いたのですが、今回は先生と対談が実現。


ネットもない時代、たった1枚の写真を見ただけで物語の核となる選手を大抜擢、大博打を打った話もすごかったなぁ。

まさに情熱大陸でした。


連載コラムは「お帰りなさい貴闘力」を書きました。


2011年2月20日の貴闘力さんとのトークライブから、先日のプロレスデビューまで。私の3年間のドキュメントです。


ちなみにコラムでもふれた、


【ロフトプラスワン石崎店長の「なぜ僕は元・貴闘力をあそこまで怒らせたのか?」】

はここで今でも読めます。 http://togetter.com/li/132237


ザ・緊張感!



ぜひ買って読んでみてください!

写真: 押〜忍! 5月下旬発売!
『KAMINOGE』vo.30のコンテンツはこちらです!! 

『KAMINOGE』vol.30

ハルク・ホーガン7年ぶりの来日決定!

ヤルかヤラナイかの人生なら、
お前たちはどっちを選ぶんだ、ブラザー!?

[INTERVIEW]
■天龍源一郎×スタン・ハンセン
“ワルツを踊らなかったタフガイども。”

「世界中を見渡しても、私たちの試合以上に恐ろしい
“過激なプロレス”はなかったはずだ。
しかも身体はビッグサイズ揃い。ある意味で奇跡だ」(ハンセン)

「真正面からやりあえたからこそ、
いまこうしてプロレスの話を語ることが何も恥ずかしくない。
俺はプロレスラーの凄さをハンセンから教わったんだ」(天龍)

■桜庭和志
超不機嫌のままあっという間に取材終了!
いま、IQレスラーに何が起こっているのか?
そして何に怒っているのか?

「いままで気を遣いすぎてたっていうか、遠慮しちゃってるんスよね。
ムカつくからホーレスとも鈴木(みのる)さんとも“強さの技術”を出し合いたい」

■前田日明×新山かえで
肉欲のローマ式戦車! 下ネタとインテリジェンスの千手観音!
前田日明、まさかの『テレクラキャノンボール』出撃か!?

「今日はどんなことをするのかわかってなくて来たんです。
だから、ちゃんと毛も剃って準備してきてたんですけど(笑)」(新山)
「かえでちゃんってめっちゃ度胸があって“トンパチ”なんだよね。
だから、逆にファンとしてはちょっと心配……」(前田)

■斎藤文彦
完全必読! あの“フミ・サイトー”が『KAMINOGE』初登場!!
『そうだったのか! 学べるアメリカンプロレス since 1850s』

「『日本のプロレスのほうがレベル高い』って思いがちなんだろうけど、
ボクはそこにはやや違和感を覚える。
日本でされているようなプロレスに関する議論は、
アメリカでは過去150年間、ずっと続けられてきた」

■みのもけんじ×プチ鹿島
WWEもUFCも、そして政治経済も!
あらゆる現実を預言し、飛び越える伝説の漫画・
『プロレス・スターウォーズ』とは何か?

「表紙に『スーパーリアルフィクション』って
書いてますけど、これはプロレスの真髄をついてますよ!」(鹿島)
「この漫画でウソや創作はたくさん描いたけど、
そこにちょこっとでもリアリティがあるじゃないですか。
だから、やってておもしろかったし、
物語が破綻しなかったんだと思います」(みのも)

■TAKE-SHIT[COCOBAT]
ガイジンレスラーと熱狂的ちびっこプロレスファンの異常な交友録!
後楽園ホールが庭、新宿スポセンで格闘技ごっこのハードコア・デイズ!!

「トーア・カマタの買い物に付き合ったり、
ローラン・ボックをマッサージしたりとか。
レスラーの追っかけをしてるときに
初来日のザ・クラッシュに遭遇したりしたことが
音楽に興味を持ったきっかけですから」

[HENTAI ZADANKAI]
■玉袋筋太郎“プロレスリング・マスター 武藤敬司”変態座談会[後編]

いつだって“俺”が最高!
溢れ出すメジャーリーガーの金言・格言!!
「な〜んかいまのプロレスってクソおもしろくないんだわ」

[INTERVIEW]
■長州力
ただこうしてお茶を飲みながらくだらない話ができたらそれでいい。
オバマ来日から佐村河内までをユルく斬る!
長州力vs山本くん・運命の対決第7ラウンド! !

「佐村河内を消したのは小保方さんだよな。
で、その小保方さんを消したのがオバマだよ。
うまくできてるよなあ」

■悠太 with 宮川博孝
DEEP初の“童貞チャンピオン”誕生!
その端正なルックスの裏に秘められた深い心の闇とは何か……!?

ヤルかヤラナイかの人生なら、
お前はどっちを選ぶんだ、悠太!?

■まちゃまちゃ
[大井洋一の『THE KAMINOGE OUTSIDER』第5戦]
前田日明が『THE OUTSIDER』に女子参戦を呼びかけただと!?
“不良の女”とは何か?
そして女番長はこの世に実在するのか!?

「女の不良は男とは活動内容が異なるし、武勇伝を語らない。
男と違って女にとってはそんな過去を語ってもなんもいいことがないから」

■マッスル坂井
4月29日、マッスル坂井と 渋谷・ペールワンズで。
「既存の技術を持って新市場へっていうと、
これはもうメキシコしかないんですよ。
名づけて“カタリブレ”、すなわち“自由への金型作り”ですよ」

■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

■ブシロードクラブの秘密兵器!
★『木谷さんのFAX通信』

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』

[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』第2話

2014.05.22 Thursday 01:45 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

5月下旬発売『KAMINOGE』vol.30

写真: 押〜忍! 5月下旬発売!
『KAMINOGE』vo.30のコンテンツはこちらです!! 

『KAMINOGE』vol.30

ハルク・ホーガン7年ぶりの来日決定!

ヤルかヤラナイかの人生なら、
お前たちはどっちを選ぶんだ、ブラザー!?

[INTERVIEW]
■天龍源一郎×スタン・ハンセン
“ワルツを踊らなかったタフガイども。”

「世界中を見渡しても、私たちの試合以上に恐ろしい
“過激なプロレス”はなかったはずだ。
しかも身体はビッグサイズ揃い。ある意味で奇跡だ」(ハンセン)

「真正面からやりあえたからこそ、
いまこうしてプロレスの話を語ることが何も恥ずかしくない。
俺はプロレスラーの凄さをハンセンから教わったんだ」(天龍)

■桜庭和志
超不機嫌のままあっという間に取材終了!
いま、IQレスラーに何が起こっているのか?
そして何に怒っているのか?

「いままで気を遣いすぎてたっていうか、遠慮しちゃってるんスよね。
ムカつくからホーレスとも鈴木(みのる)さんとも“強さの技術”を出し合いたい」

■前田日明×新山かえで
肉欲のローマ式戦車! 下ネタとインテリジェンスの千手観音!
前田日明、まさかの『テレクラキャノンボール』出撃か!?

「今日はどんなことをするのかわかってなくて来たんです。
だから、ちゃんと毛も剃って準備してきてたんですけど(笑)」(新山)
「かえでちゃんってめっちゃ度胸があって“トンパチ”なんだよね。
だから、逆にファンとしてはちょっと心配……」(前田)

■斎藤文彦
完全必読! あの“フミ・サイトー”が『KAMINOGE』初登場!!
『そうだったのか! 学べるアメリカンプロレス since 1850s』

「『日本のプロレスのほうがレベル高い』って思いがちなんだろうけど、
ボクはそこにはやや違和感を覚える。
日本でされているようなプロレスに関する議論は、
アメリカでは過去150年間、ずっと続けられてきた」

■みのもけんじ×プチ鹿島
WWEもUFCも、そして政治経済も!
あらゆる現実を預言し、飛び越える伝説の漫画・
『プロレス・スターウォーズ』とは何か?

「表紙に『スーパーリアルフィクション』って
書いてますけど、これはプロレスの真髄をついてますよ!」(鹿島)
「この漫画でウソや創作はたくさん描いたけど、
そこにちょこっとでもリアリティがあるじゃないですか。
だから、やってておもしろかったし、
物語が破綻しなかったんだと思います」(みのも)

■TAKE-SHIT[COCOBAT]
ガイジンレスラーと熱狂的ちびっこプロレスファンの異常な交友録!
後楽園ホールが庭、新宿スポセンで格闘技ごっこのハードコア・デイズ!!

「トーア・カマタの買い物に付き合ったり、
ローラン・ボックをマッサージしたりとか。
レスラーの追っかけをしてるときに
初来日のザ・クラッシュに遭遇したりしたことが
音楽に興味を持ったきっかけですから」

[HENTAI ZADANKAI]
■玉袋筋太郎“プロレスリング・マスター 武藤敬司”変態座談会[後編]

いつだって“俺”が最高!
溢れ出すメジャーリーガーの金言・格言!!
「な〜んかいまのプロレスってクソおもしろくないんだわ」

[INTERVIEW]
■長州力
ただこうしてお茶を飲みながらくだらない話ができたらそれでいい。
オバマ来日から佐村河内までをユルく斬る!
長州力vs山本くん・運命の対決第7ラウンド! !

「佐村河内を消したのは小保方さんだよな。
で、その小保方さんを消したのがオバマだよ。
うまくできてるよなあ」

■悠太 with 宮川博孝
DEEP初の“童貞チャンピオン”誕生!
その端正なルックスの裏に秘められた深い心の闇とは何か……!?

ヤルかヤラナイかの人生なら、
お前はどっちを選ぶんだ、悠太!?

■まちゃまちゃ
[大井洋一の『THE KAMINOGE OUTSIDER』第5戦]
前田日明が『THE OUTSIDER』に女子参戦を呼びかけただと!?
“不良の女”とは何か?
そして女番長はこの世に実在するのか!?

「女の不良は男とは活動内容が異なるし、武勇伝を語らない。
男と違って女にとってはそんな過去を語ってもなんもいいことがないから」

■マッスル坂井
4月29日、マッスル坂井と 渋谷・ペールワンズで。
「既存の技術を持って新市場へっていうと、
これはもうメキシコしかないんですよ。
名づけて“カタリブレ”、すなわち“自由への金型作り”ですよ」

■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

■ブシロードクラブの秘密兵器!
★『木谷さんのFAX通信』

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』

[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』第2話

5月下旬発売!『KAMINOGE』vol.30

ハルク・ホーガン7年ぶりの来日決定!

ヤルかヤラナイかの人生なら、
お前たちはどっちを選ぶんだ、ブラザー!?

[INTERVIEW]
■天龍源一郎×スタン・ハンセン
“ワルツを踊らなかったタフガイども。”

「世界中を見渡しても、私たちの試合以上に恐ろしい
“過激なプロレス”はなかったはずだ。
しかも身体はビッグサイズ揃い。ある意味で奇跡だ」(ハンセン)

「真正面からやりあえたからこそ、
いまこうしてプロレスの話を語ることが何も恥ずかしくない。
俺はプロレスラーの凄さをハンセンから教わったんだ」(天龍)

■桜庭和志
超不機嫌のままあっという間に取材終了!
いま、IQレスラーに何が起こっているのか?
そして何に怒っているのか?

「いままで気を遣いすぎてたっていうか、遠慮しちゃってるんスよね。
ムカつくからホーレスとも鈴木(みのる)さんとも“強さの技術”を出し合いたい」

■前田日明×新山かえで
肉欲のローマ式戦車! 下ネタとインテリジェンスの千手観音!
前田日明、まさかの『テレクラキャノンボール』出撃か!?

「今日はどんなことをするのかわかってなくて来たんです。
だから、ちゃんと毛も剃って準備してきてたんですけど(笑)」(新山)
「かえでちゃんってめっちゃ度胸があって“トンパチ”なんだよね。
だから、逆にファンとしてはちょっと心配……」(前田)

■斎藤文彦
完全必読! あの“フミ・サイトー”が『KAMINOGE』初登場!!
『そうだったのか! 学べるアメリカンプロレス since 1850s』

「『日本のプロレスのほうがレベル高い』って思いがちなんだろうけど、
ボクはそこにはやや違和感を覚える。
日本でされているようなプロレスに関する議論は、
アメリカでは過去150年間、ずっと続けられてきた」

 

■みのもけんじ×プチ鹿島
WWEもUFCも、そして政治経済も!
あらゆる現実を預言し、飛び越える伝説の漫画・
『プロレス・スターウォーズ』とは何か?

「表紙に『スーパーリアルフィクション』って
書いてますけど、これはプロレスの真髄をついてますよ!」(鹿島)
「この漫画でウソや創作はたくさん描いたけど、
そこにちょこっとでもリアリティがあるじゃないですか。
だから、やってておもしろかったし、
物語が破綻しなかったんだと思います」(みのも)


■TAKE-SHIT[COCOBAT]
ガイジンレスラーと熱狂的ちびっこプロレスファンの異常な交友録!
後楽園ホールが庭、新宿スポセンで格闘技ごっこのハードコア・デイズ!!

「トーア・カマタの買い物に付き合ったり、
ローラン・ボックをマッサージしたりとか。
レスラーの追っかけをしてるときに
初来日のザ・クラッシュに遭遇したりしたことが
音楽に興味を持ったきっかけですから」

[HENTAI ZADANKAI]
■玉袋筋太郎“プロレスリング・マスター 武藤敬司”変態座談会[後編]

いつだって“俺”が最高!
溢れ出すメジャーリーガーの金言・格言!!
「な〜んかいまのプロレスってクソおもしろくないんだわ」

[INTERVIEW]
■長州力
ただこうしてお茶を飲みながらくだらない話ができたらそれでいい。
オバマ来日から佐村河内までをユルく斬る!
長州力vs山本くん・運命の対決第7ラウンド! !

「佐村河内を消したのは小保方さんだよな。
で、その小保方さんを消したのがオバマだよ。
うまくできてるよなあ」

■悠太 with 宮川博孝
DEEP初の“童貞チャンピオン”誕生!
その端正なルックスの裏に秘められた深い心の闇とは何か……!?

ヤルかヤラナイかの人生なら、
お前はどっちを選ぶんだ、悠太!?

■まちゃまちゃ
[大井洋一の『THE KAMINOGE OUTSIDER』第5戦]
前田日明が『THE OUTSIDER』に女子参戦を呼びかけただと!?
“不良の女”とは何か?
そして女番長はこの世に実在するのか!?

「女の不良は男とは活動内容が異なるし、武勇伝を語らない。
男と違って女にとってはそんな過去を語ってもなんもいいことがないから」

■マッスル坂井
4月29日、マッスル坂井と 渋谷・ペールワンズで。
「既存の技術を持って新市場へっていうと、
これはもうメキシコしかないんですよ。
名づけて“カタリブレ”、すなわち“自由への金型作り”ですよ」

■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

■ブシロードクラブの秘密兵器!
★『木谷さんのFAX通信』

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』

★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』

★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』

[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』第2話


2014.05.12 Monday 11:19 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by プチ鹿島

君は「宝塚トップ伝説〜熱狂の100年〜」を見たか!?

考えてみれば、日本の伝統芸能や文化はどこか妙だ。

相撲は大男がふんどしでちょんまげ、歌舞伎はおじいさんがお化粧し、落語は座布団の上でおもしろいこと言ってる。

これらの「妙」は時間を重ね、逸材を輩出し、庶民に愛されて醸成されてゆくと堂々とした文化になる。

それでいくと「宝塚」もこのパターンにハマる。今年100周年。伝統文化の法則。

5月4日(日)に放送されたNHKスペシャル「宝塚トップ伝説〜熱狂の100年〜」。

番組概要は以下。

《世界的にも珍しい未婚女性だけで構成される宝塚歌劇団が、この4月に100周年を迎えた。その根幹に位置づけられ、熱狂的ファンを獲得する原動力となってきたのが“男役トップスター”のシステムである。常に舞台の主役を演じ、誰よりもキラキラの衣装、ひときわ大きな羽根を背負う独特のスタイル、ピラミッド組織の頂点に君臨しながら、必ず人気絶頂の中で「卒業」する制度…。ファン以外には不思議な存在にも映る、花・月・雪・星・宙の5組5人のトップスターへの同時密着取材を通して、その知られざる世界へといざなう。》
 

「世界的にも珍しい未婚女性だけで構成される宝塚歌劇団」。ああそうか。宝塚をあらためて説明されるとやはり「妙」。

しかも100年の歴史のなかで、総勢4400人のタカラジェンヌのうち、トップとされる存在は100人にも届かないという。

番組はトップ5人の同時密着取材が初めて許された。

番組の見せ方は、5人を追いながらそれぞれの「テーマ」を紹介してゆく形式だった。

まず「星組・ 柚希礼音(ゆうきれおん )」。「10年に一人の逸材」と呼ばれる彼女は100周年の幕開け公演を任された。スケールの大きいトップ。柚希を想定して作られた芝居に対し、トップとしてどう乗り越えていくのか。テーマは「重責」 。

続いて「花組 ・蘭寿とむ (らんじゅとむ)のテーマは 「使命」 。トップに就いて3年、何を背負ってきたのか。常に完璧を目指したい。トップは絶対的な存在だからこそ組全体の士気をどう高めていくかは自分に課せられた責任。「とにかく率先して走る」 。

遅咲きのトップ「雪組 ・壮一帆 (そうかずほ)」のテーマは「覚悟」。 どこで勝負しようとしてるのか?他人に負けないオリジナル性を考えた結果「日本物」に活路を見出した。

「もっと早くトップになっていたらきっともっと出来なかったこととか気づけなかったことがいっぱいあった」「これだけの時間をかけてトップになってよかった」 サラリーマンにも響きそうな言葉。

同じくテーマが「覚悟」だったのが「 月組 龍真咲(りゅうまさき)」。

現代のアイドル的魅力も持ち合わす彼女はどう持ち味を出すのか?その結果、80年以上前に上演されたレビューを再現した。 やはりオリジナル性なのだ。

「宙組・ 鳳稀かなめ(おおきかなめ」のテーマは「伝統」。100年の歴史のなかで、ごく選ばれた人にしか演じられなかった「ベルサイユの薔薇」男装の麗人・オスカル役にチャレンジ。演技の型がもっとも要求される。 

トップはその絶頂の時間が限りあるからこそ輝く。 

「熱狂するファンはトップに理想の愛を求めているのではない。その生き方に熱狂しているのだ 」というナレーションで締められる。

そう、私はトップの5人もすごかったのですが、ファンの「生態」をみて唸った。

番組オープニングは柚希礼音の「会場入り」を待つファンたちの様子だった。

みんな整然と並んでいるのだ。しかもしゃがんで。

で、車がついて柚希礼音が姿を現すとワーキャー。そして合唱しはじめる。「年の初めの〜」

そう、この日は元旦だったのだ!

【続きは以下で】

この写真は私が数年前に偶然撮影したモノです。

 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年5月14日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第104回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=========
 目次
=========

1.プチニュース&時事ネタコメント

宝塚、すき家、天声人語師匠、3Dプリンター、韓国船事故、外遊とは?


2.プチ実感

近況。


おまけ
 過去に紹介した本。


2014.05.10 Saturday 21:33 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

なんと三峯神社へのバスツアーがきまりました。

【お笑いナタリー】プチ鹿島&サンキュータツオと巡る三峯神社バスツアー開催 http://natalie.mu/owarai/news/116243 

私はここ数年毎年訪れていますが、ゆくたびに参拝客が多いんです。しかも女子!

「関東最大のパワースポット」「縁結びにご利益」など、最近テレビなどで紹介されている効果が大きいとのこと。

あと、小声で言わせていただくと「東京ポッド許可局」の影響も少なからずあると思う。

三峯に行くのにはかなり交通手段が大変なのですが、今回はバスツアーということで新宿でバスに乗ればもう大丈夫。お得です。楽ちんです。


〜プチ鹿島 サンキュータツオと巡る オオカミパワー 三峯神社の旅〜

日程:2014年6月29日(日) 7:20新宿都庁前集合 19:00解散予定
旅行代金:1人9500円、現地集合現地解散の場合1人4500円(三峯神社駐車場11:00集合)
食事:昼食付き
最少催行人員:60名
オプション:祈祷代5000円

申込み・問合せ:八木橋トラベルサロン 048-526-9899 メールnet-shop@yagihashi.co.jp


記念ですので、2年前のメルマガに書いたコラムを掲載します。


【オオカミパワーとは何か。「三峯、いのちの中山高嶺)を読む!】

すべては5月にある番組を観たことから始まります。NHK・ETV特集「見狼記 〜神獣ニホンオオカミ〜」。タイトルをみて「ジャケ買い」。すぐに予約録画。

《「明治末期に絶滅したといわれるニホンオオカミ。この幻の獣に酷似した動物を目撃して以来、もう一度出会う悲願のため情熱を燃やし続ける男性がいる。痕跡を求めて調査していくうち、奥秩父を中心としたオオカミ信仰、「おイヌさま」の存在が次第に大きく浮かび上がってくる……。」》


もうたまりません。子どもの頃に学研の「なぞの怪獣・珍獣を追え」という本や川口浩探検隊の「水曜スペシャル」に胸をワクワクさせていた自分としてはど真ん中のストライクです。

「八木さん」というおじさんがオオカミを追い続けているんですが、番組開始早々に八木さんが撮影したというオオカミの写真が紹介される。


この手の「幻の動物」の写真って、ピンボケしてたりかなり微妙だったりするのがお約束のパターンなのだけど、おもいっきり鮮明に写っていたのだ!エーーー!
もちろん番組上はあくまで「オオカミに酷似した生き物」。(自分のブログで写真を紹介してますhttp://orenobaka.com/?eid=2236


埼玉の秩父地方はかつてオオカミがたくさんいた地域で、オオカミを「神」として祀る神社がいくつかあることも紹介されていく。そして番組はオオカミそのものよりも「オオカミを追うおじさん」の熱さを追っていることが徐々にわかってくるのです。

おもしろすぎたのですぐに東京ポッド許可局【第228回“好きな未知の生物”論】で話しました。

その数日後。私の「うそ社説」を出版した担当編集者からメールが。「東京ポッドで話していたオオカミ神社(三峯神社)へ今週末にお参りに行くところだったので不思議な気持ちで聴いていました」という内容。

女子ふたりで行くらしいのだけど、「神社巡りが趣味の友だちは霊感が強く、三峯神社のパワーはかなりすごいと何度も通っているんです」とのこと。その編集担当は別にオカルト信仰の人ではないので説得力がある言葉でした。


そのあとなんだか私の身の回りには「引きが強いなオレ」という出来事が続いたので「オオカミパワーだ」と言いまわっていたところ、しまいには、なんと東京ポッド許可局を聴いたという三峯神社の宮司さんから本が贈られてきたのです。

それが「三峯、いのちの聖地」(中山高嶺)。「奥秩父に鎮座して1900年 悠久の時間、大自然の気と出会う」という思わず正座してしまう帯文が。大自然の気と出会う、なんて出会い系最強じゃないか。


まずご神木の話から紹介されています。鎌倉初期に活躍した武将・畠山重忠が、北条時政の策謀によって討ち死にする直前に「わが心正かればこの矢にて枝葉を生じ繁茂せよ」と言って矢の幹を地に突き立てたという。すると矢の幹は本当に大地に根付き、繁茂したという。

「三峯神社の拝殿前には、樹齢八百年の杉の木が聳え立っていますが、これこそが畠山重忠公が寄進されたご神木「重忠杉」です」(P29)

そして、

「いつの頃からか、このご神木には癒しの力があるといわれ始めました。重忠の凛とした魂魄が八百年の時を超えてご神木に宿り続け、それがここに集う人たちの心と感応するのかもしれません。三峯山はむかしから神聖な霊気に満ちた山といわれてきましたが、このようにご神木が放つ「気」に集う人たちが近年さらに増えてきました。」

「三峯山が人間の心身に何かをもたらすのではないかと考える人は多いようで、医療・学術関係の方々もお参りに来られます」


「そのほか、お山の空気がうつ病などの精神障害にも効くのではないか、という仮説を持って実験する方もいます。豊かな自然から遠く離れた生活をしている現代人にとって、古代から変わることのない神聖な山々のたたずまいを仰ぎ、数多の樹木の息吹が生み出す清々しい空気に包まれることは、身も心も癒される「心のふるさと」に回帰することでしょう」(P35)


いよいよオオカミのことも。


「一般的に神社の参道や社殿の前には狛犬が据えられ、魔除けのためとされますが、三峯の「お犬さま」はちょっと違います。ここのお犬さまは御眷属(ごけんぞく)様あるいは御神犬と呼ばれ、三峯の神のお使いであり、「大口真神(おおくちのまがみ)」と称えて、お札となり信仰の対象となっています。日本武尊(やまとたけるのみこと)が東国平定の帰途、この山に登られた時、その道案内をしたのが狼だったとの言い伝えからきています。」(P41)


「三峯山に残る古文書「観音院記録」には次のようなことが記されています。享保十二年(1727)九月十三日の夜のことです。日光法印が山上の庵で静かに端座していたところ、どこからともなく狼が群れをなして現れ、庵室の周囲に充ち満ちた。それに大きな意味を感じとった日光法印は、狼の姿を描いたお札をつくり、猪鹿除の神札(猪や鹿など田畑を荒らす害獣を追い払う力のあるお札)として諸国に出していきます。しると、霊験がたちまち現れ、農業をいとなむ人々を中心に諸国から神札を請う者が続々と山に登ってきたというのです。御眷属信仰がここから一気に広がっていきます。」(P89)


もともと眷属は「主人に付き従う者」という意味なのだが、神道ではわかりやすく「神さまのお使い」と説明しているらしい。で、三峯神社の場合、御眷属はお犬さま(狼)なのだという。はぁ、ありがたやオオカミ。

こんなにも三峯&オオカミパワーを読んだら当然行きたくなりますよね?

なので、行ってきました。

書籍担当が「平日プラン」を組んでくれたのですが、バスはなんと一日に3本しかないので(休日はもっと多い)、池袋朝7時発!

こんな話をしていたらサンキュータツオも一緒に行くことに。そしてありがたいことに、今回我々のために「一大プラン」を組んでくださった方がいたのです。埼玉・熊谷の百貨店「八木橋」http://www.yagihashi.co.jp/ のMさん。

東京ポッドを手伝ってくれている中村シュフと以前からイベントで知り合いで、この方が我々のために三峯神社さんとの間を取り持ってくださったのです。
真夏日になるとよく熊谷からニュースの中継がありますよね。でかい温度計が設置されていて「あー、熊谷こんなに暑い」という。あれを仕掛けたのがMさんなんです。百貨店にお勤めだけにイベントを仕掛けるのもお仕事なのだ。そんなやり手のMさんがわざわざ駅まで車で迎えに来てくださったのです。

どんどん山道を行き、遂に三峯神社。


驚きました。車から出ると霧に包まれ一気に神秘的な空間。私は長野県出身なので、山の素晴らしさは遠足やキャンプでさんざん体感しているのですが、それらの爽やかな感じとまた違うのです。空気が「凛としてる」といったほうがいいかもしれません。本当に心が浄化されていくような気持ちでした。


そして狛犬はやはりオオカミ!ああ、約束の地へ遂にきた。この日は宮司さんは講演でお留守だったのですが、代わりに案内してくださったのが「権禰宜(ごんねぎ)」の山中さん。宮司の次にエラい方。でもまだ30代前半で「水曜どうでしょう」が大好きという、話のしやすい方で盛り上がりました。応接室でしばし歓談。ていうか我々を応接室で接待ってありがたすぎます。

で、八木橋百貨店のMさん、我々のために仕掛けてくれました。なんとその応接室にオオカミおじさん・八木さんが登場!番組の主人公が来た!

もしろかったのは、我々の歓喜をよそに、八木さんはふつうにオオカミ話をいきなり始めたのです。マイペース!というかホントにオオカミのことしか興味なく、こちらの話はあまり聞いてない。素晴らしすぎる熱中人でした。

しまいには八木さんの「オオカミ生写真」までプレゼントされました。


んなこんなで我々もご祈祷を受けたのです。そのお札を一年間「お借りする」。つまり我が家にオオカミが来て「護ってくれる」のだ。で、来年またお返しに行き、新しいお札をまたいただく。


ご祈祷は芸名でも効果があるというのでタツオと一緒に芸名で受けました。そしたら、許可局を聴いてわざわざ関西から三峯神社に来たという大学生にもバッタリ。彼、喜んでいたなぁ。嬉しくなってしまった。


それにしても生のオオカミおじさんはパワーがありました。熱中するって素晴らしいとあらためて思った。


あなたも三峯神社にお参りに行ってみてはどうでしょう。魂の洗濯へ。すっきりすること間違いなし。オオカミパワーは実在します。


ちなみに今回紹介した本、八木橋百貨店で大々的に取り扱ったら許可局を聴いて興味を持った人が多いらしくまた売れ始めているらしい。


仕掛け人のMさんがツイッターでこうつぶいやいてくれました。
「プチ鹿島さん 並びに 東京ポッド許可局のおかげで、「三峰いのちの聖地 」が再び 売れ始めました。 続編は 「三峰許可局の聖地」に なりそうです。POPの細かい文言まで面白いと お褒めの言葉頂きました twitter.com/MG1300MK2/stat… 」

完全にオオカミおじさんとペアになった私。最高です。


※「見狼記」のスタッフインタビューもおもしろいです。http://webneo.org/archives/2259


2014.05.02 Friday 09:57 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

前田日明が堺雅人に夢中。『KAMINOGE』vol.29

 発売中の『KAMINOGE』vol.29ですが、読み応えありすぎました。

アントニオ猪木が劣等感について語っています。

「プロ」とは何か?についても。

前田日明のインタビューもやっぱりおもしろい。最近、堺雅人にハマっているらしい。渥美清との比較論も!

プチ鹿島コラムはある「予言の書」について書きました。

写真: 押〜忍! 4月下旬発売!
『KAMINOGE』vo.29のコンテンツはこちらです!!

『KAMINOGE』vol.29

猪木イズムとは“劣等感”と見つけたり。
おそらく永遠にこの人のことが大好きです。

「ロックスター」アントニオ猪木

[INTERVIEW]
■アントニオ猪木×藤原喜明 
この美しき師弟愛に拍手を!
「英雄と用心棒、その愛の詩」

「ボクも前田もそうですし、猪木さんもそうだった。
つまり猪木イズムとは“劣等感”だったんですね」(藤原)
「まあ、俺は田中角栄さんにはなれないけどね。
“レットウ改造論”っていうね。ダ〜ハッハッハ!」(猪木)

■前田日明
前号巻頭で反響を呼んだ「前田が語るUWF」、その続編。
UWFスタイルとは何か? 垂らし続ける蜘蛛の糸とは何か?

「のちになんで総合でメシが食えるようになったか?
俺があの昭和の過激な新日本プロレスのファンたちに
総合を鑑賞できる能力をつけてやったからやんけ」

■桜庭和志[MMA黒帯]×中邑真輔[プロレス黒帯]
[黒帯スペシャル対談]
英雄・桜庭よ、苦しめ。そして生きよ。
5・3福岡で電撃タッグ結成&グレイシーと激突!
プロレスをさまよう桜庭がついに覚醒か!? それともやはり中邑の独壇場か!?

「桜庭さんのプロレスからはなんにも見えてこない。
いったいどうしたいのかがわかんないんです」(中邑)
「確かにいまのボクはそのまんまですよ。
自分がプロレスで何をやりたいのか、まだ凄く迷ってる」(桜庭)

[HENTAI ZADANKAI]
■玉袋筋太郎“プロレスリング・マスター 武藤敬司”変態座談会[前編]
炸裂する言葉のシャイニング・ウィザード!
あのメジャーリーガーのプロレス人生を
変態どもが骨の髄までしゃぶり尽くす!

[INTERVIEW]
■デイビーボーイ・スミスJr.
名門・ハート一家のサラブレッドは
U系の歴史にまで精通した日本プロレスオタクだった!!

「ボクはプロレスラーだけど、MMAも大好き。
柔術スタイルとUWFスタイルの両方をできれば、
凄く強くなれると思うんだ」

■三又又三
“活字・三又ダンス”がまたしても本誌を狙いうち!
そして活字の怖さ、“カッコ笑い”の重要性を力説!!

「つまり俺が言いたいのはさ、
『芸人と活字の人たちの間にはそりゃ差があるよ』っていうこと。
それは俺と井上さんも一緒でさ」

■朱里
苦難の『ハッスル』時代を乗り越えて
プロレス&格闘技で四冠王の大快挙!
おまえは女の中の女だ!!(サムズアップ)

「プロレスをやってるから、芸能をやってるから負けたんだって思われたくない。
プロレスとキックで頂点を極めて輝きたいです!」

■GAMI
悪い大人がうごめく女子プロレス界でも、いつもニコニコ現金払い!
プロレスリングWAVEは、明るくて楽しい職場です!

「自分が現役のときはお金を取りっぱぐれたこともあったけど、
私はきっちり仕事してくれた人にはお金をちゃんと払いたい。
その結果が、引退試合に77人が集まってくれたことじゃないですかね」

■マッスル坂井
3月21日、マッスル坂井と 水道橋・ルノアールで。

「DDTしかり『KAMINOGE』しかり。
生産性の低いところに熱狂があるんです!」

■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

■本誌に驚愕の提案!
★『木谷さんのFAX通信』

■『電動プロレス』から電撃移籍!
★古泉智浩 『仮面サンクス』第1話

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』

『KAMINOGE』vol.29

猪木イズムとは“劣等感”と見つけたり。...
おそらく永遠にこの人のことが大好きです。

「ロックスター」アントニオ猪木

[INTERVIEW]
■アントニオ猪木×藤原喜明
この美しき師弟愛に拍手を!
「英雄と用心棒、その愛の詩」

「ボクも前田もそうですし、猪木さんもそうだった。
つまり猪木イズムとは“劣等感”だったんですね」(藤原)
「まあ、俺は田中角栄さんにはなれないけどね。
“レットウ改造論”っていうね。ダ〜ハッハッハ!」(猪木)

■前田日明
前号巻頭で反響を呼んだ「前田が語るUWF」、その続編。
UWFスタイルとは何か? 垂らし続ける蜘蛛の糸とは何か?

「のちになんで総合でメシが食えるようになったか?
俺があの昭和の過激な新日本プロレスのファンたちに
総合を鑑賞できる能力をつけてやったからやんけ」

■桜庭和志[MMA黒帯]×中邑真輔[プロレス黒帯]
[黒帯スペシャル対談]
英雄・桜庭よ、苦しめ。そして生きよ。
5・3福岡で電撃タッグ結成&グレイシーと激突!
プロレスをさまよう桜庭がついに覚醒か!? それともやはり中邑の独壇場か!?

「桜庭さんのプロレスからはなんにも見えてこない。
いったいどうしたいのかがわかんないんです」(中邑)
「確かにいまのボクはそのまんまですよ。
自分がプロレスで何をやりたいのか、まだ凄く迷ってる」(桜庭)

[HENTAI ZADANKAI]
■玉袋筋太郎“プロレスリング・マスター 武藤敬司”変態座談会[前編]
炸裂する言葉のシャイニング・ウィザード!
あのメジャーリーガーのプロレス人生を
変態どもが骨の髄までしゃぶり尽くす!

[INTERVIEW]
■デイビーボーイ・スミスJr.
名門・ハート一家のサラブレッドは
U系の歴史にまで精通した日本プロレスオタクだった!!

「ボクはプロレスラーだけど、MMAも大好き。
柔術スタイルとUWFスタイルの両方をできれば、
凄く強くなれると思うんだ」

■三又又三
“活字・三又ダンス”がまたしても本誌を狙いうち!
そして活字の怖さ、“カッコ笑い”の重要性を力説!!

「つまり俺が言いたいのはさ、
『芸人と活字の人たちの間にはそりゃ差があるよ』っていうこと。
それは俺と井上さんも一緒でさ」

■朱里
苦難の『ハッスル』時代を乗り越えて
プロレス&格闘技で四冠王の大快挙!
おまえは女の中の女だ!!(サムズアップ)

「プロレスをやってるから、芸能をやってるから負けたんだって思われたくない。
プロレスとキックで頂点を極めて輝きたいです!」

■GAMI
悪い大人がうごめく女子プロレス界でも、いつもニコニコ現金払い!
プロレスリングWAVEは、明るくて楽しい職場です!

「自分が現役のときはお金を取りっぱぐれたこともあったけど、
私はきっちり仕事してくれた人にはお金をちゃんと払いたい。
その結果が、引退試合に77人が集まってくれたことじゃないですかね」

■マッスル坂井
3月21日、マッスル坂井と 水道橋・ルノアールで。

「DDTしかり『KAMINOGE』しかり。
生産性の低いところに熱狂があるんです!」

■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

■本誌に驚愕の提案!
★『木谷さんのFAX通信』

■『電動プロレス』から電撃移籍!
★古泉智浩 『仮面サンクス』第1話

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』

2014.04.30 Wednesday 11:39 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

「ゲンダイ師匠と会って思ったこと」プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第102回

 4月21日の月曜に「荻上チキ・Session-22」に出演してきました。スペシャルウィーク・聴取率週間に呼んでいただくのは光栄。

それもこれも、すべてゲンダイ師匠のおかげです。

このメルマガがきっかけでオヤジジャーナルの総本山「日刊ゲンダイ」ウオッチを始めたわけですが、「Session-22」でも紹介したところ好評。

今回遂に番組で対面することに。

日刊ゲンダイ編集局長・寺田俊治さん。あの激烈な見出しや記事を書く「中のひと」に遂にお会いできたわけです。

こんな興奮はない。あれもこれも聞きたい。

そもそも私はいつからゲンダイ師匠に注目したのか。

以前サンスポWEBで「時事ネタ馬券予想」をしていた時期があって、予想担当日はスポーツ紙やタブロイド紙をネタのために買い集めた。

当然、競馬以外の記事も読んだのですが、日刊ゲンダイはあまりの論調のキツさに正直引いていたんです。 

しかしここ数年で「オヤジジャーナル・ウオッチ」という見方に気づいてからゲンダイに再び注目するようになったのだ。

オヤジジャーナルとは「オヤジが発信してオヤジが受信するメディア 新聞・週刊誌・スポーツ紙・タブロイド紙」と定義。「マスゴミ」とか「旧メディア」と全否定するのではなくオヤジは今何に夢中なのか?と見方を変えたら楽しくなったのです。 

オヤジジャーナルは「辛口・上から目線、下世話」が特徴。とくに日刊ゲンダイは「毎日真剣に怒っているおじさん」と擬人化してみたら熱を感じてきた。

そんなわけで、ゲンダイ師匠のさまざまな記事を紹介してきたのですが、直撃できるなら聞きたいことは山ほど。

・あの刺激的な見出しや記事は編集会議など全体で決めているのか?それとも社説のように権限を任されたひとりの人が書く論調なのか? 

・都知事選では細川氏を推していたが、あれもゲンダイ全体の意志なのか?署名記事にはしないのか? 

・安倍晋三論。

・タブロイド紙にできる役割とは?  

・新聞の不偏不党、他の新聞について 。

などなど。

でもいっぽうで、ゲンダイ師匠に会いたくない自分もどこかにいるのだ。私はいつでも「客席」から見ていたいのです。直接会って関係性ができてしまうのは嬉しい反面、複雑なのです。この考えはプロ野球選手やプロレスラーにも同じ。徹底して客席から見ていたい。

で、当日。私とゲンダイ師匠は控室も別々。本番が初対面という、「Session-22」スタッフの無駄に凝った演出(笑)

このメルマガでは、あの日思ったことや言い忘れたことを書く。


【続きはこちらで!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年4月28日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第102回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=========
 目次
=========

1.プチニュース&時事ネタコメント

「ゲンダイ師匠と会って思ったこと」「白湯とは何か」「政治家のわかりやすい言葉」ほか。


2.プチ実感


おまけ
 過去に紹介した本

 


2014.04.18 Friday 22:00 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

プチ鹿島の『挨拶は心の窓! 舞台挨拶おじゃまします!』 第74回『クローズEXPLODE』

 
【コラム一番星】
プチ鹿島の『挨拶は心の窓! 舞台挨拶おじゃまします!』 

[※コラム紹介:芸人・プチ鹿島による、突撃取材連載! 「映画の初日舞台挨拶」に潜入し、現場で起こっている「真実」を鋭くレポートします!]

■第74回『クローズEXPLODE』[1/2]

さて今回は「クローズEXPLODE」の初日舞台挨拶へ潜入してきた。

私は今から5年前の「クローズZERO2」の初日にも潜入してます。2009年4月11日でした。TOHOシネマズ六本木ヒルズで午前9時45分スタート。登壇者は小栗旬、山田孝之、やべきょうすけ、三浦春馬、高岡蒼甫、金子ノブアキ、桐谷健太、深水元基、三池崇史監督。「ワルメン」という言葉を売りにし映画はヒット。今から見てもなかなかのメンバー。

ちなみに私はその一か月前には「ヤッターマン」に潜入していたので二ヶ月連続三池崇史監督という展開でした。

当時のコラムでは、《会場に入って見渡してみると、30代〜40代の「お姉さま」たちが多いこと多いこと。「ヤッターマン」は女子の年齢層は低かったので好対照だ。でもこの客層で「三池崇史の大乱闘活劇」をしっとりとこれから観るのだからなんかシュール。》

と書いていた。

あと、《私が映画で印象に残ったのは「芹沢軍団のナンバー2 辰川時生」役の桐谷健太だ。芸風が広そうな印象を受けた。どんな挨拶をするのかと見ていたら名前を呼ばれるやいなや、1歩前に出て観客に投げキッスのポーズ。湧き上がる女子たち。どうやら人気もあるようだ。》

とも。たしかに桐谷健太は役の幅を広げてます。

あれから5年後の2014年4月12日「クローズEXPLODE」初日舞台挨拶はいったいどんな変化があったのか?

場所は同じくTOHOシネマズ六本木ヒルズ。9時半スタート。上映後に登壇したのは東出昌大、勝地涼、三代目J Soul BrothersのELLYと岩田剛典、DA PUMPのKENZO、永山絢斗、やべきょうすけ、豊田利晃監督。

ガラリと変わった出演者。そして客層も変わっていた。「10代女子」がほとんど埋め尽くす。

そのなかに入ってゆくプチおっさんひとり。私は何の目的だと彼女らから思われているのだろう。「やべきょうすけの熱狂的ファン」だろうか。とりあえず原作ファンと誤解されたい。

となりの席の女子がひたすらしゃべっていての会話を聞いて、とても興味深かった。予告編にもひたすら反応するのだ。

綾瀬はるかの「万能鑑定士Q −モナ・リザの瞳−」の予告には「へー、モナリザで映画できるんだぁー」と感心し、藤原竜也が「MONSTERZ モンスターズ」の予告で出てくると「かっこいいー」と盛り上がる。

きわめつけは「闇金ウシジマくん Part2」。綾野剛の姿を見るや「ひ!」。心臓が止まったのかと一瞬心配してしまった。そのあと「ヤバい〜」。「ウシジマくんは観にいこうかなー」と会話していた。「アメイジングスパイダーマン2」の予告では「主人公だれ?」と気にしていた。

誰が出てるかで映画を観に行くかという王道路線。最近の邦画が若年層には意外と好調という理由もこんなところだろうか。

さて、何と言っても今回の「クローズEXPLODE」の売りは東出昌大の主演だ。NHK朝ドラ「ごちそうさん」でヒロイン杏の相手役を務めたブレイク中の若手俳優。

「ごちそうさん」は「あまちゃん」を視聴率で上回った。熱狂的な支持はなくても広く楽しまれた。朝ドラをもとの形に戻したといえる。

「ごちそうさん」はヒロインの杏も東出昌大もとにかくでかかった。センターを張れる逸材2人を見てればそれでいいんだというジャイアント馬場イズムを勝手に感じた。つまり「お客はスターが見たいんだ」という王道路線である。

特に東出昌大。モデルだった彼は「桐島、部活やめるってよ」で役者デビュー。わずか2年前のこと。当然演技はまだ達者ではない。熟練していない。

でも今の演技がうまいとか下手とかよりもその大器ぶりを見ておけばいいと思い直した。だって文字通りデカいんだもん。かつての映画会社の大型新人デビュー時を思い出す。

そんな東出昌大が今回「クローズEXPLODE」の主役という。現在進行形を鑑賞することができる。

東出昌大は公式パンフレットではこう語っていた。

「豊田監督に妥協はありません。何度も「棒読みになっている!」と怒られましたし、ライブハウスの撮影では何十テイクもNGを出されて、丸一日撮影が進まないときもありましたが、最後まで僕を見捨てず、それこそ親父みたいに接していただきました。監督には全部が見えていたんでしょうね。」

「撮影の終盤、監督に「台詞って何ですか」と伺ったら、「それが台詞だ」って言われて「あぁ・・・」となりました。俳優デビュー作の「桐島、部活やめるってよ」を素人だからこそできた部分のある作品とするなら、「クローズEXPLODE」は役者として本格的なスタートになった作品だと思います。」

(※後半は無料メールマガジン版vol.201にてお楽しみください! メルマガ未登録の方はこちら!⇒登録アドレス(PC):http://ow.ly/kAQBj ※携帯からの登録:http://ow.ly/kAQy9 )

『クローズEXPLODE』
 2014年4月12日(土) 初日舞台挨拶 ※9:30の回上映終了後
・会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ (東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内) 
・登壇者:東出昌大、勝地涼、永山絢斗、KENZO、ELLY、岩田剛典、やべきょうすけ、豊田利晃監督
・公式HP⇒http://www.crows-movie.jp/

◇プチ鹿島プロフィール⇒http://orenobaka.jugem.jp/?pid=2
※ブログ「俺のバカ」⇒http://orenobaka.com/

【コラム一番星】
プチ鹿島の『挨拶は心の窓! 舞台挨拶おじゃまします!』

[※コラム紹介:芸人・プチ鹿島による、突撃取材連載! 「映画の初日舞台挨拶」に潜入し、現場で起こっている「真実」を鋭くレポートします!]

 

■第74回『クローズEXPLODE』

さて今回は「クローズEXPLODE」の初日舞台挨拶へ潜入してきた。

私は今から5年前の「クローズZERO2」の初日にも潜入してます。2009年4月11日でした。TOHOシネマズ六本木ヒルズで午前9時45分スタート。登壇者は小栗旬、山田孝之、やべきょうすけ、三浦春馬、高岡蒼甫、金子ノブアキ、桐谷健太、深水元基、三池崇史監督。「ワルメン」という言葉を売りにし映画はヒット。今見てもなかなかのメンバー。

ちなみに私はその一か月前には「ヤッターマン」に潜入していたので二ヶ月連続三池崇史監督という展開でした。

当時のコラムでは、《会場に入って見渡してみると、30代〜40代の「お姉さま」たちが多いこと多いこと。「ヤッターマン」は女子の年齢層は低かったので好対照だ。でもこの客層で「三池崇史の大乱闘活劇」をしっとりとこれから観るのだからなんかシュール。》

と書いていた。

あと、《私が映画で印象に残ったのは「芹沢軍団のナンバー2 辰川時生」役の桐谷健太だ。芸風が広そうな印象を受けた。どんな挨拶をするのかと見ていたら名前を呼ばれるやいなや、1歩前に出て観客に投げキッスのポーズ。湧き上がる女子たち。どうやら人気もあるようだ。》

とも。たしかに桐谷健太は役の幅を広げてます。

あれから5年後の2014年4月12日「クローズEXPLODE」初日舞台挨拶はいったいどんな変化があったのか?

場所は同じくTOHOシネマズ六本木ヒルズ。9時半スタート。上映後に登壇したのは東出昌大、勝地涼、三代目J Soul BrothersのELLYと岩田剛典、DA PUMPのKENZO、永山絢斗、やべきょうすけ、豊田利晃監督。

ガラリと変わった出演者。そして客層も変わっていた。「10代女子」がほとんど埋め尽くす。

そのなかに入ってゆくプチおっさんひとり。私は何の目的だと彼女らから思われているのだろう。「やべきょうすけの熱狂的ファン」だろうか。とりあえず原作ファンと誤解されたい。

となりの席の女子がひたすらしゃべっていて、とても興味深かった。予告編にもひたすら反応するのだ。

綾瀬はるかの「万能鑑定士Q −モナ・リザの瞳−」の予告には「へー、モナリザで映画できるんだぁー」と感心し、藤原竜也が「MONSTERZ モンスターズ」の予告で出てくると「かっこいいー」と盛り上がる。

きわめつけは「闇金ウシジマくん Part2」。綾野剛の姿を見るや「ひ!」。心臓が止まったのかと一瞬心配してしまった。そのあと「ヤバい〜」。「ウシジマくんは観にいこうかなー」と会話していた。「アメイジングスパイダーマン2」の予告では「主人公だれ?」と気にしていた。

誰が出てるかで映画を観に行くかという王道路線。最近の邦画が若年層には意外と好調という理由もこんなところだろうか。

さて、何と言っても今回の「クローズEXPLODE」の売りは東出昌大の主演だ。NHK朝ドラ「ごちそうさん」でヒロイン杏の相手役を務めたブレイク中の若手俳優。

「ごちそうさん」は「あまちゃん」を視聴率で上回った。熱狂的な支持はなくても広く楽しまれた。朝ドラをもとの形に戻したといえる。

「ごちそうさん」はヒロインの杏も東出昌大もとにかくでかかった。センターを張れる逸材2人を見てればそれでいいんだというジャイアント馬場イズムを勝手に感じた。つまり「お客はスターが見たいんだ」という王道路線である。

特に東出昌大。モデルだった彼は「桐島、部活やめるってよ」で役者デビュー。わずか2年前のこと。当然演技はまだ達者ではない。熟練していない。

でも今の演技がうまいとか下手とかよりもその大器ぶりを見ておけばいいと思い直した。だって文字通りデカいんだもん。かつての映画会社の大型新人デビュー時を思い出す。

そんな東出昌大が今回「クローズEXPLODE」の主役という。現在進行形を鑑賞することができる。

東出昌大は公式パンフレットではこう語っていた。

「豊田監督に妥協はありません。何度も「棒読みになっている!」と怒られましたし、ライブハウスの撮影では何十テイクもNGを出されて、丸一日撮影が進まないときもありましたが、最後まで僕を見捨てず、それこそ親父みたいに接していただきました。監督には全部が見えていたんでしょうね。」

「撮影の終盤、監督に「台詞って何ですか」と伺ったら、「それが台詞だ」って言われて「あぁ・・・」となりました。俳優デビュー作の「桐島、部活やめるってよ」を素人だからこそできた部分のある作品とするなら、「クローズEXPLODE」は役者として本格的なスタートになった作品だと思います。」


(※後半は無料メールマガジン版vol.201にてお楽しみください! メルマガ未登録の方はこちら!⇒登録アドレス(PC):http://ow.ly/kAQBj ※携帯からの登録:http://ow.ly/kAQy9

『クローズEXPLODE』
2014年4月12日(土) 初日舞台挨拶 ※9:30の回上映終了後
・会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ (東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内)
・登壇者:東出昌大、勝地涼、永山絢斗、KENZO、ELLY、岩田剛典、やべきょうすけ、豊田利晃監督
・公式HP⇒http://www.crows-movie.jp/


 


2014.04.16 Wednesday 11:31 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

保守リベラルって何?【プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第100回】

 今週は渡辺喜美報道のウラの楽しみ方から、安倍政権の「宿敵」は誰なのかとか、「宏池会」とは何か、「保守リベラル」までまとめて書いてみました。

というのも、ここ数か月の間に読んで注目していた記事がひとつにつながったので。

もしかしたら読み疲れた方もいるかもしれません。

こういうのをまとめて書ける場所ってここしかない。ぶつけられる場所ってここ。メルマガやってて嬉しい。

これからもお付き合い頂けたら幸せです。

F4aSM6Wa1KIHEUn1397615197_1397615208.jpg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年4月14日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第100回
http://bookstand.webdoku.jp/melma/page/kashima.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=========
 目次
=========

1.プチニュース&時事ネタコメント

BS「ぽこ×たて」出演のAV男優、特定国立研究開発法人、ビッグデータ、ハト派とは何か、ほか。
 

2.プチ実感


おまけ
 過去に紹介した本



 


2014.03.25 Tuesday 11:56 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

プーチンと秋田犬と「いいとも」/小保方「情実人事」とは何か/大瀧さんお別れ会の日に。/ほか

-----------------------------------------------------------------◇
1.プチニュース&時事ネタコメント
-----------------------------------------------------------------◇

こんにちはプチ鹿島です。

安倍首相の無難な「いいとも!」出演を見て、やはりサービストークは森喜朗の出番だと思いました。

●小保方氏の過激バッシング報道続々 文春「乱倫な研究室」新潮「捏造にリーチ!」http://www.j-cast.com/2014/03/19199680.html(J-CASTニュース・3月19日)

《 文春は、一連の騒動の裏には「不適切な『情実人事』」があったと指摘する。その背景として紹介しているのが、当時、理研チームリーダーだった若山照彦氏に対する「猛アタック」だ。記事上では、元同僚が「『センセ、センセ』とずっと追いかけ回すような感じ」「(同じラボに勤務する若山氏の)奥さんが帰宅すると、すぐに『先生、ごはん食べにいきましょう』(と言っていた)」などと証言している。》

【プチコメント】

J-CASTニュースの記事の最後は、《 経済学者の池田信夫氏も、「週刊文春はSTAP細胞の疑惑にはほとんどふれないで、男女関係のゲスの勘ぐりばかり。オヤジの関心は、そこしかないのか」とツイッターでコメントしている》と締めている。

何を言っているのだ、オヤジの関心はそこしかないではないか。

では、私が特に気になった文春(「小保方晴子さん 乱倫な研究室」3月27日号)」の証言を紹介していきましょう。

証言をしているのは「A氏(理研の元同僚)」、「B氏(おなじく元同僚)」、「C氏(理研CDBに勤務中)」の三名。
 

【つづきはこちらで】

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年3月24日発行

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第97回
http://www.webdoku.jp/premium/merumaga/page/kashima.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=========
 目次
=========

1.プチニュース&時事ネタコメント

プーチンと秋田犬/小保方「情実人事」とは何か/大瀧さんお別れ会の日に。ほかたくさん。


2.プチ実感


おまけ
 過去に紹介した本


2014.03.12 Wednesday 12:06 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

雑誌コラム情報。



 今月の宝島コラム「プチ鹿島のベストセラー縦読横読」は「もっとモテたいあなたに 女はこんな男に惚れる 」(大泉りか )。

従来のモテ本といかにちがうのか?

じつは飲み仲間でもある大泉りか先生。この本に、自分らしき男の例もチラッと出てて笑いました。

注・背の低さを隠すためシークレットブーツをはいてる小男の例ではありません。初デートで動物園のパンダを見に行く男が私です。

みなさん読んでみて。
MFlLm4nrdxNwZ201394592354_1394592383.jpg


続いて「CIRCUS MAX 」4月号。

こちらでは「プチ鹿島の芸人人生劇場」という連載をやってます。

スポーツ選手を淡々と書く雑誌「Number」のコラムっていいですよね。妙な力みや思い入れが排除されていて心地よい。

だったらあの芸人版があってもよいのでは?と思いました。

でも始めてみたら、波乱万丈の人生という意味では芸人もスポーツ選手に負けてないことがあらためてわかり、インタビューのときからおもしろいです。最近は「Number」のパロディという当初の意図を忘れてます、すっかり。

今回は「日本エレキテル連合」。その芸風のルーツとは?

注目のコンビです。

11l5PRANeOsTMIM1394592082_1394592094.jpg




2014.03.07 Friday 10:45 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

森喜朗は誰と相性がよいのか&思わず走ってしまいました東京マラソン完走記。只今配信中!プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第94回

皆さまこんにちはプチ鹿島です。

先週のメルマガではまず「第一報」を書きましたが、その後もいろいろありました。
ではまずこの話題から。


/晃擬鸛蝓峺絏してないが孫に怒られた」(日刊スポーツ・2月27日)
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20140227-1263228.html

森喜朗が浅田真央について「あの子、大事なときには必ず転ぶ」発言。

今回の騒動でなるほどと思ったのは、若い世代には「あのおっさんがなんでこんなに騒がれてるの?」という感想があるようだ。実際、私も耳にした。

森喜朗が「元首相」であったとか「失言キャラ」でお馴染みという前提の共有がないのだ。
これって、都知事選に細川護熙が出馬した時に若者には「?」と響かなかったことに似てる。

これはつまり、若い世代とオヤジジャーナルとの温度差でもある。

ただ、今回これだけツッコミが盛り上がったのはひとえに森喜朗はこの時代にはうってつけのツッコまれ役だから。

森喜朗は以前から「とにかく馬鹿にしていい人」認定をされていた。ああまで安心して小馬鹿にされる人ってそうはいない。なぜなんだろう。

たぶん森喜朗は相性がよいのでしょう。誰と?


【続きはこちらで!】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 第94回
http://www.webdoku.jp/premium/merumaga/page/kashima.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


=========
 目次
=========


1.プチニュース&時事ネタコメント



2.東京マラソン体験記。


 



 

 


2014.03.02 Sunday 10:47 カテゴリ:プチ業務報告 by 専属アナ

山田邦子さんのインタビューは必読。プチ鹿島コラムは「猪瀬直樹はなぜ石原慎太郎を殺さなかったのか」『KAMINOGE』vol.27絶賛発売中。

1987年、『ワールドプロレス』視聴率テコ入れのため、バラエティ風味にリニューアルした『ギブUPまで待てない!!ワールドプロレスリング』。

そこで「事件」が。司会の山田邦子さんがレスラーに怒鳴られたのです。

http://www.youtube.com/watch?v=pQQ7tKtJ11M
■『KAMINOGE』vol.27
山田邦子[タレント]
やまだかつてないプロレスへの異常な愛情!...
あの伝説のプロレスバラエティ番組は
馳浩の例の一言で終了決定になったことが発覚!!

「『ギブUPまで待てない!!』の司会をやったことで
プロレスが嫌いになったなんてことはまったくない。
でも、強いて言うと馳が好きじゃない(キッパリ)」


あれから四半世紀。なんと現在、山田邦子さんはプロレス大好きになっていました。
後楽園ホールに足繁く通っています。


そういえば・・・

cY5s00IwcxdkMVm1393612020_1393612028.jpg
最近私がプロレス観戦したときに撮影したこの写真、じつは覆面を被って応援している前の方が山田邦子さんだと判明(赤い服)。

見てみ、このガチ具合!

ずつとプロレスファンに誤解されていた人が、現在は誰よりもプロレスファンだという事実!
ぜひKAMINOGEインタビュー読んでみてください。

さて、プチ鹿島連載コラムは「猪瀬直樹はなぜ石原慎太郎を殺さなかったのか」 を書きました。『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(増田俊也)が猪瀬コラムきっかけという因縁から。猪瀬直樹に「枯れない殺意」はあるのか!?
qYnl996CecKHIEn1393612543_1393612556.jpg

1969214_702503283105195_1756772587_n.jpg

アマゾンで注文。


おもしろいよ。



2014.02.28 Friday 01:59 カテゴリ:プチ鹿島のプチコラム by 専属アナ

なぜ「プチ鹿島アプリ」なのか?

 2月25日にリリースされた「プチ鹿島アプリ」。

予想以上の反響で嬉しい限り。もしかしたら、このブログもアプリで読んでくれてる方もいるでしょう。

そもそもなぜ「プチ鹿島アプリ」なのか?
ハッキリ言って、プチ鹿島程度の知名度の芸人がなぜアプリまでやってしまうのか。

そこがポイントなのです。

今回のアプリ制作は東京ポッド許可局の局長であり「ネットワーカー・みち」としてもライブ等で協力してもらっている「友達より大切な人」みちさんが開発リーダーです。

私がみちさんと出会ったのは前事務所から独立し、どこの事務所にも所属してないフリーのとき。今から7年前です。

フリーになったばかりで仕事がない私を、ハードコアチョコレートのMUNE社長がイベントで使ってくれました。そこでみちさんを紹介してくれました。

みちさんは当時航空会社に勤めていましたが、仕事終わりにはイベント等に積極的に出て活躍していました。いわゆるサブカル界ですね。

お笑い界しか知らなかった私は「ああ、芸人以外にもおもしろいことをやれる人、実践してる人がいるんだ」と知りました。

「おもしろい」の概念が広がったわけです。コアチョコのおかげで。

みちさんの得意分野はネット。その後みちさんはライブドアに転職。私からすればまさにネットの神様。

刺激を受けた私はフリーという立場もあって、とにかく自分から仕掛けなければ明日はないと思い、いろんなイベントに出演したり仕掛けを始めました。

そんなときファンになってくれたのが今回の開発チームのひとりである「Wクン」なんです。

彼も華麗なキャリアを持つ人なのですが、ホントありがたいことに「鹿島さんの役に立つことを何かしたい」と申し出てくれました。

なのでまず、みちさんをリーダーとして「東京ポッド許可局アプリ」をつくっていただきました。そう、あのアプリも彼が関わっているのです。

で、Wクン